ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 20日

ビュールレ コレクション展

e0021129_15494358.jpg
新国立美術館でビュールレ コレクション展が開かれています。
行ってみたいなぁ、混んでいるかなぁ・・・などと考えながら思い切って出かけてきました。
右側の「イレーヌ カーン ダンヴェール嬢 可愛いイレーヌ」の肖像画に興味がありました。

普通に可愛いお嬢様、と見ていましたが、壮絶なドラマがあることを知りました。
NHKの日曜美術館で解説されていたのです。

1880年に完成された絵ですが、イレーヌ嬢のお父様がユダヤ系の銀行家で、そのために数奇な運命をたどっています。
イレーヌはユダヤ人虐殺により、娘・孫・妹を失っています。

イレーヌ自身は2度目の結婚の際にカトリックに改宗し、名前もイタリア風に変えていたため、生きていられたとのことです。
第二次大戦の時にナチスが美術品を数多く略奪していましたが、この絵も入っていました。
大戦が終わってから、イレーヌが所有権を主張して1946年に手元に戻ってきたそうです。
時にイレーヌは74歳でした。60数年前の地震の肖像画を見て、何を思ったことでしょう。
亡くなった子供たちのことに思いを馳せていたでしょうか。

その後、この絵はビュールレコレクションに加わっています。

この絵が描かれたころは、無邪気で幸せな少女だったと思います。
その後の運命などは、知る由もなかったはずですが、愁いを含んでいるような眼差しを見ていると、何かを感じます。
抜けるように白い肌で、ふくよかな巻き毛、いい時期だったと思います。
イレーヌの生涯を思いながらこの絵を見ていると、涙が出そうな気分になってきます。


左側のセザンヌ 「赤いチョキの少年」は教科書に載っていたのをよく覚えています。
スイスまで絵を見に行くことは出きませんが、東京の展覧会には行くことができます。
久しぶりに印象派の絵に出会えて、豊かな気持ちになれました。



e0021129_16193259.jpg
撮影が許可されていたモネの「睡蓮の池 緑の反映」  ちょっと右側からで写真が斜めです。
初めてスイス国外に貸し出された、モネ晩年の睡蓮です。
何だか見慣れているモネの睡蓮とはちょっと違うように思いました。

ゴッホ、ドガ、シスレー・・・・・と沢山の絵に出会うことができました。
5月7日まで開催されていますが、連休になると混むだろうと思って出かけた春の一日でした。



e0021129_16174168.jpg
曲線が特徴的な美術館です。


e0021129_16264206.jpg

美術館の周りで、久留米躑躅が満開です。 
桜はあっという間に終わって、いろんなところで躑躅が鮮やかに咲いています。


e0021129_16275204.jpg
美術館へ行く途中の道で、八重桜。 こちらは満開でした。


4月11日 新国立美術館にて








[PR]

# by sonatine-album | 2018-04-20 16:32 | 美術展 | Comments(4)
2018年 04月 18日

満開の桜

e0021129_23064301.jpg
今頃桜の写真をアップして・・・・今日は寒くて桜の頃みたいだったから許していただきましょう。
3月31日の泉の森ですが、今年は早くて満開でした。


e0021129_23131961.jpg


e0021129_23133941.jpg
今年は心の準備ができないうちに、どんどんと桜が進んだ感じでした。
あっという間に満開になって、終わってしまった感じがします。
また来年を楽しみにしていましょう。。。。鬼に笑われますが!!

今年は予定できませんでしたが、他の地方の桜を見に行けたらいいと思っています。
希望が叶うといいな♪



e0021129_23174164.jpg
ジロボウエンゴサク ケシ科
野草を良く知らない私は、エンゴサクとジロボウエンゴサクと、同じかと思っていました。
これはジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)と教えていただきました。
ケシ科の植物は有毒なものが多いようですが、これは地下の塊茎を乾燥させて漢方で使うそうです。




e0021129_23262109.jpg
錨草(いかりそう) メギ科 錨に似ているからとのこと。
繊細な錨ですね、、、どんな舟の錨になるんでしょうか。



e0021129_23301840.jpg
春蘭も咲きだしていました。 例年よりちょっと少なかった気がします。
この後、もっとたくさんの花が咲いていたのかもしれません。



e0021129_23312812.jpg
木五倍子(きぶし) 木五倍子科
色は違いますが、藤の房みたい。春の初めによく見かけます。
沢山の房が壮観です。



e0021129_23333666.jpg
モミジの花 とても小さい花です。



e0021129_23390476.jpg
3月31日の満月、3月は1か月のうちに2回の満月があったんですね。
1か月の間に2回の満月が見られることを「ブルームーン」というそうですが、この時間は赤っぽく見えました。
午後7時ちょっと前の頃です。
こんな写真しか写せなくて恥ずかしいですが、記念にアップしました。
ちなみに次回のブルームーンは2020年の10月だそうです。


3月31日 泉の森にて   月は自宅からです




[PR]

# by sonatine-album | 2018-04-18 23:48 | 公園・植物園 | Comments(0)
2018年 04月 13日

妙本寺の裏山

e0021129_11221758.jpg
妙本寺の裏山のほうを登っていくと、海が見えるところまで行けます。
多分霞んでいると思っていましたが、案の定でした。
海と空とが溶け込んでいます。
祇園山ハイキングコースの一部になると思います。


e0021129_11243358.jpg
このあたりの蒲公英はやっぱり関東蒲公英です。
ガクが上向きです。


e0021129_11261487.jpg
この浦島草(うらしまそう) サトイモ科 釣り糸が随分と立派です。
浦島草、別名蛇草とも言いますので、あまり好きじゃないのですが、ついカメラを向けています。


e0021129_11281885.jpg
紫華鬘(むらさきけまん) ケシ科 も満開でした。
土壌がいいのか、どの野草も元気です。



e0021129_11301181.jpg
姫烏頭(ひめうず) キンポウゲ科 5mmくらいの小さな花ですが、あちこちに咲いていました。
小さくて、ピントがなかなか合わない花です。



e0021129_11393633.jpg
菫はどこに咲いていても可憐ですね。 タチツボスミレ?、良く分かりません。



e0021129_11404412.jpg
こんな道はいいけれど、



e0021129_11411535.jpg
こういうところは、登るのが大変でした。 ずりっとこけそうです。



e0021129_11421627.jpg
山道を歩いて、カサコソと音がしてました。
誰もいないところで音がすると、ちょっと気持ち悪いのですが・・・・タイワンリスでした。
2匹見かけましたが、リスなら出会っても怖くありません。
すばしこくって、あまり写真を写せませんでしたが。


e0021129_11500947.jpg
山を下りるあたりで見かけた桜。山桜でしょうか、種類は分かりません。
ほんの少し、歩いただけで何となく、山へ行った気分になれました。
鎌倉は山も海もあって、そしてお寺さんや神社もあっていいところです。
あまりに有名で観光客が多い場所を外せば、鄙びた感じの鎌倉に出会うことができると思います。
この時も、一枚目の写真を写した辺りでお一人と出会っただけでした。


3月28日 妙本寺の奥で









[PR]

# by sonatine-album | 2018-04-13 12:01 | 自然・花 | Comments(0)
2018年 04月 09日

鎌倉の桜、妙本寺

e0021129_15025552.jpg

八幡様の後で、妙本寺まで行ってみました。
やっぱり満開の桜に迎えられました。山門をくぐったところの桜です。


e0021129_15042050.jpg

日蓮様の脇の桜も満開です。


e0021129_15050691.jpg

枝垂桜はまだ5分咲くらいでしょうか。


e0021129_15061942.jpg

可愛らしい枝垂桜です。 花びらがひらひらと華やかです。


e0021129_15073316.jpg

妙本寺といえば花海棠ですが、こちらはまだちらほらと咲いているところでした。


e0021129_15090447.jpg

妙本寺の射干(しゃが)も有名ですが、こちらも咲きだしたところです。
本堂の右手や、左手のお墓付近には一面の射干があります。  もうしばらくしたら壮観な眺めになるでしょう。


e0021129_15104779.jpg

訪れる人が増えたとはいえ、まだまだ静かな境内です。
これを写した辺りには「御衣黄」という緑がかった色の桜がありますが、まだ全く咲いていませんでした。


e0021129_15125007.jpg

しばらく境内をまわり、ついでに山の方も歩いてから妙本寺を後にしました。
相変わらずひっそりとして、ほっとした気分になれるお寺さんでした。
鎌倉駅からそう遠くないところですが、好きなお寺さんです。

3月28日 午前








[PR]

# by sonatine-album | 2018-04-09 15:19 | Comments(0)
2018年 04月 07日

鎌倉の桜 

e0021129_15204781.jpg
今年の桜は早くて、今日あたりはすっかり葉桜になってしまいました。
これはほぼ満開に咲いていた桜。 写真だけではわかりにくいですが、若い木です。



e0021129_15225083.jpg
2016年に新しく生まれ変わった段葛です。
古い桜並木を見慣れていたので、どうかなと思いましたが、これはこれでいいのかな、と感じています。
私が生きているうちには、以前のように立派な並木にはならないかもしれませんが。
そういえばみなとみらいのビル街の桜も、最初はこんな感じだったかな、と思い出しました。



e0021129_15274533.jpg
段葛に面した三河屋さん、酒屋さんです。
朝早くまだお店は開いていません。 
昭和2年の建築で、市の景観重要建築物に指定されています。



e0021129_15302749.jpg
鎌倉では古くからあるお料理やさん、峰本さん。
その隣にタリーズが・・・・しばらく来ないうちに、新旧が隣同士になっていました。
八幡宮前や小町通りは、よく新しいお店ができたりするんですよね。



e0021129_15344236.jpg
源平池 奥の建物は以前は「銀杏」だったと思いますが、今は「風の杜」という喫茶になっているようです。


e0021129_15424395.jpg




e0021129_15432964.jpg
旗上弁財天社

随分と久しぶりに鎌倉の桜を見て回りました。
近くですが、やっぱりきれいですね。
朝8時過ぎに出かけたので、観光客も少なかったです。
そして、まだ春休み中だったので、子供たちもいませんでした。
いつもこのくらいの時間だと八幡宮幼稚園の子供たちや、横浜国大付属小・中の生徒さんたちが
八幡様の境内を歩いているのですが。




e0021129_16043197.jpg
八幡宮近くの道路わきのハナニラ
白がまぶしいです。
蒲公英は西洋蒲公英でした。
でも白い中で目立っています。


e0021129_16055405.jpg


猫の置物が可愛くて、写した一枚。 よくこんな風に丸まって寝ていますよね。
旭屋和菓子屋さんの店先です。
朝早かったので、まだ開店していませんでしたが、ここの豆大福はくるっと餡を巻いている形で、美味しいですよ。




3月28日 鶴岡八幡宮あたりにて







[PR]

# by sonatine-album | 2018-04-07 16:09 | 自然・花 | Comments(0)
2018年 04月 03日

広町の大桜

e0021129_15004268.jpg

念願かなって、やっと大桜が咲いているところに出会えました。
広町の大桜、または稚児桜とも呼ばれている大島桜です。
この樹には何度も会いに行っていますが、丁度花が咲いているときに出かけたのは初めてでした。
向かって一番左側の幹が下がってきていて、ちょっと心配。
その昔は根元に5本の幹があったそうですが、今は4本。 何年くらい経っているのかしら。
200年以上とも言われていますが、これからもずっと元気でいてほしいものです。




e0021129_21223231.jpg
右側が稚児桜、左側はまた別の木です。 ちょっと色合いが違いますが、花の種類は分かりません。
山桜とか大島桜の系統らしいです。
想像していたより繊細な感じの花でした。
幽玄な感じもします。

この桜の木を見に来て、今まではあまり人に出会うことはありませんでした。
この日はご近所さんらしい方が、桜は咲いているかしら、いらしているのに出会いました。
皆さん、年に一回の桜の花に出会うのを楽しみにされているようでした。



e0021129_21440302.jpg
モミジも可愛らしい手のような葉を広げています。
初々しい黄緑色です。



e0021129_21451800.jpg
桜を見るのを目的にしていたので、他にはあまり写真を写しませんでした。
これはキランソウ、別名地獄の蓋。 面白い発想ですね。


e0021129_21464797.jpg
菫の花、どこで見つけても可憐です。


e0021129_21494999.jpg
浦島草 まだ丈はそう高くないのですがあちらこちらで見かけました。
毎年見るたびに、面白い花だと思います。

3月27日 鎌倉市広町緑地にて







[PR]

# by sonatine-album | 2018-04-03 22:03 | 自然・花 | Comments(0)
2018年 03月 28日

今年の桜は

e0021129_23214914.jpg
今年の冬は私にとっては寒かった・・・・だから桜は遅いかなと思っていたのに、
やっぱり予報通りに早く咲きだしました。
そしてほころび始めたと思ったっら、あっという間に満開です。
私の住む鎌倉では、東京より少し遅かった気がしますが、それでも今週の暖かさで今が盛りです。


e0021129_23240700.jpg
私も満開ですよ、とでも言っているみたいです。
近くの公園です、どこの桜も、胸を張って咲いています。


e0021129_23255504.jpg




e0021129_23261020.jpg

まだ3月なんですよね、今年は入学式には間に合いそうにありません。
3月に咲きだしたとしても、こんなに早く満開になったのは覚えがありません。

もう少しゆっくりしててよね、と言いたいのですがこの暑さでは早く終わっちゃうかな。
急いで桜を見て回っています。

先週の雪がずっと前のことのように思います。
たった一週間前の水曜に、あんなに雪が降りました。
まぁ、春の雪だから融けるのも早くて仕事の行き帰りに影響はありませんでした。
それにしてもその時に比べて、今日あたりは15度以上も高かったのではないでしょうか。
去年は連続の真夏日が相当に長かったりと、気候がおかしいですね。
折角四季のある日本ですから、温暖化は困りますね。

3月27日 近所の公園にて








[PR]

# by sonatine-album | 2018-03-28 23:36 | 自然・花 | Comments(0)
2018年 03月 12日

玉縄桜

e0021129_14295180.jpg




e0021129_14303968.jpg


3月始めの玉縄桜です。
近所の桜ですが、例年より遅かった気がします。
いつもなら2月始めには咲きだしていたのに。
やっぱり今年は寒かったかしら。

それにしても、初夏のようになったり、冬に逆戻りしたりで身体が疲れます。

今日のような日には、油断してしまいますが、もう少し安心出来ませんね。

それにしても、花粉も満開です。
お天気が良くても、洗濯物の外干しは控えています。
家族にひどい花粉症がいるので。
今は皆さん大変でしょうね。
5月位に一段落するまで、じっと我慢です。

3月3日  近所にて




[PR]

# by sonatine-album | 2018-03-12 14:28 | 日々雑感 | Comments(2)
2018年 03月 03日

金沢文庫にて

e0021129_16261928.jpg
まだ寒いとき、金沢文庫の称名寺まで出かけてきました。
県立金沢文庫で 「特別展 運慶 − 鎌倉幕府と霊験伝説」が開かれており神奈川県で開かれているならと行ってみました。
金沢文庫には運慶作の「大威徳明王像」があって、これは公開されていました。
他には運慶・湛慶合作と言われている 源頼朝供養像がありましたが、運慶がかかわるのはそれくらいでした。
それでも多くの作品に圧倒されてきました。


e0021129_16420166.jpg
称名寺の境内内に金沢文庫があります。



e0021129_16332884.jpg
梅はまだちらりほらりと咲きだしたばかりでした。



e0021129_16340351.jpg
左側の鳥は鴨だと思いますが、右側の鳥は何でしょうか。



e0021129_16470429.jpg
アオサギ?は寒そう。首をすくめて丸まっています。



昨日の新聞一面で、羽生選手の国民栄誉賞受賞が報じられていました。
個人的には、66年ぶりの連覇だというし、怪我からの復活ということで栄誉賞に値するだろうと思っていました。
羽生選手は前回のソチオリンピックの時から被災地に寄付をしたり、バスを贈呈したりしていますよね。
東北で地震を被災した方々に、勇気を与えることができたと思います。

訪問した学校で女の子がおんぶして、と頼めば気さくにおんぶしてあげてました。
こんな人柄も皆さんに愛されていることでしょう。
羽生選手、おめでとうございます。


ところで、今回新聞に国民栄誉賞を受賞した方のリストが載っていました。
私はとんでもない思い違いをしていたことに気が付きました。
女子柔道の谷選手は受賞されてなかったんですね。

谷さんが受賞するなら、どうして3連続大会で金メダルの輝いた野村忠宏選手が選ばれないのだろうと思っていました。
高橋尚子選手もマラソンで金メダルを取って受賞されました。
だったら野口みずき選手は2回目の金メダルだから選ばれないのかな、とか思いました。

美空ひばりさんや渥美清さんなど、ご生存中に受賞されればよかったのに、とも思います。

少なくとも私にとっては、不透明で良く分からないことが多い賞です。
すべて、個人的な感想です。


2月15日 金沢区・金沢文庫にて










[PR]

# by sonatine-album | 2018-03-03 14:19 | 日々雑感 | Comments(2)
2018年 03月 01日

早、3月

e0021129_23585850.jpg
この冬は寒い寒い、と思っていましたがもう3月になりました。
河津桜、そろそろ咲いているかなと思って見に行ったけれどやっとほころび始めたところ。
同じ公園に「春めき桜」という綺麗な名前の桜もありますが、そちらの蕾はまだ固かったです。

2月後半はオリンピック三昧となりました。
もちろん平昌まで行ったわけじゃありませんが、時間の許す限りTVに釘付けになっていました。

開会式前のフィギュア国別対抗から、ドキドキしていましたよ。

全半で気になっていたのがハープパイプの平野選手。
ソチの時は15歳、今回は19歳で銀メダルです。おめでとうございます。
一時、スノボの選手が薬に手を出したとかでニュースになっていました。
未成年、ということで名前は出されていませんでしたが、そのために全員が試合に出られなかったという話もありました。

冬の新潟出身の選手でメダルに届いた人はあまりいません。
同じ雪国でもお隣の長野県とはだいぶ違います。
その中で、2大会連続の銀メダルはすごいと思います。

TVの特集を見ていたんですが、平野選手も大けがをされているんですね。
じん帯の損傷のほか、肝臓にもかなりのダメージを受けていたそうです。
まだ10代というのに、親御さんの気持ちを思うといたたまれなくなります。
クールな平野選手ですが、新しい技をする時は恐怖があると言われるし、死と隣り合わせということも感じているようでした。
実はスノーボードの技なんて、良く知らないのです。
あまりに回りすぎていて、何回回ったのか、ひねったのか解説を聞かないとわからないくらいです。
それでも平野選手の2回目は圧巻でした。

新潟県も北の方にある村上市の出身ですが、山形県のほうにまで練習に行かれたそうです。
近くには練習をする場所がなかったんでしょうね。

19歳には見えない落ち着きとか、受け答えとか。
これからの活躍を応援しています。
そして、怪我をしないようにと祈ります。


他にもスケートがすごかった!!
スピードスケート、メダルの量産といっても過言ではないでしょう。

羽生選手の演技も圧巻だったし、どの競技も見ていて涙が出そうになるくらいに熱くなっていました。
それにしても怪我をされている選手が多いんですね。
羽生選手も痛み止めを飲んで、競技をしていたとか。
ひとまず、ゆっくりと足を治してほしいです。

若いときに怪我をし、年を取ってから古傷が出てくることも多いと思います。
無理せず、競技を続けられることを祈ります。

まだまだ書きたいこともありますが、この辺で。


e0021129_00395765.jpg
冷え冷えとした冬の公園。
でも少しずつ、寒さが緩んできている気がします。
近所の玉縄桜も咲きだしました。
花咲く季節になってくるし、また冬眠から覚めるかのようにカメラを持って歩いてみようと思います。


2月18日 綾瀬市・城山公園にて









[PR]

# by sonatine-album | 2018-03-01 00:45 | 日々雑感 | Comments(2)
2018年 02月 05日

立春過ぎに

e0021129_14515037.jpg
横浜市戸塚区からの富士山


e0021129_14522394.jpg
富士山の右手方面に見える丹沢方面の山


富士山がきれいに見える、なんて呑気なことを思っている冬の日ですが、今年の冬は寒いです。
今年になってから、神奈川でも2回、雪が積もりました。
1月22日に降った雪が、道路の端などにまだ残っています。
気温が低くて、消えきれないんでしょうね。

まぁ、神奈川にいると寒い、くらいで済んでいますが、雪国では大変そうです。
新潟の弟のところですが、先日、仕事場の水道が全部止まってしまったそうです。
トイレの水も出なくて、仕事にならなかったそうです。

私が子供のころも水道が止まることがあり、夜中はちょろちょろと少しの水を出していました。
外にある水道管にも布などを巻き付けていたかな。

東京では、エアコンの室外機の中が凍ってしまい、壊れてしまったというニュースもありました。
立春を過ぎたとはいえ、まだ2月に入ったばかり、まだ寒さは続きそうです。

春が待ち遠しいです。

でも、思い出すと以前の方が寒かった気がします。
子供が小さかった頃、先に干したタオルやオムツが凍ってしまったことがありました。
近所の池が凍ったこともありましたが、最近では凍りません。
寒いだけに、暖かくなったときに嬉しくなるかもしれません。

寒いのはまだ我慢できますが、雪降ろしなどで事故が起きませんように。



1月27日、横浜市内からの富士山(ちょっと古いです)


[PR]

# by sonatine-album | 2018-02-05 15:09 | 日々雑感 | Comments(0)
2018年 02月 02日

白川郷

e0021129_16244525.jpg
金沢市内を回った翌日、白川郷へ行きました。 私にとっては初めてです。
展望台からの眺望です。  1月末~2月初めの週末にはライトアップされるそうですが、今回は見られません。



e0021129_16280691.jpg
雪の中で、合掌造りの屋根が並んでいます。
2階、3階では蚕を飼っていました。 
屋根にまんべんなく日が当たり、風通しがいいように、どの家も同じ向きをしています。
「蚕」なんて呼び捨てではなく、「お蚕さん」と呼んでいたそうです。

子供が小学生の頃、授業で蚕を飼ったことがあります。
夏休みだったかには家で預かりましたが、凄い食欲ですよね。
桑の葉を良く食べました。
繭を作り、そのまま糸を取るので蚕は死んでしまいます。
ちょっとかわいそうな気がしますね。


e0021129_16371611.jpg
良く晴れていて、空も綺麗です。 おそらく、この季節にしては珍しいことだと思います。


e0021129_16474503.jpg

白い雲がきれい。巻雲だか波状雲だか、なんだかわかりません。
山は白山辺りでしょうか、良く分かりません。



e0021129_16442340.jpg
明善寺 時間がなくて、山門を写しただけになってしまいました。



e0021129_16451623.jpg
立派なツララ。 
ツアーに参加しての白川郷だったので、ゆっくりとできませんでした。
合掌造りの家で中を公開しているところもありましたが、入る時間もなく、急ぎ足で回りました。
中国からの観光客が多かったですね、いろんな言葉が飛び交っていました。


1月15日 白川郷にて



 




[PR]

# by sonatine-album | 2018-02-02 16:54 | 建築物 | Comments(0)
2018年 01月 30日

雪の兼六園

e0021129_23355549.jpg
1月14日に金沢の兼六園へ行ってきました。
今年の冬は寒いし、雪も多い気がしますが、この日はいいお天気でした。
新潟もそうですが、北陸ではこの季節の晴れは珍しいです。
13日までは大雪で列車・バスの運行に支障が出ていましたが、幸い14日からは大丈夫でした。



e0021129_23520830.jpg
正面の樹が「根上松」(ねあがりのまつ)です。
盛土をしたところに松を植え、その盛土を徐々にどかして根を見せたそうですが、この日は雪に覆われています。



e0021129_23542209.jpg
日本武尊の像  明治10年、西南戦争で戦死した郷土軍人の慰霊のために作られたそうです。
明治13年の作で、日本で最初に作られた銅像だそうです。



e0021129_00124800.jpg
霞ケ池 兼六園のほぼ中央にある池ですが、一面の雪で覆われています。




e0021129_00145394.jpg

徽軫灯籠(ことじとうろう) 霞ケ池にある灯籠ですが、足が二股になっていて、お琴の糸を支える琴柱(ことじ)に似ているので

徽軫灯籠と言われるそうです。




e0021129_00190346.jpg
眺望代からの雪山景色 白山山系のあたりが望めます。



e0021129_00210661.jpg
お着物の方を見かけました。 私も着物を着たいと思いながら、随分と長いことご無沙汰しています。


e0021129_00240499.jpg
兼六園の職員さんでしょうか、雪かきをしてくださっていました。
菅笠、やっぱり被っているんですね。
実家では父が雪掻きの時に、こういう笠を被っていました。
父は器用な人で、自宅の庭の木に雪囲いをしていましたが、丁度兼六園の雪吊りのような形にしていました。
菅笠、雪掻き、雪吊りと父を懐かしく思い出していました。


私が出かけたのが14日でしたが、その3、4日くらい前から日本海側は大雪に見舞われていました。
信越線の東光寺ー帯織間で長岡行きの列車が立ち往生し、15時間くらいも乗客が車内に閉じ込められた頃です。
長岡市のちょっと北の方で起こったことです。

よく「ドカ雪」という言葉を使いますが、一晩で50cmも70cmも積もることがあります。
この頃もこんな雪だったと思います。
ちょっと検索したらその列車に乗車していた方のレポートがありましたので、ご紹介いたします。

15時間も列車に閉じ込めて、JRの対応が悪いとか、バスでの代替輸送は出来なかったのかとか聞きます。
でもああいう中で線路に降りても、危険は沢山あった筈ですし、新しい車両で暖房は効いていたし、照明も点いていたというので、ベターだったと思います。
東光寺は無人駅だということで、援軍を頼むこともできず、運転手さん自らが雪かきをしていたとか、本当に大変だったことでしょう。
幹線道路から駅までの道だって雪に埋もれていて、除雪をしなければ車も通れないでしょう。
田んぼの真ん中あたりの場所ですから、道路も広くないし、外に出た場合は間違って側溝などに落ちることもあるかもしれません。

何本か運休になった後の列車で、立っていた方もいらしたのは本当にお気の毒でしたが、体調を崩された方も少なかったようですし、
まぁ良かったのかなぁ、と思います。
学校帰りの学生さんもいらしたけれど、14.15日のセンター試験に影響でなかったかと心配します。
それと、座席に座っていた方が途中で立っている方に代わってくれたとか、大きな騒動も起こっていないし
皆さんが無事で何よりでした。

1月14日 兼六園にて







[PR]

# by sonatine-album | 2018-01-30 00:57 | 公園・植物園 | Comments(0)
2018年 01月 22日

カラーを外しました。

e0021129_23081393.jpg
まめた、やっとカラーが外れました。
ここの所は元気いっぱいで、飛び回っています。
これはまめたのカゴではありませんが、こういう中に入るのも好きですね。

退院後も毎日点滴に通い、その後は点滴が入らなくなって、背中への注射をしてました。
前足への点滴だと病院に7時間くらいは監禁?されます。
ゲージの中へ入れられるし、動き回れなくなります。
それに比べて背中への注射だと時間も短いので、連れていく方からすると助かります。
猫にとってはどちらもストレスになるんでしょうね。 
病院でもずっと震えています。

でも、まだ治ったわけではなく、また10日くらいしたら病院に行きます。
煩いくらいに元気な方がいいですね。

我が家では何匹も猫を飼っていましたが、入院した猫は今回のまめただけです。
体質的に石ができやすいでしょう、と獣医さんには言われてます。
今回だけで、もう結晶ができないといいです。
尿路結石のようなものです。


e0021129_23161862.jpg
冷蔵庫の上に上がったところ。
高いところへ良く上がります。
猫はすごい跳躍力です。


今日はまた、大雪になりましたね。
たまたま今日はお休みだったので、午前中のうちに外出して用を済ませました。
でも明朝は心配です。 バスは時刻通りには来ないでしょうね。
早くに家を出ないといけません。 道路も滑りそうだし、今から憂鬱。
明日で雪が解けるといいんだけどね。

こんなことを言っていると、雪国の方に笑われちゃいます。


1月22日 大雪の日に





[PR]

# by sonatine-album | 2018-01-22 23:37 | | Comments(0)
2018年 01月 12日

まめた、入院する!

e0021129_01312849.jpg
暮れにキッチンのリフォームをしました。
家猫のまめた、玄関から出ないかちょっと心配しましたが、やっぱり出ませんでしたね。
というのも工事中は玄関ドアが開いていることが多かったのです。
それでもドアまでは行くのですが、外を伺うだけで引き返していました。
これは内装屋さんが休憩中に、探検しているところ。好奇心大せいです。


e0021129_01350776.jpg
これは何だ、とガス管まで調べています。
業者さんがいるときには、奥にいるんですけどね。

そんなまめたですが、暮れも押し詰まった12月29日に入院となりました。
28日に尿が出なくなって、様子がおかしいことに気が付き、29日に病院へ連れていきました。
血液検査やレントゲンを撮り、尿閉で導尿してもらい、その後は点滴です。
左前脚の血管から点滴を入れていました。
血管が細く、入らなくなってからは背中に皮下注射をしていました。

結石はまだ出来ていませんでしたが、結晶ができていて、尿が出なくなっていました。
どうやら石のできやすい体質だったようです。


e0021129_01410815.jpg
年末年始は病院で過ごし、1月2日に退院してきましたが、まだ通院しています。
エリマキトカゲのようなカラーをしていますが、これはお尻を舐めないようにとのことです。
猫は排泄の後、自分のお尻を綺麗にしますが、今のまめたはそれができません。

11日現在、まだカラーをしていますが、来週くらいには取れるといいです。
石ができないという療養食をこれからはずっと食べることになります。

家を出たことのない猫ですから、医者へ行くのは相当のストレスでカゴに入れた時から震えるんですよ。
そして以前より甘えっ子になって、膝の上で寝たりします。
今まではあまりべたべたしない猫で、抱っこなども好きでないようでした。

入院中は毎日面会に行っていたし、退院してからも病院通いだったし、今年のお正月は猫の看病で過ぎました。
まぁ、比較的時間があるときで良かったのかもしれません。

言葉をしゃべれないだけに、気を付けてやらないといけないですね。



[PR]

# by sonatine-album | 2018-01-12 02:02 | | Comments(2)