ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 01日

佐渡を後にして

e0021129_00154022.jpg
佐渡から帰る日、国仲平野(佐渡中央部の平野)を横断しました。 
もう少しで収穫出来る田んぼです。
この佐渡中央辺りの田んぼでは、運が良ければ朱鷺に出会えるそうです。
残念ながら、私たちはお目にかかれませんでした、いつか大空を舞う朱鷺に出会いたいものです。



e0021129_00184121.jpg
両津港からの写真です。湖は加茂湖。牡蠣の養殖が行われているところで、湖に浮かんでいるのは養殖のイカダです。
これから冬に向かうと、牡蠣が美味しくなりますね。



e0021129_21171385.jpg
船の中から写した画像、佐渡汽船のジェットフォイルです。
ジェットフォイルは船体を浮かせて進むので、揺れもなく高速で航行します。
新潟港と佐渡の両津港を65分で結びます。 カーフェリーだと2時間くらいかかるところです。
私は朝1番のバスで出かけたし、帰りも遅くなるので往復ともにジェットフォイルを利用しました。



e0021129_21240755.jpg
両津を出て約1時間、もう新潟港に着きます。
帰るころになって、やっとお天気が良くなってきました。
本当は夕日の見えるホテルに泊まったのに、残念でした。
今年の夏は雨が多かったので、しょうがないですね。


e0021129_21194451.jpg
新潟港に停泊していた海上保安庁の船。
横浜港みたいな感じがしてきます。

下3枚の画像はスマホからのものです。
カメラでさえうまく写せないのに、スマホの写真は良く分かりません。
カメラを入れたバックを網棚に上げていたので、スマホで写したのですが、ピンボケばかりです。
すみません。


2泊3日の旅でしたが、楽しく回ることができました。
写真をまとめるのが遅くて、もう1か月も経ってしまいました。

今年も3/4が過ぎました。
あと3か月ですね。
このまま無事に過ごせますように。







[PR]

# by sonatine-album | 2017-10-01 00:41 | 新潟 | Comments(0)
2017年 09月 25日

佐渡の真ん中あたりにて・史跡

e0021129_23370204.jpg
佐渡の中央部あたりにある 「真野御陵」。
承久の変の後、佐渡に流された順徳天皇のお墓だと思っていました。 
でもお墓ではなく、御火葬にされた場所だということです。
ピンボケしか写真がないのですが、この道の奥を左に曲がったところにが 御火葬塚です。
石垣は明治8年に修復されたものだそうです。



e0021129_23473186.jpg
左に曲がった先にある門、この奥が御火葬塚だそうです。中には入れません。
何故、お墓ではないのに「御陵」と言われているのかはわかりません。
それでも宮内庁の管轄下だそうで、この日も宮内庁の職員の方がお掃除をされていました。



e0021129_23581618.jpg
御陵の手前にあるお店で売られていた赤玉石。
店内には磨かれた石がありましたが、庭にはどんと大きなものがありました。
1個数十万円から数百万円のものまでありました。
佐渡でしか産出されない石だそうです。


e0021129_00041079.jpg
妙宣寺の五重塔
妙宣寺は日蓮宗で、この五重塔は新潟県でただ一つの五重塔です。
江戸時代に相川の宮大工茂三右ェ門親子が二代にわたり建立したといわれ、日光東照宮の五重塔を模したとされます。
もう1か月も過ぎ、11月くらいになったら綺麗な紅葉になりそうです。



e0021129_00084050.jpg
本堂



e0021129_00092116.jpg
庫裡  破風づくりで茅葺屋根の庫裡は全国でも珍しいそうです。



e0021129_00183599.jpg
庫裡の内部がまた珍しく、この大黒柱も黒光りしています。



e0021129_00192734.jpg
庫裡で上を見上げると、ずっと上の方まで木が組まれています。
お寺の方が、蜘蛛の巣のように組まれている、と話されていました。


e0021129_00241055.jpg

祖始堂



e0021129_00262664.jpg
日野資朝 の墓
鎌倉時代末期の廷臣。後醍醐天皇に信任されており、倒幕計画の際、父俊基とともに加わり、それが発覚して佐渡に流されています。
ここにお墓があるなんて、知りませんでした。
海を隔てた遠くの地に眠られていて、ちょっとかわいそうな気もします。
父の日野俊基は鎌倉・葛原が岡で処刑され、お墓もあります。


妙宣寺は五重塔を見たいと思って行ったお寺ですが、思いのほか見どころがありました。


8月30日 国仲平野辺りにて






[PR]

# by sonatine-album | 2017-09-25 00:51 | 新潟 | Comments(0)
2017年 09月 19日

佐渡金山

e0021129_10005841.jpg

外海府を回った後、佐渡金山辺りに行ってきました。これは俯瞰したところ。
まだ中学生くらいだったころ、金山坑道の中に入ったことがあります。
青白い顔の炭鉱夫の人形が鍬を上げたり下ろしたりしていて、怖かった思いがあります。
怖いというか、気持ち悪くてあまり乗り気でなかったのですが、
パンフレットでこの北沢浮遊選別鉱場を見て、是非行きたいと思いました。
それに、この辺りが世界遺産登録を目指している、ということもあり、今のうちに見ておこうと。


e0021129_10085180.jpg

北沢浮遊選鉱場跡
日本で最初に金銀鉱石の浮遊選鉱法を採用し、昭和11年に工場建設に着手されました。
もともとは銅の製造過程で行われていた技術であった浮遊選鉱法を金銀の採取に応用し、世界で初めて実用化に成功したものです。
戦時下の大増産計画によって大規模な設備投資がされ、
1ヶ月で50,000トン以上の鉱石を処理できることから「東洋一」とうたわれました。



e0021129_10294140.jpg

シックナー
不足する工場用水を確保するため、水と冬ン物を踏んりする装置で、不純物は捨てられ、水は浮遊選別鉱場で再利用されました。
直径50メートルで国内でも最大規模の施設でした。



e0021129_10321075.jpg

大立堅坑(おおだてたてこう)
明治8年、ドイツ人技術者の市道で開削された樹金属鉱山では日本最初の西洋式立抗(垂直坑道)です。
この立坑には平成元年まで使用された鉄骨ヤグラ、コンプレッサーなどが現存しています。



e0021129_10364522.jpg

道遊の割戸(どうゆうのわれと)
江戸時代初期に、その頂部が人の手で掘り進められた露頭堀跡で、山を斧で割ったように見え、佐渡金銀山の象徴となっています。

説明の大部分は佐渡のパンフレットを参考にさせていただきました。

この金銀山は江戸時代から平成元年の操業停止まで、国内最大の金銀山として78tの金と、2330tの銀を産出したそうです。
案外最近まで、操業していたんですね。そんなことも知りませんでした。



e0021129_10484631.jpg

この塀の中は「佐渡版画村美術館」があります。
時間も遅くなっていたので中には入りませんでしたが、旧相川裁判所の建物をそのまま使ているそうです。



e0021129_11410611.jpg
塀の上の瓦ですが、外側に装飾されています。
いつ頃のものなんでしょうか。



e0021129_11430820.jpg
塀に沿って緩やかな坂道を歩いて行くと、江戸時代に時を告げていた時鐘があります。
 明治初年まで使われていたそうです。

他にも佐渡奉行所跡や旧相川拘置所があったりと、いろんな見どころがあります。
また、いつか行ってみたいですね。





8月29日 佐渡市相川付近




[PR]

# by sonatine-album | 2017-09-19 12:11 | 新潟 | Comments(0)
2017年 09月 14日

佐渡・外海府

e0021129_02142253.jpg
佐渡・2日目は1泊で帰る弟を両津港へ送り、そのまま外海府(そとかいふ)の海岸を回りました。
佐渡は北側の海岸線(弾崎~相川まで)を外海府といいます。
この画像は佐渡最北端の弾崎灯台(はじきざきとうだい)。
「喜びも悲しみも幾年月}という映画がありました。
私は四国の灯台が舞台だと思っていたのですが、全国いろんな灯台が舞台なんですね。
そして、この弾崎灯台も舞台なったそうです。今回訪問するまで知りませんでした。
(実際には見たこともないの映画なので、しょうがないです)
映画では佐田啓二、高峰秀子さんが灯台守夫婦を演じていましたが、昭和32年の作品だそうです。
丁度60年ですね、感慨深いです。



e0021129_02255873.jpg
弾崎から見た海。残念ながら、曇り空でちょっとがっかり。
実は8月29日の朝、携帯が鳴り、TVが一斉にどの局も北朝鮮のミサイル発射を報じました。
結局は北海道の沖合に落下したようですが、新潟県~北海道までは注意喚起が促されていました。
頑丈な建物の内部にいてください、と報じられていましたが、不気味でしたね。
実際には発射されてから10数分で北海道沖まで到達していることを考えると、避難するのは難しいです。
シェルターなんてどこにでもあるわけじゃないし、日本国民全員が入れるわけでもないでしょうし。

お天気が良ければ、佐渡からは朝鮮半島が見えるくらいの距離です。
北朝鮮の暴走をどうやって止められるのか、そして拉致被害者はどうなるのかと心配になります。
折しも13日の新聞には拉致被害者の記事がありました。
1977年、福井県で起きた拉致が一番初めということです。 もう丁度40年ですね。
その最初の拉致事件を報じ、注意を促していたら、被害者はこんなに多くはならなかったのではないかと。
佐渡で拉致された曽我ひとみさんも、10年ぶりに会見を行ったとか。
被害者のご家族も高齢になられているし、本当に一日も早く帰国できるといいです。



e0021129_02455677.jpg
二つ亀   外海府は奇岩が多く、ごつごつした感じの岩が多いです。
写真ではわかりにくいですが、亀が2匹、いるように見えます。



e0021129_02474799.jpg
二つ亀付近で見た野の花、狐のカミソリ。  もうこんな花が咲く季節なんですね。
まもなく、彼岸花も咲きだすでしょう。



e0021129_02490106.jpg
楚々として咲いている可愛らしい花。桔梗科の釣鐘ニンジンに似ていますが、ガクが違うようだし、何の花だかわかりません。
他にも葛の花や仙人草がいろんなところで見かけられました。



e0021129_02381934.jpg



e0021129_02384060.jpg


良く分からない変な写真ですね。 「大ザレの滝」というところです。
車を走らせていて、「ナザレの滝」と書いてあるのが見えました。 
キリスト教に関係している?こんなところで、と思って車を止めてみたら、
「大ザレの滝」でした。
橋の上から見た海側と、滝の方の写真です。 うまく伝わらないので、画像をお借りしました。




橋の上から見ましたので、滝の全容は分かりません。
ただ、足がすくむほど高いところでした。

佐渡は、いや新潟県の海はとても綺麗なんですが、この日もほぼ一日を通して曇っていて、残念でした。
まぁ、傘を使わなかっただけ良しとしなければなりませんね。


8が宇t29日 佐渡・外海府あたり







[PR]

# by sonatine-album | 2017-09-14 23:54 | 新潟 | Comments(2)
2017年 09月 09日

佐渡・宿根木

e0021129_21395807.jpg

松ヶ崎の後に行ったのが佐渡市最南端の宿根木(しゅくねぎ)です。
江戸時代中頃より廻船業の村として栄えた集落です。
その町並みは「重要伝統的建造物群保存地区」にも指定されているとのこと。
この指定は新潟県ではここだけだそうです。
お隣の長野県には7か所も指定されているのに、新潟は1か所なんですね、と思ったら
東京・神奈川はゼロです。

板張りの家がほとんどで、何となく懐かしい感じがします。




e0021129_21541390.jpg
JR東日本のポスターで有名になった「三角屋」。
女優の吉永小百合さんがこの前に立っていらっしゃる写真が使われていました。

この家は元々は四角形だったけれど、移築した時に土地に合わせて三角形にしたとか。
船大工さんが形を変えたんでしょうか。



e0021129_22011665.jpg
真ん中がすり減った石畳。
この小路は「世捨小路」(よすてこうじ)といって、宿根木のメインストリートだそうです。
右側の家は板張りではありませんが、周りに合うような色にされているんでしょうね。

「世捨小路」とは奇妙な名前ですが、由来ははっきりしないそうです。
宿根木へは海から入るにはこの道を通ることになります。
この奥にお寺さんもあって、霊が村を出るときにもこの道を海に向かって通ることになります。
そんなことで「世捨小路」と呼ばれることになったのでしょうか。



e0021129_22181011.jpg
珍しい軒下の飾り こちらも船大工さんが建てた家で、軒下の扇形の飾りが特徴です。
100年以上経っているそうですが、NHKの新日本紀行で紹介されたということです。



e0021129_22273331.jpg
宿根木の旧郵便局。
なぜか珍しくグリーンの洋風建物。
でも宿根木の板張りの家と調和しています。



e0021129_22291452.jpg
宿根木の観光案内所
屋根には石が置いてありますが、石置き小羽葺(いしおきこばぶき)屋根です。
薄割にした木の板を重ねて石を置いた、日本海側で特徴的な屋根です。
瓦が使われる前までは主流だったそうですが、この案内所だけではなく、何軒かありました。
雪降ろしの時は大変だろうなぁ、と思いますが佐渡の積雪はそんなに多くはありません。

宿根木に着いたところにこの案内所があり、ボランティアの方が回り方などを説明してくださいました。
分かりやすくて、助かりました。

ただ、私たちが行ったのが遅かったため、公開されている民家の開館には間に合わなかったし、もっとよく見て回りたかったです。
ここは、行ってみたいと思っていた場所ですが、是非再訪したいと思いました。
今度はお天気がいいときに、青い海とともに回ってみたいですね。


8月28日 佐渡・宿根木にて








[PR]

# by sonatine-album | 2017-09-09 22:50 | 建築物 | Comments(2)
2017年 09月 07日

佐渡・松ヶ崎

e0021129_03453762.jpg
先月末、兄弟で佐渡へ行ってきました。
佐渡は父の出身地で、去年、父が亡くなる前に佐渡の話をしていました。
多分、病室で佐渡の情景を思いだしていたのだと思います。

というわけで墓参を兼ねての旅に行きました。

佐渡は北側を「大佐渡」といい、南側を「小佐渡」といいます。
小佐渡の海岸線の真ん中あたりに 松ヶ崎 というところがあり、父の生家の近くです。
松ヶ崎は北前船の寄港地でしたが、明治の半ば過ぎに北前船が衰退するとともに港としての機能も失ったそうです。


e0021129_03540807.jpg
灯台の前に立派な碑が建っていました。

日蓮 世阿弥 着岸地   とあります。
新潟県の日本海側と佐渡との最短距離だったので、この地に着いたのでしょう。

子供のころはこの灯台の近くで海に入ったりして遊んでいました。




e0021129_04082602.jpg
灯台からそう遠くないところにある 「おけやき」です。

1271年に佐渡へ流された日蓮上人がこの欅の木の下で3日間を過ごされた、という伝説の樹です。
この樹は2代目という説もあるそうですが、立派な樹です。
ただ昭和の終わりころから樹勢が落ちてきて、「おけやきを守る会」によって整備され松ヶ崎の自然遺産として大事にされているそうです。
日蓮上人が過ごされた樹、ということで「お」を付けているようです。
父がこの樹のことを病室で話していたのです。


e0021129_04291017.jpg
墓参に行ったお寺。百日紅の花が盛りで、夏らしいのですが、曇り空のせいか、何となく寂しい感じです。

今年の夏は、夏を感じないうちに終わった感じがします。
やっぱり夏はもっと青空と白い雲が見なくては、という思いがします。

朝、始発のバスに乗り、通勤ラッシュのJRに乗って新幹線、そして佐渡汽船の船を乗り継いて両津港(佐渡の玄関口)に着いたのが
12時半過ぎでした。
やっぱり遠く感じましたが、印象に残る旅になりました。

8月28日 佐渡




[PR]

# by sonatine-album | 2017-09-07 04:41 | 新潟 | Comments(0)
2017年 09月 02日

袋が好き

e0021129_17290432.jpg
郵パックの袋に入ったまめた

ガサガサと音がしてたと思ったら、遊んでました

猫って、袋に入るのが好きですよね



e0021129_17303192.jpg
新しい爪とぎは波型をしています

ボロボロになりにくい、というのを娘が探して買いましたが、どうでしょうか

前の四角いのは部屋中、段ボールのクズが散らかりました



e0021129_17323794.jpg
キャットタワーの一番上でお昼寝中

このタワーですが、いつも一番上にいます

やっぱり高いところが好きですよね♪



9月1日





[PR]

# by sonatine-album | 2017-09-02 17:35 | | Comments(0)
2017年 09月 01日

9月に、

e0021129_16175269.jpg
今年はこんな青空にはほとんどお目にかかれませんでした。
何だかすっきりとしないうちに、8月が終わってしまい、淋しい気持ちがします。
今年の8月の東京では雨の降ったのが、27日もあったそうです。  やっぱり異常気象ですよね。
暑い日ばかりでは嫌になってしまいますが、こんなにぐずついたお天気ばかりだと、身体まで湿ってきそうです。
今年は空梅雨で、暑い日が多くなると思っていましたが、梅雨が明けてからのほうが梅雨みたいです。
幸い、梅雨のころに高温だったため、果物は甘いと聞きました。
でも、お野菜が高くなってきていますね。
1本が60円も80円もするキュウリなど、とても買う気になりません。
お天気のいい日が続いて、野菜も安定してくるといいです。



e0021129_16255032.jpg
1枚目の写真を撮ったころ、家には鷺草の鉢植えがありました。
実家では母が上手に育てていて、もらってきたのですが、いつの間にか消滅してしまいました。

現在はマンション住まいですが、ベランダは高温になるし、茎が伸びてきても花が咲かないうちに萎れてしまいました。
そして、消滅です。 ベランダは暑すぎるのかな。
本当に鷺が飛んでいるような純白の花は素敵ですね。

この前、佐渡へ行ってきましたが、運が良ければ朱鷺に出会えるかなと思っていました、、、、が、出会えませんでした。
いつか翼を広げ、大空を舞っている朱鷺を見たいものです。






[PR]

# by sonatine-album | 2017-09-01 16:40 | 日々雑感 | Comments(0)
2017年 08月 25日

横須賀美術館へ

e0021129_00323098.jpg

先日、天神島の後で横須賀美術館です行ってきました。
初めて行った美術館です。
開館10周年ということで、美術でめぐる日本の海、という展覧会が開催されていました。

横須賀といえばほぼ三方を海で囲まれているし、ぴったりです。



e0021129_13585242.jpg

編んだ〜わ〜〜るど という編み物の展覧会もやっていて、こちらは写真OKでした。


いつもはパソコンから投稿してますが、今日は初めてスマホから。
実は打ってる途中で消えちゃったり、難しいですね。
[PR]

# by sonatine-album | 2017-08-25 13:48 | 横須賀 | Comments(0)
2017年 08月 25日

夏のまめた

e0021129_01001215.jpg
8月のある日の夜、丸くなって寝ていた まめた。
座布団の上で、暑くないのかなぁ。



e0021129_01013910.jpg
良く寝ていて、起きる気配もありません。
子供みたいに寝顔は可愛いものです。




e0021129_01065800.jpg
日中は元気です。
食器棚の一番上に登ったり、ベットの下に潜り込んだり、空いているところへはどこでも入ってしまいます。
以前飼っていた兄さん猫の肉球は白かったけれど(お腹は白い鯖猫でした)、この子は小豆みたいに黒くてかわいいです。
この子のおかげで、楽しい生活です♪







[PR]

# by sonatine-album | 2017-08-25 01:14 | | Comments(2)
2017年 08月 17日

浜木綿を見に

e0021129_23052268.jpg
横須賀市佐島の天神島で浜木綿が咲いている、というので出かけてみました。
私は浜木綿(ハマユウ)という名前しか知りませんでしたが、「ハマオモト」ともいうんですね。
確かに万年青(オモト)の葉っぱに似ています。
白くて清楚な花、ヒガンバナ科です。 彼岸花は花が咲くときには葉っぱがありませんが、浜木綿は葉っぱも一緒ですね。
それに彼岸花より力強く大きい花です。



e0021129_23112184.jpg
花は彼岸花のようですね
天神島は自生の浜木綿の北限で、県の天然記念物だそうです。



e0021129_23244136.jpg
今年の夏は曇天と雨ばかり。8月に入ってから雨が降らなかった日はないとのことです。
白い花が青い海と空をバックにしたら、さぞ綺麗だと思いますが、この日も曇り空でした。
今年の梅雨は空梅雨だ、水不足だ、と言ってたのが随分と前のことのようです。
ふつうは梅雨明け10日といって、梅雨が明けたら太平洋高気圧の出番というのに、今年は違いました。

あんまり暑いのは嫌ですが、こう青空が見えないと夏の日が恋しいです。
それに農作物の出来も心配になってきます。
せっかく夏野菜の値段が下がってきたというのに、また上がりそうですね。
味覚の秋の果物はどうなるでしょうか。
お日様の光を十分に浴びていないと、糖度が低いかもしれません。

まだしばらく、曇り空が続きそうです。



e0021129_23322453.jpg
ハマゴウ (クマズラ科)   漢字では「曼荊」、または「浜香」と書きます。
漢字のイメージより可愛らしい小さな花です。


e0021129_23384987.jpg
浜朴(ハマボウ) 葵科    大きな木でしたが、花は少なかったです。
綺麗な黄色です。 もっと花数が多かったら、それは見事な眺めだったと思います。



e0021129_23433479.jpg
浜ウド (セリ科)  箱根で良く見かけるシシウドに似ているけれど、ちょっと小さいなぁと思っていたら 「浜ウド」と名前がありました。
見た目が似ていて納得です。

周囲1kmほどの小さな天神島ですが、いろんな海辺の植物が見られます。
近くを通ることがあっても行ったことのなかった場所ですが、季節を変えてまた行きたいところになりました。
今度は青空の下を歩いてみたいですね。


e0021129_23525637.jpg

海岸は岩場です。貝や小さな魚なども見られました。
子供たちの自然観察にもいいところですね。実際、小さい子を連れた親子連れも来られていました。

冬になったら富士山がきれいに見えそうだなぁ、と思って帰ってきました。


8月10日 横須賀市・天神島にて





[PR]

# by sonatine-album | 2017-08-17 23:57 | 自然・花 | Comments(0)
2017年 08月 12日

日影茶屋で

e0021129_15363105.jpg
今夏のお天気はちょっとおかしいですね。
梅雨のころ、晴れが続いて空梅雨か、と思っていましたが、その後また梅雨に戻ったみたいでした。
のろのろ台風が「長寿台風」と呼ばれたくらいにゆっくりと日本列島を北上していきました。

この日は曇っていたんですが、時折青空も顔をのぞかせていました。
葉山・日影茶屋のお庭からです。




e0021129_15404366.jpg

お庭から見える客室。
日影茶屋本店客室棟が国登録 有形文化財 建造物になったんですね。
今は日本料理店になっていますが、以前は旅館だったそうです。昭和47年に旅館から料理店に変わったそうです。
お店の正面の写真を写すのを忘れました、残念。



e0021129_15545187.jpg
こちらの石蔵も国の登録有形文化財だそうです。
そういえば、土蔵は見かけることが多いですが、石蔵はあまり見ないです。
100年くらいも前の石蔵だそうです。
2件とも平成23年の登録です。

登録文化財があるからといって、特別に宣伝もしてないし、見学もできません。
もちろん客室棟のほうは、使われていますが。

日影茶屋では夏祭りをやったり、暮れにはお庭で餅つきをして店を出したりと、気軽に中へ入れる時があります。
その時は大勢の方がいらっしゃるので、広間の方にもお客様が入られていました。
一度だけ暮れのお餅つきの時に行ったことがあります。
日影茶屋とはイメージが違いますが、お好み焼きが美味しかったことを覚えています。

今回は私が8月誕生日ということで、娘がごちそうしてくれました。
感謝です。

e0021129_16064338.jpg
季節感たっぷりの先付け



e0021129_16071787.jpg
夏バテしないようにとお肉の入っているコースをいただきました。
しょうがが、燕の形でした。

お料理の写真はもっときれいに写したいのですが、下手ですねぇ。
写真で見るより、本当に美味でお腹いっぱいになりました。
これで頑張って夏を乗り切らなくては♪


e0021129_16130451.jpg
今年はほとんど蓮の花を見ませんでしたが、こちらのお庭で清楚な白い蓮に出会えました。
少し暑さを忘れるくらいに楚々として咲いていました。



8月8日 葉山・日影茶屋にて















[PR]

# by sonatine-album | 2017-08-12 16:27 | 神奈川県 | Comments(0)
2017年 07月 28日

神奈川の特A米

e0021129_15381900.jpg
神奈川県のお米が初めて、特A米に認定されました。
平塚市や大磯町で生産されているそうで、まだ出荷量も少ないです。
県西部で売られているほか、学校給食で使われていると聞いたことがあります。
先月、たまたまスーパーで見つけたので買ってみました。

キヌヒカリ(神奈川のお米)とコシヒカリを掛け合わせたそうで、もちろん美味しかったです。
粘りもあって甘みがあり、冷めても美味しいお米です。
キヌヒカリも美味しいと思って頂きましたので、そんなに差は分かりません。
ブランド米にこだわっているわけじゃないですが、神奈川でも特A米があるというのはうれしいですね。




e0021129_15495368.jpg
湘南の晴れた海から命名されたとのこと、この地らしいですね。
湘南とお米、というとあまりイメージがわかないかもしれませんが、鎌倉にも田んぼはあるし藤沢市以西でもよく田んぼを見かけます。
以前、青森の晴天の霹靂をご紹介しましたが、これからも美味しいお米が生まれるといいですね。
新潟では「新之助」という新しいお米があります。
一度食してみたいと思っていますが、まだ買ったことがありません。
今年の新米の季節には神奈川でも買えるかな?
楽しみにしています。





[PR]

# by sonatine-album | 2017-07-28 16:11 | 神奈川県 | Comments(0)
2017年 07月 17日

もうじき1歳♪

e0021129_11013884.jpg
19日に1歳になります。大きくなりました。3.5㎏くらいです。
でもまだまだやんちゃ坊主は変わりません。



e0021129_11151529.jpg
廊下で寝るのも好きです。



e0021129_11160263.jpg
教えたわけじゃないのですが、よく腕を前に組みます?
ウチではアザラシのポーズ、と呼んでいます。

これからも元気な子でいてね♪




まめた もうすぐ1歳   





[PR]

# by sonatine-album | 2017-07-17 11:30 | | Comments(0)
2017年 07月 15日

大船フラワーセンター 3

i
e0021129_15573812.jpg
いつまでもフラワーセンターの写真です。
フラワーセンターには大きな温室があります。
いつもは園内を回ると、なんだか疲れてしまい温室はまたでいいや、とパスすることが多いのです。
でも、しばらくは行けなくなるので、寄ってみました。
暑いくらいの温室の中で、涼し気な睡蓮。



e0021129_16003413.jpg
写しているときは分かりませんでしたが、イトトンボが水連に止まっていました。



e0021129_16015915.jpg
温室に入ってすぐに目に入った花。南国を感じます。



e0021129_16030015.jpg
立派な翡翠カズラ


大船フラワーセンターは子供が小さいころから、近所の友人たちと訪れたり、実家から両親が遊びに来た時に一緒に行ったりしていました。
一時、閉園か、というニュースが流れたこともありましたが、どうやら存続はするようです。
でも、温室のほうはなくなるようですね。
大体の植物は譲渡先が決まっているそうです。
温室はエネルギーも使うし、維持するのには費用が掛かりすぎるかもしれません。

360円だったかの入園料が上がらないといいな、と単純に考えましたが、もう少し高くてもいいのかもしれません。
箱根の湿生花園は700円くらいしてたと思うし、美術館などは1800円とかしますから。
美術館と比較できるものじゃないかもしれませんが。

どちらにしても、存続することが決まってよかったです。
県ではなく、民間の施設になるのかな? 詳しくは分かりません。

芍薬、菖蒲は「大船系」と名前が付くのがあるくらいで、歴史があります。
玉縄桜はここで実生から育てられたというし、珍しい植物も沢山あります。
今回はまだ咲いていませんでしたが、紅筋山百合はまた出会いたいと思います。
今年はダメですが、また蓮も見たいし・・・・

来年の春を楽しみにしています。
桜の咲きだすころに再開園する予定です。


6月14日 大船フラワーセンターにて






[PR]

# by sonatine-album | 2017-07-15 16:18 | 公園・植物園 | Comments(0)