ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 20日

こんなのはいかがですか?

紫陽花、盛りを過ぎました。
それでも私には魅力的に見えます。

e0021129_21524744.jpg


額がまるっきり下を向いていますよね。
額の裏側も鮮やかです。
なかなか下から撮れませんでしたが、こんな感じです。



e0021129_2211161.jpg




e0021129_2158222.jpg


こちらは花びらの縁がフリルになっています。



e0021129_21582139.jpg




e0021129_21583384.jpg



この2枚もしっとりとした味わいがあります。

人間ではないけれど上手に年を重ねた、って感じ。
気品たかくて美しい。

本来ならこのくらいになったら枝を切ったほうが木のためになると思います。
それでも、熟成した美しさに出会えて感謝です。


7月17日 浄妙寺にて。
[PR]

by sonatine-album | 2006-07-20 22:15 | 自然・花 | Comments(10)
Commented by sky-blue-feel at 2006-07-21 00:20
熟練アジサイの美しさですね。
一枚目、多分、ほんとうは上向きなんだと思いますが
だんだんと下がっていったのかな。
そのまま置いておいて、冬になると
ドライフラワーのような色になってて、リースに使ったことがあります。
自然の花は、それぞれの時を悟っているからね。。海
Commented by dekimaro at 2006-07-21 00:38 x
アジサイも終盤ですね。
どの花もそうですが、咲き始め~満開までは皆の注目を集めますが、
盛りを過ぎると関心が薄れてしまいますね。
ある意味仕方ないのかも知れませんが、そこに着目したmokoさんの感性は素敵だと思います。
花を開いて受粉し、実を結ぶ。
そしてまた来年の同じ頃に、皆の目を楽しませてくれる…
終わりは次の始まりなんですね。

浄妙寺は、このところ行ってないですねぇ…
今週末あたり、金沢街道沿いを歩いてみたくなりました。
Commented by papa at 2006-07-21 08:55 x
雨が降っても、もう元気を取り戻してくれそうには無いですね。
観音崎のガクアジサイも、大分前から額が裏返しになっていました。

どの花もですが、盛りまでは腕の悪い私みたいなカメラマンでも綺麗に撮れますよね。
被写体が綺麗に見せてくれているんですね。
**人間ではないけれど上手に年を重ねた**…あとの熟成した気品を美しく撮り上げる事こそ、カメラマンの腕ですね。
楽しませてくれた花に感謝を込めて・・・

どの写真も、味があってとてもいいと思います。
Commented by どんぐり子 at 2006-07-21 14:06 x
アジサイの七変化、これから濃い緑になり、ピンクがかって紫になっていく・・・
秋まで変化が楽しめる花です。そしてドライにと・・・。
Commented by moko at 2006-07-21 22:25 x
☆海さん>蕾のときもいいし、咲き誇っているときはもちろんのこと
その後の趣もいいものだと思います。
あたかも人生を見ているかのよう。

重さのせいなのか、みんな下向きになっていますね。
それもまた風情があります。
Commented by moko at 2006-07-21 22:27 x
☆dekimaroさん>ありがとうございます。
毎年同じ場所に同じ色の紫陽花が咲いてくれる、、、嬉しいことです。
同じ紫陽花に会いに行きます^^
dekimaroさんはフットワークが軽いですね。
いろんなところを歩かれていて、写真も楽しみです。
鎌倉へはお近くなんですか?
Commented by moko at 2006-07-21 22:29 x
☆papaさん>ありがとうございます。
いえいえ、パパさんの写真も時とともにうまくなられていると思いますよ。
バッタのアップも細部までわかり、迫力ありました。
今頃の紫陽花もいいものですね^^
Commented by moko at 2006-07-21 22:31 x
☆どんぐり子さん>盛りを過ぎたとはいえ、まだまだ楽しめる紫陽花ですね。
どんぐり子さんのようにドライにしたりリースを作られたりしたら
一年中、眺めていられますね。
Commented by wakana at 2006-07-22 00:40 x
退色していった紫陽花も味わいがありますね♪ ふちどりがフリルのようになった紫陽花が特にいい色になってますね^^ また来年♪
Commented by moko at 2006-07-22 22:56 x
☆wakanaさん>そうなんですよね、もう終りだと思いながらも心惹かれる花に出会います。
紫陽花は1年草ではないから同じ場所で同じ花を見られて楽しみです。


<< 白      八幡宮から小町通りへ >>