タグ:長岡 ( 22 ) タグの人気記事


2015年 11月 09日

農村レストラン

e0021129_033328.jpg

空が二層に分かれている、秋の一日。    なんだか遠い昔に迷い込んだような気分になりそうです。


e0021129_0361818.jpg

紅葉がもう少しきれいに見えると思ったけれど、まだでした。
長岡市の栃尾地区、地場の野菜でも買えないかと行ってみたところです。

「限界集落」、という言葉が頭に浮かんできました。
人口の50%以上が65歳以上で、集落の存続が難しいところです。実際にどうかは分かりませんが。

栃尾地区は長岡市の中心よりは20㎞以上も山の方に入ったところで、雪深いところです。
電車はないし、冬になったら、毎日除雪車が出てくれるのかなぁ、なんて心配しました。


こんなところにレストランすがばたけがありました。


e0021129_0473715.jpg

田んぼの中にぽつんと立っています。 私は午前中も早めに行ったので、まだ空いていましたが、昼食時には混むようです。
買い物だけのつもりで寄ってみましたが、一緒に行った父が天ぷらそばを食べたいと。
父の体調も良く、出かけたところで、開店を待って昼食を取ることができました。


e0021129_051750.jpg

4種類の天麩羅をお美味しくいただきました。ちょっと素人っぽい感じでしたが、小サラダとさつま芋の煮ものもついており、ボリュームもあります。
手打ちのお蕎麦で、香も高くて美味。

ほかにも地鶏が有名らしいし、また行ってみたいところです。

オープン5年目とのことでした。車がないと行くのが難しいようなところですが、続いてほしいです。


何より、体調が悪くなってから食欲の落ちていた父が、好物の天麩羅を4個も完食したのが嬉しかったです。





10月29日 栃尾にて
[PR]

by sonatine-album | 2015-11-09 01:03 | 日々雑感 | Comments(0)
2015年 10月 26日

火焔型土器

e0021129_15334011.jpg

もちろん本物ではありません。 長岡市内にある道の駅で見かけたオブジェです。

このような型の土器は新潟県の信濃川流域辺りで、多く発掘されています。

縄文時代の土器ですが、実用的に使っていたというよりは祭祀に用いられていたようです。

長岡市内にある縄文遺跡より発掘された火焔型土器が、大英博物館に常設展示されることになりました。

5000年くらいも前にどうやってこのような土器を作られたのでしょう。 以前、特別展示として博物館に展示されましたが、

今度は常設展示です。高い芸術性が認められたとのことです。

新潟日報紙によると、この火焔土器をオリンピックの際に聖火台として使えないかとの話もあるそうです。

昭和39年の時にもその話があったそうですが、実現されませんでした。

今度はどうなるでしょうか。実際に選ばれるかどうかは別として、この時期に脚光を浴びているのは楽しいことです。


10月1日 栃尾道の駅にて
[PR]

by sonatine-album | 2015-10-26 15:48 | 日々雑感 | Comments(0)
2015年 08月 12日

サービスエリアから

e0021129_12563238.jpg

先週は、また実家へ帰ってきました。
今回は、久しぶりに車で。赤城のサービスエリアからです。
山、山、山を見渡せる景色もいいなぁ、って思います。山を見渡せるエリアがあります。





e0021129_1304835.jpg




e0021129_1311516.jpg

下2枚は越後川口のサービスエリアからです。
こちらも、川のほうを見渡せました。

越後川口は信濃川と魚野川が合流して、、一本になるところです。
この画像は地図で確認すると、信濃川のほうです。

時間が合ったら、SAを下りて、散策したいと思えるくらいのところです。

信濃川は日本で一番長い川で、日本海にそそいでいますが、魚野側は群馬県と新潟県の県境あたりに源を発し、川口で信濃川に合流です。
きれいな川で、子供のころは遊んだ覚えがあります。グリーンがかったきれいな川です。

そんな魚野川ですが、先週、東京から野外教室で来ていた小学生が、川遊び中に亡くなりました。
親御さんのことを考えると、本当に悲しくなります。
大きな岩が動いて、下敷きになったというそうですが、ご冥福をお祈りいたします。


ところで、夏の高校野球ですが、今年は新潟代表は1回戦で姿を消しました。
私の地元の中越高校が出場していましたが、シーソーゲームの末に3-4で負けました。
せっかくいいところまで行っていたのに、残念です。
相手は兵庫県の代表です。強い県ですから、仕方なかったかなという思いもありますが、
5分の勝負していたので、もったいなかったかなという感じです。

神奈川県代表の東海大相模は、今日、1回戦を突破しました。
横浜高校を下して代表になった、東海大相模ですから、これから先も応援しています。


8月4日、赤城SA、越後川口SAにて
[PR]

by sonatine-album | 2015-08-12 13:56 | 日々雑感 | Comments(0)
2015年 07月 13日

今年のお米は?

e0021129_08111.jpg

最近、両親の体調が良くなくて、頻繁に帰省しています。
これは新幹線の車窓から。浦佐という駅を過ぎたあたりです。
山があって、田んぼが緑で、こういう風景が目に入ってくると、実家が近いなと思います。
上越新幹線は埼玉県、群馬県を超えて新潟に入りますが、やっぱり景色がまったく違います。
田んぼの緑は、それだけで癒しになります。



e0021129_0123158.jpg

家から近いところの田んぼ。順調に育っているのかな。



e0021129_01365.jpg

近くに咲いていた花、岡虎の尾(サクラソウ科) 虎のしっぽにしては可愛いね^^



e0021129_014583.jpg

シソ科の花だと思いますが、名前はわかりません。

すべて6月末に帰省した時の写真です。

長岡あたりも空梅雨かな、と思えるような今年です。
水不足にはならないかな?、温暖化の影響で味が落ちないかな、なんて心配します。
実家が農家というわけじゃないけれど、やっぱりお米のことは気になります。


6月末 新潟にて
[PR]

by sonatine-album | 2015-07-13 00:24 | 日々雑感 | Comments(0)
2014年 10月 01日

溝蕎麦

e0021129_14593410.jpg

溝蕎麦(ミゾソバ) 蓼科
桜蓼と同じく蓼科。蓼科の花はよく見ると可愛いですね。

いつの間にか10月になりました。9月はほとんどアップしないうちに過ぎてしまいました。
少し、帰省してきましたが近所の花です。



e0021129_1561180.jpg

すっかり稲刈りが終わっていました。(近所)



e0021129_1582949.jpg

帰省するときに乗った新幹線。たまたま指定席が先頭車両でした。
こんな「朱鷺」が描かれているんですね、知りませんでした。
でも全てがそういうわけじゃないようで、帰りの新幹線には描かれていませんでした。

先頭車両は15号車。確かめないでホームに上がったら、端から端まで歩く羽目に!
結構長かったです。


9月末 東京駅、長岡市にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-10-01 15:13 | 自然・花 | Comments(2)
2014年 08月 16日

8月15日と長岡花火

e0021129_21391799.jpg

8月15日に写したの百合
昨日はおそらく69年前と同じように、とても暑い一日でした。



先日、長岡の花火をアップしましたが、それは長岡空襲の慰霊を込めて始まりました。
長岡まつりは8月1日、2日、3日と三日間にわったって開催されます。
そのイベントの一つとして、2日・3日に花火大会があります。

昭和20年8月1日の夜、長岡空襲がありました。
長岡は山本五十六の出身地でもあり、そのことも関係していたかもしれません。
母は当時、長岡から北へ30km程のところ住んでいましたが、長岡空襲の炎はよく見えたそうです。
その空襲によって1500人近くもの方が亡くなっています。

それは非常に悲しい出来事でしたが、長岡市は2年前にホノルル市と姉妹都市になりました。
12月8日の真珠湾攻撃、8月1日の空襲という歴史を乗り越えて友好関係を結んだということです。

そして来年は終戦後70年、その終戦記念日の8月15日に真珠湾でこの花火、「白菊」を
打ち上げることが決まったそうです。


私が花火を見た8月2日に、ホノルル市長が花火会場にいらしており、長岡のために花火を上げてくれました。
白菊という単発の花火があり、慰霊を表しています。(You Tube より)
長岡市でももちろん上げていますが、今年はホノルル市からも上げてくれたのです。
長岡市が2発、ホノルル市が2発、そして合同で1発、計5発の「白菊」が上がりました。


考えてみれば、空襲を受けた方も被害を受けたとはいえ、米国でも真珠湾攻撃を受けたわけで、一人ひとりとしてみたら
家族を失った気持ちは変わらないでしょう。

集団的自衛権の行使が閣議決定されていますが、これからどうなっていくのでしょうか。
私の世代というより、次の世代以降が心配です。
[PR]

by sonatine-album | 2014-08-16 03:52 | 日々雑感 | Comments(0)
2014年 08月 06日

長岡花火2014

e0021129_2137664.jpg

8月2日、今年も長岡の花火見物に行ってきました。
一度近くで見ると、病みつきになります。
これは6時40分くらいの長生橋(ちょうせいばし)方面です。
この橋は信濃川にかかっており、長岡市の東側と西側をつないでいる一番古い橋です。
現在の橋は昭和12年に竣工した3代目の橋で、約850メートルもあります。



e0021129_21433796.jpg

川下側は夕焼けです。
ちょっと雲行きが心配でしたが、全く雨も降らず、川風が気持ちよく感じられるくらいでした。

花火の写真は、全くお粗末なものばかりで、アップするのも憚られます。
自分の覚えとして、載せました。


e0021129_21535956.jpg




e0021129_21541910.jpg




e0021129_21544934.jpg




e0021129_21552164.jpg




e0021129_21554866.jpg

これは長生橋から川面に落ちる「ナイヤガラ」、という花火と、「正三尺玉」です。下手ですみません。
三尺玉は約600メートルの上空で開き、幅も600メートルほどになるそうです。

長岡の花火は8月1日~3日の長岡まつりの夜のイベントとして開催されます。
2日に10.000発、3日にも10.000発の花火が上がります。
見ていると正面の打ち上げ場所からの花火の他に、合間にはその右手、左手からも打ち上げられるので、
休む間もなく花火を見ることができます。

信濃川という広いところで打ち上げているからできることですね。

写真を写すのに気持ちが向くと、実際にはよく花火を見れなくなります。
そのために、ファインダーを覗くことなく、時々液晶を見るだけで写しました。
観客席の決められた場所では、三脚も立てられないし、手持カメラのため酷いものばかりです。

実際はもっともっと素晴らしく、言葉では言い表せないくらいです。

その中でも感動したのは「フェニックス」という名前の花火です。
以前も書きましたが、平原綾香さんが歌う「ジュピター」の間中、花火が上がります。
なんと10箇所から打ち上げられ、その幅は2.2kmにもなるそうです。
5分間、花火が続き、全部で2.000発にもなります。
この花火を見れただけでも、花火大会に行けて良かったと思えます。

慰霊と復興、それを願っています。
昭和20年8月1日の長岡大空襲で亡くなられた方の慰霊、そして中越地震からの復興です。
今年の10月で地震から10年になります。早いですね。
電話も通じず、新幹線も脱線して心配したのがついこの間のような気がします。

おかげさまで実家の被害はほとんどありませんでした。
それでも食器棚などは倒れ、食器の多くは割れてしまいました。
そして余震がひどく、両親は車の中での夜を過ごしていました。

喉元すぎれば、とならないよう私も準備しなくてはと思います。


夏の夜の独り言でした。


8月2日 信濃川河原にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-08-06 22:05 | 行事 | Comments(4)
2014年 04月 23日

帰省

e0021129_22144578.jpg

2週間ほど前に、少しだけ実家へ帰ってきました。
今年はまだ桜も咲いておらず、あまり花には出会えませんでした。
そろそろ田んぼの準備でしょうか。
遠くの山に雪があるうちは、まだまだ空気が冷たいです。



e0021129_22163241.jpg

元気なのは土筆。 土の栄養がたくさんあるところなのか、立派です。



e0021129_22171672.jpg

↑の近くにあるレール、栃尾鉄道の名残です。地元の人は「とってつ」と読んでいました。
私が子供の頃は、長岡駅を中心として、栃尾市から見附市を通り、悠久山まで電車が通っていました。
ご覧のとおり狭軌、しかも単線です。2~3両の可愛い電車でした。
利用客が少なくなったのか、バス輸送に切り替わっていきました。

私も高校生の頃はこの電車を使っていました。
ずうっと以前のことなのに、レールを見るとその頃のことが思い出されます。



e0021129_22223314.jpg

実家の庭もまだ寂しくて、ヒトリシズカが咲きだしたくらい。

実家のヘルパーに行き、癒されて帰るのは自分です。
いくつになっても親は親ですねぇ。
長生きして欲しいです。


4月11日 長岡市にて
[PR]

by sonatine-album | 2014-04-23 22:29 | 日々雑感 | Comments(4)
2013年 11月 17日

思いがけず、晴天!

e0021129_15123425.jpg

先日、実家へ帰ってきました。
帰省した日(13日)は冬型の天候、神奈川はどこまでも晴れ渡った青空で寒い日でした。
新潟は荒れ模様です。
新幹線で大清水トンネルを過ぎたら、あたりは吹雪いていました。
まさに「国境の長いトンネルを抜けると雪国だった。」 の世界です。
11月中旬でここまで降っていることは、湯沢でも珍しいです。
(13日、新幹線の窓からの写真です)

この対比を現実に見ると、私は「表日本」と「裏日本」を思い出します。
今ではそういう言い方は聞きませんが、子どもの頃の教科書にはそうあったと思います。
何時ごろから使われなくなったのか分かりません。

太陽がさんさんと降り注ぐ太平洋岸に比べて、冬の日本海側は鉛色で海も荒れています。
山間部の多いところでは2階の屋根まで雪が積もります。
この対比からか、表と裏、と呼ばれていたのかもしれません。
でも、「表」は明るい、発展しているというイメージがあり、「裏」は暗い、遅れているというような
先入観があったりして、私はこの言い方があまり好きではありませんでした。
今の学校では、こういう分け方をしてないんでしょうかね。

長岡は雨が降ったり止んだりしていましたが、もちろん雪はまだ積もっていません。



e0021129_15105175.jpg

14日、日本海側にも晴天を、と神様が青空を運んでくれたのかもしれません。
来年を待つ田んぼ。山には薄っすらと雪が積もっています。


e0021129_15284675.jpg

赤まんま(犬蓼)もここまでまとまっていると立派です。


e0021129_15292641.jpg

ちっちゃな可愛い花も咲いていますよ^^



e0021129_1533119.jpg

蓼の中にポツンと咲いています。下向きに小さい棘があるけれど、牛の額かなぁ・・・?



e0021129_1534468.jpg

懐かしい感じのする柿のなっている家



e0021129_15343739.jpg

実家にある紅葉。紅葉が綺麗な時期です。

3日間しかいませんでしたが、晴天は14日だけでした。
雪国では、このように晴れた日は「ありがたいねぇ」、と誰に言うでもなく感謝します。
今年の冬は大雪になりませんように、と祈っています。


11月13日湯沢 14日長岡にて
[PR]

by sonatine-album | 2013-11-17 15:40 | 日々雑感 | Comments(2)
2013年 04月 21日

今年最後

e0021129_15472962.jpg

北のほうへ行く予定もないので、私にとって今年最後の桜です。


e0021129_15571667.jpg

長岡駅近くの福島江(ふくしまえ)の桜です。
ほぼ満開でした。今年はこれが最後だと思い、また北国の方の桜だと思うと何となく感傷的になります。
桜を見ていて、嬉しい気持と何となく淋しい気持になります。毎年の事です。

先週、少しだけ実家へ帰ってきました。
2ヶ月にいっぺんくらいは帰省したいと思っていますが、難しいです。
あと何年、こうやって実家へ帰れるんだろうかと思ってしまいます。
親が手の届かない所の掃除などをすると喜ばれます、が助けられているのは子供の私の方だと
いつも思っています。
帰るときはいつも長岡駅まで送ってくれる父母、その顔を見ていて何だか悲しくなります。
また、帰るから元気でいてね、父さん、母さん。



e0021129_1601252.jpg

今年も咲いた、実家の一人静(ヒトリシズカ)
静御前が一人で待っている姿に見立てたとのこと。変わった形の花です。
今年の鎌倉祭りですが今日、21日までですね。
静の舞は先週、4月14日に行われています。
久しく鎌倉祭りを見ていませんが、またそのうちに行ってみたいものです。
[PR]

by sonatine-album | 2013-04-21 16:11 | 日々雑感 | Comments(0)