ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 31日

小紫と紫式部

先週、小紫の実(緑色)をアップしましたが、紫色になった実を以前写したものから探してみました。
コメント欄にアップしたかったけれど、エキサイトはできないんですよね・・・

e0021129_1721052.jpg

大巧寺の小紫(熊葛科)クマツヅラ科 です。
以前写したものですが、9月中旬です。
小紫は紫式部の園芸種、実もお行儀よくまとまって付いています。
見た目には実もたくさんあるし、お庭などに植えられているのはほとんどがこちらだと思います。
園芸屋さんで「小紫」を 「紫式部」という名前で売っていることもありややこしいです。



e0021129_17203214.jpg

たくさんの実が付いています。



e0021129_1747658.jpg

こちらは座間谷戸公園の小紫 25年9月です。






e0021129_17543152.jpg

大和市・泉の森の紫式部(熊葛科)クマツヅラ科  25年9月
実がまとまってついていないし、葉っぱの先が尖っているのでこれは多分、紫式部。
紫式部の葉っぱの方が尖っているようです。そして鋸歯(ギザギザ)があります。
木は小紫より大きいです。 実も大きいかな。それほど違うようには思いませんが。
紫式部の方は、里山などでは見かけますが、街中ではほとんど見ません。





e0021129_1744490.jpg

新治市民の森の紫式部 25年11月
これは高いところにあるのを、見上げて写しました。そろそろおしまいの頃ですね。

どちらにしても、美しい実ですね!
名前は、やっぱり「紫式部」のほうが趣がある感じがします。
[PR]

by sonatine-album | 2014-08-31 18:24 | 自然・花 | Comments(2)
2014年 08月 25日

鎌倉・大巧寺さんにて

e0021129_11545368.jpg

8月15日、大巧寺(だいぎょうじ) またの名を「おんめさま」



e0021129_11553056.jpg

鎌倉駅付近まで出かけると、時々寄るお寺さんです。
鎌倉では安産のお参りをするお寺さんとして、有名です。
鎌倉駅のほぼ正面にあって、小さいお寺さんですが、どの季節でも花々が出迎えてくれます。
お寺さんの境内を通り抜けると、駅前から裏の通り(地元では辻説法通りと呼んでいます)に行けます。

この日は、おそらくここで腹帯を求め、安産を祈願したであろう御夫婦がお参りしていました。
最初にお寺さんの方にご挨拶してから、お参りしていましたよ。

上の写真ですが、一番左がママ、おじいちゃん・おばあちゃんもご一緒です。
赤ちゃんは首がすわっていたから、4ヶ月くらいかな。
もちろん知らない方ですが、幸あれと願います。


e0021129_12165767.jpg

女郎花(おみなえし)の花が咲いています。


e0021129_12162936.jpg

よく見ると、カマキリさん! 怒っているようで、お腹をそっくり返していました。



e0021129_12171796.jpg

夏水仙、綺麗なピンク色です。ヒガンバナ科
9月半ばになったら、彼岸花も咲き出すなぁ、などと考えていました。


e0021129_12184358.jpg

花虎の尾(はなとらのお) シソ科
この花を見ると、幼い頃を思い出します。大好きなおばさんのところにたくさん咲いていたから。



e0021129_12222381.jpg

沼虎の尾、みたいだけど湿地じゃないし、岡虎の尾とは花の形が違うし・・・・
よくわかりませんが、ほぼ咲き始め。一本だけ咲いていました。


e0021129_12271883.jpg

台湾杜鵑草(たいわんほととぎす)も咲き出しています。



e0021129_12263495.jpg

小紫(こむらさき)は、緑色の実になっています。
9月中頃には、綺麗な紫色を楽しめます。

こうやってみると、まだ残暑の真っ盛りの15日でしたが、秋を感じ始めていますね。
季節の移り変わりは、上手く出来ていると思います。
毎年、同じところで同じ花を見ることができ、感謝します。


8月15日 鎌倉・大巧寺
[PR]

by sonatine-album | 2014-08-25 12:34 | 寺社 | Comments(4)
2014年 08月 18日

妙本寺にて

e0021129_13321448.jpg

妙本寺の凌霄花(のうぜんかずら)です。
鎌倉ではお寺さんだけではなく、散歩していてもこの花をよく見かけます。
オレンジ色が夏らしいです。中国原産、凌霄花科。

実は鶴岡八幡宮の蓮を見たあとで、大町の妙本寺まで足を伸ばしてみました。
ここは落ち着いていて、好きなお寺さんです。



e0021129_13395813.jpg





e0021129_13363727.jpg





e0021129_13404899.jpg

本堂の脇のモミジ。



e0021129_13432322.jpg

鎌倉のお寺さんの中では、一番遅く咲き出す紫陽花。



e0021129_13441091.jpg

結構、いい雰囲気なんですよ。
そんなに種類はないけれど、ここの紫陽花には何となく惹かれるんですよ。




e0021129_13365970.jpg

妙本寺に咲いていた「金輪蓮」、鉢植えです。淵だけ色が濃くて繊細な感じでした。




遅くなってしまいましたが、7月17日の妙本寺です。
[PR]

by sonatine-album | 2014-08-18 13:57 | 寺社 | Comments(2)
2014年 08月 16日

8月15日と長岡花火

e0021129_21391799.jpg

8月15日に写したの百合
昨日はおそらく69年前と同じように、とても暑い一日でした。



先日、長岡の花火をアップしましたが、それは長岡空襲の慰霊を込めて始まりました。
長岡まつりは8月1日、2日、3日と三日間にわったって開催されます。
そのイベントの一つとして、2日・3日に花火大会があります。

昭和20年8月1日の夜、長岡空襲がありました。
長岡は山本五十六の出身地でもあり、そのことも関係していたかもしれません。
母は当時、長岡から北へ30km程のところ住んでいましたが、長岡空襲の炎はよく見えたそうです。
その空襲によって1500人近くもの方が亡くなっています。

それは非常に悲しい出来事でしたが、長岡市は2年前にホノルル市と姉妹都市になりました。
12月8日の真珠湾攻撃、8月1日の空襲という歴史を乗り越えて友好関係を結んだということです。

そして来年は終戦後70年、その終戦記念日の8月15日に真珠湾でこの花火、「白菊」を
打ち上げることが決まったそうです。


私が花火を見た8月2日に、ホノルル市長が花火会場にいらしており、長岡のために花火を上げてくれました。
白菊という単発の花火があり、慰霊を表しています。(You Tube より)
長岡市でももちろん上げていますが、今年はホノルル市からも上げてくれたのです。
長岡市が2発、ホノルル市が2発、そして合同で1発、計5発の「白菊」が上がりました。


考えてみれば、空襲を受けた方も被害を受けたとはいえ、米国でも真珠湾攻撃を受けたわけで、一人ひとりとしてみたら
家族を失った気持ちは変わらないでしょう。

集団的自衛権の行使が閣議決定されていますが、これからどうなっていくのでしょうか。
私の世代というより、次の世代以降が心配です。
[PR]

by sonatine-album | 2014-08-16 03:52 | 日々雑感 | Comments(0)
2014年 08月 14日

あの大銀杏は・・・

e0021129_12514093.jpg

樹齢800年とも1000年とも言われていた大銀杏が倒れて、4年半近くになりました。
その根元から生えてきた若木が育っています。
蘖(ひこばえ)というのでしょうか?
私が生きている間には、もちろん大木にはならないでしょう。
でも、いつの日か、また立派な樹になるようにと見守りたいですね。



e0021129_12563385.jpg

もともとあった樹は若木の左側に移動されています。
「がんばれ 大イチョウ」、と声をかけたくなりますよね!

あまりにも身近すぎて、特に銀杏の写真を写しに行ったりしませんでした。
子供と一緒に行って、鳩に餌をあげたり、節分の豆撒きを見たり、散歩したり・・・・
よく行っていたのにね(;_;)
生あるものは必ず死あり、身にしみます。
自分の人生、色々と後悔しないように、と感慨深く思えてきます。




e0021129_1353824.jpg

ちょっと色づいているね、櫨(はぜ)かなぁ・・・・
ちょっと時期が早いね。
写真を写したときは、まだ梅雨明け前、全体的に暗い空模様です。



7月17日 鶴岡八幡宮にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-08-14 13:10 | 自然・花 | Comments(0)
2014年 08月 12日

八幡宮の亀さんが、、、

e0021129_141153.jpg

旗上弁財天あたりの蓮を見終わり、帰ろうと思ったところ、亀さんが歩いていましたよ。
結構早いんです。



e0021129_1425082.jpg

段差もなんのその、



e0021129_1431574.jpg

よっこらしょ、と反対側へ行きました。
池の中の亀さんにはいつも見ています。
道路を横切っている亀さんには、初めて出会いました!



e0021129_1443660.jpg

鳩もびっくりしていましたよ♪


e0021129_1464792.jpg

この赤い橋を渡ったあたりを歩いていたのです。
8:46~8:48までの出来事です、面白いものを見ました。
デジカメだと時間も記録されていて、便利です。

7月17日
[PR]

by sonatine-album | 2014-08-12 01:53 | 自然・花 | Comments(2)
2014年 08月 11日

八幡様の蓮

e0021129_040579.jpg

鶴岡八幡宮・源平池の蓮の花
去年は池で水の入れ替えをしていました。そのためのほとんど蓮の花は見られませんでした。
その分も咲いていたのか、今年はたくさん見られます。
何度も行っていますが、私が見た中では花が一番多いように思います。



e0021129_0453726.jpg





e0021129_047754.jpg




e0021129_048105.jpg





e0021129_0413372.jpg

白い花も咲いています。



e0021129_0501875.jpg




e0021129_0522984.jpg





e0021129_0393689.jpg

旗上弁財天境内。まだ静かな時間です。



e0021129_0345470.jpg

通学時間だったため、近くの小学生・中学生が登校しています。
八幡様の中を通って通学できるなんて、とても幸せなことだと思います。



e0021129_0361914.jpg

蓮池から見た喫茶室「風の杜」、入ったことはありません。
その昔は「銀杏」だったけれど、いつから変わったか覚えていません。
確かに、工事していることはありましたが、いつ頃だったか覚えていません。
ここの脇をしょっちゅうう通っていたのに、記憶に残っていないものですね。


7月17日 鶴岡八幡宮にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-08-11 00:58 | 自然・花 | Comments(2)
2014年 08月 06日

長岡花火2014

e0021129_2137664.jpg

8月2日、今年も長岡の花火見物に行ってきました。
一度近くで見ると、病みつきになります。
これは6時40分くらいの長生橋(ちょうせいばし)方面です。
この橋は信濃川にかかっており、長岡市の東側と西側をつないでいる一番古い橋です。
現在の橋は昭和12年に竣工した3代目の橋で、約850メートルもあります。



e0021129_21433796.jpg

川下側は夕焼けです。
ちょっと雲行きが心配でしたが、全く雨も降らず、川風が気持ちよく感じられるくらいでした。

花火の写真は、全くお粗末なものばかりで、アップするのも憚られます。
自分の覚えとして、載せました。


e0021129_21535956.jpg




e0021129_21541910.jpg




e0021129_21544934.jpg




e0021129_21552164.jpg




e0021129_21554866.jpg

これは長生橋から川面に落ちる「ナイヤガラ」、という花火と、「正三尺玉」です。下手ですみません。
三尺玉は約600メートルの上空で開き、幅も600メートルほどになるそうです。

長岡の花火は8月1日~3日の長岡まつりの夜のイベントとして開催されます。
2日に10.000発、3日にも10.000発の花火が上がります。
見ていると正面の打ち上げ場所からの花火の他に、合間にはその右手、左手からも打ち上げられるので、
休む間もなく花火を見ることができます。

信濃川という広いところで打ち上げているからできることですね。

写真を写すのに気持ちが向くと、実際にはよく花火を見れなくなります。
そのために、ファインダーを覗くことなく、時々液晶を見るだけで写しました。
観客席の決められた場所では、三脚も立てられないし、手持カメラのため酷いものばかりです。

実際はもっともっと素晴らしく、言葉では言い表せないくらいです。

その中でも感動したのは「フェニックス」という名前の花火です。
以前も書きましたが、平原綾香さんが歌う「ジュピター」の間中、花火が上がります。
なんと10箇所から打ち上げられ、その幅は2.2kmにもなるそうです。
5分間、花火が続き、全部で2.000発にもなります。
この花火を見れただけでも、花火大会に行けて良かったと思えます。

慰霊と復興、それを願っています。
昭和20年8月1日の長岡大空襲で亡くなられた方の慰霊、そして中越地震からの復興です。
今年の10月で地震から10年になります。早いですね。
電話も通じず、新幹線も脱線して心配したのがついこの間のような気がします。

おかげさまで実家の被害はほとんどありませんでした。
それでも食器棚などは倒れ、食器の多くは割れてしまいました。
そして余震がひどく、両親は車の中での夜を過ごしていました。

喉元すぎれば、とならないよう私も準備しなくてはと思います。


夏の夜の独り言でした。


8月2日 信濃川河原にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-08-06 22:05 | 行事 | Comments(4)
2014年 08月 06日

夏日和

e0021129_0452649.jpg

しばらく帰省しておりました。
もしかすると関東以上に暑かったりして、ほとんど外出もせず実家にいました。
これは、帰るときの車の中から。
山、空が綺麗だなぁと思って。



e0021129_0273975.jpg

これは長岡駅に着いたところ。白い雲が印象的です。

北朝鮮から帰国した曽我ひとみさんのことはほとんど知りません。
ただ、帰国した時に『人々の心、山、川、谷、みな温かく美しく見えます』、と言われたことがとても印象に残っています。
新幹線の窓から見る景色が、本当に懐かしく感じられます。
山の緑も空の青も、心に染みます。

拉致被害者の親御さんがもう高齢になり、他界されている方も多いです。
一日も早く、全員の方が帰国されるように心から望んでおります。

勝手に人の子供を連れ出しておいて、いつまでも返さないなんて酷すぎます。



実家で昼食の準備をしている時に、ニュース速報が流れました。
理研の笹井氏が亡くなられたと。
私は科学のことについては何もわかりませんが、非常に残念だと思います。
STAP細胞について、色々と事情があったにせよ何も命を縮めることはなかったのに。
精神的に追い詰められていたのでしょうが、何とか周りがケアをできなかったのでしょうか。

ノーベル賞の候補にもなった方です。
まだお若いし、日本の再生科学の重大損失だと思います。
ご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by sonatine-album | 2014-08-06 00:47 | 日々雑感 | Comments(0)
2014年 08月 02日

泉の森で

e0021129_1301355.jpg

黄釣舟


e0021129_1352618.jpg

泉の森には黄釣舟が群生しているところがあります。
木々の間で、あまり日当たりの良くないところ。びっくりするくらいに沢山の花が咲いています。



e0021129_137436.jpg

タシロラン
最初、この花を見たときにギンリョウソウか、と思ったけれど、多分、タシロランだと思います。
どちらにしても腐敗した枯葉などに育つ菌類から栄養をとる腐生植物の仲間だそうです。
葉緑素を持っていないので、真っ白です。(写真の中の葉っぱは他の植物のものです)
田代蘭だとしたら、この名前は発見者の田代善太郎さんにちなんで付けられたそうです。



e0021129_264560.jpg

涼やかな薄紫色です。
秋の田村草に似ているけれど、山薄荷かな?よくわかりません。
一生懸命に羽を動かしているアブ?、健気ですねぇ!



e0021129_285491.jpg

神奈川県の花、山百合です。
ちょっとイメージより細いですね。
山の中の芳香で咲いているのが分かるときは、もっと茎が太くて力強い山百合に出会えます。



e0021129_2111586.jpg

レースのような葉っぱです。
アジサイの葉っぱは、そんなに美味しいのかな?
どんな虫さんが食べちゃったんでしょう?

また、暑くなってきましたね。
これからは野の花も少なくなるし、森の散策に出かけるのも億劫になります。
しばらくは野の花巡りもお休みです。



7月6日 泉の森にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-08-02 02:17 | 自然・花 | Comments(4)