ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2005年 11月 30日

洋館と薔薇

散策道に入る前に洋館があります。
「旧華頂の宮邸」といいます。
確か以前は年に2回くらいしか公開されていませんでしたが、今は毎日公開されてます。
(月曜休みです)
華頂の宮邸だったのが市の管理になったようです。
その辺りの詳しいいきさつは知りません。

入り口からの写真は逆光であんまりでしたので、庭からの写真です。
e0021129_22251916.jpg


秋咲きの薔薇がまだまだ咲き誇っていましたので、何枚かご覧ください。

e0021129_2222213.jpg


e0021129_22224252.jpg


e0021129_22234545.jpg


e0021129_22241578.jpg



朝10時くらいに中に入ってみました。
朝露がまだどの薔薇にも沢山ついており、キラキラしていました。
日曜日でしたが私のほかには女性の団体(5~6人)が一組だけ。
静かな筈ですが、それが賑やかなんです。

あのくらいの年代の方はどうして賑やかなんだろう・・・・
団体だからそうなるのかな・・・・
私は気をつけよう~などと思います。
大勢の中にいるとそうなっちゃうのかな?



子どもとこのあたりを散歩している頃は、門が施錠されており外から見るだけでした。
最初に公開された頃は人が多く、とてもゆっくりとは見れませんでした。
今は洋館の中は公開していませんが、庭はいつでも公開されています。

そしてこの洋館はよくドラマのロケに使われています。
私が始めて気がついたのが「家なき子」でした。
安達祐実が「同情するなら金をくれ!」と言ったドラマですね。
いつまでも可愛らしい祐実ちゃん、もうママになるなんて時の流れを感じますね。
(私が年をとる筈です)
祐実ちゃん、寒くなりますのでご自愛ください。

思いっきり横道にそれました、失礼しました。
[PR]

by sonatine-album | 2005-11-30 22:27 | 自然・花 | Comments(13)
2005年 11月 30日

散策道

さて、いつものところからは名越の切り通しを通って大町に出る、そのまま山を下って大町に抜ける、釈迦堂に抜ける、などがありますが、その日は衣張り山を回りました
e0021129_2581254.jpg

このような道を抜けていきます。

e0021129_258401.jpg

途中からの眺めです。
もうちょっと綺麗に色づくと思います。

2,30分も歩くと衣張り山に着きます。
e0021129_2594925.jpg

本当ならもっと眺めがいいのですが、この日は霞んでいました。
水平線もはっきりせず、空と海が混じっています。富士山も見えません。
でもここからは鎌倉方面、大船方面が見渡せるんですよ。

e0021129_313438.jpg
このような五輪等とお地蔵様もあります。
お地蔵様は新しいですね。
ここは春には桜、菜の花、ショカッサイが咲き乱れ、のどかな風景になります。
逗子市のボランティアの方が菜の花を植えています。
こんな山まで水を運んで大変なことだと思います。
以前、2月に登ったときにお話を聞きました。




















e0021129_335492.jpg

山のすぐ近くに石切り場だったようなところがあります。
五輪等がありますが、なんのいわれがあるのかわかりません。
左の2基は古そうですね。

その後は杉林を抜けて山を降りました。
e0021129_371870.jpg

どんな山奥かしらと思うような林ですが、そんなに遠くではありません。
いつものところから30分そこそこですから。

この時期はあまり花がありませんでしたが、森林浴にはなります。
また時間があるときに行ってみましょう。

e0021129_3123586.jpg

今でもアザミの花が咲いていたくらいです。


おまけ、先日の写真をトリミングしてみました。
shuさんに教えられたようにハゼとススキだけを切り取りました。
このほうがインパクトがありますね。
どうもありがとうございました。また、何かあったら教えてください。
e0021129_314427.jpg

[PR]

by sonatine-album | 2005-11-30 03:19 | 自然・花 | Comments(8)
2005年 11月 28日

散策道

雨ばかりだった10月の週末と違って11月に入ってからの週末はお天気に恵まれています。
今日は久しぶりに近くの山を歩いてみました。

近所の紅葉です。
e0021129_00856.jpg


e0021129_003262.jpg


山に向かって歩いていく道に沿って小さな川があります。
今はシダが元気でした。
この川には蛍が出ます。
子どもが小さいときにはよく沢蟹を採りに来ました。
採るだけですよ、食べませんよ。
ブルーの甲羅をしていますが、採るのが面白く逃がして帰ります。
e0021129_041582.jpg


その川の側に面白い実がありましたが、なんだかわかりません。
e0021129_051491.jpg


そのまま木々の間を歩いていきますが、小道の写真を撮るのを忘れました。
e0021129_019244.jpg

こんな写真を撮っておりました。

山道を登りきるといつも写真を撮っているところに出ます。
多分ダメだと思っていましたが、やっぱり富士山は少しも見えませんでした。
ハゼがまた赤くなっていました。
e0021129_0213639.jpg


定点近くの黄葉です。
この辺りは10数年前に整備され、公園になっています。
e0021129_0232137.jpg


e0021129_0235635.jpg


e0021129_032154.jpg

芝生も広がっていて、ボール遊びをしている親子連れもいます。
こんなところでお父さんと遊べたらいいですね。

いつもだと車で来て帰りますが、今日はまた違うルートを歩いて帰りました。
帰り道の写真はまた整理します。
[PR]

by sonatine-album | 2005-11-28 00:35 | 自然・花 | Comments(10)
2005年 11月 26日

秋の終わりに

横浜・関内日本大通にて

e0021129_1417517.jpg

あまり綺麗な公孫樹に思わずカメラを取り出しました。

最近の横浜にはお店の外にテーブルを置いているところがあります。
ここの通りは広い割りに交通量も少ないです。

小春日和の日には外でお茶を飲むのもいいですね。
e0021129_14173527.jpg


絵をかけない私はもっぱら写真です。
でも、絵筆を握っている人も多かったですよ。
絵心のある人が羨ましい。
e0021129_14184769.jpg


一枝でもこんなになります。
e0021129_14201959.jpg


しっとりとした公孫樹もあります。
e0021129_14205570.jpg


一面の黄金世界です。
e0021129_14223984.jpg

[PR]

by sonatine-album | 2005-11-26 14:23 | 横浜 | Comments(8)
2005年 11月 26日

小さな幸せ

いつも富士山を見ているあたりでの花です。

e0021129_1302447.jpg


こういう花はよく見かけますがなんでしょう?
姫女苑(ヒメジョオン)みたいだけれど、こんな季節でも咲いているのかしら?


e0021129_1325519.jpg


石蕗(ツワブキ)、ピントが前にしかあっていません。
でも山の斜面にポツポツ咲いている風情がよかったので。

e0021129_1364216.jpg



e0021129_137170.jpg


この冬、初めて見た水仙です。
バックはコンクリート塀、道路の脇に咲いていました。
狭いところから健気です。

こんな風に、一生懸命咲いている花を見るのも好きです。
[PR]

by sonatine-album | 2005-11-26 01:43 | 自然・花 | Comments(8)
2005年 11月 24日

黄葉

家の近くでの黄葉です。
全部同じ木の葉です。同じ木でも色んな葉があります。

e0021129_042398.jpg


e0021129_043179.jpg


e0021129_043960.jpg


e0021129_044634.jpg


暖かい日差しの中で輝く黄金の葉。
今が一番綺麗よ、って胸を張っていますが、もうちょっとの時間ですね。

木枯らしが吹くとはらはらと散り、土に返って行く。
存在そのものが消えてしまう葉っぱ。

でも枝の先には来年の準備がされていると思います。
葉が散るともう新芽の準備がされているでしょう。

こうやって一年が過ぎていく、無駄がないですね。


e0021129_0101195.jpg


たまたま日向ぼっこをしていた猫ちゃんです。(ウチの猫ではありません)

こういう猫を「茶トラ」、または「マーマレードキャッツ」といいます。
全体がオレンジ色みたいだから・・・

「ニャン」と可愛い泣き声がした割には、けっこうがっしりした猫がいました。

これからは猫にとって苦手な季節になりますね。
[PR]

by sonatine-album | 2005-11-24 00:14 | 自然・花 | Comments(8)
2005年 11月 21日

日だまり

昨日(20日)のお昼頃です。

買い物から帰るとウチの猫が家の近くにいました。

e0021129_2221894.jpg


ニイサン猫、ハリーです。
娘が拾ってきた猫。スポイトで牛乳を飲ませるくらいに小さい猫でした。
そのころ子ども達が大好きだった「ハリー・ポッター」にちなんで「ハリー」です。

現在5歳半。
年をとったというほどではありませんが、やっと大人しくなってきました。
ちょっと前までは、よその猫と境界争いをしたり、怪我をして帰ってきたりしていました。

最近はこんな日だまりでまどろんでいるのが好きになりました。

「ハリー、ハリー、こっち向いてよ!」
って声を掛けて、

e0021129_22252967.jpg



「うるさいなぁ・・・いい気持ちなんだから。
あぁぁぁ、眠いなぁ~もうちょっと寝ていたいのに・・・・」

e0021129_22262545.jpg


よそ者を威嚇しているわけではありません。
ただただ眠くて、大きなあくびをしてしまいました。

「こんなところを撮らないでおくれ、嫁さんが来なくなるだろう」、な~んてね。


弟猫もいますが、外を駆け回っています。
そのほか、昔から餌をあげている外猫が2匹います。
[PR]

by sonatine-album | 2005-11-21 22:32 | その他 | Comments(12)
2005年 11月 21日

定点からの紅葉

いつも写真を撮っているところです。
山がどうなっているかなと寄ってみました。

e0021129_043185.jpg


今日の午前中は青空も広がっていて、山が映えていました。
今はヤマハゼが多いようです。

e0021129_045337.jpg


黄葉しているものもありますが、何の木だか分りません。
全体的に赤っぽい中では少しでも目立ちます。

e0021129_0534270.jpg



夕方、もう一度この辺りに行ってみたんですよ。
ここからちょっと山の中に入ったところに小高くて見晴らしのいいところがあります。
たまには夕焼けでも見ようかと思ったんですが、雲が厚くていまひとつでした。

それでも穏やかに一日が終わります。
それぞれの人の生活が夕焼けの中で営まれている。
日常生活の繋がりです。

e0021129_181319.jpg


こんなに雲が厚くても、対する山は赤くなっています。
今更ながら太陽のエネルギーって凄いものだと思ってしまいます。

e0021129_1113194.jpg




午前中は10時半くらい、午後は4時過ぎです。
今日の日の入りは4時20分くらいでした。
[PR]

by sonatine-album | 2005-11-21 01:15 | 定点よりの緑・富士 | Comments(8)
2005年 11月 19日

バラの花

そういえば最近花の写真をアップしていませんでした。

珍しくバラの花を。
10月最後の週末に撮ったものですが、遅くなってしまいました。

私にとってのバラのイメージは「星の王子様」のなかのバラです。

王子様に無理難題を言って困らせる。
我侭な赤いバラ、でも王子様はバラを心配している。

「大事なものは目に見えないんだよ、心で見るんだよ。」
そんな言葉が思い出されます。

e0021129_2184568.jpg


e0021129_2185941.jpg


e0021129_2191322.jpg


e0021129_2192597.jpg


e0021129_2194144.jpg



バラのことは全く分りません。
でも作るのが難しそうな感じがします。

皆さん、長い時間を掛けて丹精しているんでしょうね。


今年は時期が遅く、終わっていた花が多かったので来年はもっと早い時期に行ってみたいです。
[PR]

by sonatine-album | 2005-11-19 21:16 | 自然・花 | Comments(6)
2005年 11月 17日

青空と夕陽

ここ数日は12月並みの寒さが続いています。
そして青空が澄んでいます。

この川はもっと濃い緑色をしていましたが、空が映っているせいか写真にすると青くなりますね。

こういう横浜の情景も好きなんですよ。
e0021129_23181915.jpg

釣り船が係留されていて、なんだかのどかです。

近くの木、ケヤキでしょうか。
枝ぶりも立派でした。
団地の中にも、こういう木がありますね。
e0021129_23202889.jpg


桜も葉っぱが少なくなっています。
e0021129_2321473.jpg


道路際も葉っぱが積もっています。
桜は葉が全部落ちてしまうまで、片づけが大変です。
e0021129_23221216.jpg


これは会社からの夕陽。
いつもブラインドを閉めていると、気がつくと真っ暗になっています。
たまたま、夕陽が見えたので写真を撮りました。
だんだんと夕陽の沈む方向がずれていき、時間も早くなっています。
そして冬至を過ぎるとまた移っていく。
毎年のことですが、不思議な気がします。
e0021129_23235283.jpg

[PR]

by sonatine-album | 2005-11-17 23:28 | 横浜 | Comments(8)