ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ

タグ:街並み ( 2 ) タグの人気記事


2017年 09月 09日

佐渡・宿根木

e0021129_21395807.jpg

松ヶ崎の後に行ったのが佐渡市最南端の宿根木(しゅくねぎ)です。
江戸時代中頃より廻船業の村として栄えた集落です。
その町並みは「重要伝統的建造物群保存地区」にも指定されているとのこと。
この指定は新潟県ではここだけだそうです。
お隣の長野県には7か所も指定されているのに、新潟は1か所なんですね、と思ったら
東京・神奈川はゼロです。

板張りの家がほとんどで、何となく懐かしい感じがします。




e0021129_21541390.jpg
JR東日本のポスターで有名になった「三角屋」。
女優の吉永小百合さんがこの前に立っていらっしゃる写真が使われていました。

この家は元々は四角形だったけれど、移築した時に土地に合わせて三角形にしたとか。
船大工さんが形を変えたんでしょうか。



e0021129_22011665.jpg
真ん中がすり減った石畳。
この小路は「世捨小路」(よすてこうじ)といって、宿根木のメインストリートだそうです。
右側の家は板張りではありませんが、周りに合うような色にされているんでしょうね。

「世捨小路」とは奇妙な名前ですが、由来ははっきりしないそうです。
宿根木へは海から入るにはこの道を通ることになります。
この奥にお寺さんもあって、霊が村を出るときにもこの道を海に向かって通ることになります。
そんなことで「世捨小路」と呼ばれることになったのでしょうか。



e0021129_22181011.jpg
珍しい軒下の飾り こちらも船大工さんが建てた家で、軒下の扇形の飾りが特徴です。
100年以上経っているそうですが、NHKの新日本紀行で紹介されたということです。



e0021129_22273331.jpg
宿根木の旧郵便局。
なぜか珍しくグリーンの洋風建物。
でも宿根木の板張りの家と調和しています。



e0021129_22291452.jpg
宿根木の観光案内所
屋根には石が置いてありますが、石置き小羽葺(いしおきこばぶき)屋根です。
薄割にした木の板を重ねて石を置いた、日本海側で特徴的な屋根です。
瓦が使われる前までは主流だったそうですが、この案内所だけではなく、何軒かありました。
雪降ろしの時は大変だろうなぁ、と思いますが佐渡の積雪はそんなに多くはありません。

宿根木に着いたところにこの案内所があり、ボランティアの方が回り方などを説明してくださいました。
分かりやすくて、助かりました。

ただ、私たちが行ったのが遅かったため、公開されている民家の開館には間に合わなかったし、もっとよく見て回りたかったです。
ここは、行ってみたいと思っていた場所ですが、是非再訪したいと思いました。
今度はお天気がいいときに、青い海とともに回ってみたいですね。


8月28日 佐渡・宿根木にて








[PR]

by sonatine-album | 2017-09-09 22:50 | 建築物 | Comments(2)
2016年 11月 14日

塩沢宿、牧之通り

e0021129_14250079.jpg
上越線湯沢駅から3,4駅下ったところに塩沢駅があります。そこから徒歩5分くらいのところに塩沢宿があります。

塩沢宿は、江戸と越後を結ぶ三国街道沿いの宿場町として栄え、特産品である越後上布(重要無形文化財)や塩沢紬(伝統工芸品)などの織物の産地として発展してきました。また、全国有数の豪雪地として知られています。

この街並みは、江戸時代を再現すべく、電線を地下に埋め、雁木(がんぎ)が雁木が風情を感じさせるところになっています。

「雁木」とは商店などの庇を長く張り出し、雪よけになっています。
そして平成27年10月に2015年には「アジア都市景観賞」を受賞されたということです。


ここを牧之通りといいますが、江戸時代の文人で、「北越雪譜」の著者、鈴木牧之(すずきぼくし)が塩沢の生まれなのでそのように名付けられたそうです。

随分昔になりますが、NHKのラジオで朗読の時間、という番組がありました。

その番組で「北越雪譜」を聞き、内容は随分と忘れましたが雪国の情景が目に浮かんでくるような生き生きとした本でした。

私の本棚の片隅に、その本があります。また読んでみよう、と思ったところです。






e0021129_14492069.jpg
手前は塩沢信用組合です。 「両替」という看板があります。



e0021129_14503782.jpg

美容院も「髪結処」と。




e0021129_14513121.jpg
酒屋さん。「八海山」、美味しいですよね~~ってあまり飲めないんですが。
新潟は米どころ、そして山からの雪解け水もきれいだし、美味しいお酒が沢山あります。
銘柄に詳しくないので、酒屋さんでは大体、新潟産のお酒を買うようにしています。


e0021129_14533078.jpg

こちらは「鶴齢」(かくれい)の蔵元。杉玉がだいぶ茶色になっています。新酒ができたら、緑色のに変わるんでしょうね。
鶴齢は飲んだことがありません。最近では八海山を凌ぐ人気になってきているそうです。




e0021129_14572738.jpg
こちらの通りには両側にカマキリ君がいますよ。
1日の最大積雪量 1.41m。 昭和52.2.2       最大積雪量3.7m  昭和58年   とあります。
カマキリはその年の積雪量を予言できる、といわれています。 雪がたくさん降る年には、高いところに卵を産むとか。
背中にカマとキリをしょっていて、ユーモラスです。




e0021129_14562276.jpg
こちらが雁木です。 雪を避けることができます。
雪国では、よく見られる雁木で、私が住んでいた長岡市の街中にもあります。

今回のツアーで初めて知った塩沢宿、何となく懐かしさも覚え、また行ってみたいですね。
今度は「鶴齢」を買ってみなくては。。。。
新幹線で通過するばかりの南魚沼辺り、魅力的なところがたくさんあると再認識しました。

10月25日 南魚沼・塩沢宿にて



[PR]

by sonatine-album | 2016-11-14 15:31 | 新潟 | Comments(0)