ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 20日

穀倉

先週は数日間、新潟の実家へ帰ってきました。
冬に帰省する時は、川端小説が目に浮かんできます。
群馬からトンネルを抜けて新潟に入ると、途端に水墨画の世界になります。
山を越えるだけで、お天気が反対になるのを実感します。

夏はそのようなことは無いのですが、今回だけは違っていました。
曇り、時々大雨、後に晴れ間、といった天候です。


e0021129_0543398.jpg

雲の動きの早い、こんなお天気ばかりでした。

真夏日の続く関東から行くと、別世界のよう。
やっぱり日本は南北に長いんだなぁ、って思います。

でも例年は暑いんですよ。
山脈のおかげでフェーン現象が起こりやすく、よく35度を越えます。


e0021129_0573232.jpg

稲も大分、実っていました。
新米の季節まで、もう少しですね^^
農作物の大部分を輸入に頼っているわが国ですが、お米だけは100%自給できます。
米粉のパンも美味しいそうですが、これからはもっとお米を使いましょう。


e0021129_10184.jpg

新潟平野ではどこでも見慣れた風景。
山があって、水田が続いている。
こういう風景を見るたびに、懐かしくなります。

まだ新幹線が通ってない頃、駅と駅の間は必ずこういう風景がありました。
駅の周りにだけ商店街がひろがり、その先は必ず水田になります。
それもただただ平らに広がっています。

鎌倉も横浜も坂が多くて、自転車も考えることがあります。
こんな平野の真ん中で育つと、のんびりしちゃいますね(自分の事ですが)


e0021129_162752.jpg
おまけ
アゲハチョウの幼虫。
庭のパセリに住んでいました!?
パセリが好物なんですよ。
1,2,3・・・ 数えたら9匹くらいいます。
食欲旺盛で、このまま食べたら足りなくなりそう。
子どもの頃はこういうのが大好きでした。
今は、せいぜい写真に撮るくらいですね(笑)

それにしてもまだまだ残暑は続きそうです。
[PR]

by sonatine-album | 2008-08-20 01:12 | 自然・花 | Comments(4)
Commented by せつこ at 2008-08-21 15:00 x
あらまあ!うちにもキアゲハの幼虫がたった2匹。。。翌朝には
どこかへ行ってしまいました。うちは明日葉の)葉っぱだけ
食い荒らされています。さなぎと羽化が見てみたかったのに。。。

新潟の景色、日本の原風景ですね。主人の両親が新潟生まれで
主人も小さい頃数回行った事があるみたいで、懐かしんで
8月末1泊で行く予定です。高田、米山、青海川辺りだけですが。。
昔の景色が残っていればいいのに。。。と楽しみにしています。

長いトンネルが苦手なので、ルートをどうしようか?考え中。。。
私は田んぼの景色が見れれば十分です!!
Commented by sonatine-album at 2008-08-23 00:23
☆せつこさん>実家でも実際に蝶になったのを見たのは1度しかないようです。
さなぎを見つけても、知らないうちに羽化していなくなってしまう~当たり前ですよね(笑)

高田方面だと富山側から入るのかしら。
そうでなかったら長岡経由ですね。
関越トンネルは新幹線でも車でもかなり時間がかかります。
私もあまりいい気持はしません。
早く脱出したくなります!
Commented by ひとみ at 2008-08-25 10:46 x
ご両親さま、おかわりありませんか?
ゆっくりとできて良かったです。
なんだか急に秋の気配・・・ 生活ともども戸惑ってしまいます。
どっと夏の疲れがでる感じです。
我家では生前父が植えた「龍のひげ」が涼しげ? です。
Commented by sonatine-album at 2008-08-25 22:49
☆ひとみちゃん>幾つになっても親は親。
のんびりしてきました。
急に涼しくなって、かえって身体が疲れます。
龍のひげ、葉っぱがすうっとしてて涼しげですね。
こう涼しいと、寂しささえ感じるくらいです。


<< 雑感、オリンピック      のんびりとした時間 >>