カテゴリ:ニュースより( 8 )


2014年 05月 16日

鎌倉の海水浴場

e0021129_14245222.jpg

ずいぶん前に写した由比ガ浜から材木座にかけての写真です。
坂ノ下辺りから写しました。

去年の話ですが、鎌倉の海水浴場の命名権(ネーミングライツ)を豊島屋が取得しました。
豊島屋といえば、鳩サブレーが有名です。

「鳩海水浴場」などという、自分のところの商品名などは名前にしないと言われていました。

決まってみれば、従来通りです。

   由比ケ浜は 『由比ガ浜海水浴場』

   材木座は 『材木座海水浴場』

   腰越は 『腰越海水浴場』


良かったと思います。

やはり、昔からの読み方に愛着を持つ人が多かったのでしょう 

『海水浴場』 という ちょっと郷愁を帯びた感じもいいです。

『鳩サブレー』は大きくて、食べる前はちょっと躊躇して(カロリーが高いなぁとか)、
でも食べだすと、あっと言う間です。
やっぱり、美味しいですねぇ。

ありふれているようですが、鎌倉ではお土産だけではなく慶事でも、弔事でも使われています。
それだけ、地元に愛されているのだと思います。

1.200万円 × 10年間 命名権の額です。
警備、監視、ゴミ処理などに使われることになるそうです。
豊島屋さんに感謝です。


ところで、私はこの三ヶ所の海水浴場の写真は、ほとんど写したことがありませんでした。

鎌倉の海といえば、稲村ヶ崎や七里ガ浜は写したことがありますが、この三ヶ所には最近行ったことがないと、今頃気づきました。

今度は、海水浴場にも足を運んでみようかな。
[PR]

by sonatine-album | 2014-05-16 14:45 | ニュースより | Comments(2)
2010年 01月 14日

駅伝

「もう一つの箱根駅伝」、ご存知ですか?
私は去年の今頃、ラジオの放送で知りました。

お正月の箱根駅伝と同じコースを駅伝しますが、ゴミを拾いながらタスキを繋ぐそうです。
今年は9.10日に行われました。
大手町から箱根まで往路だけですが、2日かけてゴミを拾います。
速さだけでなく、ゴミの量を競います。

あれだけの観客が応援する箱根駅伝、ゴミも多いのかと思いました。
しかし、駅伝観戦のゴミではなく、日常的に道路などに放置されているゴミがほとんどだそうです。
2日間で45Lのゴミ袋で170袋も集めたそうですよ。

各大学がゴミを拾うという行為だけではなく、楽しんで参加しているような気がします。

第1回から今までは麻布大学が優勝していましたが、今年は帝京大学の優勝でした。
これからも毎年開かれるそうですが、本当はゴミなど見つからないほうがいいのです。
若い人に感謝ですね^^



こちらはお正月の近所です。
道路の崖に横から生えている花。健気です。
e0021129_23351249.jpg


やっぱり道路の崖の上に見つけた赤い実、何だか分かりません。
e0021129_23361342.jpg


道路わきの街路樹、クロガネモチだと思うのですが。
e0021129_23362766.jpg


お正月の青空の下、花を見ることが出来て平和です。


ところで、今年もお正月の2日、3日と駅伝をテレビで見ていました。
早いチームだけではなく、どこのチームにも感動し応援します。
国1からそう遠くないところに住んでいるし、今度は実際に見に行きたいなと思います♪
[PR]

by sonatine-album | 2010-01-14 23:45 | ニュースより | Comments(0)
2008年 08月 07日

悲報

e0021129_0445057.jpg

8月5日、松本サリン事件の被害者、河野澄子さんが永眠されました。
あの事件のためにご一家の運命が狂いました。
普通の生活をされていたご家族が、あの時から止まってしまいました。

14年もの間、意識が戻らなかったということですが、それでもご家族にとっては
生活していく上でのよりどころだったと思います。

ご冥福をお祈りいたします。
 

河野さんの事、度々TVに登場されていただけではなく、身近に感じます。
なぜかというと、私はひどい思い違いをしました。

あの頃、TVの報道を鵜呑みにしていました。
河野さんの家から何かのガスが発生したんだろうから、河野さんが
化学物質を作ったんだろう、と思いました。
火の無いところに煙は立たない、とばかりに河野さんを疑ってしまいました。

その後、オウムの事が明らかになり、私は自分の考えを恥じました。
一方的にメディアの報道からだけで判断し、間違ってしまいました。

直接河野さんに謝ることは出来ませんでしたが、TVなどで拝見するたびに
心の中で謝っていました。

TV、新聞などの報道は正しいばかりではないと今更ながらに思い知りました。

自分の目で判断しなければなりませんが、材料は多くありません。
はっきりとわからないことは断定すべきでないと、強く思っています。


まだお若いのに、お子様の成長を見守ることなく逝かれた無念さを思うと
いたたまれません。

これからは雲の上からご家族を見守ってください。
そして、どうぞ安らかにお休みください。
[PR]

by sonatine-album | 2008-08-07 00:46 | ニュースより | Comments(6)
2007年 10月 12日

おまえもか・・・

「赤福さん」、大好きなお菓子の一つです。
お伊勢さまの門前に店を構えていて、当日製造分を売っている伝統ある餅菓子やさんだと認識していました。

今日、家に帰ってニュースを見てびっくり!!です。
先ごろ問題になった「白い恋人たち」は「赤福」を目標にしていたとか。
そのお手本が偽装していたんですね。

当日出荷しなかった分を冷凍保存していたそうですが、それを表示すればよかったのに。

「当店の和菓子は急速冷凍しているので新鮮で味も変わりません」
と表示しているお菓子屋さんがあります。
売れ残りを出さずに済むし、お値段も割安で時々買っています。
今の冷凍技術は味を落とさないで保存することが出来るでしょう。
だったら、断ってお店に出せば消費者も怒らないのに。

おりしも横浜のあるデパートでおみやげ物のイベントをしています。
その広告の一面に「赤福」が載っていました。
今日当たりはどうしたんでしょうか、、、残念です。


うん、江ノ電の長谷と極楽寺の間にある「力餅」を食べましょう^^
美味しいですよ!いくつでも食べれますよ!



e0021129_23493078.jpg

先週の藤沢市の田んぼ~実りの秋ですね♪
稲の干し方は地方によって違います。
私にとっては珍しい干し方です。


e0021129_23501793.jpg

チラッと見えた夕焼け。車の中から。
真ん丸いお日様が見えたと思ったら、あっという間に沈んでしまいました。
つるべ落とし、とはよく言ったものです。
[PR]

by sonatine-album | 2007-10-12 23:52 | ニュースより | Comments(0)
2006年 10月 30日

雑感

高校で受験に関係ない教科が履修されてなかったとか。
富山県で発覚したのが全国的に行われていたことがわかった。

大学入試を突破するためには必要ないかもしれない。
でも一般人の常識として、また人間の幅を広げるためにも必要な教科だと思う。

受験勉強に熱を入れても、人間性はどうなるんだろう。

本当の被害者は生徒自信だと思う。
この時期に補習をやらせるのは酷だ。


この事実は予備校の少ない県でより多く行われていたらしい。
それもまた哀れな話だ。
普通に高校の教科書を勉強するだけでは足りないのだろうか。


もう10年以上も前になるが、「ゆとり教育」と言われ公立高校は週休二日になった。
土曜日の学校がなくなった分、授業のコマ数が減り行事が減ってきた。
円周率は「3.14」と覚えていたのに、一時期「3」で計算していた。

それでも受験の難易度は変わらず、また私立校は土曜日も授業をやっている。
それでは公立校との差が歴然とするのも無理はない。

授業が行われていなかったとか、調査書に偽りがあるなどということより
もっと根本的なことを変えないとダメだろう。

受験生に不利がないように、寛大な処置をして欲しいものだ。



この時期、明るい石蕗(つわぶき)の花。
日向で輝いている。
e0021129_082731.jpg



別の場所でも咲き出した。
e0021129_0103118.jpg



この花の葉は斑入りである。
e0021129_0112056.jpg
これからまだ暫くはこの明るい色を楽しむことができる。
[PR]

by sonatine-album | 2006-10-30 00:13 | ニュースより | Comments(4)
2006年 04月 14日

雑感


今日は家に帰ってみたニュースのトップが消費者金融のことでした。
過剰な取立てで全店舗の営業停止だとか。

やっぱりなぁ、、、って感じでした。

今まで常日頃思っていたことです。
「借金」というと何だか後ろめたい響きがあります。
それが「キャッシング」というと、スマートな感じです。

毎日見ているTVに消費者金融のコマーシャルがよく流れます。

「お金は計画的に借りましょう。」
などとテロップがあったりしますが、要するに借金のおススメですよね。

借りるときには機械で簡単だけど、返せないと取り立てが大変なんでしょう。
年利20~29%などというと滅茶苦茶ですよね。

私の子どもの世代が簡単にお金を借りてローン地獄に陥ったら、と思うと恐ろしいです。
働いた分で生活する、って当たり前の事ですが、もっと使いたくなるんでしょうか。

街中でも各社のキャッシングの機械をよく見かけます。
操作としては銀行のキャッシュデスペンサーと似てるんでしょうね。

こういう仕組みにごまかされないことです。

クレジットカードも買い物をしたときに現金を払わないんですから、借金と同じですよね。
でも、こちらは私も良く使ってます。
だってポイントがたまると、商品券などに換えられるから。
使った分だけはそれ専用の封筒に現金を取っておくんですよ。
そうしたらいくら使ったかわかるからね。


この子等に幸あれ。4月14日

e0021129_2211814.jpg



咲き始めの頃、朝日です。 3月30日

e0021129_223187.jpg



[PR]

by sonatine-album | 2006-04-14 22:04 | ニュースより | Comments(8)
2006年 03月 22日

やったね、日本!

今日は野球の決勝戦、優勝できてよかったですね。
強敵キューバに勝っての1番ですから、凄いです。
野球についてはあまり詳しくありません。
でも、今日の試合は心から応援できました。

最初はTVで、それからは出かけたので車の中のラジオで観戦です。
夜はニュースでまた見ました。

6-1で勝ってたのが6-5まで詰め寄られ、その後イチロー選手のヒットで点が入ったときには
ウルウルしてきました。
ラジオの解説だと余計に熱くなりますね。

プロ野球の選手ですから通常は敵味方ですよね。
それが短期間のために集められて一つのチームになるんですから、難しいことと思います。
それもそれぞれのチームの中では優秀な方ばかりですから、まとまるのも大変だったでしょう。
目的のために結束してチームワークもよく戦えたと思います。

試合後のイチロー選手、いつになく饒舌でした。
勝てたことを喜び、チームをたたえ、別れの寂しさも口にされていました。
王監督、松阪選手をはじめ皆さんがとても明るい顔だったのが印象に残っています。
それから試合の前からリラックスしている表情でした。
空元気、という訳でもないでしょうが余裕を感じました。

巨人・大鵬・卵焼き、といわれていた時代、、、素直でない私は反巨人の方でした。
地元で応援していた大洋が弱かったしね。
あの頃は下から数えて何番目、でしたから。
でも何故か王選手は好きでした。
難しいことはわからない私ですが、野球は面白いですね。
高校野球ももうすぐ始まります、楽しみですね。


優勝を祝ってか東京・横浜などで桜の開花宣言がありました。
こちらは近くの木です。
今年初めてメジロを見ました。
ところが1枚写真を撮っただけで飛んでいってしまい~残念でした。

e0021129_004935.jpg


e0021129_025732.jpg

[PR]

by sonatine-album | 2006-03-22 00:06 | ニュースより | Comments(2)
2005年 12月 11日

こども

e0021129_2292655.jpg


夏の写真ですが、こういうショットに心惹かれます。


「こども」って、皆に祝福されて生まれてくるし、慈しんで育てられています。
どの子もかけがえのない命であり、これからの人生が待っています。

自分も親に手をかけて育てられたはずですし、また自分の子も同じように育てています。

それが昨今ではあまりに簡単に事件に巻き込まれ、人事ながら胸が痛みます。




ゲームの中で人を殺してもまた生き返る、物によっては残虐なシーンもある。
仮想の世界でそういうことを繰り返していると、実際の世界と境界線がなくなるのだろうか。

虫取りをして逃がさないでいると、虫かごの中で死んでしまう。
小刀で鉛筆を削っているときに、手を切って痛い思いをする。

死んだら生き返らない、ということがぼやけているんだろうか。

私が子どものころの方が地域の目もあったように思う。
○○さんちの子どもだ、ってわかっていたものだが今はどうだろう。
鍵一つで近所とも遮断される家に住んでたら、近所にどの子どもがいるかもわからないだろう。

防犯ベルを持たせる、携帯でどこにいるかわかる、その程度では子どもを守れないだろう。
一抱えにされて車にでも入れられたら、どこへ連れて行かれるかわからない。

嫌なことだけれど、学校まで送り迎えしなければ安全は守れないのだろうか。
近所から子どもの姿が消えてしまいそうだ。

学校から帰っても外で遊び、暗くなってから家に帰るなんてことは出来ない時代だろうか。

こう事件が続くと何も信じることが出来ない。
いくら親だって四六時中子どもと一緒にいるわけに行かないし、共稼ぎの家だってある。
学童保育のない所だってあるだろうし、だからといっておじいちゃんおばあちゃんに頼れない家のほうが多いだろう。

地域で何とかできることはないだろうか。
私ももっと年をとって仕事を辞めたら、子どもの力になれないだろうか。


結論は出ないけれど、こんなことを考えておりました。
[PR]

by sonatine-album | 2005-12-11 02:58 | ニュースより | Comments(4)