タグ:野の花 ( 87 ) タグの人気記事


2014年 09月 10日

白い花

e0021129_2324555.jpg

夏の夕方、人目を引いた花。
烏瓜(からすうり)、ですか?
黄烏瓜もあるし、私には実になってみないとわかりません。

白くて、周りが繊細で、目立っています。
綺麗だなぁ、と思う反面、ガを呼ぶ花だそうで妖しい感じがします。
もう、おしまいの時期らしくて、花数は多くありませんでした。



e0021129_23243435.jpg

2枚目の右下は若い実だと思うのですが、どうでしょうか?


あれよあれよという間に、9月も10日過ぎになりました。
今年の夏は、休みの日には雨にたたられ、または暑すぎて出かける気にもならず、
何となく過ごしているうちに終わった感じがします。

ここ数年、暑さばかりが印象に残りましたが、今年の夏は早く終わってしまった感じです。
涼しくて体が楽、でも何となく寂しい気になるのは人間の身勝手かな。

8日の中秋の名月は曇り空で見えませんでしたが、9日のスーパームーンは綺麗でしたね。
雲がかかっていてダメかと思っていたけれど、晴れてきて見えました。
栗や秋刀魚なども店に並んでいるし、これからは実りの秋を楽しまなくっちゃ。



8月 長岡にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-09-10 23:55 | 自然・花 | Comments(2)
2014年 08月 31日

小紫と紫式部

先週、小紫の実(緑色)をアップしましたが、紫色になった実を以前写したものから探してみました。
コメント欄にアップしたかったけれど、エキサイトはできないんですよね・・・

e0021129_1721052.jpg

大巧寺の小紫(熊葛科)クマツヅラ科 です。
以前写したものですが、9月中旬です。
小紫は紫式部の園芸種、実もお行儀よくまとまって付いています。
見た目には実もたくさんあるし、お庭などに植えられているのはほとんどがこちらだと思います。
園芸屋さんで「小紫」を 「紫式部」という名前で売っていることもありややこしいです。



e0021129_17203214.jpg

たくさんの実が付いています。



e0021129_1747658.jpg

こちらは座間谷戸公園の小紫 25年9月です。






e0021129_17543152.jpg

大和市・泉の森の紫式部(熊葛科)クマツヅラ科  25年9月
実がまとまってついていないし、葉っぱの先が尖っているのでこれは多分、紫式部。
紫式部の葉っぱの方が尖っているようです。そして鋸歯(ギザギザ)があります。
木は小紫より大きいです。 実も大きいかな。それほど違うようには思いませんが。
紫式部の方は、里山などでは見かけますが、街中ではほとんど見ません。





e0021129_1744490.jpg

新治市民の森の紫式部 25年11月
これは高いところにあるのを、見上げて写しました。そろそろおしまいの頃ですね。

どちらにしても、美しい実ですね!
名前は、やっぱり「紫式部」のほうが趣がある感じがします。
[PR]

by sonatine-album | 2014-08-31 18:24 | 自然・花 | Comments(2)
2014年 08月 02日

泉の森で

e0021129_1301355.jpg

黄釣舟


e0021129_1352618.jpg

泉の森には黄釣舟が群生しているところがあります。
木々の間で、あまり日当たりの良くないところ。びっくりするくらいに沢山の花が咲いています。



e0021129_137436.jpg

タシロラン
最初、この花を見たときにギンリョウソウか、と思ったけれど、多分、タシロランだと思います。
どちらにしても腐敗した枯葉などに育つ菌類から栄養をとる腐生植物の仲間だそうです。
葉緑素を持っていないので、真っ白です。(写真の中の葉っぱは他の植物のものです)
田代蘭だとしたら、この名前は発見者の田代善太郎さんにちなんで付けられたそうです。



e0021129_264560.jpg

涼やかな薄紫色です。
秋の田村草に似ているけれど、山薄荷かな?よくわかりません。
一生懸命に羽を動かしているアブ?、健気ですねぇ!



e0021129_285491.jpg

神奈川県の花、山百合です。
ちょっとイメージより細いですね。
山の中の芳香で咲いているのが分かるときは、もっと茎が太くて力強い山百合に出会えます。



e0021129_2111586.jpg

レースのような葉っぱです。
アジサイの葉っぱは、そんなに美味しいのかな?
どんな虫さんが食べちゃったんでしょう?

また、暑くなってきましたね。
これからは野の花も少なくなるし、森の散策に出かけるのも億劫になります。
しばらくは野の花巡りもお休みです。



7月6日 泉の森にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-08-02 02:17 | 自然・花 | Comments(4)
2014年 07月 31日

花筏の実

e0021129_034727.jpg

葉っぱの上に花が咲く、と聞いていた花筏(はないかだ)。ミズキ科
一度、見てみたいと思っていました。
大和の泉の森を散歩している途中、思いがけず、実を見つけました。
花の時期は終わっていますが、葉っぱ上の実も面白いです。



e0021129_05432.jpg

葉っぱの縁にトゲがあるように見えて、それも面白いです。



e0021129_072551.jpg

身の色は段々と黒っぽくなっていくようです。

葉っぱを筏に見立て、筏の上に乗っている人を表した名前だそうです。

今度は春の花を見てみたいですね^^ 
[PR]

by sonatine-album | 2014-07-31 00:13 | 自然・花 | Comments(4)
2014年 05月 27日

春の寺家ふるさと村

e0021129_4351672.jpg

ずいぶん前に散策してきた寺家ふるさと村。
春の野の花を記録しておきます。



e0021129_4393395.jpg

蓮華、そろそろ終わり頃でした。
田んぼに植えられていて、このあとは土と一緒に耕して肥料になりますね。
化学肥料を使わず、蓮華を使うということは手間はかかるでしょうが、地球にも優しい方法と思います。
ちょっとかわいそうな気もしますが、美味しいご飯のためです。


e0021129_4443839.jpg

立浪草


e0021129_4452639.jpg

岡立浪草


e0021129_4461047.jpg

白色の岡立浪草
立浪に見立てた花、私には巣の中で口を開けているヒナに見えるんです。
早くご飯をちょうだいね! って。


e0021129_4475136.jpg

仲良く並んだ 二人静


e0021129_4483448.jpg

苗代苺 


e0021129_452457.jpg

春紫苑が花ざかり、いろんなところで咲いていました。


e0021129_4544931.jpg

オヤブジラミ  小さくてピントがなかなか合いません。


e0021129_4552538.jpg

マムシ草


e0021129_561491.jpg

関東マムシ草 ?
マムシ草もあちこちで咲いていました。
土壌が豊かなのか、どれも立派です、でもちょっと気味が悪いような、怖いもの見たさのような気がするのです。
名前に「マムシ」、と付きますから。

ところで先日のニュースですが、都内のある有名デパートの山菜にマムシ草が混じっていたとか。
食べた方はもちろん体調を悪くされたそうです。
JAが出荷したそうですが、マムシ草は有毒ですね。
デパートが謝った、とありましたが謝ったくらいで済むのでしょうか?


e0021129_5175923.jpg

筑波キンモンソウ、みたいに見えますが。
以前見たときにはもっと花がついていました。
もう時期が遅いから、これしかなかったのかな。

平成23年4月の寺家ふるさと村です。
この時写したのは 『筑波キンモンソウ』 と教えていただきました。
今年見たのは 『ニシキゴロモ』 かもしれません。
よくわからなくてすみません。

などなどと、たくさんの野の花をご覧頂きまして、ありがとうございました。


5月10日 横浜市・寺家ふるさと村にて 
[PR]

by sonatine-album | 2014-05-27 05:23 | 自然・花 | Comments(4)
2014年 05月 21日

里山の野の花

e0021129_2315361.jpg

5月4日の画像です。早いものですねぇ、夏の様相です。
辛夷ですが、約一ヶ月ほど前には花を咲かせていました。
3月29日の辛夷です。(4枚目)


e0021129_2319635.jpg

同じく、河津桜のさくらんぼ。



e0021129_23201471.jpg

半鐘蔓(はんしょうづる)の花を初めて見ました。キンポウゲ科。
下向きの控えめな花、裾が広がっていて可愛らしいですね。
今時、『半鐘』といっても、知らない人が多いでしょうね。
子供の頃は火事の時に、「カン、カン、カン・・・・』と半鐘が打ち鳴らされていました。
いつ、どんな火事だったかということは覚えていませんが、半鐘の音だけは記憶に残っています。



e0021129_23281490.jpg

甘野老(あまどころ)、漢字だけでは読めないです。



e0021129_23292877.jpg

鳴子百合(なるこゆり) まだ蕾が小さいです。
アマドコロにしても、鳴子百合にしても、ユリ科の白い花が所々に咲いています。


e0021129_233409.jpg

小米空木と、


e0021129_23343137.jpg

ミツバウツギ

似ていますが、小米空木はバラ科で、三葉空木はミツバウツギ科だそうです。
似ているようでも、なんだか難しいです。



e0021129_23471215.jpg

花のアップはイメージをお伝えできると思うけれど、こういう森の中にいる時のことは伝えられません。
草の匂いとか、森の青っぽい空気とか、実際に行ってみないとわからないものです。
森林浴をしながら、可愛い野の花に出会う、本当に楽しい時間です。

もっと家の近くに里山があって、時間がたくさんあったら毎日でも散策したいです。
ささやかな老後の楽しみ!? です!



花の写真は、自分で写していても気に入りません。
最近はいつもデジカメのオート機能に頼っています。
それでいて、気に入らないもないのですが、ちょっとしっくりこないことがあります。

本当は昔のように絞りとシャッタースピードを決めて、ピントを合わせて写すのが気持ちいいです。
デジカメのメリットは、気軽に何枚でも写真を写せます。
その分、真剣さが足りないのかな。

フィルムカメラを使っていた時の方が、写真を写した、という気持ちを強く持てました。
その頃よりは確実に年をとっているし、重たいカメラを持つ元気もなくなってきています。
オートばかりではなく、もっと扱い方に慣れないといけないんですね。
分かっていても、つい安直な写真の写し方をしています。

カメラが泣いているかな?
今のカメラには、私の使いきれていない機能がたくさんあるはずです。
愛機、と呼べるほどに使いこなしたいものです。


5月4日 大和市・泉の森にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-05-21 00:01 | 自然・花 | Comments(2)
2014年 05月 16日

出会い

e0021129_3391373.jpg

今年は思いがけず、たくさんの金蘭に出会えました。
目に飛び込んでくる、黄色。
里山を歩いていて、本当に嬉しくも楽しいひと時です。

 


e0021129_339332.jpg




e0021129_339539.jpg

つぼみもありました。



e0021129_343468.jpg

楚々として、銀蘭
こちらも目に飛び込んできます。
銀蘭の方は金蘭のように、花が完全には開きません。
控えめで、凛としています。



e0021129_3482435.jpg




e0021129_3485695.jpg

笹葉銀蘭 綺麗な葉っぱの形です。

ある方のブログに金蘭のことが書いてありました。
『1997年に絶滅危惧II類(VU)に指定されていますが、〇〇の森には群生地がありたくさん見ることが出来ます。キンラン・ギンランは栄養分のほとんどを菌根菌に依存するために、雑木林の中でしか生育することができません。家に持って帰っても決して根付くことがありませんのでくれぐれもご注意を。』

この花の時期ではありませんでしたが、里山で何かの植物を掘り起こして採っていた方がいました。
私たちに気づいたのか、リュックに入れると逃げるように去って行きました。

野の花は、鉢植えにしても根付かないと聞きます。
持って行かれて、枯れてしまったら悲しいですね。
それでも、山野草として売られているものもあるし、商売でもできるんでしょうか。

私は、時間があるときに歩き回って、野の花に出会うことを楽しみにしています。
また来年も、きっと会いにいくよ、と思いながら・・・・


5月上旬 県内・里山(2箇所)にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-05-16 04:00 | 自然・花 | Comments(0)
2014年 05月 05日

俣野別邸公園

e0021129_7211637.jpg

久しぶりに出かけた 俣野別邸公園、まず出迎えてくれたのがこの花でした。
甘野老(アマドコロ) カラスノエンドウと一緒に無造作に咲いています。
白い花が可愛らしいですねぇ。


e0021129_723287.jpg

こちらのカラスネンドウ はどれもとても立派でした。
土壌が豊かなんでしょう。こんなに背の高いカラスノエンドウは、久しぶりに見ました。



e0021129_7263164.jpg

宝鐸草 (ほうちゃくそう) も所々で咲いていました。



e0021129_7284743.jpg

エビネも咲いていました。一つ一つが小さい蘭の花です。



e0021129_732597.jpg

ここの蒲公英ももちろん立派な関東蒲公英。



e0021129_736725.jpg

白花蒲公英もあります。



e0021129_737580.jpg

びっしりと咲いている 金瘡小草 (きらんそう)
別名 地獄の釜の蓋、 すごい名前ですねぇ。
墓地などにもよく生えていて、お彼岸のころにこの茎や葉がべったりと地を覆うさまを、
表したと言いますが、昔の名前の付け方は面白いです。


e0021129_7411357.jpg

アップにすれば、可愛いシソ科特有の形です。


e0021129_7535842.jpg

キランソウのそばでは どんぐりが芽を出してました。
強いねぇ、こんなところでも発芽して、でも育つかなぁ?


e0021129_7425095.jpg

こちらは 旧住友財閥の別邸を公園にしてあります。
去年の春に開園したばかりで、まだ一部分は非公開で工事中です。
先に公開されたのは、外苑の4haです。
広々としていて、まだ人も少なくのんびりと散策できます。
もう少し頻繁に出かけて見たい、と思えた公園でした。

4月23日 俣野別邸公園にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-05-05 07:56 | 公園・植物園 | Comments(2)
2014年 05月 01日

野の花散策

e0021129_1756428.jpg

菫3種、すみれの種類はわかりません。


e0021129_1757722.jpg

これはよく見かける タチツボスミレ、ですか。


e0021129_17573329.jpg




e0021129_188518.jpg

山瑠璃草 ムラサキ科 勿忘草に似ています。


e0021129_18104527.jpg

全体的にはこんな感じで咲いています。
地上の星、みたいに感じるのは私だけでしょうか。



e0021129_1812381.jpg

草莓の白い花もたくさん咲いていました。



e0021129_18131211.jpg

千本槍 蒲公英と同じく、キク科です。


e0021129_18172634.jpg

浦島草、釣り糸を振り上げているみたい。 サトイモ科の花は変わった形のが多いですね。


e0021129_18191582.jpg

野の花ではないけれど、可愛い色のミツバツツジです。


e0021129_1820436.jpg

ミツバツツジとしては、ずいぶん大きな木でした。
ピンク色の花数に圧倒されます。


e0021129_18214349.jpg

八菅神社付近の散策路で見かけた花々でした。



e0021129_18224373.jpg

写真ではわかりにくいと思いますが、大きな欅の木。
このあたりには立派な木がたくさんあって、歩いているだけで緑に浄化されるような気分になります。

散策していても、たまに人とすれ違うくらいです。
GWみたいに観光地が混むときには、こんなところもいいと思います。
ちなみに、私には連休も関係なく、仕事の予定です・・・・・


4月12日 八菅神社近くの散策路にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-05-01 18:27 | 自然・花 | Comments(0)
2014年 04月 09日

庭園の散策

e0021129_2261988.jpg

鎌倉山にある檑亭(らいてい)に行ってきました。
こちらは食べることより、お庭を散策するのが目的。
季節ごとの花が出迎えてくれますので、いつ行っても楽しめます。
入場するのに500円かかりますが、お蕎麦や甘味を食べるとその分を値引きしてくれます。



e0021129_2301917.jpg




e0021129_2303734.jpg




e0021129_2311939.jpg

これは種類はわからないけれど、山桜?かな。
今回は桜を見たくて出かけました。
お天気は曇りがちでしたが、十分に楽しめました。



e0021129_2332048.jpg

ここのはもちろん関東蒲公英、元気です。



e0021129_234599.jpg

スミレもたくさん咲いていました。



e0021129_2343640.jpg

姫烏頭(ヒメウズ)、キンポウゲ科
足元の小さい花で、気をつけていないと見過ごしそう。ピントも合わないことが多いです。
小さいながらもオダマキに似ている形で、とても可愛いです。



e0021129_2382629.jpg

金瘡小草 (きらんそう)、小さいけれど綺麗な紫色でとても目立ちます。

 

e0021129_2405726.jpg

岩煙草の葉っぱが出てきています。
あと2ヶ月もしたら星型の可愛らしい花が咲きます。
鎌倉らしい花ですが、こういった崖でよく見かけます。


ちょっと霞んでいるような曇り空だったので、富士山は望めませんでしたがオゾンを感じられるお庭で
緑の空気を吸ってきました。

今は庭園入場料が1000円もかかるところがあるし、ここは良心的だと思います。
たまに出かけたくなるお庭です。

そろそろ鎌倉の桜も終わりになってきました。
遠出はできなかったけれど、ほんと、癒されました。

また、アップしていきます。もっと早く写真の整理ができればいいんですが。。。


4月2日 鎌倉山檑亭にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-04-09 02:50 | 自然・花 | Comments(4)