2007年 06月 29日

昆虫の異変

最近、昆虫の生態系が崩れているそうです。
赤とんぼも減ってきているそう。

東京や大阪の街路樹は九州から幼木を買い付けてくるそうです。
その木に昆虫の卵や幼虫が付いているのでしょうね。
東京に本来いないはずのクマゼミが大量発生しているそうですが、
街路樹とともに運ばれてきたのでしょう。
東京にはクマゼミの天敵もいないから、余計に増えているそうです。
そして大きなクマゼミは他のセミを絶滅に追い込むかもしれません。

生態系の破壊、というとまず思い浮かぶのが外来種です。
アメリカザリガニやらブラックバス、ブルーギルといった日本にいなかった生物が
入ってきています。 
そして在来種のほうが少なくなってきます。

でも最近はもっと身近なところで生態系の崩壊があることに気づきました。
生態系の変化や温暖化など、出来ることから考えていかないと
地球の将来が危ないと思います。


昆虫の異変は26日のNHKのクローズアップで取り上げられていました。


また蛍の放流も慎重にしないといけない、という話も聞きました。
各地で蛍を放流し、風流を愛でています。
でもその土地の蛍のことを考えないとやっぱり生態系が崩れるそうです。
同じ源氏蛍でも2回またたくもの、4回またたくものなどいろんな種類があるそうです。
だから種類を考えないでただ放流すると従来の蛍が駆逐されることもあるそう。

蛍は綺麗な水の側でないと生きられません。
でも単純に蛍が生きられるほど川が綺麗になった、と喜ぶわけにもいきません。
このことは、今月半ばにラジオのニュースで聞きました。



ところで24日に長谷寺へ行きました。
長谷寺は何時行っても沢山の花が咲いていて好きなお寺の一つです。
おりしもアジサイシーズン。
久し振りに観光客として拝観しました。

門を入るとすぐに花菖蒲が迎えてくれます。
e0021129_23425822.jpg



激変していると言われる赤とんぼ
e0021129_23441431.jpg



シオカラトンボもいました。
e0021129_23444775.jpg



1輪だけ咲いていた蓮
e0021129_23455226.jpg



桔梗と鉄線
e0021129_23463020.jpg



e0021129_23464438.jpg



アガパンサスも咲き出しています。
e0021129_234732.jpg



池の周りには紫系の花が多かったです。
[PR]

by sonatine-album | 2007-06-29 23:49 | 日々雑感 | Comments(0)


<< 長谷寺の紫陽花      紫陽花4 >>