<   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 08月 26日

三渓園の花

e0021129_6183060.jpg

牡丹臭木(ぼたんくさぎ) 熊葛科
名前はちょっとかわいそうですが、随分かわいい花です。
小さなピンク色がたくさん集まっています。



e0021129_6242336.jpg

緑の中に映える 小鬼百合 ユリ科
一株だけ咲いていましたが、とても目立っていました。



e0021129_6263057.jpg

水カンナ 葛鬱金(くずうこん)科
水辺で咲いている紫色が涼しそうです。



e0021129_6324748.jpg

それほど遠くないところにある三渓園。
行ってみると、季節毎にまた行きたい気持ちになります。
桜の季節もきれいだろうな、なんて思うと来年は・・・・・来年の話をすると鬼が笑います。



e0021129_6354681.jpg

三重塔付近から見た本牧原~山手方面
こうやってみると、横浜に残されたオアシスだと思います。
JRからはバスを乗り継がないと行けませんが、やっぱりいいところですね。




リオオリンピックで4連覇を達成した伊調馨選手に国民栄誉賞が授与されるそうですね。
前大会では吉田選手だけに授与されていましたが、伊調選手にも授与されるということで良かったです。
ご本人と面識があるわけじゃありませんが、何度もオリンピック等でお顔を拝見していると親しみを持ちます。
天国のお母さまも喜ばれていると思います。

ところで、柔道の野村選手(もう引退されていますが)はオリンピックで3連覇されていますよね。
野村氏が活躍されたころは、田村亮子選手の全盛期と時期が被ります。
そのせいか、3連覇という偉業を達成されたというのに、取り上げ方がいつも小さかったですね。
世間の目が田村選手にいったからかもしれません。
田村選手はオリンピック2連覇です。  確かに銅、銀メダルもとっていますが、それより3連覇のほうがすごいと思っていました。
どうして田村選手(結婚されてからは谷選手)が国民栄誉賞に値し、3連覇の野村選手が値しないんでしょうか。

私はスポーツ界のことには疎いし、素人ですが、ずっと疑問に思っていました。
今回のオリンピックで野村氏が解説されているのを見て、また思いだしていました。



7月26日 三渓園にて
[PR]

by sonatine-album | 2016-08-26 06:53 | 公園・植物園 | Comments(0)
2016年 08月 24日

三渓園の蓮

e0021129_15184157.jpg

あっという間に今月も残すところ1週間になりました。
この写真は梅雨明け前に三渓園へ行ったときのものです。
蓮はもう少し咲いていると思いましたが、盛りを過ぎているようでした。



e0021129_15212765.jpg




e0021129_1522456.jpg




e0021129_15225334.jpg




e0021129_15231934.jpg

蓮は4日間咲いて、その後散るそうですが、この花は4日目のものでしょうか。
今年は見に行くのがちょっと遅かったから、来年はもう少し早く行ってみたいです。

↓の記事で、メアリーカサット展を見に行く前に、中区三の谷の三渓園へ行きました。
もう1か月近くも経ってしまい、ピントがずれてしまいました。

リオオリンピックも終わりました。
選手の活躍を見ていて、沢山の感動を味わいました。
どの競技でも結果が出ると、一緒になって潤るとウルウルとしてきます。
日本人はすごいなぁ、と思って見ていました。

今まであまり注目されていなかった競技でもメダルに届いたり、80年ぶりとかのメダルとなったり、
選手には本当に感謝したいです。
水泳の萩野選手に始まり、最後まで目が離せませんでした。
吉田選手の銀メダルに、ご本人は謝られていましたが、そんな必要はありません。
打倒吉田で研究されつくされ、試合でも逃げられていてたまたま銀メダルになったと思います。
これで吉田選手の今までの偉業が変わるわけでもなく、堂々としていてほしいです。

これからは、東京オリンピックに向けての準備が始まると思いますが、また楽しみにしています。




7月26日 三渓園にて
[PR]

by sonatine-album | 2016-08-24 15:38 | 公園・植物園 | Comments(0)
2016年 08月 17日

二つの印象派展

e0021129_1434443.jpg

暑い夏の日、おのぼりさんよろしく六本木まで出かけてきました。
ルノワール展を見たかったので、新国立美術館へ。

美術の教科書で見たころから、なぜか惹かれるルノワール。
行くのはちょっと面倒、と思いながらも次にいつ出会えるかわからないからと行ってみました。

予想に違わず、やっぱり圧倒されて帰宅の途につきました。
女性像はもちろんですが、今回は初めて彼の風景画に出会えて新鮮でした。
無知をさらけ出すようで恥ずかしいのですが、ルノワールの風景画には初めて対面したのです。
どの絵も、その場所へ行ってみたくなるような、ちょっと郷愁を覚えるようなものでした。
また、こんな風景画に出会えることはあるでしょうか。

ルノワールといえば若いころ出かけた京橋のブリヂストン美術館で見たすわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢が好きですね。
少女の服や靴下の青色、そして青を基調とした背景や敷物がとても印象的でした。

また見に行きたいのですが、ブリヂストン美術館は新築工事のために長期休館に入っています。
完成したら、是非再訪したいです。 楽しみです。


e0021129_14493592.jpg

六本木の駅から美術館に向かう道の風景。
近くには六本木ヒルズだ、サントリー美術館だ、そしてこの道の先には国立新美術館があるというのに、
なぜか昭和の東京を感じます。 いろいろとあります。


e0021129_14523954.jpg

道路端で咲いていた台湾杜鵑。もちろん自生ではないと思いますが。
すごく暑い日でしたが、暦通りに秋の気配を感じてきます。



もう一つの印象派の展覧会、横浜美術館でのメアリーカサット展です。
実はメアリーカサット、という女流画家は知りませんでした。↑のHPでの写真、眠たい子どもを沐浴させる母親、という絵を新聞などで目にして、優しい母の目線を感じて、行ってみたくなりました。
横浜では写真を写さなかったため、このHPをご案内させていただいてます。

予想通り、優しい絵が多かったです。
簡単に外国の美術館へは行けませんが、時々このように日本にいながら、巨匠の絵に出会えます。
絵を画くのは苦手ですが、見ることが好きな私。 時々は美術館巡りをして非日常の世界を味わいたいものです。


7月末~8月初旬にかけて出かけた美術館で
[PR]

by sonatine-album | 2016-08-17 15:07 | 日々雑感 | Comments(2)
2016年 08月 03日

梅雨が明けたといっても・・・・

e0021129_5444881.jpg

瑠璃茉莉(るりまつり) 磯松科
随分と前の写真ですが、この花を最初に見た時に色に吸い込まれそうになりました。
散歩道で出会った花ですが、ここまで色の濃い瑠璃茉莉はその後、見たことがありません。

暑い夏の日でしたが、少し暑さを忘れ、涼やかな気持ちになれました。



e0021129_55558100.jpg

こちらも同じような色合いの桔梗。桔梗科
上の花もそうですが、夏の一陣の風を感じます。

先週、やっと梅雨明けしました。
ふつうは梅雨明け十日といって、しばらくは太平洋高気圧が強くて晴天が続きますが今年は違いますね。
昨日朝なんかは大雨に雷、光ってすぐに雷鳴が聞こえて怖いくらいでした。
どこか近くに落ちたんじゃないかしら、と思えるくらいでした。
梅雨が長く続いた割には雨が少なく、水不足も心配されているようです。
こういった梅雨も異常気象の一つなんでしょうか。

あまり暑いと参ってしまうくせに、こうお天気が不順だと夏の晴れが恋しくなります。
今年の夏は、これからどうなっていくのでしょう。


私はといえば、なかなか不規則な生活で??? 疲れるとPCを開くこともなく休んじゃったりしていてブログも開店休業になってしまいました。
たまに写真を写したりはしているのですが。

紫陽花の写真もまとめてないうちに、季節が過ぎ、もう8月ですからね。
7月はあっという間に過ぎてしまいました。どうしてこんなに時間を早く感じるんでしょう。

ある方が言われてました。年を取ると一年が3倍くらい短く感じられるよと。
私も年を取ったのかな・・・・?


ところで梅雨明けする少し前に、相模原で大変な事件が起こりました。
最初にニュースを聞いたときには意味が良く分からないくらいでした。
詳細を知るうちに、背筋が寒くなる思いです。
殺人予告をしていたとか、措置入院までしていたというのに、どうして防げなかったのかと思います。
亡くなられた方、ご家族、職員の方、それにまだ入所されている方のことなどを思うといたたまれません。
障害がある子供でも、離れて暮らしていても、家族は家族で、唯一無二の存在ですから。

自分の身に置き換えて、家族が一瞬に消えてしまったらと思うと、身を切られれる思いになります。
ダッカのレストランでの事件、ニースでの花火見物にトラックが飛び込んだ事件などなど、最近は凶悪なニュースが多いです。
背景は違うとはいえ、被害者になったら同じこと、犠牲者の冥福を祈るとともに、このような事件が起こらないようにと祈らずにはいられません。
[PR]

by sonatine-album | 2016-08-03 06:34 | 日々雑感 | Comments(0)