ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 25日

秋の箱根

e0021129_3511328.jpg

桜蓼(さくらたで) 
名前の通り、花が桜に似ています。蓼科の花、とっても愛らしいです。
先週、箱根まで出かけてきました。
また湿生花園に出かけましたが、何時行っても可憐な花に出会えて大好きです。
パスポートでもないかしら、と思いましたが、回数券があるだけでした。



e0021129_3565726.jpg

山鳥兜(やまとりかぶと)
綺麗な紫色で、兜が並んでいるように見えます。
根に猛毒があるので、何となく怖いイメージがあるけれど花は美しい。



e0021129_454463.jpg

前から見た山鳥兜。
金鳳花科だということがわかる気がします。
葉っぱは他のキンポウゲ科の花に似ていますね。



e0021129_493928.jpg

晒菜升麻(さらしなしょうま)もよく咲いていました。
暗い木々の間で白い花がふわり、ふわりと浮いているように咲いていて森が明るくなります。
若菜を茹でて晒すと食べられるそうですが、もちろん私は食べたことなんかありません。



e0021129_4113196.jpg

アップにするとこんな感じ。こちらも金鳳花科です。
小さい花が沢山集まっていて、全体的に見ると優雅です。


e0021129_4165434.jpg

松虫草
この花も薄紫色が素敵です。
こうやって花を眺めて歩くだけで、楽しいです。


この9月に箱根は「ジオパーク」に認定されました。
ジオパークとは、地球活動の遺産を主な見所とする自然の中の公園です。
大涌谷を見るだけでも、今現在も地球が活動していると分かります。
ジオパークは、ユネスコの支援により2004年に設立された世界ジオパークネットワークにより、世界各国で推進されているそうです。
箱根、といっても小田原・湯河原・真鶴を含んでいます。
自宅からそう遠くないところにありますし、何度でも足を運んでみたいところです。
もちろん湿生花園もその中に入っているし、季節ごとに違う花が咲くので何度でも訪問したいところです。



10月17日 箱根湿生花園にて
[PR]

by sonatine-album | 2012-10-25 04:29 | 箱根 | Comments(2)
2012年 10月 21日

コスモス畑

e0021129_1114942.jpg

ちょっと前になりますが、横浜市でコスモスを見に行ってきました。
その前の週(9月30日)に台風が関東を通過し、コスモスはかなりが倒されていました。
それでも健気に咲いています。
まだ蕾が沢山あったので、今くらいが満開かもしれません。



e0021129_1173952.jpg

全体的にはこんな感じです。
コスモスは茎も葉も細く、しなやかです。
風に吹かれて倒されても、また戻りやすいように細いと聞きましたが、流石に台風の風は強かったようです。
本来なら、もっと咲き誇っているでしょうが、可哀想でした。



e0021129_1184227.jpg

こんな中で元気なのがカマキリさん。
最近、お腹が大きいカマキリを良く見かけます。
もうじき産卵かな、カマキリはちょっと怖いけれど、生まれたての小さな赤ちゃんは可愛いね。
親と同じ様な格好をしているのに、凄く小さいから。


植物も、生物も、共存していけるといいです。
横浜の市民の森はいろんなところにあって、里山歩きが出来るから好きです。


10月6日 矢指市民の森にて
[PR]

by sonatine-album | 2012-10-21 11:20 | 自然・花 | Comments(4)
2012年 10月 12日

薄紫色に、

e0021129_620982.jpg

寺家ふるさと村を歩いていて、沢山の野の花に出会いましたが整理が追いつきません。
9月末日に行ったというのに、もう10日以上も過ぎてしまいました。
ここのところ、ことのほか時間が早く過ぎるような気がします。
日の出・日の入りが遅くなりました。
ちょっと前までは夜の7時頃まで明るかったというのに、もう6時で暗くなりました。
暑くて暑くて、これでは熱帯だと思うくらいの9月だったのにやっぱり季節は進んでいます。
それとともに、今年も後2ヵ月半くらいだと思うと淋しいです。

もう少し、余裕を持って時間を過ごしたいのですが・・・・
これではあっという間にオバアサンになってしまいそうでうす。
今のうちに、色々とやっておかないと後悔しそうです。

最近、富士山がよく見えるようになってきました。
仕事に向かう途中で、ちょっとだけ見えるところがあります。
もちろん、朝のうちだけだし、薄っすらとしか見えませんが。
それでも、富士山に出会えた朝は気分爽快になれます。
こんな遠くで拝んでパワーをもらっているのですから、やっぱり霊峰だと思います。


夕方にもシルエットで闇に浮かんでくることがあります。
この辺りからだと、形が本当に綺麗です。
遠くから眺めているからこそ、かもしれません。
また、富士山がはっきりと見えるところに行きたいと思いながら毎日を送っています。


e0021129_6474631.jpg

蔓穂


e0021129_6483876.jpg

小菜葱(こなぎ)


e0021129_6504983.jpg

釣鐘人参(ツリガネニンジン) 多分?


e0021129_6514928.jpg

上の花に似ていますが、葉が全く違いますね。 何でしょうか?


e0021129_6531248.jpg

藪豆、だと思いますが。



種を植えたわけでもなく、自分で花を咲かせている可憐な野の花です。
健気を感じています。




9月30日 寺家ふるさと村にて
[PR]

by sonatine-album | 2012-10-12 06:57 | 野の花 | Comments(4)
2012年 10月 04日

実りの秋

e0021129_355531.jpg

実りの秋を迎えた寺家ふるさと村、秋の一日です。


e0021129_3563594.jpg

田んぼは黄色の絨毯になっています。



e0021129_3573479.jpg

稲刈りが終わっているところもありました。
赤いのは彼岸花です。
遠くから見ると、点々と赤くて綺麗です。



e0021129_3584625.jpg

実るほど頭を垂れる稲穂かな

もちろん、新潟の田んぼほど広くありません。
新潟では、どこまでも平野が広がり、見渡す限りの田んぼです。
小さなところですが、それだけに郷愁を感じるふるさと村です。
鎌倉でも田んぼはあります。
神奈川に住み、このあたりで稲を見るとは思っていませんでした。
やっぱり日本人は米食の民族です。
私はパンが好きだけれど、お米がないと淋しいです。
一日に必ず1回はお米を食べないと、物足りない感じがします。
というより、お米を食べない日はないですね。

新米の季節となり、今年も実家からの新米が届きました。
毎年、この時期には送ってもらいます。
幾つになっても親はありがたいですね、炊いた時に輝いているお米を頂いております。

こんなことを書きながら、何時まで続くんだろうと、ふと考えます。
両親には元気で長生きしてほしいですが、自分が年を取ると同じだけ老いていると思うと切ないです。
離れて暮らしている分、会うたびに小さくなっている気がします。
来月当たり、帰省してこようかな。


9月30日 寺家ふるさと村にて
[PR]

by sonatine-album | 2012-10-04 04:40 | 自然・花 | Comments(2)
2012年 10月 03日

白い畑

e0021129_2442766.jpg

1週間前にあまり咲いていなかった蕎麦の花ですが、満開になりました。
白い花が可愛らしいですね。


e0021129_2454778.jpg

全体的には、一面が白くなって咲いています。
横浜市の中での蕎麦畑、まだこういう場所があっていいですね。
今週末くらいには蕎麦祭りが行われるそうです。



e0021129_2473163.jpg

ヘクソカズラ  何ともまぁ、可哀想な名前を付けられました。
形といい、色といい、趣があるのにね。


e0021129_2533138.jpg

可哀想、といえばこの花もです、「ブタナ」というそうです。
道路際などに良く咲いていて、葉っぱがなくて顔剃菜(コウゾリナ)や田平子見たいな花だと思っていました。
ここにも咲いていて、検索したらそういう名前でした。
フランスでは豚が好んで食べるので「豚のサラダ」と呼ばれていて、それを直訳したそうです。
葉がなくて茎が細いから、繊細な感じがします。
可憐な花だから、もう少し違った名前でも良かったのに、と個人的には思います。


e0021129_364535.jpg

全体的には、こんな感じで咲いています。



e0021129_259950.jpg

足元の黄色はカタバミです。この花は強いですね。
どこから種が飛んでくるのか、ウチのベランダでも咲き出しました。


e0021129_314287.jpg

露草の青色が爽やかです。



9月30日 横浜市瀬谷区にて
[PR]

by sonatine-album | 2012-10-03 03:10 | 自然・花 | Comments(0)