ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 04日

ツンツンしてるよ♪


ここだけ見るとすぐにわかりますか?

e0021129_031950.jpg



ネギボウズ
小さい花がいくつくらい集まっているんでしょう。
あの毛糸のボンボンみたいな中にたくさんの花があるんですね。


e0021129_045458.jpg



「浅黄色」は「浅葱色」からきているんだとか。
ネギの葉のように、淡い緑色を帯びた青~~こんな色のことでしょうか。



こちらはバッタさん、イナゴかな、何かな?
触角って思ったより長いんですね。

e0021129_09072.jpg



[PR]

by sonatine-album | 2006-05-04 00:10 | 自然・花 | Comments(8)
Commented by sky-blue-feel at 2006-05-04 08:58
なんか、イソギンチャクのように見えました~。

おはようございます。
花が集まってこのような形ってかなりめずらしいかな・・?
ギガンチウムとかって花、変わっててかわいくて面白いですよ。

早撮り合戦の睡蓮はいつぐらいに咲きそうですか?
少し間が開いてしまってすみません^^;。。海
Commented by moko at 2006-05-04 23:41 x
☆海さん>これから咲き出す紫陽花もたくさんの花の集まりですが、
球形のは珍しいですね。
ギガンチウム、検索してみたらやっぱり球形の薄紫色で可愛かったです。
ギガンチウム、葱、両方ともユリ科ということで形が似ているのかなと思いました。
ご紹介ありがとうございました。

睡蓮はねぇ。。。ちょっと遠出しないと咲いてる所を知らないんですよ。
後どれくらいで咲き出すでしょう・・・
Commented by とも at 2006-05-05 01:53 x
海さんの言うように、イソギンチャクに見えました(笑)

あちこちの畑でねぎぼうずが見れますが、花が咲いたところは記憶にないです。。。
毎日見る度に気にはしていたので、近所の畑におじゃまして見てみようかな~

話はねぎじゃないですが、、、
昨日、鎌倉へ遊びに行ったのですが・・・えらい人ですね^^;
本当は江ノ電で江ノ島へ行こうと思っていたのですが、
切符を買うにも行列で電車に乗るのも乗車制限であきらめました。
仕方ないので、小町~御成町~長谷~大仏~由比ガ浜~(もう一度)小町を歩いて鎌倉観光。
文学館にも寄ってきましたが、足休めには最高な所ですね♪
バラが咲いたら絵になりそうと、次を期待しながら帰ってきました。
写真は取り込んだばかりなので、更新はポツポツと^^ヾ
Commented by moko at 2006-05-05 19:15 x
☆ともさん>こんばんは♪
ネギボウズは見かけますが、花開いているのはあんまり見ませんね。

連休の鎌倉は毎年すごいことになるんです。
江ノ電側にずらっと切符を買う列ができます。
車で来るとまた大変!駐車場を探すのに一苦労で回るのが遅くなります。
文学館はもう何年も行っていませんが、広々としていていいですね。
バラの季節には行ったことがないんですよ。
今度行ってみようかしら^^
Commented by wakana at 2006-05-05 20:43 x
たんぽぽの綿毛がこんなに大きく写っているのですから、バッタくんの大きさ想像つきますね^^ 本当に体より触角が長い! 撮影中じっとしてくれてたんでしょうか。mokoさんの思いがバッタくんにも届いたんですね~^^
Commented by moko at 2006-05-06 19:52 x
☆wakanaさん>バッタ君の動きに合わせて私も動き・・・
「ちょっと待ってて」って心の中で思うこともありますよ。
こういう写真を撮るときは膝をついているので、膝だけ泥だらけ。
ジーンズだから平気だけどね。
Commented by shu at 2006-05-07 20:47 x
このネギ坊主の中には、よくハナムグリという可愛いコガネムシが
もぐりこんでいる事があるので子供の頃はよく探しました。
mokoさんはバッタの子供を見つけるのが上手ですね。うらやましいです。
Commented by sonatine-album at 2006-05-07 21:45
☆shuさん>あの小さなコガネムシのことをハナムグリと言うんですね!
そういえば花の中で見たことがありますよ。
バッタの子供、よく見ますよ。
この前はボタンの花の中で見ました。
そのうちにアップしますね。
バッタもあまり大きいと脅威を感じますが(なんとなく襲われそう・・・人間のほうが怖いですね!)、
小さいものは何でも可愛いです。  moko


<< 睡蓮探しに・・・      アザミ >>