カテゴリ:散歩道( 6 )


2013年 10月 07日

鎌倉の路地

e0021129_14593793.jpg

宝戒寺でのんびりと花々を眺めた後、鎌倉駅までは路地を歩いてみました。
最初は若宮大路を歩こうか、と思っていたのですが、以前の散歩道が懐かしくなって歩きました。


e0021129_1514378.jpg

若宮大路幕府跡の石碑
頼朝は大蔵に幕府を開きましたが、政子の死後、宇都宮辻に幕府を移し、その後この
若宮大路(2枚目の写真)にもう一度移しました。
以降、新田義貞によって幕府が滅亡するまで、この地にありました。



e0021129_158569.jpg

随分と古い電柱がそのまま使われています。
写真だとよくわかりませんが、『八幡 248』 と書かれています。


e0021129_15102927.jpg

近くには大仏次郎の屋敷を使った茶廊もあります。
毎日開いているわけじゃないし、私は中に入ったことはありません。
確か、猫を沢山飼っていたと聞いたことがあります。


e0021129_15122236.jpg

人力車の車夫がごみ拾いをしていました。
鎌倉駅付近や若宮大路では掃除しているところを良く見かけます。
そのほかに、こんな路地も綺麗にしていたんですね。ありがとうございます。

以前は春風亭の青木さんしかいなかった車夫ですが、最近は随分と増えました。


e0021129_15142811.jpg

路地で見かけた花、紅花常盤満作?
だとしたら春の花だと思いますが。。。気候がおかしいからかしら。


e0021129_15175464.jpg

宇都宮辻子幕府跡の石碑
大蔵幕府の次にはこちらに移ってきました。
雪ノ下教会の裏にある宇都宮稲荷のところにあります。
こちらには12年間、幕府があったそうです。
鎌倉のこれらの石碑は、大正時代に当時の鎌倉青年会によって建てられました。
他にも色々と見かけますが、よく建てたものだと感心します。


e0021129_15223364.jpg

若宮大路を横切りましたが、こんな案内板がありました。
字も薄くなっているし、今まで気が付かなかったなぁ。
背景の雪ノ下教会は建て替えられて、綺麗。何となく皮肉。


e0021129_15215218.jpg

若宮大路 流石にこの時期は人が少ないです。



e0021129_15274484.jpg

鳩サブレーで有名な豊島屋本店前の彼岸花。
きっと、これが今年の見納め彼岸花だと思います。


鎌倉は車が入れるかどうかの細い路地があります。
そういう道をたまに歩くと気持いいものです。
今頃は、どこからか金木犀が香ってくる筈です。
姿が見えなくても、すぐに分かる香り。秋の楽しみです。

と書いている私ですが、まだ金木犀に出会えません。
香りには気づいていますが、通勤途中では見かけませんね。


参考鎌倉幕府跡
以前にもご紹介しましたが、地図をお借りしました。


9月27日 宝戒寺から雪ノ下を通って鎌倉駅へ
[PR]

by sonatine-album | 2013-10-07 15:38 | 散歩道 | Comments(0)
2008年 06月 10日

いのち

散歩道で見つけた花。
ほとんど地面の近くです。苔に混じって咲いてます。
名前の分からない2種
e0021129_153498.jpg



e0021129_15453.jpg



こちらはトキワハゼ
e0021129_155718.jpg



清楚なユキノシタ
遠目にはちらちらと雪が舞っているよう。
e0021129_16105.jpg



一つ一つの花は不思議な表情。
e0021129_162445.jpg




普通に歩いていたら視界に入らない小さな花。
一番上のは米粒くらいの小さな白い花ですが、みんな一生懸命に花を咲かせています。
今が一番いい時期なんですね。
誇りを持って咲いています。


みんな命があるのに・・・・
日曜日白昼の事件、ただただびっくりしました。
そんなことが起こること事態、考えられません。
最初のニュースを見て、日本の話じゃないだろうと思ったくらいです。
 
自分の子どもの年に近い方。
前途有望の人生が絶たれてしまったなんて、残念でたまりません。
何も悪いことをしたわけじゃないのに。

私の親と同世代の方もおられました。
仕事をリタイアされ、これからが悠々自適の人生だった筈なのに。
やりたいことが沢山あったでしょうに、可哀想でなりません。

そして30代、40代の働き盛りの方々も・・・・・

たまたま居合わせた、運命だ、というには酷すぎます。
TVのニュースも見ていられなくなります。

ただご冥福を祈るしかありません。
2度とこんなことが起こりませんように。
[PR]

by sonatine-album | 2008-06-10 01:09 | 散歩道 | Comments(4)
2007年 03月 27日

久し振りの小町通

同じく21日の小町通です。
e0021129_064620.jpg

混んでいるように見えますが、いつもよりは空いていました。


e0021129_072381.jpg
飴屋さん。
繋がった飴がとっても可愛かったですよ。


e0021129_074321.jpg
店先の靴下。
いろんな柄があると感心しました。
一番上の列は5本指の靴下ですね。


e0021129_075780.jpg
レストラン「コアンドル」、おじさんがランプにペンキを塗っていました。
ここの壁はツタで緑色に覆われ、とっても趣があります。
ビーフシチューが美味しかったけれど、ここ20年くらいは入ったことがありません。

4月の第2週から鎌倉まつりが始まるし、小町通は満員電車のなかみたいに混んできますよ。
[PR]

by sonatine-album | 2007-03-27 00:10 | 散歩道 | Comments(10)
2007年 02月 18日

近所を歩いていて・・・

道路脇の蛇の目エリカ。
ピンク色が可愛らしいです。
春の日差しが優しいね^^
e0021129_0333243.jpg



こちらはホトケノザ。
なんだか雛がお腹をすかして首を伸ばしているみたい!
e0021129_0353324.jpg



ところで先日のFM横浜で平塚を特集していました。
その中で平塚の方言として「ずつなし」が紹介されていました。

我が家でも使われていました。
義母が使っていましたが、神奈川県央の出身です。
私は結婚してから初めて知りましたが。

「横着する」、「面倒くさがる」、という意味で使われると思います。

新潟のほうでは同じ様な意味で「のめし」といいます。
横着者を「のめしこき」と呼んだりしますよ。

あまり普段の会話では聞かなくなったとおもいます。
不思議と年を取ってくると、子供の頃に祖母や近所の人が使っていた方言を
思い出すから不思議です。
[PR]

by sonatine-album | 2007-02-18 00:43 | 散歩道 | Comments(16)
2006年 07月 19日

八幡宮から小町通りへ


八幡宮の境内に咲いていた花

インドハマユウ
ユリのような花の形をしていますが、ヒガンバナ科とのことです。
そういえばキツネノかみそりを白く、大きくしたみたい。
キツネノかみそりもヒガンバナ科です。


e0021129_21525540.jpg




こちらも同じインドハマユウだと思います。
ちょっと形が違うけど、、、間違っていたらどなたか教えてくださいね。


e0021129_2244843.jpg





八幡宮つながりでちょっと前の写真です。

八幡宮の舞殿はただいま建替え中。
何と、現在は大きな絵になっていますよ。
今年4月の鎌倉祭りの時も、「静の舞」が出来ませんでした。

e0021129_2155554.jpg



こちらは入り口近くの青木さん。
鎌倉での人力車を初めて開業された方です。
脱サラして始められたそうですよ。
何をしているんでしょう?


e0021129_2214454.jpg


ごくたまに八幡宮で結婚式を挙げた新郎新婦を乗せているのを見かけます。
でもいつも突然ですし、車ですれ違うことが多いから写真に撮ったことはありません。


おまけの小町通り。
下3枚は7月8日です。
以前は7月ともなると観光客も一段落しましたが、今はどの季節も多いですね。

e0021129_2255829.jpg





[PR]

by sonatine-album | 2006-07-19 22:07 | 散歩道 | Comments(4)
2006年 05月 07日

名越切り通し


定点からはたいていまっすぐ山を降りて家に帰ります。

4日はちょっと遠回りをして名越の切り通し(なごえのきりとおし)を通りました。

鎌倉は3方を山、1方を海に囲まれています。
地形を生かした要塞だったと聞いています。
山の方は「切り通し」と言われる細い山道で、侵入しにくく、守りやすかったそうです。

7つの切り通しがありますが、その中でも名越の切り通しは比較的昔の姿を残しているそうです。


定点よりちょっと山に入るとこんな道です。

e0021129_20412987.jpg


10分ほど歩くと視界が開けてきます。
逗子の町並みから海までが見渡せます。

e0021129_2041466.jpg


さらに進むと名越の切り通しです。


e0021129_20424214.jpg



e0021129_20425839.jpg


木々は鬱蒼としているし、ここの下に火葬場があり正直あまり気持ちのいいところではありません。


e0021129_20432586.jpg


標識の近くにあった塔。
普通は五輪塔といって5段ですが、これは3段。
何なんでしょうか。

ここへは逗子側からも登ってこれます。

私は鎌倉方面へ抜けました。

山を抜けると横須賀線のトンネルの近くへ出ます。

e0021129_20434370.jpg



ここからは明るい道です。


e0021129_2044363.jpg


この庚申塔、右は青面金剛像だと思うんですが左は頭がありません。
なんだかよくわからないけど、手を合わせお参りします。


e0021129_20445580.jpg


こちらは立派な大手毬。
こんなに花をつけているのは初めて見ましたが写真がよくないですね^^
でもあまりに立派なので載せちゃいます。


e0021129_20464797.jpg



ここから20分ほどで鎌倉駅までいけます。
駅からは流石にバスに乗ってしまいました。

久しぶりにたくさん歩き、爽やかな午後の時間を持てた休日でした。

4月30日(日)





[PR]

by sonatine-album | 2006-05-07 20:49 | 散歩道 | Comments(12)