ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 28日

横浜の海

e0021129_23173174.jpg

三溪園の高台にある展望台からの風景。
三渓園からすぐのところには高速道路が走っているし、その先には海が見えます。



e0021129_23193179.jpg

石油の精製所も見えます。



横浜は不思議なところです。
三溪園のゆったりとした日本庭園のすぐそばには、工場地帯が広がっています。
そして、そのあたりは埋立地です。

実は以前、少しだけ三溪園の近くに住んでおりました。
その頃は子育てにも忙しく、時たまにしか園内を散歩しませんでした。
もっと、何度も行けばよかった、と今頃思っています。

この近くに「間門小学校」(まかどしょうがっこう)があります。
この学校には水族館が併設されているのです。

以前は学校のそばまで海だったそうです。
それを埋め立て、高速道路や工場を作るときに、海が近くにあった名残として水族館を作られたそうです。

三溪園近くでは、よくある地区別対抗の運動会が真門小学校でありました。
私も子供を連れて参加し、小学校の水族館も見学してきました。
小さい水族館でしたが、子供たちにとっては、生きた勉強になるところだと思いました。
地区の皆さんが、その水族館を誇りに思われてる、と感じました。


関内あたりには重厚な建物が残っており、MM21あたりには高層群、下町っぽいところがあったり、山手あたりの外国の雰囲気が残っているところもあるし、実は見ていて飽きません。
歩いていても、楽しいですよ。

鎌倉もいいけれど、横浜も素敵なところです。
時によっては「ヨコハマ」、「YOKOHAMA」 と書くほうがイメージに合う時もあります。
時間があったら、また散歩に行きたいです。


いつまでも三溪園の写真になりました。 2月12日
[PR]

by sonatine-album | 2015-02-28 23:43 | 日々雑感 | Comments(0)
2015年 02月 26日

三溪園の散策

e0021129_12573819.jpg

三溪園に入ってすぐ、羽を広げた鳥。カワウですか?よくわかりません。
何してるんだろう・・・・見てみて、って広げているのかな?



e0021129_12584161.jpg

園内を2時間くらい散策して、帰るとき、まだいたのです。
同じ鳥かどうかはわかりません。
羽を干しているのかな?鳥のことは知識がなくて、名前も習性も全くわかりません。



e0021129_1313288.jpg

旧燈明寺三重塔の屋根。
家に帰って見てみたら、文字が読めます。



e0021129_1323183.jpg

『奈良市奈良阪町 瓦又 鈴木瓦工業株式会社』
この三重塔は、京都市木津川市の燈明寺(廃寺)にあったものだそうで、遠いところから移ってきたのだと
感慨深くなります。
関東地方にある木造の塔としては、最古のものだそうです。



e0021129_13102839.jpg

梅の他には水仙も見頃。



e0021129_1311283.jpg

山茱萸(さんしゅゆ)はほころびかけていたところ。



e0021129_13125752.jpg

枯芙蓉 まだ残っていました。


まだ、梅が咲きそろう前でしたが、楽しい園内でした。

2月12日 三渓園にて
[PR]

by sonatine-album | 2015-02-26 13:20 | 横浜 | Comments(2)
2015年 02月 22日

猫の日

e0021129_23553057.jpg

三渓園を散策中に出会った猫ちゃん。
のんびりと、お昼寝中。



e0021129_23374256.jpg

↑の猫ちゃんの後方にも、二匹の猫ちゃん。
みんなよく寝ていて、起きる気配はありません。そっと写真を撮らせていただきました。
よく似ています。兄弟か、親子か・・・・
じっとしているので、置物みたい。



e0021129_23395329.jpg

僅かに咲き出していた馬酔木。
猫ちゃんの近くに咲いていました。他はまだ固い蕾でした。
猫ちゃんは、不思議と暖かいところを知っているんですよね。



e0021129_23501813.jpg

身繕いをしている雉猫ちゃん。
猫は見ていて飽きません。

今日はニャン ニャン ニャン 2月22日、ということで猫の日。
三溪園の猫ちゃんでした。


2月12日 三渓園にて
[PR]

by sonatine-album | 2015-02-22 23:53 | 動物 | Comments(2)
2015年 02月 17日

三溪園の梅

e0021129_2334348.jpg

随分と久しぶりに三溪園に行ってきました。
2月14日から観梅会があるというので、そろそろ咲いているかなと思って出かけました。
出迎えてくれたのは、アオサギ?(多分)。 見渡した感じでは、まだまだのようです。



e0021129_23394228.jpg

それでも、見頃の紅梅



e0021129_23402087.jpg

白梅もよく咲いている樹があります。



e0021129_2343146.jpg




e0021129_23432426.jpg

ちょっと小ぶりな白梅



e0021129_23442352.jpg

龍が這っているような枝ぶり、と言われている臥龍梅はまだまだでした。


ずいぶん前に、多分2月も終わり頃に行った時には、終わっていた覚えがあります。
見頃に出会うのは難しいです。

それでも、気持ちよく散歩できるところです。
桜の季節にも、紅葉の季節にも、再訪したいと思えます。それがなかなか難しいのです。


2月12日 横浜市・三渓園にて
[PR]

by sonatine-album | 2015-02-17 23:56 | 公園・植物園 | Comments(0)
2015年 02月 13日

御成通りには、

e0021129_2338849.jpg

鎌倉駅から御成通りを進んだところにある、旧安保小児科医院。
大正13年ころの建物だそうです。
平成7年まで小児科で、その後、鎌倉風致保存会の拠点として使われていました。
(現在、風致保存会は扇ガ谷の方へ移転しています。)

三つの道路が交差する角に建つこの建物は、三方に設けられた切妻屋根と、
ハーフティンバーの表現がとられた妻壁が人目を引きます。


e0021129_07491.jpg


平成の初めころ、私も子供を連れて何度か行きました。
冬に行くことが多かったのですが、いつも混んでいました。
暖房の効いた待合室で、風邪の子供を抱き、みんな辛抱強く待っていたものです。
優しいおじいちゃん先生で、人気があったんですよ。

御成通りを歩くと、その頃のことを思い出してしまいます。

この旧医院の反対側には、鎌倉小川軒があります。
私はここのレーズン・ウィッチが好きです。
もちろん、ケーキ類も焼き菓子も美味しいのです。
大船店が閉店になり、残念な思いをしていたところ、去年の終わり頃に大船ルミネ店が開店しました。
より求め安くなって、良かったです。



e0021129_071572.jpg

鎌倉駅の西口から由比ガ浜方面に向かっている、御成通り。
小町通りほどに混んでいませんが、おしゃれなカフェがあったりしています。

この安保さんの少し駅よりに、「進藤」(この字だったかな)、という手芸屋さんがありました。
いつの間にか、なくなってしまいました。
お風呂屋さんもあったのですが、それもなくなりました。

そうそう、この通りの一番駅よりのところには、小さな映画館があったのです。
多分、昭和の終わり頃にはなくなってしまいました。
それ以来、鎌倉には映画館がないですね。

新しいお店もいいけれど、長く続いているお店には残って欲しいと思います。



ストックしておいた写真より
[PR]

by sonatine-album | 2015-02-13 00:22 | 日々雑感 | Comments(2)
2015年 02月 10日

立石で

e0021129_5514467.jpg

一月末、海岸線を走ったときに立石に寄ってみました。
用事の帰り道だったため、12時すぎくらいです。
朝なら富士山も綺麗に見えただろうけれど、こんな感じでした。
それでも、ほっと心がリラックスできます。



e0021129_554948.jpg

アロエの花と。



e0021129_5545055.jpg

江ノ島も遠くに霞んでいます。



e0021129_5551735.jpg

大島も水平線の左側にうっすらと見えています。
落日が美しいところだと思います。きっとダイヤモンド富士も綺麗に見えるでしょう。
なかなかその時間帯に通りかかることはないし、出会ったことはありません。

のんびりと、風景を眺めていたいところです。いつか、落日の時間帯にも行ってみたいな♪



e0021129_611954.jpg

泉鏡花の小説、「草迷宮」はこのあたりた舞台になっているそうです。(読んだことはありません)



e0021129_631294.jpg

文学碑の足元に根を張っている植物、これはなんでしょうか?
多肉植物? 虹の玉? やっぱりわかりませんが赤色が目立っていました。

立石にて 1月29日
[PR]

by sonatine-album | 2015-02-10 06:09 | 三浦半島 | Comments(0)
2015年 02月 06日

トタン

e0021129_16442223.jpg

トタンフェチ、という言葉があるそうです。
なるほど、トタンの家などを見ていると何となく郷愁を感じてきます。
昭和に育った者には、子供の頃によく見ていたからでしょうか。

「トタン」、語源はポルトガル語の「tutanaga」だと言われているそうです。
今ではあまり見かけなくなりましたが、私が子供の頃には、外壁がトタンの家もありました。

この写真は、御成通り付近で写したもの。たまたま見つけました。
洋服屋さんみたいですが、中には入りませんでした。
なんとなく、子供の頃にタイムスリップしたような感じの建物です。



e0021129_165188.jpg

こちらは横浜市で見かけた、車関係の会社?
時々、こんな綺麗な色のトタンも見ます。
青い空に、よく映えています。



e0021129_16562957.jpg

こちらも横浜市。山手近くの家です。
やっぱり、懐かしい気分になる家です。

工場地帯などでも見かけますし、古い路地裏などでも見るトタンの建物、フェチというほどではないですが
何となくカメラを向けたくなる趣があります。


今日、2月6日は語呂合わせで、「ブログの日」、だそうです。
そういえば、2月に入ってから1週間近くも更新していませんでした。
という訳で、去年写した写真から、トタンの家などをアップしてみました。
(苦し紛れかな??)
[PR]

by sonatine-album | 2015-02-06 17:03 | 日々雑感 | Comments(0)