2014年 05月 16日

出会い

e0021129_3391373.jpg

今年は思いがけず、たくさんの金蘭に出会えました。
目に飛び込んでくる、黄色。
里山を歩いていて、本当に嬉しくも楽しいひと時です。

 


e0021129_339332.jpg




e0021129_339539.jpg

つぼみもありました。



e0021129_343468.jpg

楚々として、銀蘭
こちらも目に飛び込んできます。
銀蘭の方は金蘭のように、花が完全には開きません。
控えめで、凛としています。



e0021129_3482435.jpg




e0021129_3485695.jpg

笹葉銀蘭 綺麗な葉っぱの形です。

ある方のブログに金蘭のことが書いてありました。
『1997年に絶滅危惧II類(VU)に指定されていますが、〇〇の森には群生地がありたくさん見ることが出来ます。キンラン・ギンランは栄養分のほとんどを菌根菌に依存するために、雑木林の中でしか生育することができません。家に持って帰っても決して根付くことがありませんのでくれぐれもご注意を。』

この花の時期ではありませんでしたが、里山で何かの植物を掘り起こして採っていた方がいました。
私たちに気づいたのか、リュックに入れると逃げるように去って行きました。

野の花は、鉢植えにしても根付かないと聞きます。
持って行かれて、枯れてしまったら悲しいですね。
それでも、山野草として売られているものもあるし、商売でもできるんでしょうか。

私は、時間があるときに歩き回って、野の花に出会うことを楽しみにしています。
また来年も、きっと会いにいくよ、と思いながら・・・・


5月上旬 県内・里山(2箇所)にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-05-16 04:00 | 自然・花 | Comments(0)


<< 鎌倉の海水浴場      あってはならないこと >>