カテゴリ:公園・植物園( 95 )


2016年 12月 30日

メタセコイヤの紅葉

e0021129_12550498.jpg
たまに出かける相模原公園、メタセコイヤがちょうど見ごろでした。
フランス式庭園の三方をぐるりと並木が囲んでいます。高さは30メートルもあるとか。  立派です。
両側の並木に日が当たる時間にはなかなか行けません。



e0021129_13045286.jpg
奥のほうから見ると、麻溝公園が見えます。
右下のほうに見える塔が麻溝公園のグリーンタワーで、展望台になっています。
相模原公園と麻溝公園は道路を隔てて隣り合っています。
ただし麻溝公園は相模原市立で、相模原公園は神奈川県立です。 隣り合っているのに、なぜだかわかりません。
私は、行くときには両方を散策しています。



e0021129_12590763.jpg
たしか去年のこの季節には、もう噴水は止まっていました。 今年はまだ水を出していました。



e0021129_13001453.jpg
 並木の前におすまししているワンちゃん。可愛いです。



e0021129_13005647.jpg
こちらはまったりと気持ちよさそう。 柴犬ちゃん。
思い思いに芝生の上で食事をしている人たちや、ペットと散歩されている方がいらして、クリスマス前の平和な時間でした。



e0021129_13095600.jpg
帰るころにはこんな雲が浮かんでいました。 私には大空を泳ぐ鯨のように見えました。




12月4日 相模原公園にて





[PR]

by sonatine-album | 2016-12-30 13:14 | 公園・植物園 | Comments(0)
2016年 12月 30日

修善寺

e0021129_01121346.jpg
修善寺自然公園のモミジが見ごろだと聞いて、足を延ばしてみました。
ここのモミジは大正13年に旧修善寺町制施行記念で植栽されたということです。1000本ものモミジの木があるそうです。
公園ですから、どの程度かと思っていましたが、想像以上に沢山の大きな木があり、その規模に感動を覚えました。



e0021129_01331493.jpg



e0021129_01333907.jpg



e0021129_01340273.jpg

紅く、黄色く色づいている大木が沢山あります。
もしかすると盛りを少し過ぎていたかもしれません。
その分、地面も落葉した枯葉色に覆われていて温かみを感じます。

熱海梅園といい、修善寺自然公園といい、見事な紅葉を沢山見ることができました。
今年は鎌倉の紅葉はほとんど見ていません。
珍しくお寺さん巡りもしませんでした。
その分、足柄をはじめとして、千葉や伊豆での紅葉を見ることができて、何よりです。

TVのニュースで京都の紅葉を見ると行ってみたいと思います。
でも京都などではもっと観光客が多くて、ゆっくりと散策はできなかったことでしょう。
そういう点では、ちょっと鄙びていていいところを回れました。

快晴、というわけではなく富士岳を拝めなかったことが心残りです。
静岡県からの富士山は、神奈川からよりも迫力があるし、また拝みたいものです。



12月1日 修善寺自然公園にて




[PR]

by sonatine-album | 2016-12-30 02:00 | 公園・植物園 | Comments(0)
2016年 12月 27日

熱海梅園の紅葉

e0021129_01160447.jpg


熱海梅園は明治19年に開園し、この辺りでは一番早く梅が開花するところだそうです。
後で知ったことですが、今年も11月18日には開花していたそうです。残念ながら、私には見つけられませんでしたが。

それだけではなく、紅葉もきれいだということで、初めて行ってみました。
梅だけではなく、モミジの樹も大木が多く、年月の長さを感じられました。



e0021129_01245375.jpg



e0021129_01254622.jpg


e0021129_01270611.jpg


e0021129_01274820.jpg
熱海はもちろん静岡県ですが、神奈川から近いし、何となく身近に感じます。
古くからの温泉地であり、別荘地であるイメージが強く、一時は斜陽の時代もありました。
ここにきて、また観光客も増えていると聞いています。

近いこともあって、宿泊しなくても日帰りでも十分にゆっくりと回れます。
前から名前は知っていましたが、初めて行ってみて素敵な場所だと思いました。
何度でも行ってみたくなります。

私は昼間行きましたが、夜にはライトアップもされるそうです。
ちなみに、この日は地元NHKテレビの撮影が入っていました。
夕方のローカル番組でライトアップされたモミジを紹介していました。

それほど遠くないところに、まだまだいいところがあります。

ところで、先週の糸魚川の大火にはびっくりしました。
今どき、140棟を超すほどの家が一度に燃えるような火事が起こるなんて、信じられません。
強風という気象条件や、住宅密集地だったという地理的条件、さらに消防も遅れたなど、運が悪かったのかもしれません。
それでも被災した方にとっては、一瞬にして財産も思い出も無くなってしまい途方に暮れているのではないでしょうか。
公営住宅に入れるように手配されてるなどとニュースで聞きますが、何とか早く復興されることを祈ります。
新潟県は縦に長く(南北に長い)、糸魚川市は富山県よりです。私は1.2回通過したことがあるだけの市で、降りたこともありません。
でも、同じ新潟県の災害に心を痛めています。
昼間だったことや避難勧告が早く出ていたためか、皆さんがご無事だったようで、それだけは良かったですね。


11月30日 熱海梅園にて








[PR]

by sonatine-album | 2016-12-27 02:01 | 公園・植物園 | Comments(0)
2016年 09月 30日

箱根湿生花園、晩夏

e0021129_1733741.jpg

小鬼百合と吾亦紅
8月末に訪問した箱根湿生花園、このあたりの風景が好きです。
植生復元区、だそうです。 この湿原あたりを歩くと、本当に気持ちがいいのです。
今年は台風が多く、たまたま晴れた日に行きましたが、時々どんよりとした曇り空になります。



e0021129_1755947.jpg

木道に顔を出していた現の証拠(フウロソウ科)



e0021129_177142.jpg

同じくフウロソウ科の浅間風露     現の証拠より大きな花でピンク色が目立っています。



e0021129_1782555.jpg

薊(あざみ) キク科
よく見かける薊より小さい花ですが、名前は分かりません。



e0021129_17154770.jpg

萩に蝶



e0021129_17163928.jpg

湿性花園に入ってすぐに目につくのがノムラモミジ。
たいてい、きれいに色づいています。

他にもいろんな花が咲いていました。
何度行っても癒されるところで、いつでも行きたくなる湿生花園です。



e0021129_17231872.jpg

時々顔を出した青空。今年は台風が多くて、本当にすっきりとした青空が見えません。
今日、9月30日ももう少しいいお天気になると思っていたのに、やっぱりどんよりでした。

いつになったら、秋晴れの空を眺めることができるのでしょうか。。。。


箱根湿生花園、8月下旬
[PR]

by sonatine-album | 2016-09-30 17:26 | 公園・植物園 | Comments(2)
2016年 09月 14日

赤城自然園の花 2

e0021129_11232546.jpg

紫錦唐松(シキンカラマツ) キンポウゲ科
可愛らしい花が咲いていました。蕊が長く、黄色。ピンク色の花びらとのコントラストが素敵です。
もし、ネームプレートがなかったら、花の名前は分かりませんでした。
もともとここに自生してたのかどうかは分かりませんが、山野草になるのかな。
知らない花に出会えるのも楽しみです。



e0021129_11505055.jpg

山芍薬(やましゃくやく) キンポウゲ科 の実。
この花もネームプレートがなかったらわかりません。春に咲く白い花にも出会いたいです。



e0021129_11524613.jpg

山ホタルブクロ


e0021129_11532039.jpg

桔梗


e0021129_11553079.jpg

ソバナ
↑の3種類の花はキキョウ科です。
そろそろ終わりなのか、ちょっとだけしか目にしませんでした。
楚々とした花の形が控えめで、いいですね。



e0021129_11583929.jpg

姥百合(うばゆり) ユリ科
もっと白い色の花も咲いていましたが、これは緑色がかっています。
普段見慣れている百合と違って、あまり花が開かないし、葉っぱの形も変わっています。



e0021129_1272837.jpg

イヌゴマ シソ科   この花の実はゴマの実に似ているけれど食べられないそうです。
それで異のゴマ→イヌゴマ、となったそうです。 
ちょっとかわいそうな命名ですが、沢山咲き誇っている姿は可憐でしたよ。

ほかにもいろんな花に出会いました。


e0021129_1212119.jpg

赤城自然園を出たところから見えた風景。  関越道の赤城インター近くです。
群馬県は新幹線で通過するだけで、ほとんど降りたこともないのでどちらの方向か良く分かりません。

夏の素敵な一日でした。


赤城自然園にて  8月8日
[PR]

by sonatine-album | 2016-09-14 12:18 | 公園・植物園 | Comments(2)
2016年 09月 13日

赤城自然園の花 1 

e0021129_1561629.jpg

狐の剃刀(きつねのかみそり) 彼岸花科
鮮やかなオレンジ色が目立ちます、私の中ではちょっと緑深いところに咲いているイメージです。


e0021129_1585595.jpg

一枚目は緑の中で目立っていましたが、明るいところでも点在していました。



e0021129_1510419.jpg

夏水仙 彼岸花科  水仙といっても彼岸花科ですね。
花は狐の剃刀に似ているけれど、こちらは夏水仙。 きれいなピンク色です。
もたもたしているうちに、そろそろ彼岸花の季節ですね。早いです。


e0021129_15132154.jpg

女郎花(おみなえし) 女郎花科 とヤブラン


e0021129_1516667.jpg

女郎花と男郎花(おとこえし) 女郎花科
一つ一つの花は可愛いですが、小さすぎてよく写せません。。
でも群生していると、黄色に圧倒されます。 男郎花より女郎花のほうをよく見かけます。


e0021129_15203019.jpg

角虎の尾(シソ科)  ネームプレートに角虎の尾、とありましたが、私は「花虎の尾」と呼ぶ方が好きです。
ピンク色の小さい花がたくさん集まっていて、可愛いから。
一つ一つを見ると、シソ科の花だと実感します。


e0021129_15242347.jpg

ボルトニア (キク科)



e0021129_15263136.jpg

ヒメヒマワリ(キク科)

このように、あちらこちらとまとまって同じ花が植えられています。
薄紫色だったり、黄色だったり、自然に出てきたものではないと思いますが、それはそれで綺麗です。
そんなところが、箱根の湿生花園と違っているところだと思いました。

広いところですから夏休み中であっても、混雑している感じはしません。
場所によっては貸し切り状態のように、誰もいないところがあります。
草いきれを感じながら、太陽の下にいると子供のころに戻ったような気がしてきます。

確かに、こんな匂いの中で遊んでいたなぁ、と。
歩きがいもあるし、何より空気が気持ちいいところでした。


赤城自然園にて 8月8日
[PR]

by sonatine-album | 2016-09-13 15:48 | 公園・植物園 | Comments(0)
2016年 09月 11日

まだ、紫陽花が、

e0021129_14304.jpg

赤城自然園で咲いていた紫陽花。
数年前に同じく群馬県の玉原ラベンダーパークで紫陽花を見ました。
ここでも咲いているかと思っていたら、水色のガクアジサイが一株、ありました。
他にもあったかもしれませんが、私が見たのはこれだけです。
今年はあまり紫陽花を見なかったので、この季節に出会えて懐かしい感じです。
でも、玉原で咲いていたのとは種類が違うようです。



e0021129_195320.jpg

オタフク紫陽花



e0021129_1103442.jpg

随分と色が変化した柏葉紫陽花



e0021129_1113814.jpg

アナベルとミソハギ


e0021129_1163419.jpg

この手毬は山紫陽花なんだか、よくわかりません。

8月に、これだけの紫陽花に出会えると思っていませんでした。

もう、9月も10を過ぎたというのに、1か月遅れの花たちです。
記録としてアップしておきます。


赤城自然園にて   8月8日
[PR]

by sonatine-album | 2016-09-11 01:23 | 公園・植物園 | Comments(0)
2016年 09月 09日

赤城自然園の蓮華升麻

e0021129_16464445.jpg

蓮華升麻(れんげしょうま) キンポウゲ科
今年も蓮華升麻の花を見に行ってきました。  群馬県の赤城自然園です。
今夏、帰省するのに車を使いました。 赤城インターから近いということで初めて寄ってみました。
自然の花だけではなく、園芸種も沢山あって、場所によってはガーデンパークとでもいうか人工的にも感じられました。
それでも広い中、沢山歩き、リフレッシュできる場所です。
森林セラピー基地にもなっているということです。



e0021129_1658224.jpg

緑の中、この花はやっぱり「森の精」と言われる所以がわかります。
透き通ったような、ピンク色っぽい薄紫色の花びらが蝋細工にも見えてきます。



e0021129_1725128.jpg

上から見た花びらもかわいらしいです。



e0021129_1735540.jpg

可憐な姿と違って、繁殖力が強いのか、見事に群生していました。
種が飛んだのか、ここの周り以外でもところどころで咲いていました。



e0021129_1752998.jpg

一輪だけ咲いていた苧環(おだまき) 同じくキンポウゲ科です。
春に咲く花ですよね。 一輪しか見ませんでした。



e0021129_1774096.jpg

お天気も良く、とても気持ちのいい散策になりました。

セゾンカードを提示すると入園料が半額になる、ということを知り、いつもは持ち歩いてないカードを持っていきましたよ^^ (1000円→500円)

沢山写真を撮ったので、またアップします。
ついこの間のようで、もう1か月が過ぎてしまいました。


赤城自然園にて 8月8日
[PR]

by sonatine-album | 2016-09-09 17:13 | 公園・植物園 | Comments(0)
2016年 08月 26日

三渓園の花

e0021129_6183060.jpg

牡丹臭木(ぼたんくさぎ) 熊葛科
名前はちょっとかわいそうですが、随分かわいい花です。
小さなピンク色がたくさん集まっています。



e0021129_6242336.jpg

緑の中に映える 小鬼百合 ユリ科
一株だけ咲いていましたが、とても目立っていました。



e0021129_6263057.jpg

水カンナ 葛鬱金(くずうこん)科
水辺で咲いている紫色が涼しそうです。



e0021129_6324748.jpg

それほど遠くないところにある三渓園。
行ってみると、季節毎にまた行きたい気持ちになります。
桜の季節もきれいだろうな、なんて思うと来年は・・・・・来年の話をすると鬼が笑います。



e0021129_6354681.jpg

三重塔付近から見た本牧原~山手方面
こうやってみると、横浜に残されたオアシスだと思います。
JRからはバスを乗り継がないと行けませんが、やっぱりいいところですね。




リオオリンピックで4連覇を達成した伊調馨選手に国民栄誉賞が授与されるそうですね。
前大会では吉田選手だけに授与されていましたが、伊調選手にも授与されるということで良かったです。
ご本人と面識があるわけじゃありませんが、何度もオリンピック等でお顔を拝見していると親しみを持ちます。
天国のお母さまも喜ばれていると思います。

ところで、柔道の野村選手(もう引退されていますが)はオリンピックで3連覇されていますよね。
野村氏が活躍されたころは、田村亮子選手の全盛期と時期が被ります。
そのせいか、3連覇という偉業を達成されたというのに、取り上げ方がいつも小さかったですね。
世間の目が田村選手にいったからかもしれません。
田村選手はオリンピック2連覇です。  確かに銅、銀メダルもとっていますが、それより3連覇のほうがすごいと思っていました。
どうして田村選手(結婚されてからは谷選手)が国民栄誉賞に値し、3連覇の野村選手が値しないんでしょうか。

私はスポーツ界のことには疎いし、素人ですが、ずっと疑問に思っていました。
今回のオリンピックで野村氏が解説されているのを見て、また思いだしていました。



7月26日 三渓園にて
[PR]

by sonatine-album | 2016-08-26 06:53 | 公園・植物園 | Comments(0)
2016年 08月 24日

三渓園の蓮

e0021129_15184157.jpg

あっという間に今月も残すところ1週間になりました。
この写真は梅雨明け前に三渓園へ行ったときのものです。
蓮はもう少し咲いていると思いましたが、盛りを過ぎているようでした。



e0021129_15212765.jpg




e0021129_1522456.jpg




e0021129_15225334.jpg




e0021129_15231934.jpg

蓮は4日間咲いて、その後散るそうですが、この花は4日目のものでしょうか。
今年は見に行くのがちょっと遅かったから、来年はもう少し早く行ってみたいです。

↓の記事で、メアリーカサット展を見に行く前に、中区三の谷の三渓園へ行きました。
もう1か月近くも経ってしまい、ピントがずれてしまいました。

リオオリンピックも終わりました。
選手の活躍を見ていて、沢山の感動を味わいました。
どの競技でも結果が出ると、一緒になって潤るとウルウルとしてきます。
日本人はすごいなぁ、と思って見ていました。

今まであまり注目されていなかった競技でもメダルに届いたり、80年ぶりとかのメダルとなったり、
選手には本当に感謝したいです。
水泳の萩野選手に始まり、最後まで目が離せませんでした。
吉田選手の銀メダルに、ご本人は謝られていましたが、そんな必要はありません。
打倒吉田で研究されつくされ、試合でも逃げられていてたまたま銀メダルになったと思います。
これで吉田選手の今までの偉業が変わるわけでもなく、堂々としていてほしいです。

これからは、東京オリンピックに向けての準備が始まると思いますが、また楽しみにしています。




7月26日 三渓園にて
[PR]

by sonatine-album | 2016-08-24 15:38 | 公園・植物園 | Comments(0)