ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 27日

段葛

e0021129_858743.jpg

鎌倉・鶴岡八幡宮の参道、段葛(だんかずら)の再整備工事が11月にも始まるそうです。
石積みの修理や桜の植え替えなどをするそうです。
現在の桜は大正時代に植えられたもので、250本くらいあります。
それを180本くらいに減らし、新しい木にします。
桜の下のツツジの木は、桜の成長を阻害するからと、震災地域の方へ移すそうです。
随分と景観が変わってくると思います。

工事は11月から平成27年の3月くらいまで、1年半ほどです。
その間、段葛は3メートルくらいの囲いで覆われるそうです。
つまり、参道の東側と西側は行き来できなくなります。
商売をされているお店には、結構影響があるでしょうね。
それだけではなく、市民も不便を強いられることになりそうです。

工事は必要なことでしょうが、少しは開口部を設けて欲しいものです。

もう、今の段葛はなくなると思って、桜の季節ではないけれど八幡宮まで行ってみました。


e0021129_9143717.jpg

学校へ通う子供たちも、市民も、そして観光客も便利に使っている歩道です。
しばらく使えないのは、寂しいものです。



e0021129_9164754.jpg

鎌倉彫の「博古堂」、ここの屋根に雪が積もっているのは趣がありました。
車の中から、見ただけでしたが・・・


e0021129_918850.jpg

蓮も今はこんな状態です。
来年の夏に、また花に会いに行けるかな。。。


e0021129_9174931.jpg

夕方の境内。特に行事があるわけでもないと静かです。

早く工事が終わって、新しい段葛にお目にかかることを楽しみにします。



10月14日 八幡宮あたりにて
[PR]

by sonatine-album | 2014-10-27 09:23 | 日々雑感 | Comments(4)
Commented by Dekunoboh at 2014-10-27 17:04 x
愈々段葛の修景が始まりますね。鎌倉の自然保護の原点が段葛の桜の木です。昭和30年代に遡りますが、桜てんぐ巣病にかかった桜の木の治療が「鎌倉の自然をまもる会」の発端でした。昭和は遠くなりにけり。自分に置き換えると「老兵は消え去るのみ」って思いますが。。。!段葛の原風景に戻って欲しく思います。古都鎌倉ですから。
Commented by jumhi0207 at 2014-10-30 17:25
こんばんは。
先月、八幡宮に行ったときこの参道を歩いたのですが
工事が始まるのを知りませんでした・・
すっかり覆われてしまうのは寂しいし
行き来できないのは不便になりますね。

1年半後、綺麗になった段葛ができるのを
私も楽しみにしたいと思います^^
Commented by sonatine-album at 2014-10-31 16:15
☆Dekunobohさん>昭和30年代にも桜の木の治療が行われていたのですか!
今回は全面的に植え替えをするようですが、古都らしく整えられるといいですね。
日常的に使っている歩道ではないけれど、愛着のある道ですから。
Commented by sonatine-album at 2014-10-31 16:30
☆jumhi0207さん>つい最近、段葛を歩かれたのですね。
見納めで、それもまた思い出になるでしょう。
再来年の春(鬼が笑う以上ですが!)、新しい段葛で桜の花を見れるといいですね^^


<< 秋の長久保公園      華奢な花です >>