2016年 08月 03日

梅雨が明けたといっても・・・・

e0021129_5444881.jpg

瑠璃茉莉(るりまつり) 磯松科
随分と前の写真ですが、この花を最初に見た時に色に吸い込まれそうになりました。
散歩道で出会った花ですが、ここまで色の濃い瑠璃茉莉はその後、見たことがありません。

暑い夏の日でしたが、少し暑さを忘れ、涼やかな気持ちになれました。



e0021129_55558100.jpg

こちらも同じような色合いの桔梗。桔梗科
上の花もそうですが、夏の一陣の風を感じます。

先週、やっと梅雨明けしました。
ふつうは梅雨明け十日といって、しばらくは太平洋高気圧が強くて晴天が続きますが今年は違いますね。
昨日朝なんかは大雨に雷、光ってすぐに雷鳴が聞こえて怖いくらいでした。
どこか近くに落ちたんじゃないかしら、と思えるくらいでした。
梅雨が長く続いた割には雨が少なく、水不足も心配されているようです。
こういった梅雨も異常気象の一つなんでしょうか。

あまり暑いと参ってしまうくせに、こうお天気が不順だと夏の晴れが恋しくなります。
今年の夏は、これからどうなっていくのでしょう。


私はといえば、なかなか不規則な生活で??? 疲れるとPCを開くこともなく休んじゃったりしていてブログも開店休業になってしまいました。
たまに写真を写したりはしているのですが。

紫陽花の写真もまとめてないうちに、季節が過ぎ、もう8月ですからね。
7月はあっという間に過ぎてしまいました。どうしてこんなに時間を早く感じるんでしょう。

ある方が言われてました。年を取ると一年が3倍くらい短く感じられるよと。
私も年を取ったのかな・・・・?


ところで梅雨明けする少し前に、相模原で大変な事件が起こりました。
最初にニュースを聞いたときには意味が良く分からないくらいでした。
詳細を知るうちに、背筋が寒くなる思いです。
殺人予告をしていたとか、措置入院までしていたというのに、どうして防げなかったのかと思います。
亡くなられた方、ご家族、職員の方、それにまだ入所されている方のことなどを思うといたたまれません。
障害がある子供でも、離れて暮らしていても、家族は家族で、唯一無二の存在ですから。

自分の身に置き換えて、家族が一瞬に消えてしまったらと思うと、身を切られれる思いになります。
ダッカのレストランでの事件、ニースでの花火見物にトラックが飛び込んだ事件などなど、最近は凶悪なニュースが多いです。
背景は違うとはいえ、被害者になったら同じこと、犠牲者の冥福を祈るとともに、このような事件が起こらないようにと祈らずにはいられません。
[PR]

by sonatine-album | 2016-08-03 06:34 | 日々雑感 | Comments(0)


<< 二つの印象派展      梅雨空 >>