ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:自然・花( 571 )


2018年 08月 03日

アオノリュウゼツラン

e0021129_15071084.jpg
鶴岡八幡宮に向かって右手(東側)に横浜国立大学付属鎌倉小学校があります。
その校庭にアオノリュウゼツランが咲いていました。
一株だけです。

アオノリュウゼツランは数十年に1度しか花を咲かせないそうです。
そして花を咲かせた後は枯れてしまうとか。
花が咲くときに花径が伸びてくるというので、今まではそばを通っても気が付かなかったのだと思います。


e0021129_15173844.jpg
黄色い花が鮮やかです。
何だか不思議な花です。

江ノ島のサムエルコッキング苑には数十株のアオノリュゼツランがあります。
沢山あるから、ほぼ毎年のように咲いているのかどうか、、、、良く分かりませんが。


e0021129_15283935.jpg
こちらは2008年8月の江ノ島です。
全体像が分かるようにアップしました。
私、写真を写してもそのままになっているのがあって、そういえば江の島で見たこともあるなと思って
捜してみた画像です。
時々、写真を整理する前に時間が経ちすぎて、そのままになっちゃうことがあります。
2008年と言ったら、もう10年前ですよ!
時が過ぎるのは、本当に早いです。

江ノ島ですが、ちょっと検索しても見当たらないので、今年は咲いてないのかもしれません。


ところで、高校野球ですが困りましたね。
北神奈川代表の慶応高校と新潟代表の中越高校が1回戦であたりました。
しかも第一日目です。
神奈川在住としては慶応も応援したいし、長岡の中越高校はもちろん応援したいし・・・・
中越高校は実家の近くにあるんですよ、私の出身校ではないですが、親近感があります。
神奈川では代表になるだけで大変な地区だし、中越高校も最近は1回戦を突破できる実力もあります。
どちらも、力を出し切って、悔いのない試合をしてほしいです。

このままの暑さは、甲子園が開幕しても続いてるでしょう。
高校生のみなさん、熱中症にならないように用心して、試合に臨んでください。


7月20日 付属小学校の脇からのアオノリュゼツラン






[PR]

by sonatine-album | 2018-08-03 15:48 | 自然・花 | Comments(4)
2018年 08月 02日

鎌倉・鶴岡八幡宮の蓮

e0021129_22563757.jpg
今年の蓮を見に、鶴岡八幡宮へ行ってみました。(もう2週間も経ってしまいましたが)
八幡宮の境内を通って登校する小学生、横浜国大付属小学校が八幡宮の東側にあります。
八幡宮を通り抜けて登校できるなんて、幸せなことですね。



e0021129_23044817.jpg



e0021129_23051523.jpg



e0021129_23054325.jpg
源氏池、平家池の蓮
八幡様の蓮を見に、何回も行ってますが今年はよく咲いていたほうと思います。
年によってはあまり咲いていない時もありました。
蕾もまだあったし、もう少し楽しめると思います。



e0021129_23080922.jpg
朝の境内は静かでいいです。



e0021129_23092725.jpg
2010年、3月の暴風雨で倒れた大銀杏ですがそのひこばえが順調に育っていました。
でも、私が生きている間にはあそこまで立派な公孫樹にはならないと思うと、淋しい気がします。

公卿が隠れていたという大銀杏は当たり前に見ていたので、その公孫樹を写した覚えがないんですよね。
やっぱり一期一会だと思って、出会ったときに写しておかないとだめですね。



今日、8月2日は長岡祭りの花火の日でした。



↑は2014年の花火です。

今日はNHKで中継されていたのを見てましたが、やっぱり臨場感が違いますね。
またあの花火の振動と火薬の匂いがする場所で、花火見物をしたいものです。
長岡の花火は7時20分くらいから9時10分くらいまで、約2時間も開催されます。
それも2日、3日と2日間にわたって同じ規模で開催されてます。

NHKでは7時半から8時45分までだったので、最後の方の花火がカットされてます。
何だか消化不良です。
明日はBSで放送がありますが、私は家にいない時間のためリアルタイムでは見れません。
明日のほうが最初から最後までの花火を中継してくれるみたいです。

TVを見ながら、まだ両親がいたころのことを思いだしていました。
親はありがたいです。

7月20日 鶴岡八幡宮にて











[PR]

by sonatine-album | 2018-08-02 23:42 | 自然・花 | Comments(0)
2018年 07月 28日

向日葵

e0021129_23590008.jpg


座間市の向日葵を見に行ってきました。
栗原会場に行きましたが、丁度見頃で咲きほこる花に出会えました。
こちらには10万本の向日葵が、植えられているそうです。


e0021129_00052159.jpg


初々しく開きかけ。
子供のころによく見ていた花よりは小振りですが、数がすごいです。



e0021129_00181819.jpg


後まで姿は華奢なうなじのようで、色気さえ感じます。
向日葵は太陽を慕って、その方向を向きますからね。


e0021129_00242788.jpg

花びらが開く前はちょっとユーモラスな感じがしませんか?
こんなに沢山、健気に咲いています。

8月には座間会場での向日葵が見ごろになるそうです。
11日から15日にひまわり祭りが行われるそうで、こちらは45万本だそうです。
栗原会場の4.5倍とは、どんなに沢山のお花畑になるのでしょう!!

向日葵は園芸種で小さめな花もありまして、生け花にも使われるようになりました。
この黄色い花を見ていると、元気が出ますね。
周りに力を与えてくれる花だと思います。

暑い日でしたが、写真を見ると曇り空ですね。
青空の下での向日葵を写したいものです。


7月22日 座間市にて






[PR]

by sonatine-album | 2018-07-28 23:56 | 自然・花 | Comments(0)
2018年 04月 13日

妙本寺の裏山

e0021129_11221758.jpg
妙本寺の裏山のほうを登っていくと、海が見えるところまで行けます。
多分霞んでいると思っていましたが、案の定でした。
海と空とが溶け込んでいます。
祇園山ハイキングコースの一部になると思います。


e0021129_11243358.jpg
このあたりの蒲公英はやっぱり関東蒲公英です。
ガクが上向きです。


e0021129_11261487.jpg
この浦島草(うらしまそう) サトイモ科 釣り糸が随分と立派です。
浦島草、別名蛇草とも言いますので、あまり好きじゃないのですが、ついカメラを向けています。


e0021129_11281885.jpg
紫華鬘(むらさきけまん) ケシ科 も満開でした。
土壌がいいのか、どの野草も元気です。



e0021129_11301181.jpg
姫烏頭(ひめうず) キンポウゲ科 5mmくらいの小さな花ですが、あちこちに咲いていました。
小さくて、ピントがなかなか合わない花です。



e0021129_11393633.jpg
菫はどこに咲いていても可憐ですね。 タチツボスミレ?、良く分かりません。



e0021129_11404412.jpg
こんな道はいいけれど、



e0021129_11411535.jpg
こういうところは、登るのが大変でした。 ずりっとこけそうです。



e0021129_11421627.jpg
山道を歩いて、カサコソと音がしてました。
誰もいないところで音がすると、ちょっと気持ち悪いのですが・・・・タイワンリスでした。
2匹見かけましたが、リスなら出会っても怖くありません。
すばしこくって、あまり写真を写せませんでしたが。


e0021129_11500947.jpg
山を下りるあたりで見かけた桜。山桜でしょうか、種類は分かりません。
ほんの少し、歩いただけで何となく、山へ行った気分になれました。
鎌倉は山も海もあって、そしてお寺さんや神社もあっていいところです。
あまりに有名で観光客が多い場所を外せば、鄙びた感じの鎌倉に出会うことができると思います。
この時も、一枚目の写真を写した辺りでお一人と出会っただけでした。


3月28日 妙本寺の奥で









[PR]

by sonatine-album | 2018-04-13 12:01 | 自然・花 | Comments(0)
2018年 04月 07日

鎌倉の桜 

e0021129_15204781.jpg
今年の桜は早くて、今日あたりはすっかり葉桜になってしまいました。
これはほぼ満開に咲いていた桜。 写真だけではわかりにくいですが、若い木です。



e0021129_15225083.jpg
2016年に新しく生まれ変わった段葛です。
古い桜並木を見慣れていたので、どうかなと思いましたが、これはこれでいいのかな、と感じています。
私が生きているうちには、以前のように立派な並木にはならないかもしれませんが。
そういえばみなとみらいのビル街の桜も、最初はこんな感じだったかな、と思い出しました。



e0021129_15274533.jpg
段葛に面した三河屋さん、酒屋さんです。
朝早くまだお店は開いていません。 
昭和2年の建築で、市の景観重要建築物に指定されています。



e0021129_15302749.jpg
鎌倉では古くからあるお料理やさん、峰本さん。
その隣にタリーズが・・・・しばらく来ないうちに、新旧が隣同士になっていました。
八幡宮前や小町通りは、よく新しいお店ができたりするんですよね。



e0021129_15344236.jpg
源平池 奥の建物は以前は「銀杏」だったと思いますが、今は「風の杜」という喫茶になっているようです。


e0021129_15424395.jpg




e0021129_15432964.jpg
旗上弁財天社

随分と久しぶりに鎌倉の桜を見て回りました。
近くですが、やっぱりきれいですね。
朝8時過ぎに出かけたので、観光客も少なかったです。
そして、まだ春休み中だったので、子供たちもいませんでした。
いつもこのくらいの時間だと八幡宮幼稚園の子供たちや、横浜国大付属小・中の生徒さんたちが
八幡様の境内を歩いているのですが。




e0021129_16043197.jpg
八幡宮近くの道路わきのハナニラ
白がまぶしいです。
蒲公英は西洋蒲公英でした。
でも白い中で目立っています。


e0021129_16055405.jpg


猫の置物が可愛くて、写した一枚。 よくこんな風に丸まって寝ていますよね。
旭屋和菓子屋さんの店先です。
朝早かったので、まだ開店していませんでしたが、ここの豆大福はくるっと餡を巻いている形で、美味しいですよ。




3月28日 鶴岡八幡宮あたりにて







[PR]

by sonatine-album | 2018-04-07 16:09 | 自然・花 | Comments(0)
2018年 04月 03日

広町の大桜

e0021129_15004268.jpg

念願かなって、やっと大桜が咲いているところに出会えました。
広町の大桜、または稚児桜とも呼ばれている大島桜です。
この樹には何度も会いに行っていますが、丁度花が咲いているときに出かけたのは初めてでした。
向かって一番左側の幹が下がってきていて、ちょっと心配。
その昔は根元に5本の幹があったそうですが、今は4本。 何年くらい経っているのかしら。
200年以上とも言われていますが、これからもずっと元気でいてほしいものです。




e0021129_21223231.jpg
右側が稚児桜、左側はまた別の木です。 ちょっと色合いが違いますが、花の種類は分かりません。
山桜とか大島桜の系統らしいです。
想像していたより繊細な感じの花でした。
幽玄な感じもします。

この桜の木を見に来て、今まではあまり人に出会うことはありませんでした。
この日はご近所さんらしい方が、桜は咲いているかしら、いらしているのに出会いました。
皆さん、年に一回の桜の花に出会うのを楽しみにされているようでした。



e0021129_21440302.jpg
モミジも可愛らしい手のような葉を広げています。
初々しい黄緑色です。



e0021129_21451800.jpg
桜を見るのを目的にしていたので、他にはあまり写真を写しませんでした。
これはキランソウ、別名地獄の蓋。 面白い発想ですね。


e0021129_21464797.jpg
菫の花、どこで見つけても可憐です。


e0021129_21494999.jpg
浦島草 まだ丈はそう高くないのですがあちらこちらで見かけました。
毎年見るたびに、面白い花だと思います。

3月27日 鎌倉市広町緑地にて







[PR]

by sonatine-album | 2018-04-03 22:03 | 自然・花 | Comments(0)
2018年 03月 28日

今年の桜は

e0021129_23214914.jpg
今年の冬は私にとっては寒かった・・・・だから桜は遅いかなと思っていたのに、
やっぱり予報通りに早く咲きだしました。
そしてほころび始めたと思ったっら、あっという間に満開です。
私の住む鎌倉では、東京より少し遅かった気がしますが、それでも今週の暖かさで今が盛りです。


e0021129_23240700.jpg
私も満開ですよ、とでも言っているみたいです。
近くの公園です、どこの桜も、胸を張って咲いています。


e0021129_23255504.jpg




e0021129_23261020.jpg

まだ3月なんですよね、今年は入学式には間に合いそうにありません。
3月に咲きだしたとしても、こんなに早く満開になったのは覚えがありません。

もう少しゆっくりしててよね、と言いたいのですがこの暑さでは早く終わっちゃうかな。
急いで桜を見て回っています。

先週の雪がずっと前のことのように思います。
たった一週間前の水曜に、あんなに雪が降りました。
まぁ、春の雪だから融けるのも早くて仕事の行き帰りに影響はありませんでした。
それにしてもその時に比べて、今日あたりは15度以上も高かったのではないでしょうか。
去年は連続の真夏日が相当に長かったりと、気候がおかしいですね。
折角四季のある日本ですから、温暖化は困りますね。

3月27日 近所の公園にて








[PR]

by sonatine-album | 2018-03-28 23:36 | 自然・花 | Comments(0)
2017年 08月 17日

浜木綿を見に

e0021129_23052268.jpg
横須賀市佐島の天神島で浜木綿が咲いている、というので出かけてみました。
私は浜木綿(ハマユウ)という名前しか知りませんでしたが、「ハマオモト」ともいうんですね。
確かに万年青(オモト)の葉っぱに似ています。
白くて清楚な花、ヒガンバナ科です。 彼岸花は花が咲くときには葉っぱがありませんが、浜木綿は葉っぱも一緒ですね。
それに彼岸花より力強く大きい花です。



e0021129_23112184.jpg
花は彼岸花のようですね
天神島は自生の浜木綿の北限で、県の天然記念物だそうです。



e0021129_23244136.jpg
今年の夏は曇天と雨ばかり。8月に入ってから雨が降らなかった日はないとのことです。
白い花が青い海と空をバックにしたら、さぞ綺麗だと思いますが、この日も曇り空でした。
今年の梅雨は空梅雨だ、水不足だ、と言ってたのが随分と前のことのようです。
ふつうは梅雨明け10日といって、梅雨が明けたら太平洋高気圧の出番というのに、今年は違いました。

あんまり暑いのは嫌ですが、こう青空が見えないと夏の日が恋しいです。
それに農作物の出来も心配になってきます。
せっかく夏野菜の値段が下がってきたというのに、また上がりそうですね。
味覚の秋の果物はどうなるでしょうか。
お日様の光を十分に浴びていないと、糖度が低いかもしれません。

まだしばらく、曇り空が続きそうです。



e0021129_23322453.jpg
ハマゴウ (クマズラ科)   漢字では「曼荊」、または「浜香」と書きます。
漢字のイメージより可愛らしい小さな花です。


e0021129_23384987.jpg
浜朴(ハマボウ) 葵科    大きな木でしたが、花は少なかったです。
綺麗な黄色です。 もっと花数が多かったら、それは見事な眺めだったと思います。



e0021129_23433479.jpg
浜ウド (セリ科)  箱根で良く見かけるシシウドに似ているけれど、ちょっと小さいなぁと思っていたら 「浜ウド」と名前がありました。
見た目が似ていて納得です。

周囲1kmほどの小さな天神島ですが、いろんな海辺の植物が見られます。
近くを通ることがあっても行ったことのなかった場所ですが、季節を変えてまた行きたいところになりました。
今度は青空の下を歩いてみたいですね。


e0021129_23525637.jpg

海岸は岩場です。貝や小さな魚なども見られました。
子供たちの自然観察にもいいところですね。実際、小さい子を連れた親子連れも来られていました。

冬になったら富士山がきれいに見えそうだなぁ、と思って帰ってきました。


8月10日 横須賀市・天神島にて





[PR]

by sonatine-album | 2017-08-17 23:57 | 自然・花 | Comments(0)
2017年 06月 28日

田植えが終わった田んぼ

e0021129_15280198.jpg
星峠を見た帰り道、お天気が良くなって青空になってきました。ちょっと車を止めて景色を眺めます。
田に雲が映っていて、気持ちのいい風が吹いています。



e0021129_15313100.jpg
広がる雲が夏を感じさせます。まだ田植えが終わったばかりのようです。
棚田と違って、こういう田んぼは田植えも機械でできるし管理もしやすいと思います。
ここを見ていて、棚田は維持するのが大変だということが良く分かります。




e0021129_15364014.jpg
道路を隔てた反対側は田がキラキラしています。
海ではなく、田んぼでこういった水面を見ることはめったにありません。



e0021129_15381153.jpg
車を止めたのは「雪峠」の碑があるところでした。
この辺りは戊辰戦争の舞台になった場所だそうです。この碑には「昔 戦場  今 農場」と彫られています。
長岡から十日町に抜ける道でたまたま見つけた碑です。
ずっと前に司馬遼太郎の「峠」を読みましたが、ほとんど忘れてしまいました。
文庫本でも2冊になる長編です。 また時間を見つけて読んでみようかな、と思います。


ところで、雪峠は小千谷市池ケ原にあります。
小千谷市は長岡の南に位置していますが、小林麻央さんのおじいさまがいらっしゃるとか。
幼いお子様二人を残されて、先に逝くとはなんと心残りだったでしょう。
まだまだお子様の成長を見届けたかったでしょうに。
母の立場として思うと、言葉がありません。

それと乳がんは早期発見出来たら予後がいいのに、どうしてだったのかあなぁと思います。
素人考えで、詳しいことは分かりませんので正確なことは言えませんが。

私も相次いで両親を亡くし、1年、2年と月日がたってもなかなか癒えるものではありません。
まぁ、私の場合は順番だししょうがないと分かっていても、いまだに生きているような気がするのです。
電話をかけたら声が聞こえてくる気がしてしまいます。

比較をするつもりはありませんが、真央さんの場合は心から残念だったと思います。
残されたご家族の方が健康でいられますように、そして真央さんのご冥福をお祈りいたします。


5月28日  小千谷市・雪峠付近にて





[PR]

by sonatine-album | 2017-06-28 16:15 | 自然・花 | Comments(0)
2017年 06月 27日

棚田

e0021129_22445666.jpg
十日町市には数々の棚田がありますが、その中でも有名な星峠の棚田です。
時間、お天気に制約があり、変哲もない写真ですが、雰囲気だけでもお伝え出来たらと思います。

5月末に長岡に帰りましたが、十日町市の郷土資料館に用あって出かけました。
資料館でお話しをさせてもらっていると、ボランティアの方が「星峠に行きますか」、と聞いてこられました。
「行こうと思っている」、とお話しすると軽トラックで先導してくれたんですよ。
資料館からは30分弱でしたが、結構細くてくねくねとしている道でした。
地元の方は慣れていらっしゃるので、どんどんスピードが上がっていきます。
私はといえば、周りを見る余裕もなく一生懸命について行きました。

着いたところがこんな感じでした。
流石に見晴らしがよく、心が安らぎます。緑に癒されました。
機会があったら、季節ごとに何度でも行ってみたいところです。



e0021129_22565524.jpg
↑の写真を撮った場所から、もう少し奥へ行ったところからの眺めです。
棚田は全部で200枚ほどあるそうです。
ボランティアさんのお話しだと、棚田の維持は大変だから辞めたいという方もいらっしゃるそうです。
そうですよね、こういった形だと田植えも機械ではできないし、全部人力に頼るしかないでしょう。
そして、もし一部の棚田が維持されなくなったら、全体的な形も変わっていくそうです。
おそらく、高齢化も進んでいることでしょう。
もしかしたら、将来的にこのあたりの棚田が無くなるかもしれない、と思うと余計に愛しい風景に思えてきます。
残していきたい風景ですよね。

十日町市は豪雪地帯で、この棚田辺りも冬は深い雪に覆われる場所です。
その雪解け水のおかげで、美味しいお米がとれることでしょう。
日本の原風景の一つですね。また行ってみたいです。


e0021129_23183494.jpg
この時期、満開のタニウツギ(スイカズラ科)
私には綺麗なピンク色の花として目に映ります。
でも、ご一緒していただいたボランティアさんのお話しだと、あまりいい印象を持たれてない様子でした。
遠目には山が赤くなっているように見えることから「火事花」とも呼ばれるそうです。
この辺りではあまり縁起の良くない花のようでした。
でも、私にとっては可愛らし花と見えます。

5月28日 十日町市 星峠の棚田







[PR]

by sonatine-album | 2017-06-27 23:31 | 自然・花 | Comments(0)