2012年 04月 25日

土佐原の枝垂れ桜

e0021129_105878.jpg

松田町寄(やどりぎ)の民家にある枝垂れ桜を見に行ってきました。
新聞で紹介されている記事を読み、思い切って行って見ました。
満開はちょっと過ぎていましたが、それでも迫力があります。
樹齢200年とか、230年とか出ていました。
人間の寿命よりずっと長いんですね。
どんなことを考え、どんな日常を見ながら200年以上も生きてきたんでしょうか。
この年月を、どう考えているんでしょうか。
話せるものなら、お話を聞いてみたいところです。



e0021129_145359.jpg




e0021129_15672.jpg




e0021129_152186.jpg




e0021129_161733.jpg

この大木の花は白っぽい色をしています。
すぐ近くにもう一本ありますが、こちらはピンク色。どういう違いなんでしょうか。



e0021129_172173.jpg

近くには枝垂れ桜が沢山植えられています。
将来には「枝垂れ桜の里」にするようです。



e0021129_181133.jpg

山の下の方から見た写真です。
まだ若い枝垂れ桜が何本も植えられています。
もう数年が経って、樹が大きくなってきたら素晴らしいでしょうね。
また、訪れて見たいところです。
新聞記事を頼りに、行ってみてよかったです。
毎年、花を咲かせる樹が健気です。



4月19日 松田町寄にて
[PR]

by sonatine-album | 2012-04-25 01:14 | 自然・花 | Comments(0)


<< 桜・さくら・サクラ・sakur...      新治市民の森の桜 >>