ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 16日

湘南の贅沢

土地柄のせいか、子どもの頃は生の鯵をいただかなかった。
鯵といえば干物だった。
結婚してからは鯵の安売りを見つけると、つい買ってしまう。
この辺り、地物の鯵が一山いくら、と売られている。
それを3枚におろし、タタキにするか酢締めにする。
自分で作る酢締め、結構美味。
酢がきついのはちょっと苦手。だから自分の好みにする。

今日も鯵を見かけて、つい買ってしまった。
鯵は買うと自分が大変になる。
手間がかかるんですよ。
3枚におろして、お塩を振って、骨を抜き、お酢に漬ける。
もう昼過ぎから夕飯の準備にかかる。
ここまでやっておくと夕飯の支度は楽になる。

そして夕飯の時には、やっぱり日本酒!
(ビールはいただけない)
ぐい呑み2杯でいい気分、、、安上がりだなぁ。

もちろん鮪も美味しいと思うけれど、自分で作る鯵は格別。
手間隙の分も味に含まれる。時間をかけた私の贅沢。

鯵のアラは猫ちゃんに。
そのまた残りは外猫ちゃん、狸さんへ。
狸が出没するんですよ~~~どこに住んでいるんでしょうね、一体全体!

湘南の名物
大船軒の「味の押し寿司」、大船・鎌倉・逗子などのJR駅で売ってます。
立原正秋のエッセーの中でも紹介されていました。(どの本の中に載っていたかは忘れました)
味が馴染んでいて美味しい。私にはちょと酸っぱいかな。
スーパーの駅弁大会などでも売ってると思います。
湘南のお帰りには電車の中で押し寿司はいかが?

最近の電車はボックスシートが少なく、ほとんど対面シート。
それに普通列車の中で駅弁食べてる人は見かけなくなりました。

勝手な想いを書きました。
写真は本文とは何の関係もありません。

今朝の散歩道で。
e0021129_21581242.jpg


e0021129_21585872.jpg

[PR]

by sonatine-album | 2005-07-16 22:05 | 日々雑感 | Comments(9)
Commented by kiriko at 2005-07-16 23:47 x
てっきり画像は、もこちゃん手作りの鯵の酢締めか大船軒の押し寿司かと思いましたよ!(笑)
Commented by wakana at 2005-07-17 01:53 x
新鮮な海の幸を手をかけて召し上がって
贅沢の極みですね^^。
骨の処理は手間がかかります。お疲れ様でした~
Commented by buru at 2005-07-17 02:11 x
今度、男の食卓(画像で)でもマイブログに載せようかなw(-。-)ボソッ・・(;゜己゜)あ・・・貧乏くさいかも^^って貧乏です^^;
Commented by 自然人 at 2005-07-17 09:51 x
「大船軒」の名物のひとつは、サンドウィッチだった。和洋を交互に、横須賀線の通学・・戸塚から保土ヶ谷にかけては四季折々の花見でしたねぇ^^。
Commented by moko at 2005-07-17 20:24 x
kiriちゃん、さっさと食べちゃいました。
みんなの胃袋に収まってしまいました~~(爆)

wakanaさん>ウチの子、魚をさばけない。。。
必要に迫られたら出来るように生るかしら。
私は親のを見ていて覚えたんだけれど。

buruさん>待ってま~す。
ところで今夜の夕食の献立は???

自然人さん>紺とアイボリーの横須賀線。
もうほとんど見かけなくなりました。いい雰囲気だったんですけどね。
今は山手線の色違いですかね。ステンレスに紺色のラインの横須賀線。
Commented by amia at 2005-07-17 20:51 x
mokoちゃんの鯵の酢締め美味しいのでしょうね、私は魚がさばけません、もっともさばいてもよいようなお魚もなかなか売って無いし、海が近い特権だね、もっとも海が近くてもさばけないかも^_^;
Commented by moko at 2005-07-17 21:47 x
アララ・・・amiaちゃん、切り身派ですか。
スーパーの魚売り場に「調理します」と書いてあるし、切り身も多いし
別にさばけなくても困りませんよね。
Commented by Blue at 2005-07-23 22:10 x
こんにちは!
こちらのブログのほうが椎さんらしさがでておられますね~。
押し寿司。鯛めし。シュウマイ弁当ときたら東海道線ですね。
今は湘南電車と名前まで変わってしまって・・・。

Commented by moko at 2005-07-23 22:59 x
blueさん、こんばんは。
勝手なことばかり書いているんですよ。
半分は小学生の絵日記のようで。。。絵が書けないから写真でごまかしてます(笑)♪
またいらしてくださいね。


<< 梅雨明け間近      梔子 >>