ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 12日

瑠璃色


e0021129_17203368.jpg

(画像をクリックすると、もう少しはっきり写ります。)

瑠璃茉莉(るりまつり)といいます。

松田聖子さんの曲のなかに「瑠璃色の地球」というのがあります。
聖子さんの曲、そんなに知ってるわけじゃないけど、この曲が好きなんですよ。



瑠璃色の地球      唄:松田聖子

夜明けの来ない夜は無いさ
あなたがポツリ言う
燈台の立つ岬で 暗い海を見ていた

悩んだ日もある 哀しみにくじけそうな時も
あなたがそこにいたから 生きて来られた

朝陽が水平線から 光の矢を放ち
二人を包んでゆくの
瑠璃色の地球

泣き顔が微笑みに変わる
瞬間の涙を 世界中の人たちに
そっとわけてあげたい

争って傷つけあったり 人は弱いものね
だけど愛する力も きっとあるはず

ガラスの海の向こうには
広がりゆく銀河
地球という名の船の 誰もが旅人

ひとつしかない
私たちの星を守りたい

朝陽が水平線から 光の矢を放ち
二人を包んでゆくの
瑠璃色の地球

瑠璃色の地球


この花を見る度、この歌を思い出します。
最近、よく見かけるようになりました。
[PR]

by sonatine-album | 2005-08-12 17:24 | 自然・花 | Comments(2)
Commented by とも@神奈川 at 2005-08-12 19:20 x
この写真めっちゃ綺麗で感動しました^^
聖子ちゃんの曲につながるのも分かる気がします
ちょっと勝手に飛躍しますが・・・
もうすぐ終戦記念日です
世界中で続いている無駄な争い事はもう止めて、
歌詞のように僕たちの大切なものを守りたいですね
本当に大切なことは何かを、この花から感じて欲しいものです
争ってばかりでは、この花の咲く場所もなくなってしまいますからね。。。
Commented by moko at 2005-08-12 20:51 x
ともさん☆
そうなんです、同じ花でもここまで青いのはここだけです。
野口さんも宇宙から地球を眺めて帰ってきました。
宇宙から見たら地球だってたったひとつの星。
そんな小さい中で争って何になるんでしょう。
争いの犠牲の上に成り立つ平和ではなく、真のの平和が訪れますように。


<< 郵便。。。      蝉 >>