ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ

タグ:寺家ふるさと村 ( 11 ) タグの人気記事


2014年 05月 27日

春の寺家ふるさと村

e0021129_4351672.jpg

ずいぶん前に散策してきた寺家ふるさと村。
春の野の花を記録しておきます。



e0021129_4393395.jpg

蓮華、そろそろ終わり頃でした。
田んぼに植えられていて、このあとは土と一緒に耕して肥料になりますね。
化学肥料を使わず、蓮華を使うということは手間はかかるでしょうが、地球にも優しい方法と思います。
ちょっとかわいそうな気もしますが、美味しいご飯のためです。


e0021129_4443839.jpg

立浪草


e0021129_4452639.jpg

岡立浪草


e0021129_4461047.jpg

白色の岡立浪草
立浪に見立てた花、私には巣の中で口を開けているヒナに見えるんです。
早くご飯をちょうだいね! って。


e0021129_4475136.jpg

仲良く並んだ 二人静


e0021129_4483448.jpg

苗代苺 


e0021129_452457.jpg

春紫苑が花ざかり、いろんなところで咲いていました。


e0021129_4544931.jpg

オヤブジラミ  小さくてピントがなかなか合いません。


e0021129_4552538.jpg

マムシ草


e0021129_561491.jpg

関東マムシ草 ?
マムシ草もあちこちで咲いていました。
土壌が豊かなのか、どれも立派です、でもちょっと気味が悪いような、怖いもの見たさのような気がするのです。
名前に「マムシ」、と付きますから。

ところで先日のニュースですが、都内のある有名デパートの山菜にマムシ草が混じっていたとか。
食べた方はもちろん体調を悪くされたそうです。
JAが出荷したそうですが、マムシ草は有毒ですね。
デパートが謝った、とありましたが謝ったくらいで済むのでしょうか?


e0021129_5175923.jpg

筑波キンモンソウ、みたいに見えますが。
以前見たときにはもっと花がついていました。
もう時期が遅いから、これしかなかったのかな。

平成23年4月の寺家ふるさと村です。
この時写したのは 『筑波キンモンソウ』 と教えていただきました。
今年見たのは 『ニシキゴロモ』 かもしれません。
よくわからなくてすみません。

などなどと、たくさんの野の花をご覧頂きまして、ありがとうございました。


5月10日 横浜市・寺家ふるさと村にて 
[PR]

by sonatine-album | 2014-05-27 05:23 | 自然・花 | Comments(4)
2012年 10月 12日

薄紫色に、

e0021129_620982.jpg

寺家ふるさと村を歩いていて、沢山の野の花に出会いましたが整理が追いつきません。
9月末日に行ったというのに、もう10日以上も過ぎてしまいました。
ここのところ、ことのほか時間が早く過ぎるような気がします。
日の出・日の入りが遅くなりました。
ちょっと前までは夜の7時頃まで明るかったというのに、もう6時で暗くなりました。
暑くて暑くて、これでは熱帯だと思うくらいの9月だったのにやっぱり季節は進んでいます。
それとともに、今年も後2ヵ月半くらいだと思うと淋しいです。

もう少し、余裕を持って時間を過ごしたいのですが・・・・
これではあっという間にオバアサンになってしまいそうでうす。
今のうちに、色々とやっておかないと後悔しそうです。

最近、富士山がよく見えるようになってきました。
仕事に向かう途中で、ちょっとだけ見えるところがあります。
もちろん、朝のうちだけだし、薄っすらとしか見えませんが。
それでも、富士山に出会えた朝は気分爽快になれます。
こんな遠くで拝んでパワーをもらっているのですから、やっぱり霊峰だと思います。


夕方にもシルエットで闇に浮かんでくることがあります。
この辺りからだと、形が本当に綺麗です。
遠くから眺めているからこそ、かもしれません。
また、富士山がはっきりと見えるところに行きたいと思いながら毎日を送っています。


e0021129_6474631.jpg

蔓穂


e0021129_6483876.jpg

小菜葱(こなぎ)


e0021129_6504983.jpg

釣鐘人参(ツリガネニンジン) 多分?


e0021129_6514928.jpg

上の花に似ていますが、葉が全く違いますね。 何でしょうか?


e0021129_6531248.jpg

藪豆、だと思いますが。



種を植えたわけでもなく、自分で花を咲かせている可憐な野の花です。
健気を感じています。




9月30日 寺家ふるさと村にて
[PR]

by sonatine-album | 2012-10-12 06:57 | 野の花 | Comments(4)
2012年 10月 04日

実りの秋

e0021129_355531.jpg

実りの秋を迎えた寺家ふるさと村、秋の一日です。


e0021129_3563594.jpg

田んぼは黄色の絨毯になっています。



e0021129_3573479.jpg

稲刈りが終わっているところもありました。
赤いのは彼岸花です。
遠くから見ると、点々と赤くて綺麗です。



e0021129_3584625.jpg

実るほど頭を垂れる稲穂かな

もちろん、新潟の田んぼほど広くありません。
新潟では、どこまでも平野が広がり、見渡す限りの田んぼです。
小さなところですが、それだけに郷愁を感じるふるさと村です。
鎌倉でも田んぼはあります。
神奈川に住み、このあたりで稲を見るとは思っていませんでした。
やっぱり日本人は米食の民族です。
私はパンが好きだけれど、お米がないと淋しいです。
一日に必ず1回はお米を食べないと、物足りない感じがします。
というより、お米を食べない日はないですね。

新米の季節となり、今年も実家からの新米が届きました。
毎年、この時期には送ってもらいます。
幾つになっても親はありがたいですね、炊いた時に輝いているお米を頂いております。

こんなことを書きながら、何時まで続くんだろうと、ふと考えます。
両親には元気で長生きしてほしいですが、自分が年を取ると同じだけ老いていると思うと切ないです。
離れて暮らしている分、会うたびに小さくなっている気がします。
来月当たり、帰省してこようかな。


9月30日 寺家ふるさと村にて
[PR]

by sonatine-album | 2012-10-04 04:40 | 自然・花 | Comments(2)
2012年 07月 11日

梅雨時の寺家ふるさと村

e0021129_1111215.jpg

寺家ふるさと村の田んぼです。
田植えが終わって、そう日にちが経ってない様に見えます。
なんだか、懐かしい感じがします。



e0021129_1162792.jpg

谷戸の方にも田んぼがあります。



e0021129_146779.jpg

オカトラノオ 名前に似ず、一つ一つが可愛らしいです。


e0021129_1464592.jpg

ネジバナ 小さいけれどラン科、ピンク色が目立っています。


e0021129_1494286.jpg

烏柄杓(カラスビシャク) 面白い名前です。



e0021129_14105926.jpg

ネコノメソウに似ているけれど、なんだか分かりません。



e0021129_14114337.jpg

これも分からない花でした。



もっといろんな種類の花が咲いているはずだけれど、中々見つけられないです。
それでも、足元を見ながら歩くのは楽しいです。


6月23日 寺家ふるさと村にて
[PR]

by sonatine-album | 2012-07-11 11:46 | 自然・花 | Comments(2)
2011年 11月 02日

寺家ふるさと村で

e0021129_3191246.jpg

久し振りに青葉区の寺家ふるさと村へ。
最近、時間がるときには雨の事が多かったけれど珍しくいいお天気でした。
稲刈りも終わって天日干しの稲。
美味しいんでしょうが、今年はどうでしょうか?
神奈川には放射能の影響はないのかしら。

先月、実家から新米を送ってもらいました。
新潟のお米だけれど、放射能検査をしているのだとか。
それで検査料の分、例年より価格が高くなっていると聞きました。
生活の中での影響は計り知れないです。


e0021129_3274114.jpg

犬蓼(あかまんま)
足元に沢山咲いていて壮観です。


e0021129_3292379.jpg

犬蓼にまじって、キツネノマゴも咲いています。
面白い名前です。


e0021129_331076.jpg

キンミズヒキ
緑の中で黄色い花は目立ちます。
後ろの赤い色はミズヒキの花です。
ミズヒキも良く咲いていましたが、写すのが難しいので今回はパスです。
ピントが合いにくいんです。


e0021129_3315225.jpg

セイタカアワダチソウ
稲刈りの終わった田んぼと一緒に秋らしい感じになりました。


e0021129_334249.jpg

アザミの花も可愛いですね。


e0021129_3344457.jpg

菊の花も楚々と咲いています、名前は分かりません。


e0021129_3362847.jpg

柿の実も青空の中で綺麗ですね。

青葉区は川崎市と隣接していて、すぐ近くの柿畑では柿が売られています。
去年買ったら美味しかったんですが、今回はパスしました。
やっぱり実家から送られてきた柿がまだ沢山あるので、食べ切れそうもないから。
それにしても、幾つになっても親は宅急便を送ってくれて本当にありがたいです。


10月29日 横浜市青葉区 寺家ふるさと村にて
[PR]

by sonatine-album | 2011-11-02 03:43 | 自然・花 | Comments(0)
2011年 04月 23日

寺家ふるさと村~その3

e0021129_10102533.jpg

e0021129_23571864.jpg

田んぼは山に囲まれています。
その山の辺りを歩いて、いろんな花に出会いました。

e0021129_044075.jpg

e0021129_1010544.jpg

ツクバキンモンソウ
初めてであった花。シソ科ですね。


e0021129_053978.jpg

e0021129_10113387.jpg

キランソウ
同じくシソ科、花が似ています。
別名 「地獄の釜の蓋 」、凄い名前です。
花は紫色で可愛いのにね。


e0021129_08365.jpg

e0021129_10111612.jpg

タマノカンアオイ
これも初めて見た花です。花も地面のすぐそばだし、ちょっと見には分かりません。
最近減ってきて、絶滅危惧種だそうですが、ここでは沢山見つけることが出来ました。


e0021129_0121356.jpg

e0021129_10115419.jpg

キジムシロ
黄色が目立ちます。
これが一面に咲いていたらきっとムシロに見えるんでしょう。


e0021129_0161757.jpg

e0021129_10121329.jpg

紫花菜、諸葛菜とか花大根とも呼ばれますね。
よくまとまって咲いているのを見かけますが、遠くから見てもすぐに分かります。
一面が紫色になって、素敵です。

本当に色々咲いていました。
タマノカンアオイなど、珍しい花は教えていただきました。
たまたま詳しい方がいらして、花の名前や咲いている場所を教えていただき感謝しております。
[PR]

by sonatine-album | 2011-04-23 11:28 | 自然・花 | Comments(1)
2011年 04月 21日

春の寺家ふるさと村~その2

ふるさと村の中では沢山の野の花に出会えました。
小さくて可愛い花を見るたびに嬉しくなります。
初めてであった花もありました。
ピントの甘いものもありますが、ご紹介させてください。

e0021129_20154842.jpg

一輪草
まだ咲き始めでした。
蕾も沢山あったので、今度の週末くらいは絨毯のように白い花が咲いているかもしれません。


e0021129_2017367.jpg

二輪草
こちらも咲き始め、チラホラとしか咲いていませんでした。
花の大きさは直径が一輪草の半分くらい。小さいです。
一輪草も二輪草もあまり日当たりが良くないところに群生していたので、白さが目立ちます。


e0021129_20193484.jpg

山瑠璃草
最初、こんなところに忘れな草が、と思いました。
同じムラサキ科の山瑠璃草だということでした。
薄い空色で、本当に可憐。
ちょっとしか咲いていませんでしたが、見とれてしまいました。


e0021129_20292473.jpg

チゴユリ
丈も20cmくらいしかないし、花が下を向いているので写すのが難しいです。
控えめな感じで葉っぱに守られているように咲いています。
守ってやりたくなるような花です。


e0021129_20214496.jpg

タネツケ花
苗代に種をまく頃に咲くから「タネツケ花」というらしいです。
白い花が沢山咲いていて、目に楽しいです。


e0021129_2024874.jpg

ナズナ(ペンペン草)
タネツケ花に似てますね。
両方ともアブラナ科です。


e0021129_20262099.jpg

ノミノフスマ
ハコベみたいに小さい白い花。
名前はちょっと・・・だけど、小さいという意味で「ノミ」とついているようです。


沢山羅列してしまい、でもまだまだあるのです。
また、続きもご覧ください。



4月17日 寺家ふるさと村にて
[PR]

by sonatine-album | 2011-04-21 20:34 | 自然・花 | Comments(0)
2011年 04月 20日

春の寺家ふるさと村

久し振りに晴れた日曜日、横浜市の寺家ふるさと村を歩いてみました。
沢山の可愛らしい花に出会えたので、アップしようと思います。
水田にはれんげ草が咲いていました。
e0021129_0295819.jpg



e0021129_0301624.jpg

白い花もれんげ草ですか?


e0021129_0414771.jpg

沢山咲いていて壮観です。


e0021129_0311877.jpg

ここには蒲公英が沢山咲いていました。
どれを見ても関東蒲公英です。
これだけ広いところに関東蒲公英ばかりで嬉しくなります。


e0021129_0361814.jpg

ほとんどスギナばかりでしたが、土筆に出会えました。
久し振りの土筆です。


まだ写真の整理をしてないので、少しずつ載せていきます。
春の野山は本当に楽しいですね♪


4月17日 寺家ふるさと村にて
[PR]

by sonatine-album | 2011-04-20 00:42 | 自然・花 | Comments(2)
2010年 12月 01日

草笛

寺家ふるさと村の中を歩いていると、草笛の音色が聞こえてきました。
最初の曲は「旅愁」

  更け行く秋の夜 旅の空の
  わびしき思いに ひとりなやむ

  恋しやふるさと なつかし父母
  夢路にたどるは 故郷の家路

曲を聞いていて歌詞は浮かんでくるのですが、曲名が思い出せません。
ネットで調べました。

そのうちに「北帰行」(ほっきこう)

  窓は 夜露に濡れて
  みやこ すでに遠のく
  北へ帰る 旅人ひとり
  なみだ 流れて止まず


70歳くらいの男性が吹かれていました。
ちょっとお話をしたところ、子どもの頃に吹いていたので、50年も経ってからまた吹き出したとの事でした。
草笛、ただ音を出すだけではなく、あまりの音程の広さにいたく感動しました。
ご本人は美空ひばりさんの「悲しき酒」のように、音程が広い曲は難しいと言われていましたが。
それもとても綺麗に吹かれていました。

たった一枚の小さな葉っぱだというのに、びっくりしました。
それも大きな音です。
その昔は恋人同士で草笛を吹きあい、遠く離れている時でも気持を伝えたそう。
もちろん携帯電話なんかないですからね。

広い田んぼに響き渡っていました。
少し物悲しく、それでいて澄んだ大きな音、印象に残りました。

「旅愁」も「北帰行」も、リアルタイムで歌っていた世代ではないですよ(笑)
子どもの頃、そんな曲が入っているレコードがありました。
それで、親の世代の曲も少し分かります。

e0021129_0505635.jpg


散歩にもってこいの場所とお天気でした。



e0021129_0534450.jpg

そこを出ると、柿畑が広がっていました。
横浜市の緑区は川崎市柿生のすぐ近くなんですね。
柿生は字の通り、柿の産地です。


e0021129_054244.jpg

思わず買った柿、5個400円也~~美味でした!
「浜梨」ののぼりはよく見ますが、「浜柿」は初めて見ました。
浜梨は特定の品種ではなく、横浜で栽培されている梨の事です。
スーパーなどでは流通してなく、農家の軒先や畑で売られています。
食べごろを収穫して、ダイレクトに消費者に渡るから美味しいのもうなずけます。
まさに地産地消です。
[PR]

by sonatine-album | 2010-12-01 01:00 | その他 | Comments(2)
2010年 11月 29日

公園の花

ふるさと村の中には池もありました。
「むじな池」
e0021129_23125032.jpg

何が住んでいる池か分かりませんが、私は「むじな」が怖いです。
子どもの頃に読んだ小泉八雲の「怪談」のなかで、「むじな」が一番印象に残っています。
怖くて・・・


e0021129_23265694.jpg

カラスウリの赤い実が目立ちます。
この花は白いレースみたいだけれど、なかなか咲いているのを見かけません。


e0021129_23284590.jpg

ヒメジョオンみたいだけど。。。この季節に咲いているかしら?


e0021129_23294658.jpg

キツネのマゴ
どうしてこんな名前なのかわかりません。
小さな可愛い花だけれど、いつもピンボケ気味になります。

この季節、やっぱり花は少ないですね。
また春が楽しみです。
[PR]

by sonatine-album | 2010-11-29 23:37 | 自然・花 | Comments(0)