ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 19日

晩春の田んぼ

e0021129_23542146.jpg

家からそう遠くないところに田んぼがあります。
春になると蓮華が咲いていて、そばを通るたびに写真を写撮りたい気持にあります。
ところが、中々タイミング合わず、時間があるときにはカメラがなく
カメラのある時には時間がなく・・・良くあることですよね。

やっと時間を見つけたときには、そろそろ花も終わりに近い時でした。
e0021129_235427.jpg



少し菜の花も咲いていて、黄色とピンク色が優しい感じです。
e0021129_23554623.jpg



キツネノボタンもいっぱい咲いています。
黄緑色の金平糖みたい
e0021129_23571294.jpg



カモもいます。
e0021129_2357528.jpg



何を食べているんでしょう。
e0021129_23582581.jpg



こんな風景を見ていると、アイルランド民謡の歌詞が浮かんできます。
「春の日の 花と輝く 
 うるわしき姿の」
ところがこの後が思い出せません。
ネットで調べてみました。
歌詞を忘れていましたが、意外と深い内容だったんだね^^
いつごろ覚えたのか忘れましたが、その頃は意味を考えたりしませんでした。




   春の日の 花と輝く
   うるわしき姿の
   いつしかに あせてうつろう
   世の冬は来るとも

   我が心は 変わる日なく
   おん身をば慕いて
   愛は なお 緑いろこく
   我が胸に生くべし

   若き日の ほおは清らに
   わずらいの影無く
   おん身 いまあでにうるわし
   されど 面あせても

   我が心は 変わる日なく
   おん身をば慕いて
   ひまわりの日をば恋うごと
   とこしえに思わん
[PR]

by sonatine-album | 2010-05-19 00:13 | 自然・花 | Comments(0)


<< 野の花      八重桜 >>