2014年 04月 28日

往く春

e0021129_5121679.jpg

いつまでも桜ですが、今年最後の枝垂れ桜



e0021129_5131199.jpg

全体的にはこんな感じです。
八菅神社付近の立派な樹でした。



e0021129_5144138.jpg

非常にわかりにくいけれど、前方の山には山桜がたくさん咲いています。
花の時期だけ、私がここにいます、と咲いている姿が好きです。
自宅からも山桜が見えます、もうとっくに終わりましたが、最後にまだ八重桜が見えています。
もう、春も終わりだなぁと往く季節を惜しみます。



e0021129_5173235.jpg

この頃、咲き始めていた八重桜。
愛らしい花を咲かせていました。

桜は華やかに咲きだし、春爛漫のイメージがあります。
毎年、冬を越して桜に出会えたことに感謝しています。
でも、私の中の桜には「儚さ」、と「哀しみ」があります。
咲くのを待ち焦がれ、あっという間に満開になって散っていくから。

桜にもいろんな種類があるから、次々と楽しめますが、やっぱりそんな気がするんです。
今のところ健康に恵まれていますが、人間はいつかあの世に行くことが必至です。
夏生まれの私は、人生の終末は桜の咲いている頃がいいなぁ、と思います。
まぁ、思い通りに行くわけじゃないし、その時に何もわからない状態になっているかもしれないので、
非常に確率の低い願望だと感じていますけどね。


4月12日 愛川町・八菅神社~八菅山あたりにて 
[PR]

by sonatine-album | 2014-04-28 05:29 | 自然・花 | Comments(2)
Commented by Sonne579de at 2014-04-30 01:06 x
桜は何度観ても見飽きないですよね。
それにしても枝垂れ桜、綺麗ですね。枝が細いのに我もかと咲き誇っているようです。
桜の花は、本当に一度に綺麗に咲いて散る花火のようですね。
Commented by sonatine-album at 2014-04-30 02:54
☆Sonne579deさん>本当に見飽きません。
何度でも会いたくなり(見たくなり)、写真に写したくなります。
今年もたくさんの桜に出会えて感謝です。
来年もまた、たくさんの桜さんに会いたいです♪


<< 野の花散策      帰省 >>