カテゴリ:寺社( 117 )


2005年 11月 15日

竜宝寺

先週、「竜宝寺」というお寺へ行ってみました。
ちょっと家からは遠いので行ったことがなく初めてです。
曹洞宗のけっこう大きなお寺さんです。
萱葺きの山門と色づいた公孫樹が出迎えてくれます。
鎌倉の中では色づきが早いと思います。
e0021129_05644.jpg

お寺さんには幼稚園が併設されており、ちょうどお帰りの時間。
子ども達が三々五々と出てきていました。

実は長男は1年間だけお寺さん付属の幼稚園に通いました。
当時住んでいた家に近かったからという理由だけですが。
最初は宗教の関係している幼稚園はどうだろうと思いましたが、よく看てもらえる園でした。
裸足保育で乾布摩擦もしていました。
裸足ということは、庭へ出た後など却って面倒だと思います。
そういう点でもよくしてもらっていました。
(話がそれてしまいましたね^^)

境内は結構広いし、地域の民族資料館や重要文化財の民家があったりします。
鎌倉の中心部からは離れているせいか、観光客もなく静かなお寺です。
こういうお寺にこられたら、静かな鎌倉に浸れることと思います。

e0021129_085347.jpg

本堂の前には十月桜の大木がありました。
私は十月桜というと、細い木しか知りませんでしたが、結構大きい木もあるんですね。

紅葉はまだまだといった感じですが、一本のドウダン躑躅が真っ赤に色づいていました。
e0021129_021104.jpg

そんなに大きな木ではありませんが、辺りを明るく華やかにしておりました。

ここのお寺にもいろいろな花が咲いていました。
菊、2種。
e0021129_0244276.jpg

e0021129_0245982.jpg


最後の儚げなコスモス
e0021129_0252538.jpg

白式部、これも一枝だけに実が残っていました。
e0021129_026855.jpg

ピンクのバラ。
そういえばお寺さんでバラの花を見た事はほとんどありません。
e0021129_0261041.jpg


結構広いお寺さんでしたが、幼稚園関係の方以外では、2~3人しか出会いませんでした。
休日でものんびりとした空気に浸れる穴場かもしれません。
[PR]

by sonatine-album | 2005-11-15 00:33 | 寺社 | Comments(4)
2005年 11月 05日

お寺さんの花

10月の間は4週間連続で週末に雨の日があったそうです。
今日は久しぶりにいいお天気の土曜日でした。

でも午前中から用事があったりして、写真も撮れませんでした。
というわけで3日の画像です。
5枚目まで、鎌倉・浄妙寺での写真です。

小菊、何と言う名前だか分りません。
最近各地で菊祭りがあるようです。
大きな菊はもちろん立派ですが、こういう菊も可愛いです。
e0021129_23241680.jpg


e0021129_23284250.jpg



竜胆(りんどう)、ここの花はやっと咲きました。
朝の光の中だと、柔らかい感じになります。
e0021129_2329505.jpg


e0021129_2330845.jpg



ホトトギス、色々な色があります。
下の写真は家のホトトギスです。
e0021129_2336045.jpg


e0021129_23362059.jpg

[PR]

by sonatine-album | 2005-11-05 23:44 | 寺社 | Comments(6)
2005年 09月 28日

常楽寺にて

交差点の名前にもなっているお寺ですが、初めて寄ってみました。
臨済宗のお寺で鎌倉幕府第三代の執権北条泰時公と、
建長寺開山大覚禅師(蘭渓道隆)ゆかりの古刹です。

まず白萩が迎えてくれます。
ここの萩はもう盛りを過ぎていました。
e0021129_22471617.jpg

e0021129_22474679.jpg

近くへ行くとまだ名残の夾竹桃が咲いています。
珍しく斑入りでした。
e0021129_22492216.jpg

e0021129_22493734.jpg

境内はあくまでも静かです。
それほど大きなお寺ではないとはいえ、ほかに誰もいませんでした。
萱葺きの山門、北条泰時公のお墓など年代を感じます。
いわゆる観光の通りから離れているので、ゆっくりとまわれます。
e0021129_22503738.jpg

e0021129_22505467.jpg

ユリがたくさんありましたが、もちろんどれも実になっています。
この季節、ほとんど花はありませんでした。
彼岸花も蕾が少しあったくらいです。
千両、万両が色づくと華やかになることと思います。
[PR]

by sonatine-album | 2005-09-28 23:09 | 寺社 | Comments(10)
2005年 08月 11日

ぼんぼり祭り

鎌倉鶴岡八幡宮では毎年、立秋の頃に「ぼんぼり祭り」が行われる。
季節の変わり目のお祭りとの事。
400ものぼんぼりにろうそくが灯される。
e0021129_125224.jpg

鎌倉のお寺さんの住職、市長さん、芸能人、その他たくさんの方のぼんぼりが連なります。
e0021129_131118.jpg

今年は仕事帰りに友達と行ってみました。
7時を過ぎると人も多く見るのも大変でした。
画像が暗くてすみません。
e0021129_054017.jpg

暗闇に浮かぶぼんぼりを楽しむだけで、実は歴史なども分りません。
鶴岡八幡宮のHPにも詳しくは出ておりませんでした。
鎌倉の行事

舞殿では日本舞踊が奉納されていました。
日舞に関してはまったくの素人。何にも分りません。
綺麗な着物を着ている人が踊っているなぁ、という感想だけ。
e0021129_13392.jpg

帰りに小町通を歩きましたが、結構浴衣の人を見かけました。
男性でも多かったですよ。
浴衣を着たら粋に歩いてほしいですが、中々難しいですよね。
普段、ジーンズで大股に歩いていたら急に着物に慣れませんよね。
娘も来年は成人式、どうなることやら???
e0021129_0562597.jpg

そういえば浴衣も着物も着なくなりました。

たまにいらっしゃるminnさんのHPに詳しく掲載されています。
「風の便り」8月7日です。
事後承諾でご紹介しました。minnさん、よろしくです。

季節の風
[PR]

by sonatine-album | 2005-08-11 01:15 | 寺社 | Comments(3)
2005年 08月 05日

鶴岡八幡宮その2

e0021129_1161855.jpg


昨日アップした池には白い蓮もあります。
源平池の白い蓮、平家の赤い蓮が植えられています。
赤い蓮は時期が遅かったのか、もうあまり咲いておりませんでした。

蓮の花が咲いているときにここへ来たのは数年ぶりです。
久しぶりに来ると、やっぱり落ち着きますね。
見渡す限りの蓮の葉が広がっております。

本当は早朝がいいのでしょうが、8時過ぎの写真です。

e0021129_183516.jpg

随分開いております。
中もまた神秘的ですね。
地下茎がレンコンだということは分りますが、
この花、あの糸状のものがおしべなんですか?

e0021129_19796.jpg

おもしろいか形ですね。
この円錐形のなかに蓮の実が詰まっているのかしら!
蓮の実、中華街の大きな月餅のなかに入ってる。甘いの、好きです。
[PR]

by sonatine-album | 2005-08-05 01:14 | 寺社 | Comments(5)
2005年 08月 03日

鶴岡八幡宮

日曜日、朝から電話。
ちょっと前に家を出た子どもが「バスが来ないから駅まで送って」とSOS.
日曜の朝はバスの本数が少ないんだから、、、と思いながら甘い母親は車を出します。
ただ送りに行くのはつまんない、とばかりにデジカメ持って行きました。
鶴岡八幡宮の蓮はどうかな、と思って寄ってみたということです。
e0021129_23381333.jpg

八幡宮側から見た太鼓橋です。

e0021129_23234169.jpg

八幡宮の境内に「源平池」という池があります。
西の池(平家池)と東の池(源氏池)との二つに分れていますが、この東の池の中にある島に「旗上弁財天社」という社があります。
頼朝が平氏を討つために旗揚げしたときに、弁財天のはげましを受けたということからまつられたそうです。
もっとも現在の社は昭和55年に作り直されたものだということです。

e0021129_23245931.jpg

この島へ渡る橋を反対側から見たも写真です。
ピンク色の蓮はあまり咲いておりませんでした。
e0021129_23441618.jpg


e0021129_23395751.jpg

2羽が列をなして泳いでいたと思ったら、仲良く並びました。
ちょうど後ろから見ると相似形。
たしかすいすい泳いでいるようでも、水かきを一生懸命動かしているんですよね。

e0021129_2333387.jpg

亀も餌をおねだりに来るんですね。
観光客にもらいなれているようでした。
手から餌をもらっていましたよ。
リスばかりか、亀さんまでか・・・といった感じです。
[PR]

by sonatine-album | 2005-08-03 23:46 | 寺社 | Comments(9)
2005年 08月 01日

海蔵寺

e0021129_23511640.jpg

鎌倉駅西口から線路沿いに奥まったところにあるお寺です。
こじんまりとしていて静かなお寺さんですが、最近は花の寺として有名になってきました。

ここのお寺です、庭の中にズカズカと入って和尚さんに注意されている人がいました。
定年を過ぎたくらいの女性です。
同性として恥ずかしかった。
お寺さんで写真を撮るときは、「撮らせていただく」と挨拶して気持ちばかりのお賽銭を。
手を合わせるようにしています。
お庭の管理費にでも、といった気持ちです。

これからまだまだ暑い日が続きますが、秋の花に出会えました。
e0021129_23541195.jpg

e0021129_23542798.jpg

桔梗は涼やかで好きです。
薄紫も白も品があります。
e0021129_23562454.jpg
e0021129_2356464.jpg

萩の花を見るといつも思い出します。
「秋来ぬと 目にはさやかに みえねども
    風の音にぞ おどろかれぬる

万両の花、初めて気づきました。
最初は何の花だろう、と思ったんですよ。
赤い実がたくさんつくと万両だと分ります。普段は見かけても気づかないですね。
花は地味ですね。でも可愛らしい小さな花でした。
[PR]

by sonatine-album | 2005-08-01 00:14 | 寺社 | Comments(12)