2015年 09月 13日

ご無沙汰です

e0021129_12274631.jpg

8月末、かねてより闘病中だった母が旅立ちました。

病院からの知らせを受けて、寒いくらいの雨降る中を車で出かけました。

しばしば経験することですが、群馬県からトンネルを超えて新潟県に入ると、秋のような晴れでした。

青空に雲がぷかりと浮かんでいる中、病院へ急ぎます。

間に合わないかと思っていたけれど、ぎりぎりでした。

こういう日が来るとはわかっていたけれど、病気でもいいからもっと長生きしてほしかったです。

親が先に逝くのは自然のこと、わかっていても、まだ信じられない気持ちです。



この写真は昨日の空です。

空高く、上の方から私たち家族を見守っていてほしいです。

しばらくお休みしていたブログも再開し、日常の生活に戻った方が母も喜んでくれることでしょう。

また、よろしくお願いいたします。


ご報告まで
[PR]

by sonatine-album | 2015-09-13 12:41 | 日々雑感 | Comments(6)
Commented by Sonne579de at 2015-09-13 15:35 x
ソナチネさん、
大変でしたね。深い痛みと察します。
お母様のご冥福をお祈り致します。
Commented by sonatine-album at 2015-09-13 16:02
☆Sonne579deさん>ありがとうございます。
順番とはいえ、受け入れたくない思いです。
でも、私が元気になって安心してもらわなくてはなりませんね。
Commented by 木偶の坊 at 2015-09-13 18:46 x
「苦厄」 母上樣のこと、言葉をもてません。
貴女の御健康を祈り希します。 弔意。
Commented by dekimaro at 2015-09-13 23:35 x
お悔やみ申し上げます。
一人暮らしの自分の母も85歳。
まだまだ元気ですが、いずれその日が来ることは覚悟しておかなければなりません。
Commented by jumhi0207 at 2015-09-14 14:21
お母さまのこと、本当に残念でしたね。
さぞやお心落としのこととお察しいたします。
大変なときと思いますが
ソナチネさんもお体ご大切になさって下さいね。
心よりご冥福をお祈りいたします。
Commented by sonatine-album at 2015-09-14 23:43
☆木偶の坊さん>お言葉ありがとうございます。
今でも母が元気だと錯覚してしまいます。と同時に現実に戻ります。
まだやることも多いし、頑張っていきます。

☆dekimaroさん>お悔やみをありがとうございます。
母も満85歳でした。もっと長生きできると思っていたので残念です。
お母さまをお大事になさってください。

☆jumhi0207さん>コメントをありがとうございます。
きっと母も空の上で家族のことを見守ってくれていると思います。
日常生活を取り戻しながら、元気を出していきます。






<< もう一つ      箱根湿生花園の向日葵 >>