ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 28日

春の海

明日から弥生。
暦の上では桃の節句がやってきますが、なんだか寒いです。
昨日も雨、今日もなんだか寒くて・・・

私の記憶によると、この辺りでは2月に雪が積もることが多いです。
ところが今年は昨暮に積もったきりです。
(もっとも横浜市でも北のほうは月初めに積もりましたが)
まだまだ寒くても当然なんですね。
昭和の終わりから平成にかけては、雪掻きの回数ももっと多かったと思います。

暖冬に慣れた体には、ちょっとの寒さも堪えます。
人間、軟弱に出来ていますね。(自分のことですが)


先週土曜日ですが、少しだけ青空が広がりました。
ちょっと気分も軽く、買い物ついでに海まで出かけてみました。
e0021129_2026788.jpg


波は穏やか、写真で見るかぎりは

   春の海 ひねもすのたり のたりかな

という感じです。
本当なら富士山が見えるはずですが、このような空では望むべくもありません。
「時間があるとき=青空」とは限りません。
日頃の行いが悪いのか、最近はお天気に恵まれないんですよ。
e0021129_20263236.jpg


めまぐるしく空が変わるお天気です。
ちょっと青空が顔を覗かせたと思うと、すぐに曇り空です。
e0021129_20271848.jpg


e0021129_20283045.jpg


この方は釣竿を持っていますが、何か海草(若布?)をとっているようでした。
竿の先に引っ掛けてとっていましたから。
e0021129_2029725.jpg


この方ではないのですが、別のおじさんに声を掛けられました。
「オネエサン、こんな時間じゃなくて、もっと早くじゃないとダメだよ。」

エッ、オネエサンて私???
お世辞だとわかっても嬉しい?!?!

そうなんです、買い物して11時くらいにのこのこと出かけました。
確かに日の出も見えないし、富士山も全く見えませんでした。
でものんびりしている海もいいかな、なんて思えてきます。

このおじさんはノリをスーパーのバックにたくさん入れていました。
「これをたらいに入れて砂を落とすんだよ。そうすると美味しいんだから。
取った後が大変なんだよ。」
と楽しそうに話されていました。

一人でウロウロしているとたまに話しかけられます。
一期一会、多分もうお会いすることはないでしょうが、何気ない会話を楽しみます。


さて、明日から3月。
ちょっとのんびり出来た2月と違って仕事が忙しくなりそうです。
気合入れて、頑張らなくっちゃ。
[PR]

by sonatine-album | 2006-02-28 20:46 | | Comments(8)
2006年 02月 28日

沈丁花

沈丁花、見つけました!
e0021129_0331452.jpg


ほのかな香りに誘われて探してみると、なんとほとんど満開。

e0021129_0334447.jpg

この香り、なんだか子どものころを思い出すんですよ。
昔、家にあったからかな?

春先、蛙の卵を見つける頃に香っていた・・・・

ウキウキしてきます。


でもね、ここは神奈川じゃないんです。
所用で江東区まで出かけたときに見つけました。
e0021129_0341121.jpg


家の近くの小さい川を見慣れている私にとっては、随分大きな川に見えました。
運河、って感じです。

たまに東京まで行くと、なんだか圧倒されちゃいます。
大きすぎて、、、キョロキョロしたりして、、、
[PR]

by sonatine-album | 2006-02-28 00:38 | 自然・花 | Comments(10)
2006年 02月 26日

二人展

今日は朝から本降りでした。
ここのところ週末の1日は雨のような気がします。

こんな雨でしたが、知り合いの展覧会に出かけました。
ご主人がランプを作っておられます。
奥様は藍染めをされていて、洋服やタペストリーなどを作られています。
ご夫婦の作品の展覧会です。
e0021129_2084096.jpg


この会場は鎌倉、御成通りにあるお風呂屋さんの蔵でした。
御成通りは鎌倉駅に西口から伸びている商店街です。

このお風呂屋さん、「滝の湯」といいますが来月で閉鎖されます。
お風呂屋さんの中の様子などはminnさん(季節の風)の2月22日に詳しく紹介されています。
e0021129_2085872.jpg


滝の湯さんの奥に蔵があって、今はギャラリーとして使われています。
趣のあるお風呂屋さんと蔵~~~取り壊されるのは残念ですね。
蔵の入り口です。
煉瓦や扉に時代を感じます。
e0021129_20102391.jpg


「三丁目の夕日」という昭和30年代が背景の映画がヒットしました。
私は見そびれているのですが、郷愁を感じるんでしょうね。
今より物質的には豊かではなかったかもしれません。

でも日が沈むまで外で遊ぶことが出来ました。
「カラスが鳴くから、帰ろ、、、」という時代でした。

同い年の子ばかりでなく、上級生、下級生も一緒に遊んだし
塾なんてありませんでした。

少なくとも自由に外で遊べただけでもいい時代だったと思います。

話が飛んでしまいました。


お断りして写真を撮りましたが、まともに撮れた写真が少ないんです。
ランプを展示されているので、フラッシュをたかないで写すとブレちゃいます。

ご主人のランプです。
e0021129_20105317.jpg



奥様が染色、縫製された洋服です。
e0021129_20113385.jpg


藍色は好きな色だし、こういう作品を見ていると染に興味が湧いてきます。
一見、絞り染めみたいに見えるものも板に挟んで染めたものだそうです。

写真では良くわかりませんが、この白い部分に表情があります。
手染めならではの暖かさがあります。



3月4日(土)まで開催されています。
[PR]

by sonatine-album | 2006-02-26 20:17 | 日々雑感 | Comments(4)
2006年 02月 25日

春を感じて

三寒四温とはよく言ったもので、3月下旬くらいの陽気の後は真冬のようです。

今日はお日様が出ていたのでちょっとだけ散歩に出かけました。

スミレの花、今年初めて見ました。
健気で可憐だけど力強さを感じるんですよ。
あの細い茎に付いている薄紫色は、本当に可愛いです。
e0021129_20324035.jpg


ホトケノザ
咲いているのは今年初めてです。
半円形の葉が茎を取り囲んで付くので 蓮華座(れんげざ)に見えたから、
というらしいですが、なかなか愛らしい花です。
小さくて巧く写せませんが。
e0021129_20362630.jpg


オオイヌノフグリ
瑠璃色がお星様の輝き見たい!
春一番の好きな花なんですが、これがまた思うように写せないんです。
今まで、自分で写して気に入ったことがありません。
このくらいでカンベンです。
e0021129_20432962.jpg


ハコベ
漢字で書くと繁縷。なんだか可愛い感じがしません。
髑髏に似てたりして?!?!
実際はちっちゃくて可憐。
よく見ないと見落としてしまいそう。
謙虚に咲いています。
e0021129_20525575.jpg


ナズナ
春先のせいかまだまだ小さいですね。
もっと大きくなると思うんですが・・・
ホトケノザ、オオイヌノフグリ、ハコベ、ナズナ、、、この4種の花はたいてい一緒に見かけますよ。
e0021129_2039746.jpg


三椏(ミツマタ)
和紙の原料。
今でもお札の原料は三椏かしら?
この花は沈丁花科です。花が似ていますよね。
でも、本当の沈丁花はまだ見たことがありません。
e0021129_2045868.jpg


実は土筆が出てくる場所へも行ってみましたが、まだ影も形もありませんでした。
またshuさんに先を越されそう、、、ですね。
[PR]

by sonatine-album | 2006-02-25 20:42 | 自然・花 | Comments(10)
2006年 02月 22日

猫の日

今日は猫の日です。
2月22日、ニャン・ニャン・ニャンと読めますから。

昨日に続いて猫の写真。

ウチの弟猫。子どもの誕生日にキャットフードと共にやってきた。
じっとしているのがキライで抱かれるのもキライ。
たまたま空き箱に入って遊んでいたので写真を撮りました。

e0021129_21115956.jpg



こちら兄猫。6年前の夏、子どもが拾って来ました。
やっと牛乳を飲ませて大きくしました。
赤ちゃんの時は目がグリーンですっごく綺麗だったのが年とともに
普通の目になっちゃいました。
ふわふわの毛はそれだけで愛おしいですね。

e0021129_2112466.jpg




こちらはもう23年も前になります。
5匹生まれたんですが、もう1匹は黒色でした。
何故か茶系の4匹で取っ組み合いです。

e0021129_2113375.jpg


e0021129_21203122.jpg


結局2匹しか嫁入りが決まらず、残った3匹と母猫の4匹を飼っていましたが
今はもう、どの猫もいません。

1匹、全くの茶色で賢いけれど神経質な猫がいました。
隣の逗子市にもらわれたのですが、そこの家に馴染まず脱走しました。
1ヶ月も経ってからその家に舞い戻ってきたけれど、飼い切れないからと
引き取りに行ってきましたよ。

子猫が1ヶ月もどこで何を食べていたのか。。。
とにかく無事に戻ってきて何よりでした。
以後、15.6年くらいで天寿全うです。

よく猫探しのポスターを見かけます。
なんだか人事じゃない思いでみています。

猫が多いと大変なこともありますが、楽しませてもらってます。

自分の尻尾にじゃれてみたり、尻尾を追いかけてぐるぐる回りをしたり、
また、紐などにじゃれたり、見ているだけで頬が緩んできます。
[PR]

by sonatine-album | 2006-02-22 21:24 | 動物 | Comments(9)
2006年 02月 21日

仲良し

とあるお寺さんでの出来事。

2匹の猫ちゃんを見つけて写真を撮ろうと思ったら、寄ってきました。

e0021129_21195562.jpg


すぐにUターン。
お尻を見せて失礼!

e0021129_2120874.jpg


山門でしばし休憩。

e0021129_21202443.jpg


また移動します。

e0021129_21203813.jpg



今度は1匹ずつポーズをとってくれました。

e0021129_21204854.jpg


e0021129_2120597.jpg



この猫ちゃん、動作がおんなじなんです。
愛想のない態度でしたが、可愛かったです。

兄弟かな?
いつも一緒なのかな?

以前家で飼ってた猫がこのような茶トラでした。
だからそれだけでも可愛いです。

ピントを確認する間もなくて、合っていません。
雰囲気が伝わったらいいと思ってアップしました。
[PR]

by sonatine-album | 2006-02-21 21:26 | 動物 | Comments(8)
2006年 02月 19日

公園にて

遠くから見ると黄葉しているように見えました。
近くまでいってみるとマンサクです。
e0021129_21341960.jpg


黄色っぽい花とオレンジ色の花と2本の木がありました。
e0021129_21343757.jpg


e0021129_2134511.jpg


春一番に咲き出すから「まんず咲く」→「マンサク」という、とか
豊年満作を願って「マンサク」というなどのいわれがあります。
どちらにしても、早くに咲く花ですね。

なんだか、花火みたいですね♪


e0021129_21352591.jpg


こちらはツワブキのワタボウシです。

e0021129_21354181.jpg

葉っぱを見なかったらなんのボンボンかと思ってしまいます。
毛糸で作るボンボンみたい、可愛いです。

隣の紅いのはボケの花です。

e0021129_2136087.jpg



立春から約2週間、今日から雨水(うすい)です。
「空から降るものが雪から雨に替わる頃、深く積もった雪も融け始める」、ということですが
春もそこまでですね。

北の国ではまだまだ雪との戦いが続くと思います。
実家でも先日、雪降ろしをしたと言っていました。
親も70代に入っていますので、今年は人を頼んだそうです。
雪降ろしをしているときの事故が多いので、若い人に頼んだ方が安心です。

遠くにいると手伝ってやれないし、高齢化のことを考えるとこれから先が心配。
出来ることをするしかないかな、って思います。
[PR]

by sonatine-album | 2006-02-19 21:37 | 自然・花 | Comments(6)
2006年 02月 18日

白梅

鎌倉駅近くのお寺の入り口に白梅がありました。
今年出会った梅の中では一番良く咲いていました。

傍に寄るとなんとも言えずいい香りが。。。
寒い日でしたが、気持ちは暖かくなります。

e0021129_16232541.jpg


e0021129_1623353.jpg


e0021129_16234527.jpg



虫さんも蜜を吸っていました。
時間がないから、お寺の中には入らず梅だけです。

ここ、拝観料が300円もするんです。
[PR]

by sonatine-album | 2006-02-18 16:31 | 自然・花 | Comments(6)
2006年 02月 15日

東京散策

牛天神へ行った日は、それが目的ではなく駒込の辺りを歩くのが目的でした。

まずは六義園。
ここは五代将軍徳川綱吉の信任が厚かった柳沢吉保の築園です。
1702年に出来た日本庭園ですが、今は都立の庭園として公開されています。

門を入ると大きな桜の木が出迎えてくれます。
e0021129_23354641.jpg

春に咲いたら見事でしょうね。古木です。

大きな池がありますが、水はいまひとつ。
でも写真にすると水の色はあんまり気になりません。
e0021129_23382490.jpg


e0021129_23383851.jpg


同じ東京でも梅はほんの数輪がほころんでいるだけです。
開きかけ、愛おしいです。
e0021129_23414635.jpg


e0021129_23425357.jpg

この鳥、なんでしょう。
白黒のツートンカラーです。
そして頭の後ろに下を向いたとさかのように毛が出ています。

e0021129_2344194.jpg

孫娘とお散歩かな。
こんなところをお散歩できたらいいですね。

桜の季節にはたくさんの人で溢れるのでしょうが、季節はずれの今はがらがらです。
花のないのはわかっていましたが、久しぶりに行ってみたくなったんです。

六義園の周りにはマンションが増えました。
多分、窓からの眺めはいいのでしょうが、園にいると高層ビルは見たくないですね。

馬場もあります。
e0021129_23465462.jpg

4月になったら桜のトンネルになるでしょう。
[PR]

by sonatine-album | 2006-02-15 23:58 | その他 | Comments(7)
2006年 02月 12日

所変われば・・・

先日東京へ行きました。
たまたま飯田橋駅に向かって歩いているときに「牛天神」という神社があり、梅が良く咲いていましたよ。

やっぱり東京の方が暖かいのかしら?
紅梅は7分くらい。白梅はまだ2分くらいでした。

e0021129_20245910.jpg


e0021129_20255215.jpg


e0021129_20274630.jpg


そしてまたポツポツ咲き始めた枝垂れ梅がとっても可愛いです。
色香を感じさせます。
e0021129_2029349.jpg


牛天神というだけあって、おみくじを結ぶところも牛の形です。
e0021129_20265478.jpg



去年の写真を見ると家の近くの梅は1月10日に五分咲き位です。
それが2月12日というのにまだ1輪も咲いていません。

飢えていたせいかせいか、梅の花を見て喜んじゃいました。
梅の写真ばかり撮った神社でした。
[PR]

by sonatine-album | 2006-02-12 20:35 | 自然・花 | Comments(10)