2006年 03月 29日

沈丁花

沈丁花の花探しをしていたのがもう1ヶ月も前になりました。
自分自身が忙しかったせいもありますが、今月はことのほか早く感じられました。
もう少しで4月です。

沈丁花、というと3月末から4月のイメージなんです。
実家の方ではその頃に咲いていました。
むせ返るような香りと共に雪解けです。
そしてちょうどその頃、カエルの卵を見つけます。
沈丁花、ネコヤナギ、カエルの卵、、、、これが私の春のイメージなんです(笑)

先日の子安の里で変わった沈丁花を見ました。
香り、花からいっても沈丁花だと思いますが、こんな花は初めて見ました。

e0021129_22282862.jpg



こちらは民家の白い沈丁花。
最近は白い花を見つけることが少なくなりました。
白い方が香りが強いように思いますが、気のせいでしょうか?

e0021129_22293485.jpg

[PR]

by sonatine-album | 2006-03-29 22:32 | 自然・花 | Comments(2)
Commented by どんぐり子 at 2006-03-30 09:30 x
ピンクの沈丁花こうゆう種類なんでしょうか、珍しいですね初めて見ました。
私には沈丁花も桜も水仙も4月半ばのイメージ、カエルの卵は6月の・・・
ほんのちょっとの距離なのに、不思議な感じ。

Commented by moko at 2006-03-30 21:24 x
☆どんぐりこさん>珍しい沈丁花ですね。
もしかして突然変異かも・・・ですね。
普通はぼんぼりみたいな花ですから。

私の実家は今は長岡にあります。
小1までは湯沢でした。
そのときの事ははっきりとは覚えていませんが、どんぐり子さんの
山の写真を見るとなんとなく懐かしいです。


<< 剣崎      日を浴びて。。。 >>