ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 30日

箱根湿生花園、晩夏

e0021129_1733741.jpg

小鬼百合と吾亦紅
8月末に訪問した箱根湿生花園、このあたりの風景が好きです。
植生復元区、だそうです。 この湿原あたりを歩くと、本当に気持ちがいいのです。
今年は台風が多く、たまたま晴れた日に行きましたが、時々どんよりとした曇り空になります。



e0021129_1755947.jpg

木道に顔を出していた現の証拠(フウロソウ科)



e0021129_177142.jpg

同じくフウロソウ科の浅間風露     現の証拠より大きな花でピンク色が目立っています。



e0021129_1782555.jpg

薊(あざみ) キク科
よく見かける薊より小さい花ですが、名前は分かりません。



e0021129_17154770.jpg

萩に蝶



e0021129_17163928.jpg

湿性花園に入ってすぐに目につくのがノムラモミジ。
たいてい、きれいに色づいています。

他にもいろんな花が咲いていました。
何度行っても癒されるところで、いつでも行きたくなる湿生花園です。



e0021129_17231872.jpg

時々顔を出した青空。今年は台風が多くて、本当にすっきりとした青空が見えません。
今日、9月30日ももう少しいいお天気になると思っていたのに、やっぱりどんよりでした。

いつになったら、秋晴れの空を眺めることができるのでしょうか。。。。


箱根湿生花園、8月下旬
[PR]

by sonatine-album | 2016-09-30 17:26 | 公園・植物園 | Comments(2)
Commented by 木偶坊 at 2016-10-03 23:05 x
いつも綺麗なお写真を拝見して・・・楽しませていただいております。
アザミと掲載されておりますお花、小さいとコメントされておられる感じからすると「タムラソウ」(田村草・ キク科)と感じます。
山に秋風が通りはじめる、タムラソウは秋の訪れを告げる花と言えましょうか。
Commented by sonatine-album at 2016-10-05 14:13
☆木偶坊さん>こんにちは^^ いつもコメントをありがとうございます。
そうですね、葉っぱが薊と違いました。田村草と思います。
田村草といえば、「秋の田村草」(シソ科)が浮かんできますが、「田村草」とは全く違いますね。
花の名前はどうやって付けられたのか、本当に不思議に思います。


<< 霧の仙石原      旧七谷郵便局・・・加茂市 >>