人気ブログランキング |

ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 11日

こども

e0021129_2292655.jpg


夏の写真ですが、こういうショットに心惹かれます。


「こども」って、皆に祝福されて生まれてくるし、慈しんで育てられています。
どの子もかけがえのない命であり、これからの人生が待っています。

自分も親に手をかけて育てられたはずですし、また自分の子も同じように育てています。

それが昨今ではあまりに簡単に事件に巻き込まれ、人事ながら胸が痛みます。




ゲームの中で人を殺してもまた生き返る、物によっては残虐なシーンもある。
仮想の世界でそういうことを繰り返していると、実際の世界と境界線がなくなるのだろうか。

虫取りをして逃がさないでいると、虫かごの中で死んでしまう。
小刀で鉛筆を削っているときに、手を切って痛い思いをする。

死んだら生き返らない、ということがぼやけているんだろうか。

私が子どものころの方が地域の目もあったように思う。
○○さんちの子どもだ、ってわかっていたものだが今はどうだろう。
鍵一つで近所とも遮断される家に住んでたら、近所にどの子どもがいるかもわからないだろう。

防犯ベルを持たせる、携帯でどこにいるかわかる、その程度では子どもを守れないだろう。
一抱えにされて車にでも入れられたら、どこへ連れて行かれるかわからない。

嫌なことだけれど、学校まで送り迎えしなければ安全は守れないのだろうか。
近所から子どもの姿が消えてしまいそうだ。

学校から帰っても外で遊び、暗くなってから家に帰るなんてことは出来ない時代だろうか。

こう事件が続くと何も信じることが出来ない。
いくら親だって四六時中子どもと一緒にいるわけに行かないし、共稼ぎの家だってある。
学童保育のない所だってあるだろうし、だからといっておじいちゃんおばあちゃんに頼れない家のほうが多いだろう。

地域で何とかできることはないだろうか。
私ももっと年をとって仕事を辞めたら、子どもの力になれないだろうか。


結論は出ないけれど、こんなことを考えておりました。

by sonatine-album | 2005-12-11 02:58 | ニュースより | Comments(4)
Commented by kiriko at 2005-12-11 13:17 x
まったくその通りです。もこちゃん同様心が痛みます。
実は、今市の事件は、我が栃木県です。
大きな波紋が広がっています。先頃、広島かと思い気や
今市、今日の新聞では京都・・・
本当に怖い世の中です。それじゃなくても 子供の姿は
朝の登校時に集団でみかけるだけ!どこに行ってしまったと
思ったら、痛々しい事件に巻き込まれている。
自分も今は職に就いていますが、子育て時期は家で子供達の
帰りを待っていたお母さんでした。回りの人達にも子供同様
いろいろ助けてもらっていました。そんな平和な時代だったことを
今更ながら感謝しています。今はどうでしょ~
悲しくなります。なんて時代になってしまったのでしょうか?
人の痛みをわからない、ましてや殺人などという事実がこんなにも
近い場所で起きているなんて・・・絶句です。
Commented by moko at 2005-12-11 16:47 x
☆kiriちゃん>人事じゃないですよね。
「私たちの子どもが小さいときは一人で学校から帰れてよかった」、
と思うだけではなく、時間の余裕がある人が守れたらいいですね。

日本では今のところ戦争はありません。
でも、こういうことって戦争にも匹敵するような気がします。
人間が壊れていく~みたいです。

「ウチの子に限って・・・」と誰でも思います。
それでも「ウチの子」が加害者になったり被害者になったりする可能性がゼロではないはず。
「親の背中を見て子は育つ」、親も責任を問われますし難しい問題です。

栃木の事件も早く解決しないと、おちおち学校へも通わせられません。
早く解明しますように。
Commented by とも at 2005-12-11 23:38 x
ここしばらく、子供が狙われる事件が増えてますね。

mokoさんの言うように、ゲームなどで死や物が壊れるのが平気な世界観を持った子供が大人になって、このような事件を起こすのでしょうか?
それだとしたら、仮想の世界を作った大人達の責任もあるのだと思います。
「あいつが悪い」と言う前に、そこに導いてしまった大人も反省しないといけないのではないでしょうかね?

まずは、僕らが出来る事、
知らない子供でも、危険な状況(事件性がなくても)を目にしたら、
見てみぬ振りではなく、注意してあげる事ですかね。
Commented by moko at 2005-12-13 00:34 x
☆ともさん>「その食事が切れやすい子を作る」なんて本もあります。
そう思うと大人の責任も多々あるでしょうね。
動物の群れのように、地域で子どもを育てる事が必要になってくるでしょう。
京都の事件も計画的だったようだし、時代が狂っている気がします。


<< お酒の思いでバトンその2      お酒の思い出バトン >>