ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 03日

秋の長久保公園

e0021129_11591167.jpg

公園の中に入ってすぐに目立つコキア(アカザ科) または 箒草(ホウキグサ)とも言います。
この形・色と「とんぶり」の実のイメージが結びつきません。
買って食べたことはありませんが、旅館などで食べたことがある「とんぶり」、食感はプチプチしていて
面白いけれど、味の印象は残っていません。淡白な味だったと思うけど。

ひたち海浜公園では、このコキアで真っ赤な丘が出現します。
国営の公園だから、規模も大きいのですが行ったことがありません。
ここではネモフィラもブルーの海になるし、機会があったら行ってみたいですね。


e0021129_12122687.jpg

コキアの奥はブルーサルビア、ちょっと時期が遅かったけれど、綺麗な青色です。



e0021129_12131952.jpg

入り口付近には市民も散策していますが、奥の方へ歩いていくとほとんど人がいません。
そして、やっぱり実りの秋で、いろんな実がなっていました。


e0021129_12151740.jpg

花梨(かりん)、重そうなのに上向きについている実。



e0021129_12155829.jpg

柘榴(ざくろ) この実を見るといつもギリシャ神話を思い出します。 
大地の女神、デーメーテールの娘が冥界にさらわれ、そこで柘榴を4粒食べたた。
そのため、娘は戻ってきたあとでも1年のうちの4ヶ月は冥界に行く。その間が冬になったと。
酸っぱい柘榴の味とともに、冬のことを思います。



e0021129_12234962.jpg

山茱萸(さんしゅゆ)の実 グミの実みたいですね。
茱萸とはグミのことだそうです、そうすると「ヤマグミ」でしょうか。
熟していて見るからに美味しそうですが、手が届かないほど上にあります。



e0021129_12271657.jpg

木蓮の実、形が変わっていますね。
辛夷のみもこんな形ですが、どうも花のイメージと違います。



e0021129_12282296.jpg

ノムラモミジ 
これは秋でなくても色づいているもみじです。
他にも紅葉しそうな樹がたくさんありました。またその頃に行きたくなります。



e0021129_12313297.jpg

苗代茱萸(ナワシログミ) 秋に花が咲いて春、苗代をつくる頃に実がなるという。
植物園でネームカードがあったから名前が分かりました。
そうでなかったら、分かりません。小さくて可愛い花ですがピンボケですね。


もう11月ですね、年賀状も売り出されていますが今年もあと2ヶ月弱になりました。
どうも、そんな気がしません。
今日は11月3日で晴れの特異日です。
神奈川では先週くらいの予報は良くなかったけれど、やっぱり変わってきて今は晴れています。
文化の日は変わらないでしょう。もともと明治天皇の誕生日で、天長節と言われてましたから。

でも体育の日や敬老の日は第二月曜と変わってしまいました。
10月10日は晴れの特異日で、東京オリンピックが開会された日です。
その日も前日の大雨が上がって、真っ青な空が広がったと聞いています。
体育の日や敬老の日は、日にちを決めたほうがいいのに・・・・と思うのは私ぐらいでしょうか?


10月11日 藤沢市・長久保公園にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-11-03 12:37 | 公園・植物園 | Comments(0)


<< 4日の夕日      段葛 >>