ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2018年 01月 30日

雪の兼六園

e0021129_23355549.jpg
1月14日に金沢の兼六園へ行ってきました。
今年の冬は寒いし、雪も多い気がしますが、この日はいいお天気でした。
新潟もそうですが、北陸ではこの季節の晴れは珍しいです。
13日までは大雪で列車・バスの運行に支障が出ていましたが、幸い14日からは大丈夫でした。



e0021129_23520830.jpg
正面の樹が「根上松」(ねあがりのまつ)です。
盛土をしたところに松を植え、その盛土を徐々にどかして根を見せたそうですが、この日は雪に覆われています。



e0021129_23542209.jpg
日本武尊の像  明治10年、西南戦争で戦死した郷土軍人の慰霊のために作られたそうです。
明治13年の作で、日本で最初に作られた銅像だそうです。



e0021129_00124800.jpg
霞ケ池 兼六園のほぼ中央にある池ですが、一面の雪で覆われています。




e0021129_00145394.jpg

徽軫灯籠(ことじとうろう) 霞ケ池にある灯籠ですが、足が二股になっていて、お琴の糸を支える琴柱(ことじ)に似ているので

徽軫灯籠と言われるそうです。




e0021129_00190346.jpg
眺望代からの雪山景色 白山山系のあたりが望めます。



e0021129_00210661.jpg
お着物の方を見かけました。 私も着物を着たいと思いながら、随分と長いことご無沙汰しています。


e0021129_00240499.jpg
兼六園の職員さんでしょうか、雪かきをしてくださっていました。
菅笠、やっぱり被っているんですね。
実家では父が雪掻きの時に、こういう笠を被っていました。
父は器用な人で、自宅の庭の木に雪囲いをしていましたが、丁度兼六園の雪吊りのような形にしていました。
菅笠、雪掻き、雪吊りと父を懐かしく思い出していました。


私が出かけたのが14日でしたが、その3、4日くらい前から日本海側は大雪に見舞われていました。
信越線の東光寺ー帯織間で長岡行きの列車が立ち往生し、15時間くらいも乗客が車内に閉じ込められた頃です。
長岡市のちょっと北の方で起こったことです。

よく「ドカ雪」という言葉を使いますが、一晩で50cmも70cmも積もることがあります。
この頃もこんな雪だったと思います。
ちょっと検索したらその列車に乗車していた方のレポートがありましたので、ご紹介いたします。

15時間も列車に閉じ込めて、JRの対応が悪いとか、バスでの代替輸送は出来なかったのかとか聞きます。
でもああいう中で線路に降りても、危険は沢山あった筈ですし、新しい車両で暖房は効いていたし、照明も点いていたというので、ベターだったと思います。
東光寺は無人駅だということで、援軍を頼むこともできず、運転手さん自らが雪かきをしていたとか、本当に大変だったことでしょう。
幹線道路から駅までの道だって雪に埋もれていて、除雪をしなければ車も通れないでしょう。
田んぼの真ん中あたりの場所ですから、道路も広くないし、外に出た場合は間違って側溝などに落ちることもあるかもしれません。

何本か運休になった後の列車で、立っていた方もいらしたのは本当にお気の毒でしたが、体調を崩された方も少なかったようですし、
まぁ良かったのかなぁ、と思います。
学校帰りの学生さんもいらしたけれど、14.15日のセンター試験に影響でなかったかと心配します。
それと、座席に座っていた方が途中で立っている方に代わってくれたとか、大きな騒動も起こっていないし
皆さんが無事で何よりでした。

1月14日 兼六園にて







[PR]

by sonatine-album | 2018-01-30 00:57 | 公園・植物園 | Comments(0)
2018年 01月 22日

カラーを外しました。

e0021129_23081393.jpg
まめた、やっとカラーが外れました。
ここの所は元気いっぱいで、飛び回っています。
これはまめたのカゴではありませんが、こういう中に入るのも好きですね。

退院後も毎日点滴に通い、その後は点滴が入らなくなって、背中への注射をしてました。
前足への点滴だと病院に7時間くらいは監禁?されます。
ゲージの中へ入れられるし、動き回れなくなります。
それに比べて背中への注射だと時間も短いので、連れていく方からすると助かります。
猫にとってはどちらもストレスになるんでしょうね。 
病院でもずっと震えています。

でも、まだ治ったわけではなく、また10日くらいしたら病院に行きます。
煩いくらいに元気な方がいいですね。

我が家では何匹も猫を飼っていましたが、入院した猫は今回のまめただけです。
体質的に石ができやすいでしょう、と獣医さんには言われてます。
今回だけで、もう結晶ができないといいです。
尿路結石のようなものです。


e0021129_23161862.jpg
冷蔵庫の上に上がったところ。
高いところへ良く上がります。
猫はすごい跳躍力です。


今日はまた、大雪になりましたね。
たまたま今日はお休みだったので、午前中のうちに外出して用を済ませました。
でも明朝は心配です。 バスは時刻通りには来ないでしょうね。
早くに家を出ないといけません。 道路も滑りそうだし、今から憂鬱。
明日で雪が解けるといいんだけどね。

こんなことを言っていると、雪国の方に笑われちゃいます。


1月22日 大雪の日に





[PR]

by sonatine-album | 2018-01-22 23:37 | | Comments(0)
2018年 01月 12日

まめた、入院する!

e0021129_01312849.jpg
暮れにキッチンのリフォームをしました。
家猫のまめた、玄関から出ないかちょっと心配しましたが、やっぱり出ませんでしたね。
というのも工事中は玄関ドアが開いていることが多かったのです。
それでもドアまでは行くのですが、外を伺うだけで引き返していました。
これは内装屋さんが休憩中に、探検しているところ。好奇心大せいです。


e0021129_01350776.jpg
これは何だ、とガス管まで調べています。
業者さんがいるときには、奥にいるんですけどね。

そんなまめたですが、暮れも押し詰まった12月29日に入院となりました。
28日に尿が出なくなって、様子がおかしいことに気が付き、29日に病院へ連れていきました。
血液検査やレントゲンを撮り、尿閉で導尿してもらい、その後は点滴です。
左前脚の血管から点滴を入れていました。
血管が細く、入らなくなってからは背中に皮下注射をしていました。

結石はまだ出来ていませんでしたが、結晶ができていて、尿が出なくなっていました。
どうやら石のできやすい体質だったようです。


e0021129_01410815.jpg
年末年始は病院で過ごし、1月2日に退院してきましたが、まだ通院しています。
エリマキトカゲのようなカラーをしていますが、これはお尻を舐めないようにとのことです。
猫は排泄の後、自分のお尻を綺麗にしますが、今のまめたはそれができません。

11日現在、まだカラーをしていますが、来週くらいには取れるといいです。
石ができないという療養食をこれからはずっと食べることになります。

家を出たことのない猫ですから、医者へ行くのは相当のストレスでカゴに入れた時から震えるんですよ。
そして以前より甘えっ子になって、膝の上で寝たりします。
今まではあまりべたべたしない猫で、抱っこなども好きでないようでした。

入院中は毎日面会に行っていたし、退院してからも病院通いだったし、今年のお正月は猫の看病で過ぎました。
まぁ、比較的時間があるときで良かったのかもしれません。

言葉をしゃべれないだけに、気を付けてやらないといけないですね。



[PR]

by sonatine-album | 2018-01-12 02:02 | | Comments(2)
2018年 01月 01日

新年

e0021129_12103643.jpg
明けまして おめでとうございます

昨年は更新ままならず、サボりがちな拙ブログにご訪問いただき、ありがとうございました

今年もどうぞよろしくお願いいたします


インスタ映え(ここはいんすたではありませんが)するような一枚は写せませんが

マイペースで写真を撮っていきたいと思います

今年は明るい年になるといいですね

そして健康に恵まれた年になりますようにと願います


平成30年元旦








[PR]

by sonatine-album | 2018-01-01 12:26 | 日々雑感 | Comments(4)