2006年 02月 05日

瑞泉寺の水仙は・・・・

淋しい冬
e0021129_0341553.jpg


瑞泉寺は水仙のお寺として有名です。
奥まったところにありますが、以前この季節に行ったときは溢れるほどの人でした。

先日行ってみたら静かです。
観光客もほとんどいません。
それもそのはず、いつもの水仙がほとんど咲いていません。

今年は梅が遅いから、水仙を見ようと思って行ったのにがっかりでした。
e0021129_034451.jpg

こんな感じでほんの少しばかりの花しかありません。

梅の古木もたくさんありますが、まったく咲いていません。
e0021129_035212.jpg


拝観入り口におられる方とお話しましたが、今年の水仙はまったくだめだということです。
去年の秋に雨が少なかったし、土に栄養がいってないのではとのことでした。
でもshuさんのページでは久里浜ではたくさん咲いているようだし、本当のところはわかりません。

ここは夢窓国師の開山で、師の庭園もあります。
バス停からも遠いですが、普段は静かで落ち着いているお寺です。

実はある作家さんのお墓もあるので墓所にも行きたかったんですが、やっぱり「関係者以外は・・・」
なんて札が立っていると入れないものですね。


色のない景色の中でやっぱり椿が華でした。
e0021129_036549.jpg


何の種類かわかりませんが小菊が一株。
周りを明るくしています。
e0021129_038358.jpg


一際、色の鮮やかな万両。
e0021129_0384869.jpg




以前は気づかなかったこんなお地蔵様がありました。
「どこも苦地蔵」
このお地蔵をお守りしていた僧が貧乏してよそに移って生活しようとしたところ、地蔵が「どこも、どこも」と言った。
どこへ行っても同じだと知ってよそへは行かなかったという言い伝えがあるそうです。

隣の芝生は青い、ってことでしょうか。
ふむふむ、やっぱり今のところでがんばるのが一番、などと納得しました。単純です。

お堂の中の像はちょっと写真には撮れませんでした。
[PR]

by sonatine-album | 2006-02-05 00:44 | 自然・花 | Comments(6)
Commented by papa at 2006-02-05 01:12 x
こんばんわ。

添え書きには、いつも感心します。。。納得です。

私のは情緒がなくて・・・
味気なくてお粗末ですね。

Commented by amia at 2006-02-05 16:39 x
今年は梅の花の咲くのが遅いっていっていたけど本等なのね。
今日も寒いもの、、昨日は雪など降らなかったかな?
Commented by せつこ at 2006-02-05 18:42 x
「瑞泉寺」。。。やはりまだまだですね。
あそこは駅から遠いので、ポカポカ陽気の日を
選んで行きたいです。

水仙と梅が同時に楽しめ、鶏か何かもいましたっけ??
天園のハイキングの行き帰りによく寄りました。

椿が綺麗ですね。。。
Commented by moko at 2006-02-05 19:22 x
☆papaさん>いつもありがとうございます。

勝手なことを書いているのに、読んでいただけるだけでも嬉しいです。
papaさんも詩人です。輝夜さんのお父様ですから。。。
Commented by moko at 2006-02-05 19:24 x
☆amiaちゃん>昨日の寒さは半端じゃなかったです。
雪になったところもあるらしいですね。
この辺りも2月に雪がよく降るので、これからも積もるかもしれませんね。
Commented by moko at 2006-02-05 19:26 x
☆せつこさん>さすがお詳しいですね。

鶏はどこにいるんだかわかりませんでした。

咲き誇っている水仙のイメージからすると、かなり淋しいものがありました。
今年は水仙はダメかもしれません。

あと2週間もすれば梅は見ごろになるかしら?


<< 早春賦      やっと紅梅!!! >>