ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 26日

火焔型土器

e0021129_15334011.jpg

もちろん本物ではありません。 長岡市内にある道の駅で見かけたオブジェです。

このような型の土器は新潟県の信濃川流域辺りで、多く発掘されています。

縄文時代の土器ですが、実用的に使っていたというよりは祭祀に用いられていたようです。

長岡市内にある縄文遺跡より発掘された火焔型土器が、大英博物館に常設展示されることになりました。

5000年くらいも前にどうやってこのような土器を作られたのでしょう。 以前、特別展示として博物館に展示されましたが、

今度は常設展示です。高い芸術性が認められたとのことです。

新潟日報紙によると、この火焔土器をオリンピックの際に聖火台として使えないかとの話もあるそうです。

昭和39年の時にもその話があったそうですが、実現されませんでした。

今度はどうなるでしょうか。実際に選ばれるかどうかは別として、この時期に脚光を浴びているのは楽しいことです。


10月1日 栃尾道の駅にて
[PR]

by sonatine-album | 2015-10-26 15:48 | 日々雑感 | Comments(0)


<< 農村レストラン      公園の花 >>