ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 02日

御霊神社の紫陽花小道

e0021129_2444474.jpg

御霊神社は江ノ電の脇にあって静かな所ですが、この季節は紫陽花観光で混んでいました。
この裏側に「紫陽花小道」なるものが出来ていて、山紫陽花が色々と植えられていました。
久し振りに行ったので、何時出来たのかわかりません。
それほど広くはありません、でも静かに咲いている多くの紫陽花を楽しめましたよ。

e0021129_2523599.jpg

くれない


e0021129_2542942.jpg

新清澄沢


e0021129_255988.jpg

深山八重紫


e0021129_2554016.jpg

美方八重


e0021129_258261.jpg

田の字


e0021129_2583793.jpg

富士の白滝


e0021129_304412.jpg

墨田の花火


e0021129_312450.jpg

柏葉紫陽花


e0021129_32478.jpg

八重の柏葉紫陽花、重たそうな房です。


e0021129_351315.jpg

これは札もなく、珍しい形でした。


沢山の紫陽花を羅列させて頂きました。
名前はほとんど、札が下がっていました。
昨今、山紫陽花がブームなんですね。
長谷寺、光則寺はもとより、鎌倉宮、浄妙寺にも紫陽花が沢山あります。
今回は思いがけずに出会えました。
混んでいる長谷寺などよりはまだ静かに鑑賞できました。


e0021129_385494.jpg

庚申塔を最後に、御霊神社を後にしました。
午前中の数時間でしたが成就院・御霊神社と沢山の紫陽花に出会えて幸せな時間を過ごせました。
今年の成就院は7月1日が最後です。
来年に備えて、2日から剪定に入るようです。
何時までも花がついていたら、木が痩せちゃいますからね。

ところで、6月も終わって今年も半分が過ぎてしまいました。
私にとっては、あっという間の前半でした。
後半も家の予定などで忙しくなるはずです。
それでも、少しの時間を見つけては自然を楽しみたいと思っています。
この写真も6月15日のもので、遅れ気味ですがマイペースにアップします。
また、ご覧になってくださいね^^
[PR]

by sonatine-album | 2012-07-02 03:10 | 自然・花 | Comments(5)
Commented by geruka at 2012-07-02 06:46
アジサイ いろんな種類があるものですね
みんなきれいで見とれますが 墨田の花火 が好きです
沢山見せて頂きました 有難うございます
Commented by Dekunoboh at 2012-07-02 14:47 x
名無し大型ガクアジサイ10年ほど前に発見された新種のようです。
八丈千鳥と呼ばれています。 細弁白ガク咲き 二重咲きにもなる。 更には、八重咲きにもなるそうです。この紫陽花、昨年植栽されたものと思われます。長々と失礼しました。

かつて成就院さんが紫陽花を植え始めた頃、この季節でも権五郎様は、ひっそりとしてました。極楽寺坂も静かでしたね。

古道の一部(極楽寺切り通し)があります、ほとんど紹介もされずに静かに。昔、中世の鎌倉を検証したことがあります。現在、県立博物館に展示されていますが、専門家の英知を絞って作られた力作模型です。

世界遺産に登録・・・鎌倉の場合、この模型に近づけない限り??ですね。
Commented by sonatine-album at 2012-07-03 00:09
☆gerukaさん>はじめまして、そしてこんばんは^^
私は紫陽花に詳しくはありませんが、見るのが好きです。
最近は山紫陽花の種類も多く植えられていて、長い期間楽しめます。
梅雨時の癒しですね。
墨田の花火も花びらが幾重にもなtていて綺麗です。
ご覧頂、ありがとうございます。
Commented by sonatine-album at 2012-07-03 00:29
☆Dekunobohさん>こんばんは^^そしてお久し振りです。
「八丈千鳥」という名前ですね、教えていただきありがとうございます^^
こういう細いガクは初めて見ました。
こじんまりとした御霊神社さんですが、紫陽花の種類は多いですね。
ここの神社では他の人に出会うことはありませんでした。
随分前の事ですが。

関内の博物館も子供が小さい頃に連れて行ったことがあるだけで、
何があったか覚えていません。
あの重厚な建物に、また行ってみたくなりました。
色々とありがとうございました。
Commented at 2012-07-04 19:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 雨の合間の紫陽花      紫陽花、紫陽花、、、御霊神社にて >>