2014年 02月 26日

春近し、オリンピックも終わりました。

e0021129_15532279.jpg



e0021129_1603310.jpg

今月は2回も大雪が降りました。
「根開き」、といったら大げさですが、ちょっと思い出したので。
ブナの林などで、木の根元の方から雪が溶けてきます。
春が近づいている印ですね。


e0021129_1614816.jpg

葉牡丹も雪の中



e0021129_1631520.jpg

それでも、青空の下で梅の花が綺麗でした。
少し散歩しようと思っていった公園ですが、この雪ですぐに諦めてしまいました。
また雨になりそうですが、一雨ごとに暖かくなるといいです。




ソチオリンピック、終わりましたね。
メダルが何個だとか関係なく、たくさんの感動を得ることができました。

大体、メダル10個という目標を掲げること自体がすっきりしませんでした。
メダルでなくても、その選手が今持っている力を発揮できればいいと思いませんか。
3位に入れなくても4位、5位、6位など十分に称賛値すると思います。

感動の場面はたくさんあったけれど、やっぱり浅田真央選手ですね。
浅田選手らしからぬジャンプの失敗が続いて、ショートプログラムでは16位でした。


明け方、見ていてもう気の毒になって、いてもたってもいられない気持ち。
信じられませんでした。

翌日のフリーですが、ライブでTV応援していました。
トリプルアクセルを決めてからの8トリプル、終わってみれば鳥肌の立つほどの演技で
思わず涙が出てくるほどです。

前日の悪夢のようなショートから、見事に彼女らしいフリーを滑りきりました。
浅田選手のフリーでは、自己最高の得点を叩き出しました。
8回のトリプル構成は浅田選手にしかできません。
後半の選手の得点の方が高いのがわからないくらいです。

演技後に少し涙ぐんでからの笑顔、私は忘れません。
結果は6位でしたが、前日の16位からのアップです。
練習風景の映像では心配顔をしていましたが、コーチにも励まされ会心の演技が出来ました。
まだ23歳というのに、本当に強い人です。


浅田選手に注目が集まっていますが、鈴木明子選手も素晴らしかったです。
オリンピックで2大会連続の8位入賞は立派です。
いろんなことがあって、注目されたのが遅かったとは思いますが28歳まで(女子スケート選手の中では最年長ということです)よく第一線を維持されたと思います。
情感のこもった演技はいつも印象に残りました。
今シーズンで引退、あの目をキラキラさせた笑顔が見られなくなると、寂しいですね。

他にも思うところは色々とありますが、スケートのことはこのくらいで。


もう一つ、感激したこと。
スノーボードハープパイプの平野選手は新潟県の村上市出身。
15歳なのに度胸があって、それでいてクールに見えます。

ジャンプの清水礼留飛選手、名前を聞いてレルヒ小佐からだと思ったらやっぱりそうでした。
しかもスキー発祥の高田近く、妙高市の生まれです。
団体の銅メダルに貢献していました。まだ20歳、先が楽しみです。

女性の小野寺彩那選手、スキーフリースタイルハーフパイプで銅メダルです。
平野選手と同じハーフパイプを使うのですね。今回、初めて知ったスポーツです。
HPから高く飛び上がり、女性なのにすごいと思いました。
南魚沼市出身です。

雪国のほうが利のあるスポーツでオリンピックに出場でき、更にメダルまで取れて本当に良かったです。
新潟県出身選手の活躍に嬉しく思います。
皆さん、まだ若いし、これからがとても楽しみです。


2月22日 座間谷戸にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-02-26 16:09 | 日々雑感 | Comments(0)


<< 浄智寺さんで      ねこちゃん >>