ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 29日

心豊かに育つ


トトロのトンネル

e0021129_20403247.jpg



剣崎、灯台付近。

あと広町・台峯など鎌倉の緑地でも見かけます。
こういうトンネルを通るたびにトトロを思い出しています。


私もきのう「となりのトトロ」をTVで見ました。
「私も」というのはshuさんのページに同じ様に載っていたからです。

カンタ少年が自転車に乗る時、三角乗りをしていますよね。
わたしが子供のころはまだ大人の自転車に乗るのに、そうやって乗っている子がいました。
野原の感じとか、井戸とか、懐かしいです。

まったく同世代というわけではありませんが、子供のころの情景に似ています。
長岡に転居する前、南魚沼郡に住んでいました。
上越線で清水トンネルを抜け、群馬県から新潟県に入ったあたりです。
そのころが思い出されるのです。


子供は「繰り返し」が好きです。
話を覚えていても、何度も同じ本をせがみます。
親のほうが間違えて読むと訂正するくらいに知っています。

それと同じでこの「となりのトトロ」は子供が大好きで繰り返しビデオを見ていました。
今でもTVの放送などを見ています。


末っ子が生まれるとき、しばらく家を留守にしました。
出産で家を留守にするときって上の子が心配なんですよね。
まだ小さいし、ママ大好きな時期ですから。


そのときにこの物語を借りたんですよ。

「サツキとメイのお母さんも七国山病院へ入院してたでしょ、ママも七国山病院へ行って来るね。」、って。

当時母親べったりだった娘もそれで納得してくれました。
「○○ちゃんは七国山病院で生まれたんだよね♪」

もしかすると今でも信じているのかもしれません????


e0021129_20591541.jpg


近所で見かけたオシロイバナ。
色が混じっています。
サツキとメイもオシロイバナで遊んだかな?



[PR]

by sonatine-album | 2006-07-29 21:02 | 日々雑感 | Comments(6)
Commented by shu at 2006-07-29 21:37 x
そうそう!ここにもトトロのトンネルはありましたね。
お産の時の話、いいですね。じんとしました。
あの映画でいいと思うところは、猫バスで病院まで行ったのに
樹の上からお母さんとお父さんが話しているところを見ただけで安心して帰ったところです。
本当なら久しぶりに見たお母さんに抱きつきたくて病室にかけこみたかったでしょうが
そうすると物語が薄っぺらになるような気がします。
窓辺にトウモロコシが置かれていた事でさりげなく痕跡を残しています。
その心憎いばかりの抑制が物語に深みや切なさを与えていると思うのです。

僕も今日オシロイバナ撮りました。
花の根元をちぎってプープー吹いたり
花の芯にある丸い玉でアリを釣ったり
種をたくさん集めたり、種を銀玉鉄砲の玉の替わりにしたり…
今書いていてこの花一つで遊べたんだと我ながら驚いています。
Commented by せつこ at 2006-07-29 22:49 x
私も大好き!全編に渡って心が和みます。
毎日毎日代わる代わる信じられないような
ニュースが流れ、どうしたら安心して生活できるのだろう?
どうやって子ども達が伸び伸び生きていけるのだろうと
真剣に思ってしまいます。寄り道もできない、常に場所を
携帯でチェックされていないと安心できないなんて
信じられませんよね!

トトロの映像もいいですが、声の吹き替えもそれぞれ
雰囲気がぴったり。。。最高でした。

逗子から鎌倉に抜ける、池子住宅脇の尾根にも
似たような雰囲気の場所があったような???
Commented by moko at 2006-07-29 23:20 x
☆shuさん>木の枝の上から病室を見下ろし、安心するところがいいですね。
子供でもお母さんに駆け寄らないで見守るだけ、、、健気です。
何度見てもドキドキします。

それにしてもshuさん、オシロイバナの遊びをたくさんご存知ですね。
アリを釣るってはじめて知りました^^
Commented by moko at 2006-07-29 23:26 x
☆せつこさん>そうですよね、大人が見てもほのぼのとした気持ちになれます。
フィクションだとわかっていても本当にトトロがいるような気分になります。
今日も子供虐待のニュースを耳にしました。
哀しいです。
どの子も大事に大事に育てられるべきなのに。
物質の豊かさと心の豊かさは必ずしも比例しないですね。

池子住宅の脇は通ったことがないのでわかりません。
でも池子のあたりは緑も多いし、面積も広いですよね。
これからどうなっていくんだか。
Commented by dekimaro at 2006-07-30 00:07 x
「となりのトトロ」はスタジオジブリ作品の中でも、最もポピュラーでそして親しみやすい名作だと思います。
難しい解釈も無く、「家族の愛情」と「自然との共生」の心地よさに浸って見ていられます。

昭和30年代と言えば、自分も子供の頃。
ちょっと行けばこんな雑木林があって、遊ぶには事欠かなかったですね。
今、スローフードとかマクロビオティックとか言っていますが、この頃の食事はみんなそうでした^^
確かに豊かで便利にはなったけれど、それと引き換えに失くしてしまったものも大きいと思います。
幼稚園の頃1年間だけ北鎌倉(山ノ内)に居た事があり、
すぐ裏がこんな感じの台峰だった事を思い出しました。
Commented by moko at 2006-07-30 19:45 x
☆dekimaroさん>この作品はスタンダードとしてずっと残ると思います。
子供も大人も一緒に楽しめますね。

食事などもそのころのほうが豊だったと思います。
添加物もなく、自然に近いものを家族そろって食べることが出来たという
意味では格段に上でしょう。
ファミコンもなく、その分家族の団欒も多かったと思います。
この映画は、日本人が忘れtえいる大切なものを少しだけ思い出させてくれるような気がします。


<< 梅雨明け      球場 >>