ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 13日

公園、その2

急に季節が戻って5月の気温ということです。
半袖だとちょっと寒い。
こんな日だというのに、何故か油蝉が鳴いていました。
土の中は温度差が少ないし、時期が来て羽化したのかな。
でも、蝉になってびっくりですね。
暑くないせいか鳴き声が弱々しいです。
7年間土の中で生活して、蝉になって1週間前後でしょ。
わが世の春を謳歌して欲しいものです。
e0021129_2231728.jpg


昨日載せた紫陽花と同じ公園で見かけました。
何の実でしょう。
たくさんあったらジャムも出来そう。
写真を見ていて、ちょっと試食すればよかったと後悔しているところです。

e0021129_22353100.jpg


e0021129_2244486.jpg
ネジバナ
白っぽい花もありましたので写真に収めました。
ラン科、よく見ると一つ一つの花が蘭の形をしています。
こんなに小さくても、蘭は蘭。不思議ですね。




ところで私の高校は昔の女学校でした。
「梅・松・桜・竹・菊・柏・蘭・檜・藤・萩・椿」

クラスに植物の名前がついていました。私は「椿」が2回と「蘭」が1回。
若い頃のお話です。
今は共学になったし、花の名前じゃないですよ~
[PR]

by sonatine-album | 2005-07-13 22:09 | 自然・花 | Comments(8)
Commented by wakana at 2005-07-14 18:05 x
お散歩コースの土手にネジバナを見ることができるのですが、
「草刈りマシーン」に無惨にも刈られてしまうので、
見ることができる時はラッキーな時なんです~^^;
Commented by moko at 2005-07-14 21:30 x
そうなんですよね、楽しみにしているのに一日でなくなることがあります。
私の家のすぐ近く、ホタルブクロが目を楽しませてくれますが
時々刈られてしまいます。
そういう年はがっかりしてしまいます。
今年はだいじょうぶでしたよ~♪
Commented by kiriko at 2005-07-14 23:18 x
実は苗代苺に似てるのに葉が違うしぃ~
むか~し、桑の実を食べてばればれで家に帰った事を思い出しました(笑)柿もたわわになって美味しそうだと思って がぶっといったら渋柿で(爆)野の花の「花泥棒」かわいいもんです。スピッツの歌にもあります。正宗の恋人をさらって行く時の台詞です。いたずら天使でしょ!
Commented by moko at 2005-07-15 00:14 x
桑の実、覚えがありますよ。だって口の周りが紫色になるんだもの。
親にはバレちゃう。
渋柿食べて、投げちゃいませんでしたか?
Commented by komachi at 2005-07-15 00:52 x
同じような実が近くの公園にたくさん落ちていました。前にぶるが紹介してくれた「やまもも」かと思ったのですが、ちが?
Commented by amia at 2005-07-15 09:18 x
mokoちゃんおはようーークラス名にお花の名前がつくなんてなんて優雅な感じでしょう、私の場合は1・2・3・4・だもんね。娘の幼稚園は薔薇、ゆり、すみれなんてあったけど今は一クラスだからどうなっているのかしら?うちの近所にある公園は木がうっそうとしすぎて怖くて入れません、虫も怖いし、夕方は別の意味でも怖いです。
Commented by buru at 2005-07-15 13:02 x
その辺の山に普通に生えている木イチゴじゃないのですか?(風流を理解しない奴より^^;)
Commented by moko at 2005-07-15 19:31 x
komaちゃん、buruさん、こんばんは。
ヤマモモのように大きくもなく、木苺とちがって木が大きいし、何でしょうね?
どちらにしても食べられそうに見えます。

amiaちゃん、こんばんは。
そういえば夕方の公園には行ったことがないですね。
主婦の夕方は家路を急ぐ時間。最近は夕方をとっくにすぎて夜にならないと帰れませ~ん。
夕飯も急いで手抜き?あら、大変!


<< 梔子      梅雨末期 >>