2005年 10月 15日

緑色の仲間たち

花が咲き、実を結びます。
実が目立つ木は往々にして花に気づかないことがあります。
万両の花なんて、見ていたはずなのに目に入りませんでした。
ちょっと見は地味でしたが、愛らしかったです。
e0021129_20325456.jpg

e0021129_20472768.jpg

千両だって花が咲いていたはずなのに、知りません。
もっとも千両はあんまりみかけませんが。
e0021129_20332735.jpg


藪蘭は翡翠みたいに綺麗な緑色です。
心が洗われるような緑色です。
これは花の写真も撮りましたが、いまひとつでした。
正直なところ、ピントが甘くて。
e0021129_2033337.jpg

e0021129_20454989.jpg


色づく前の実を見ていると、過程も必ずあるものだと思います。
赤い実を見るだけではなく、その前にも長い人生、いや花の生きてきた道のりにも思いを馳せましょう。
仕事だって子育てだって、なんにでもいえることなんでしょうね。

もう人生の半分は過ぎているでしょう。
これからどんな実をつけることができるか、まだまだチャレンジしていきたいですね。
[PR]

by sonatine-album | 2005-10-15 20:50 | 自然・花 | Comments(2)
Commented by せつこ at 2005-10-16 01:32 x
私も「大巧寺」でコムラサキを見つけたとき
わー!かわいいと思いましたが、花はどんなかしら?と
ふと思いました。

へクソカズラも花と実がようやく結びつきましたが、
まだまだきれいに色づいてはいません。
リースにするのに待ち遠しいです。

今日の文章。。グッときました。私はもう人生諦めかけているのに、
mokoさんに励まされたみたい。。。です。
最後まで思い切り充実した楽しい毎日でありたいですね!!
Commented by moko at 2005-10-16 08:52 x
☆せつこさん>コムラサキ、可愛い花ですよ。
ここのコメントに載せられないから、後でアップしましょう。
へくそかずらの実は知らないわ。

まだ諦めるのには早いでしょう(笑)
まだまだ楽しいことを見つけましょうね・・・


<< ちょっとピンボケ・・・      秋晴れで・・・ >>