ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ

タグ:長岡 ( 24 ) タグの人気記事


2013年 11月 17日

思いがけず、晴天!

e0021129_15123425.jpg

先日、実家へ帰ってきました。
帰省した日(13日)は冬型の天候、神奈川はどこまでも晴れ渡った青空で寒い日でした。
新潟は荒れ模様です。
新幹線で大清水トンネルを過ぎたら、あたりは吹雪いていました。
まさに「国境の長いトンネルを抜けると雪国だった。」 の世界です。
11月中旬でここまで降っていることは、湯沢でも珍しいです。
(13日、新幹線の窓からの写真です)

この対比を現実に見ると、私は「表日本」と「裏日本」を思い出します。
今ではそういう言い方は聞きませんが、子どもの頃の教科書にはそうあったと思います。
何時ごろから使われなくなったのか分かりません。

太陽がさんさんと降り注ぐ太平洋岸に比べて、冬の日本海側は鉛色で海も荒れています。
山間部の多いところでは2階の屋根まで雪が積もります。
この対比からか、表と裏、と呼ばれていたのかもしれません。
でも、「表」は明るい、発展しているというイメージがあり、「裏」は暗い、遅れているというような
先入観があったりして、私はこの言い方があまり好きではありませんでした。
今の学校では、こういう分け方をしてないんでしょうかね。

長岡は雨が降ったり止んだりしていましたが、もちろん雪はまだ積もっていません。



e0021129_15105175.jpg

14日、日本海側にも晴天を、と神様が青空を運んでくれたのかもしれません。
来年を待つ田んぼ。山には薄っすらと雪が積もっています。


e0021129_15284675.jpg

赤まんま(犬蓼)もここまでまとまっていると立派です。


e0021129_15292641.jpg

ちっちゃな可愛い花も咲いていますよ^^



e0021129_1533119.jpg

蓼の中にポツンと咲いています。下向きに小さい棘があるけれど、牛の額かなぁ・・・?



e0021129_1534468.jpg

懐かしい感じのする柿のなっている家



e0021129_15343739.jpg

実家にある紅葉。紅葉が綺麗な時期です。

3日間しかいませんでしたが、晴天は14日だけでした。
雪国では、このように晴れた日は「ありがたいねぇ」、と誰に言うでもなく感謝します。
今年の冬は大雪になりませんように、と祈っています。


11月13日湯沢 14日長岡にて
[PR]

by sonatine-album | 2013-11-17 15:40 | 日々雑感 | Comments(2)
2013年 04月 21日

今年最後

e0021129_15472962.jpg

北のほうへ行く予定もないので、私にとって今年最後の桜です。


e0021129_15571667.jpg

長岡駅近くの福島江(ふくしまえ)の桜です。
ほぼ満開でした。今年はこれが最後だと思い、また北国の方の桜だと思うと何となく感傷的になります。
桜を見ていて、嬉しい気持と何となく淋しい気持になります。毎年の事です。

先週、少しだけ実家へ帰ってきました。
2ヶ月にいっぺんくらいは帰省したいと思っていますが、難しいです。
あと何年、こうやって実家へ帰れるんだろうかと思ってしまいます。
親が手の届かない所の掃除などをすると喜ばれます、が助けられているのは子供の私の方だと
いつも思っています。
帰るときはいつも長岡駅まで送ってくれる父母、その顔を見ていて何だか悲しくなります。
また、帰るから元気でいてね、父さん、母さん。



e0021129_1601252.jpg

今年も咲いた、実家の一人静(ヒトリシズカ)
静御前が一人で待っている姿に見立てたとのこと。変わった形の花です。
今年の鎌倉祭りですが今日、21日までですね。
静の舞は先週、4月14日に行われています。
久しく鎌倉祭りを見ていませんが、またそのうちに行ってみたいものです。
[PR]

by sonatine-album | 2013-04-21 16:11 | 日々雑感 | Comments(0)
2012年 08月 07日

長岡花火大会にて

e0021129_12142158.jpg

暫く帰省してきました。
今回の目的は長岡祭りの花火見学です。
信濃川の土手に見に行ったことは何回かありますが、今回は打ち上げ場所の正面で見ることが出来ました。
午後6時くらいに長岡大橋を渡って、見に行きました。
この写真は信濃川右岸、もうかなりの人で埋まっています。



e0021129_12181245.jpg

大橋を渡ったところからは、長生橋の優美な姿が見えます。
852mの長生橋からは仕掛け花火が川面に落ちます。
「ナイアガラ」という名前で、私が子どもの頃は三尺玉と並んでメインの花火でした。


e0021129_12231087.jpg

屋形船も準備されています。



e0021129_12234261.jpg

席に着いて暫くすると、西の空が綺麗に染まってきました。
人も増えてきて、気持も高ぶってきます。


e0021129_12244788.jpg

丁度、満月の日でした。



長岡祭りの花火は毎年、8月2日と3日に催されます。
昭和20年8月1日に長岡空襲があり、その鎮魂のために花火大会が始まりました。
綺麗な花火を見ながらも、戦時中の事が頭をよぎります。
山本五十六の出生地でもあるし、もしかしたら原爆が落とされていたかもしれないのです。
(候補地になっていたと聞きました)
そんなことも考えながら花火を見ていました。


私は初めて花火の写真を写してみました。
本当に下手な写真ばかりで恥ずかしいのですが、ご紹介いたします。
e0021129_12312352.jpg



e0021129_12313652.jpg

正三尺玉、直径が約90cm、600mもの上空で開きます。
下は長生橋で仕掛け花火が落ちているのですが、上手く写せません。
何より、実際に見た迫力は全く伝えることが出来ません。


e0021129_12314947.jpg



e0021129_1232292.jpg



e0021129_12321397.jpg

長岡祭りでは10号玉が100発連続、とか超大型スターマインなどなど、1日に10000発が上がります。
それが2日間です。
やっぱり凄い花火大会だと実感しました。

中越地震からの復興を願った「フェニックス」という花火も圧巻でした。
平原綾香の「ジュピター」が流れ、その間中花火が上がります。
7~8箇所くらいの打ち上げ場所くらいから一斉に花火が上がり、花開くと背筋がぞくっとして
涙が溢れてくるくらいです。
復興祈願の花火ですから、東北の地震のあと、石巻の花火大会に寄贈されています。
2011年、2012年と長岡から贈られ、きっと被災地の方たちを励ましていると思います。

正面で花火を見ることが出来て、感動し、幸せでした。
やっぱり、日本一の花火、と言うだけあると思いました。
約2時間、10000発、ひっきりなしに上がります。
あっという間に時間が過ぎてしまいました。
コンサートならアンコールして、聴かせてもらえるのに、花火は予定通りに終了。
わかってはいますが、淋しい終わりです。

ツアーも沢山ありますし、機会があったら是非ご覧ください。
長岡市の発表では2日が43万人、3日が46万人の人出だったそうです。
でも、信濃川の右岸と左岸で見られるし(珍しいらしいです)、少しくらい離れたところからも
よく見えます。
混んではいましたが、ビルや人の陰になって見えにくいということはありません。
一見に値します。


8月2日、長岡花火会場にて
[PR]

by sonatine-album | 2012-08-07 12:50 | その他 | Comments(2)
2010年 07月 15日

今月は最初の週末に実家へ帰ってきました。
親の体調が心配だったので帰省しましたが、何とか大丈夫でした。
自分が年を重ねるということは、親も同じだけ年を重ねるのでこれからが心配です。
今までは年に2~3回しか帰らなかったけれど、もっと帰ろうと思います。

近所の田んぼ
e0021129_7194991.jpg

梅雨真っ盛りの時期でしたが、帰っている間もあまり雨は降りませんでした。
夜中にちょっと降ったくらいです。

e0021129_7204432.jpg

梅雨時の田んぼだというのに、水がありません。
こんなだったかなぁと昔を思い出しても分かりませんでした。 

関東の今日も暑くなりそうです。最高気温が32度の予報。
天気予報も晴れが続いているし、このまま梅雨明けかもしれません。
火曜日の夜みたいに、集中豪雨のような雨が降ったと思うと晴れたり。
今年の梅雨は陽性かも知れません。
水がめの地域にはそれなりに降っているそうで、水不足は大丈夫みたいです。

そろそろ梅雨の鬱陶しさから解放されたいですね^^
[PR]

by sonatine-album | 2010-07-15 07:25 | 日々雑感 | Comments(2)