ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:建築物( 15 )


2017年 09月 09日

佐渡・宿根木

e0021129_21395807.jpg

松ヶ崎の後に行ったのが佐渡市最南端の宿根木(しゅくねぎ)です。
江戸時代中頃より廻船業の村として栄えた集落です。
その町並みは「重要伝統的建造物群保存地区」にも指定されているとのこと。
この指定は新潟県ではここだけだそうです。
お隣の長野県には7か所も指定されているのに、新潟は1か所なんですね、と思ったら
東京・神奈川はゼロです。

板張りの家がほとんどで、何となく懐かしい感じがします。




e0021129_21541390.jpg
JR東日本のポスターで有名になった「三角屋」。
女優の吉永小百合さんがこの前に立っていらっしゃる写真が使われていました。

この家は元々は四角形だったけれど、移築した時に土地に合わせて三角形にしたとか。
船大工さんが形を変えたんでしょうか。



e0021129_22011665.jpg
真ん中がすり減った石畳。
この小路は「世捨小路」(よすてこうじ)といって、宿根木のメインストリートだそうです。
右側の家は板張りではありませんが、周りに合うような色にされているんでしょうね。

「世捨小路」とは奇妙な名前ですが、由来ははっきりしないそうです。
宿根木へは海から入るにはこの道を通ることになります。
この奥にお寺さんもあって、霊が村を出るときにもこの道を海に向かって通ることになります。
そんなことで「世捨小路」と呼ばれることになったのでしょうか。



e0021129_22181011.jpg
珍しい軒下の飾り こちらも船大工さんが建てた家で、軒下の扇形の飾りが特徴です。
100年以上経っているそうですが、NHKの新日本紀行で紹介されたということです。



e0021129_22273331.jpg
宿根木の旧郵便局。
なぜか珍しくグリーンの洋風建物。
でも宿根木の板張りの家と調和しています。



e0021129_22291452.jpg
宿根木の観光案内所
屋根には石が置いてありますが、石置き小羽葺(いしおきこばぶき)屋根です。
薄割にした木の板を重ねて石を置いた、日本海側で特徴的な屋根です。
瓦が使われる前までは主流だったそうですが、この案内所だけではなく、何軒かありました。
雪降ろしの時は大変だろうなぁ、と思いますが佐渡の積雪はそんなに多くはありません。

宿根木に着いたところにこの案内所があり、ボランティアの方が回り方などを説明してくださいました。
分かりやすくて、助かりました。

ただ、私たちが行ったのが遅かったため、公開されている民家の開館には間に合わなかったし、もっとよく見て回りたかったです。
ここは、行ってみたいと思っていた場所ですが、是非再訪したいと思いました。
今度はお天気がいいときに、青い海とともに回ってみたいですね。


8月28日 佐渡・宿根木にて








[PR]

by sonatine-album | 2017-09-09 22:50 | 建築物 | Comments(2)
2017年 06月 23日

宮内の町並み

e0021129_00284948.jpg

先日ご紹介した鏝絵の蔵へ行く途中、迫力のある蔦で覆われた建物を見ました。吉乃川酒造の蔵元でした。
大正12年建築の建物で、当時としては先進的なコンクリートの「常倉」だそうです。こちらも登録有形文化財とのこと。

機那サフラン酒本舗の道路を挟んだ反対側にあります。
鏝絵に気を取られていて、こちらはほとんど写真を撮らず、後でがっかりしています。


e0021129_16004764.jpg

吉乃川酒造の常倉の裏手側にあるお庭です。  緑濃く、静かなところでした。
この辺りでは東山連峰の雪解け水と信濃川の伏流水が交わっていて、その良質な水が日本酒を美味しくしているとのこと。
今度、味見をしたいものです。




e0021129_16035028.jpg

こちらは「味噌星六」。 何だか懐かし感じの店の作りです。 
ここは吉乃川酒造と同じ並びにありますが、こちらのお味噌は化学農薬不使用・無添加で人気があるそうです。
残念ながら、ここへ来るまで知らなかったし、味も知りません。



e0021129_16071858.jpg

こちらは「越のむらさき」というお醤油屋さん。
明治10年の建築という母屋と土蔵が登録有形文化財に指定されています。
こちらのかつおだし入りのお醤油はベストセラーだそうですが、以前頂き物を使わせてもらったことがあります。
煮ものや麺のおつゆに美味しかった覚えがあります。
こちらでは見かけないので、また機会があったら買ってみたいです。

今までは実家へ帰ることが目的で、足を延ばすことはほとんどありませんでした。
宮内は長岡駅から東京方面へ1つ目の駅です。
そんなに近くても、というか新幹線も止まらない駅だから却って遠かったのかもしれません。

今回、車で帰省したときに少しだけ立ち寄った町ですが、他にもいにしえの建物がいくつもあります。
それもそのはず、このあたりには三国街道といって参勤交代で使われていた街道がありましたから。
もちろん新幹線も高速道路もない時代に、どれだけの時間がかかり、危険があったのでしょう。
今回はその一部分を回っただけでしたが、いつかまたゆっくりと訪れてみたいです。
初めて行ったのに、懐かしい感じがする町でした。


5月27日 長岡市宮内辺り








[PR]

by sonatine-album | 2017-06-23 13:34 | 建築物 | Comments(0)
2017年 06月 17日

鏝絵(こてえ)

e0021129_15362025.jpg
こちらの蔵ですが、彩色されている部分が鏝絵(こてえ)だそうです。
左官屋さんが鏝で壁に漆喰を塗りますが、その漆喰で立体的に絵を画いた?、レリーフというのかな。うまく表現できません。



e0021129_15424023.jpg
左側の建物が機那サフラン酒本舗の母屋で、右側が蔵になります。この蔵は登録有形文化財になっています。
毎日は公開されていないので、私が行ったときは外から見るだけでした。
入梅前でしたが、空が重たく、もっと鮮やかな絵を写したかったです。
(腕があればもっといい写真になるでしょうが・・・)

こちらは長岡市宮内にあります。 
機那サフラン酒は明治時代から続いていている薬用酒だそうです。(現在は薬用扱いにはならないそうです)
サフランといえばとても高価で、お料理に使うときには調味料の瓶(コショウの瓶くらい)の中にほんの少ししか入っていません。
それで、どうやってお酒にしたんでしょう。
もちろん、飲んだことはありません。



e0021129_15542203.jpg


右側側面から見た蔵。屋根には鯱?がいます。
一階部分はナマコ壁になっているし、何だか面白い建物です。

私が帰省するとき、たいていは新幹線を利用していました。
その座席に備え付けの「トランヴェール」、という小冊子があり、この蔵のことを知ったのが数年前。
実家からもそう遠くないので、一度見てみたいと思いながらもなかなか行けませんでした。
今回、初めて行ってみましたが、同じ市内にこんな建物があったことにびっくりです。
第一、鏝絵なるものも知りませんでした。


e0021129_16031933.jpg

この日は公開されていませんでしたが、お庭も広そうです。
機会があったら、お庭も拝見したいし、サフラン酒も買ってみたいです。


5月27日 長岡市宮内・機那サフラン酒本舗



[PR]

by sonatine-album | 2017-06-17 16:08 | 建築物 | Comments(2)
2017年 04月 07日

扇湖山荘

e0021129_16044448.jpg

扇湖山荘(せんこさんそう)は製薬会社で財を成した長尾氏の別邸として、昭和9年に飛騨高山の民家を移築・改築したものです。
鎌倉山にあって、年に2回公開されています。
今までにも広報で記事を見かけたことはありましたが、日程が合わず、今回初めて行ってみました。
個人の別宅を銀行を経て、鎌倉市に寄贈されたのが平成22年です。



e0021129_12413000.jpg

部屋の内部は重厚感があります。


e0021129_16093470.jpg

一階の部分は洋風です。



e0021129_16104632.jpg

バルコニーの床は陶器の破片を上手く埋め込んだとのことでした。




e0021129_16115029.jpg

アップすると、字や記号のようなものも見えます。



e0021129_16124157.jpg

バルコニーから見える由比ガ浜方面。画像左側には逗子マリーナが見えます。
この海の形が扇に見えることから、扇湖山荘という名前になったそうです。



e0021129_12422276.jpg
海の反対側のほうには、みなとみらい地区も見えます。

この山荘は年に2回、春と秋に公開されています。
当日は鎌倉市の職員の方が何人も案内をされていました。
公開は無料で、出口のところで管理維持のための募金箱が置かれていました。
これだけ広大の敷地ですから、管理にも費用が掛かるでしょう。

今回は桜にはちょっと早くて残念でした。
もうちょっと整備し、入園料がかかってもいいので、いつでも散策できる自然公園のように整備されたらいいのに、と思いました。

3月24日 鎌倉山 扇湖山荘にて














[PR]

by sonatine-album | 2017-04-07 12:58 | 建築物 | Comments(0)
2016年 09月 26日

旧七谷郵便局・・・加茂市

e0021129_15292196.jpg

こんなに趣のある建物が、郵便局として昭和56年まで使われていたそうです。
新潟県加茂市にあります。 地方紙に紹介されていて、近くまで行ったときに見に行ってきました。
現在は1階をカフェとして利用されているとのこと。
時間があれば是非、中に入ってみたかったけれど次の予定があったので外から眺めるだけでした。



e0021129_15322052.jpg

正面から見たところ。 昭和10年の建築ということですが、そのころ新潟の、しかも中心部でないところに
こんなにしゃれた洋館があったことに驚きです。
きっと斬新で素敵だったと思います。


e0021129_15345332.jpg

良く知らない私が説明するより、こちらの方が的確です。



e0021129_15353064.jpg

赤いポストがかわいらしい、、、似合っています。



e0021129_1536818.jpg

こちらは加茂市中心部で見たタイル。 穀町・・・・読めませんでした。
そのまま「こくちょう」、と読むそうです。
加茂市の花は雪椿です。こういうタイルやマンホールの蓋を見ると、つい写真を撮ります。




e0021129_15413261.jpg

もう一つ、ポストのご紹介を。
こげ茶色のポスト、こんなシックな感じのポストは初めてでした。
弥彦村で見かけました。
もう日が落ちてきて、逆光ですね。

用事を足すのに回りながらほんの少しの写真を撮りました。
時間があるときにもう一度行きたい場所の一つになりました。
旧郵便局のカフェで、一度コーヒーを味わってみたいものです。


新潟県加茂市、弥彦村にて    8月中旬
[PR]

by sonatine-album | 2016-09-26 15:46 | 建築物 | Comments(0)
2016年 09月 25日

道の駅 パティオ新潟

e0021129_0161986.jpg

9月に入ってからほとんど晴れた日がない神奈川です。
こんな空が懐かしくなります。  
台風が例年よりずいぶん多く列島に上陸している感じがします。
雨ばかりで、何となく滅入りそうです。



e0021129_0275950.jpg

写したのは8月中旬、新潟県見附市にある道の駅、パティオ新潟です。
まだ新しいところで、樹も若いですね。 
素敵なベンチですが、樹が大きくなって日影ができないと座っていられません。
真夏でしたからね。



e0021129_031063.jpg

さすが新潟、という感じで本当に広い敷地です。 ディキャンプもできるとか。
6月初めには、ここで凧揚げ合戦も行われるそうです。



e0021129_0334931.jpg

大凧伝承館 こんな凧を上げるそうです。  道の駅から写した写真で、中には入りませんでした。


e0021129_0373739.jpg

この道の駅のトイレは素敵でした。
この写真は女子トイレのパウダーコーナー。 お化粧直しができます。
左側の鏡の先は坪庭になっていて、ドライブの疲れを癒すことができます。
壁面は越後杉だそうで、優しい温もりを感じられます。
いいところだなぁ、と思って出たところ、「トイレ大賞」を頂いたとのパネルがありました。
去年の受賞ですが、どういう基準なんだか、毎年あるのか全く分かりません。
ただ、広くて綺麗で、ホッとできる、という意味では評価されるトイレだと思いました。

高速道路のSAでもトイレ休憩をとります。
その際、トイレ内の大半が和式のことがあります。 すると和式トイレが開いていても、年配の方は洋式トイレが空くのを待っていられるんですよね。
私の母も膝が痛いからと、和式は使いませんでした。
渋滞だったりして、やっとたどり着いたSAで長く待たされるのは嫌ですよね。
外国人観光客も増加しているし、オリンピックもあることだし、だんだんと明るく綺麗なトイレに変わるといいですね。

パティオ新潟(新潟県見附市) 8月中旬




 
[PR]

by sonatine-album | 2016-09-25 01:02 | 建築物 | Comments(0)
2016年 01月 24日

美術館

e0021129_12532666.jpg

鶴岡八幡宮の境内にある 神奈川県立近代美術館(通称 カマキン)は今月31日をもって閉館となります。
敷地を八幡宮に返すとか、詳しくは分かりません。
ともあれ、坂倉順三氏設計日本で一番古い近代美術館だそうで、この美術館が閉館となるのは寂しい限りです。

平家池超しに眺める白い建物は美しいです。
この美術館の前は鎌倉街道、しょっちゅう通っていましたが、結局は最初で最後の訪問になってしまいました。
近くにあるといつでも行ける、という気持ちになりますが、やっぱり行けるときに行かないとということですね。
先延ばしにしてはいけませんね。


e0021129_1320567.jpg

ノグチイサム氏作 こけし  時間的に、光の具合が良くないですね。



e0021129_13212415.jpg

こういう水面の揺れを「水陽炎」(みずかげろう)といういうんですね。
今まであまり考えたこともありませんでしたが、ほかの見学客さんに教えてもらいました。



e0021129_1323390.jpg

揺らぎが天井に映っていて、何とも言えません。見ていて飽きないです。



e0021129_1324259.jpg

平家池側から見ると、やっぱりカモメがいます。仲良く並んでいて・・・・・



e0021129_13253428.jpg

良く見ると鷺もいました。 アオサギかな?



e0021129_13275822.jpg

カマキンより北鎌倉方面に5分ほど歩くと、別館があります。
この別館と葉山にある美術館はなくなりません。また機会があったら行ってみたいところです。

ここのところ本当に冬らしい気温になってきて寒い日が続いています。美術館へ行ったときはお天気も良く
暖かい日で、ゆったりとした気持ちになれました。


1月14日 鎌倉近代美術館にて
[PR]

by sonatine-album | 2016-01-24 13:30 | 建築物 | Comments(0)
2014年 12月 17日

横浜公園から日本大通方面へ

e0021129_959392.jpg

関内でもメタセコイアを写した場所と駅を挟んで反対側です。
横浜公園では、もう日が傾きかけていました。 もう少し早いほうが良かったんですが。



e0021129_101451.jpg

公孫樹に当たっている光が暖かそう



e0021129_1045415.jpg

日本大通りを歩いていて、なんとい名前のビルか。窓がおしゃれです。
こんなふうに、知らない建物を見ているだけでもいい時間になります。



e0021129_10112491.jpg

銀杏並木の左側が神奈川県庁。愛称「キング」 昭和3年完成



e0021129_10121864.jpg

県庁の先にある横浜税関、愛称「クィーン」 昭和9年完成
 


e0021129_10125920.jpg

こちらが横浜開港記念館、愛称「ジャック」 大正6年完成



e0021129_10133159.jpg

こんな絵タイルもありました。
県庁の前あたりから、この三塔を見える場所があるらしいです。
公孫樹が落葉しないと、見えないそうです。


もう少し早い時間の方が公孫樹が綺麗だったと思います。
研修のあとで、4時近くだったのでこのくらいでした。
それでも、いい散歩の時間になりました。

実は神奈川県庁に資料を貰いに行きました。
県庁に入って、あれ、私は場違い?!! と感じたのは当たり前ですね。
中は重厚な木造で、知事室があったりして・・・・・すぐに出ました。
県庁内に入るのに、行先を聞かれることもなく、素通りできていいのかかえって心配になります。
私が行く予定だったのは「神奈川県庁新館」、でした。
無事に、目的は達成できましたが、貴重な、そして楽しい体験になりました。
 

11月27日 関内あたりにて
[PR]

by sonatine-album | 2014-12-17 10:29 | 建築物 | Comments(0)
2006年 12月 28日

洋館

e0021129_23485112.jpg

小町通りからちょっと横須賀線のほうに入ったところにある洋館。
皆さんのHPでもよく拝見します。

私が鎌倉に来てから姿を変えていません。
否、正確には毎年少しずつ古びているんでしょうね。
いつ崩れても不思議でない感じです。

でも良く見ると凝った造りです。
e0021129_23512178.jpg


こんな姿になる前に手入れが出来なかったのでしょうか。
ここまで放置されたら、使い物にならないでしょう。
もったいない話だと思います。

空の青さが哀しいです。


e0021129_23564061.jpg

すぐ近くのお店と対照的ですね。
[PR]

by sonatine-album | 2006-12-28 23:57 | 建築物 | Comments(10)
2006年 05月 19日

散歩道で・・・


なんだかすっきりしないお天気が続いていますね。
今頃の雨を「卯の花くたし」というそうです。
昨日、ラジオを聞いていたらアナウンサーが話していました。

5月から6月上旬にかけて、しとしとと長く降り続く雨のことで、
「白い卯の花をくたす(腐らせてしまう)ほどの長雨」という意だそうです。

たとえば「菜種梅雨」とか「五月雨」とか「穀雨」とか、、、いろんな表現があります。
でも「卯の花くたし」という雨は恥ずかしいかな、この年になるまで知りませんでした。

日本語の表現は情緒があっていいと思います。



な~んて雨のことを書いたのは、写真がネタ切れなんです。
先週末のお天気が悪かったし、ここのところ写真を撮っていません。

ちょっと前に撮った写真。

e0021129_20505390.jpg


e0021129_20392022.jpg



懐かしい雰囲気の看板。
「麺は・・・ アイスは・・・ お菓子も・・・」 と書いてあるところがいいです。
ちなみにこういう町名は今はありません。


e0021129_20425527.jpg


「魚町橋」

e0021129_20433496.jpg


古そうな橋だと思っていたら昭和13年!!!
私が生まれるよりだいぶ前です。。。ホントですよ!

小さな橋ですが長持ちするんですね。
コンクリートはもっと後から出来た気がしていました




[PR]

by sonatine-album | 2006-05-19 20:52 | 建築物 | Comments(4)