ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:公園・植物園( 106 )


2018年 06月 29日

夏が来た!

e0021129_14251063.jpg
大変です、関東地方は梅雨明けしました!!
ここの所のお天気は晴れ続き、しかも白い入道雲が浮かんでいたり、全く夏の空でした。
おまけに昨日、自宅付近で蝉の初鳴きを聞きました。
ラジオを聞いていると、蝉の声を聞いたという視聴者の投稿を耳にしていました。
ホント、もう蝉が鳴いているのです。
梅雨明けは平年より22日も早いとか・・・・紫陽花を載せている場合じゃないですよね。
でも、今年の紫陽花をもう少しアップさせてください。


e0021129_14291032.jpg
撫子様の花びら・・・・いえいえガクです。



e0021129_14300222.jpg
なんて名前だか、ブルーの中に白いガクがあって涼し気です。



e0021129_14311280.jpg
手毬の紫陽花 可愛い形です。


e0021129_14321006.jpg
お多福紫陽花、またの名を渦紫陽花。
花びらのように見えるところが丸まっていて可愛いですね。
また、ポップコーン紫陽花とも呼ばれます。ポップコーンに見えなくもないか・・・・


e0021129_14523779.jpg
蛍袋 キキョウ科
何となく好きな花です。 釣鐘型の形が可愛いからか、蛍を入れたら神秘的だろうなぁと想像できるからでしょうか。



e0021129_15020960.jpg
藤沢市遠藤にある えびね・やまゆり園です。
この 藤沢えびね・やまゆり園 は、遠藤に残された山林、竹林、畑など、里山の自然景観を多くの人に楽しんでもらおうと
3年前に開園しました。
4月~8月中旬までの開園です、出かける際には日にちを調べてからのほうがいいです。

この園には去年の春、初めて行ってみました。
植栽されたものですが、色とりどりのエビネが咲いていて圧倒されました。
藤沢市にもまだまだ緑濃いところが残っているのですね。

6月3日 藤沢えびね・やまゆり園にて




[PR]

by sonatine-album | 2018-06-29 15:22 | 公園・植物園 | Comments(0)
2018年 06月 18日

俣野別邸公園の紫陽花

e0021129_14414085.jpg
お天気に誘われて戸塚区の俣野別邸公園に出かけてみました。
梅雨入り前の良く晴れた日です。



e0021129_14445511.jpg
旧財閥住友家の別邸ですが、2009年に火事にあっています。
その後横浜市が再建し、公園として公開されました。
こちらの別邸は去年頃から新しく公開されています。
中に入ることもできますが、私はまだ拝見しておりません。
一度くらいは入ってみたいですね。
こちらにはカフェも併設されていますが、こちらもまだ入っていません。
11時からのため、朝一番で公園に行くとまだ開いてないのです。


e0021129_14494753.jpg
紫陽花は曇りや雨が似合いますが、晴れの日もきれいに見えますね。



e0021129_14510169.jpg
こちらは山紫陽花のクレナイですか?まだ咲き始めです。



e0021129_14515029.jpg
こちらは 黒姫 ?
西洋紫陽花のほかに山紫陽花もあります。



e0021129_14531390.jpg
墨田の花火



e0021129_14541877.jpg
柏葉紫陽花も青空の下、爽やかです。
こちらの公園は緑が多、大木も結構あります。
中にいるだけで揺らぎを感じられて、癒しになります。
公園を歩くだけなら無料だし、いいところです。


皆、初々しい紫陽花ですが写したのは6月1日です。
もう2週間以上経ってしまいました。

今日はまた、大阪で地震がありました。
最初はそんなに大きいと思わなかったのですが、小学生の女の子が亡くなられたとか。
朝、元気に「行ってきます!」と出かけたお子さんがそんなことになるなんて、親御さんの気持ちを考えると言葉もありません。

新幹線の事件やら、看護師の女性の事件やら、嫌なニュースばかりが続いていて、今度は天災です。

自分の未来もどうなるかわかりません。
自身の被害に遭われた方のご冥福を祈ると共に、自分のこれからも考えてしまいました。


6月1日 戸塚区 俣野別邸公園にて




[PR]

by sonatine-album | 2018-06-18 15:13 | 公園・植物園 | Comments(0)
2018年 06月 08日

日比谷花壇大船フラワーセンターにて


e0021129_15334597.jpg

久しぶりに大船フラワーセンターに出かけてきました。
フラワーセンターは去年の7月から今年の3月末まで閉園しており、中の改装などが行われていました。
今度は日比谷花壇が管理者になり、ネーミングライツ制度を使って、これから5年間は「日比谷花壇大船フラワーセンター」という名前になります。
同社から年に100万円の協力金が払われるそうです。
それから大人の入園料が360円から400円に値上げされました。
よく行く箱根の湿生花園は700円だし、1000円超えの施設もあるのでしょうがないですね。
施設の老朽化を直したり、バリアフリーにしたりしているそうです。

e0021129_15445531.jpg



e0021129_15450909.jpg


バラ園はそろそろ終わりころでした。
まだ写真はアップしていませんが、5月中旬に平塚の花菜ガーデンに行ってきました。
見事な薔薇を堪能してきたので、今回は駆け足でバラを見て回りました。


e0021129_15522437.jpg
今回、行ってみようと思ったのは「日本の自生紫陽花展」が開かれていたからです。
自生とは言っても、盆栽でした。
紫陽花の盆栽は、本当はあまり好きではないのですが、どれも可愛らしかったです。



e0021129_16051303.jpg


e0021129_16052823.jpg
手毬紫陽花を見ると、シーボルトの絵を思い出します。

本当は自然の中でのびのびと育っている紫陽花を見に行きたいのですが、今年も忙しくて時間がありませんでした。
来年あたりには、ゆっくりと野や山にある自生紫陽花を見に行きたいものです。
ところで、自生の紫陽花はどのくらい残っているのでしょうか?



e0021129_16104269.jpg



e0021129_16105919.jpg
フラワーセンターが閉園される頃、温室が無くなるというようなことを聞いたことがあります。
温室の植物は移転先が決まっているとか。
でも、温室はそのままありました。睡蓮も残っていました。
ただ温室の中の池は面積が小さくなっていました。


e0021129_16131766.jpg

大船フラワーセンターでは花菖蒲を改良しており、「大船系」という系統があるくらいです。
涼し気で優雅な花です。


去年写した花菖蒲ですが、100年を過ぎているものもあります。
一時、大船フラワーセンターが無くなる、という噂もありましたが存続できて良かったです。



e0021129_16193447.jpg
花壇の忘れな草  いろんな花が残っていて良かったですね。



e0021129_16203786.jpg
カルガモさん、ですよね。
園に入ってすぐの池にいました。


5月26日 日比谷花壇大船フラワーセンターにて





[PR]

by sonatine-album | 2018-06-08 16:31 | 公園・植物園 | Comments(0)
2018年 05月 02日

春の野の花


e0021129_23090015.jpg

今年はじめてお目にかかった金蘭 (ラン科)
咲き始めだったのか一株だけしか出会えませんでした。


e0021129_23125733.jpg

十二単 (シソ科)
段々になっている花を平安時代の十二単に見立てた名前だとか。

奥ゆかしい色合いの花があちらこちらで咲いていました。


e0021129_23314982.jpg

垣通 かきどおし (シソ科)
シソ科だから、↑の十二単の花に似ていますね。
垣根の下を通ってでも根を伸ばす、ということで垣通というそうです。



e0021129_23190461.jpg

宝鐸草 ほうちゃくそう (ユリ科)



e0021129_23281026.jpg

宝鐸草を下から写したのですが、上手くいきません。



e0021129_23421787.jpg

紫鷺苔 
小さい花が地面を覆うように沢山咲いています。



e0021129_23530582.jpg

キツネノボタン (キンポウゲ科)
金平糖のようにトゲトゲのある実が可愛いです。
でも茎葉は有毒だとか。
キンポウゲ科の花は可憐なのに、ほとんどが有毒ですね。
柔らかそうな葉っぱを食べちゃったりしたら大変です!



e0021129_00010188.jpg

八重山吹 バラ科
野の花ではありませんが、黄色い花が見事でした。
ぱ~っと周りが明るくなりますね。



e0021129_00044970.jpg

丹沢方面が雲に隠れて稜線がはっきり見えませんでした。
ちょっと霞んでいる座間の谷戸山公園の散歩でした。

4月14日








[PR]

by sonatine-album | 2018-05-02 00:11 | 公園・植物園 | Comments(0)
2018年 04月 25日

新緑の季節になりました

e0021129_14530042.jpg
若々しい新緑の季節となりました。
ネームカードにより、斑入り水木 とのこと。 花はまだです。
水木の園芸種かな、花は見たことがないけれど、水木のような花になるんでしょうか。



e0021129_14550401.jpg
麻溝公園では花壇の花も色とりどりです。




e0021129_14560766.jpg
西洋石楠花



e0021129_14563803.jpg
「タイヨウ」


e0021129_14564919.jpg
「アイヴェリーズ スカーレット」


e0021129_15011488.jpg
常緑クレマチス アーマンディ(アップル ブロッサム)
麻溝公園はクレマチスが有名ですが、まだこの花しか咲いていませんでした。
青空の元、白い色が綺麗でした。



e0021129_15030106.jpg
クサイチゴ  終わりかけですね。



e0021129_15033934.jpg
紫鷺苔  ハエドクソウ科
この花、どこが何だか良く分かりません、おまけにいつもピントが合わないのです。
小さい花で可愛らしいです。



e0021129_15114949.jpg
キュウリクサ ムラサキ科
こちらはもっと小さい花。でもワスレナグサに似ている水色が可憐です。

ちょっとお散歩に出かけた麻溝公園。
桜は終わっていましたが、いろんな花が咲きだしていて、青空と新緑が綺麗でした。
この日は春休みも終わっていましたが、家族連れも多く賑っていました。

大分遅くなりましたが4月8日の 麻溝公園にて






[PR]

by sonatine-album | 2018-04-25 15:18 | 公園・植物園 | Comments(0)
2018年 04月 18日

満開の桜

e0021129_23064301.jpg
今頃桜の写真をアップして・・・・今日は寒くて桜の頃みたいだったから許していただきましょう。
3月31日の泉の森ですが、今年は早くて満開でした。


e0021129_23131961.jpg


e0021129_23133941.jpg
今年は心の準備ができないうちに、どんどんと桜が進んだ感じでした。
あっという間に満開になって、終わってしまった感じがします。
また来年を楽しみにしていましょう。。。。鬼に笑われますが!!

今年は予定できませんでしたが、他の地方の桜を見に行けたらいいと思っています。
希望が叶うといいな♪



e0021129_23174164.jpg
ジロボウエンゴサク ケシ科
野草を良く知らない私は、エンゴサクとジロボウエンゴサクと、同じかと思っていました。
これはジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)と教えていただきました。
ケシ科の植物は有毒なものが多いようですが、これは地下の塊茎を乾燥させて漢方で使うそうです。




e0021129_23262109.jpg
錨草(いかりそう) メギ科 錨に似ているからとのこと。
繊細な錨ですね、、、どんな舟の錨になるんでしょうか。



e0021129_23301840.jpg
春蘭も咲きだしていました。 例年よりちょっと少なかった気がします。
この後、もっとたくさんの花が咲いていたのかもしれません。



e0021129_23312812.jpg
木五倍子(きぶし) 木五倍子科
色は違いますが、藤の房みたい。春の初めによく見かけます。
沢山の房が壮観です。



e0021129_23333666.jpg
モミジの花 とても小さい花です。



e0021129_23390476.jpg
3月31日の満月、3月は1か月のうちに2回の満月があったんですね。
1か月の間に2回の満月が見られることを「ブルームーン」というそうですが、この時間は赤っぽく見えました。
午後7時ちょっと前の頃です。
こんな写真しか写せなくて恥ずかしいですが、記念にアップしました。
ちなみに次回のブルームーンは2020年の10月だそうです。


3月31日 泉の森にて   月は自宅からです




[PR]

by sonatine-album | 2018-04-18 23:48 | 公園・植物園 | Comments(0)
2018年 01月 30日

雪の兼六園

e0021129_23355549.jpg
1月14日に金沢の兼六園へ行ってきました。
今年の冬は寒いし、雪も多い気がしますが、この日はいいお天気でした。
新潟もそうですが、北陸ではこの季節の晴れは珍しいです。
13日までは大雪で列車・バスの運行に支障が出ていましたが、幸い14日からは大丈夫でした。



e0021129_23520830.jpg
正面の樹が「根上松」(ねあがりのまつ)です。
盛土をしたところに松を植え、その盛土を徐々にどかして根を見せたそうですが、この日は雪に覆われています。



e0021129_23542209.jpg
日本武尊の像  明治10年、西南戦争で戦死した郷土軍人の慰霊のために作られたそうです。
明治13年の作で、日本で最初に作られた銅像だそうです。



e0021129_00124800.jpg
霞ケ池 兼六園のほぼ中央にある池ですが、一面の雪で覆われています。




e0021129_00145394.jpg

徽軫灯籠(ことじとうろう) 霞ケ池にある灯籠ですが、足が二股になっていて、お琴の糸を支える琴柱(ことじ)に似ているので

徽軫灯籠と言われるそうです。




e0021129_00190346.jpg
眺望代からの雪山景色 白山山系のあたりが望めます。



e0021129_00210661.jpg
お着物の方を見かけました。 私も着物を着たいと思いながら、随分と長いことご無沙汰しています。


e0021129_00240499.jpg
兼六園の職員さんでしょうか、雪かきをしてくださっていました。
菅笠、やっぱり被っているんですね。
実家では父が雪掻きの時に、こういう笠を被っていました。
父は器用な人で、自宅の庭の木に雪囲いをしていましたが、丁度兼六園の雪吊りのような形にしていました。
菅笠、雪掻き、雪吊りと父を懐かしく思い出していました。


私が出かけたのが14日でしたが、その3、4日くらい前から日本海側は大雪に見舞われていました。
信越線の東光寺ー帯織間で長岡行きの列車が立ち往生し、15時間くらいも乗客が車内に閉じ込められた頃です。
長岡市のちょっと北の方で起こったことです。

よく「ドカ雪」という言葉を使いますが、一晩で50cmも70cmも積もることがあります。
この頃もこんな雪だったと思います。
ちょっと検索したらその列車に乗車していた方のレポートがありましたので、ご紹介いたします。

15時間も列車に閉じ込めて、JRの対応が悪いとか、バスでの代替輸送は出来なかったのかとか聞きます。
でもああいう中で線路に降りても、危険は沢山あった筈ですし、新しい車両で暖房は効いていたし、照明も点いていたというので、ベターだったと思います。
東光寺は無人駅だということで、援軍を頼むこともできず、運転手さん自らが雪かきをしていたとか、本当に大変だったことでしょう。
幹線道路から駅までの道だって雪に埋もれていて、除雪をしなければ車も通れないでしょう。
田んぼの真ん中あたりの場所ですから、道路も広くないし、外に出た場合は間違って側溝などに落ちることもあるかもしれません。

何本か運休になった後の列車で、立っていた方もいらしたのは本当にお気の毒でしたが、体調を崩された方も少なかったようですし、
まぁ良かったのかなぁ、と思います。
学校帰りの学生さんもいらしたけれど、14.15日のセンター試験に影響でなかったかと心配します。
それと、座席に座っていた方が途中で立っている方に代わってくれたとか、大きな騒動も起こっていないし
皆さんが無事で何よりでした。

1月14日 兼六園にて







[PR]

by sonatine-album | 2018-01-30 00:57 | 公園・植物園 | Comments(0)
2017年 07月 15日

大船フラワーセンター 3

i
e0021129_15573812.jpg
いつまでもフラワーセンターの写真です。
フラワーセンターには大きな温室があります。
いつもは園内を回ると、なんだか疲れてしまい温室はまたでいいや、とパスすることが多いのです。
でも、しばらくは行けなくなるので、寄ってみました。
暑いくらいの温室の中で、涼し気な睡蓮。



e0021129_16003413.jpg
写しているときは分かりませんでしたが、イトトンボが水連に止まっていました。



e0021129_16015915.jpg
温室に入ってすぐに目に入った花。南国を感じます。



e0021129_16030015.jpg
立派な翡翠カズラ


大船フラワーセンターは子供が小さいころから、近所の友人たちと訪れたり、実家から両親が遊びに来た時に一緒に行ったりしていました。
一時、閉園か、というニュースが流れたこともありましたが、どうやら存続はするようです。
でも、温室のほうはなくなるようですね。
大体の植物は譲渡先が決まっているそうです。
温室はエネルギーも使うし、維持するのには費用が掛かりすぎるかもしれません。

360円だったかの入園料が上がらないといいな、と単純に考えましたが、もう少し高くてもいいのかもしれません。
箱根の湿生花園は700円くらいしてたと思うし、美術館などは1800円とかしますから。
美術館と比較できるものじゃないかもしれませんが。

どちらにしても、存続することが決まってよかったです。
県ではなく、民間の施設になるのかな? 詳しくは分かりません。

芍薬、菖蒲は「大船系」と名前が付くのがあるくらいで、歴史があります。
玉縄桜はここで実生から育てられたというし、珍しい植物も沢山あります。
今回はまだ咲いていませんでしたが、紅筋山百合はまた出会いたいと思います。
今年はダメですが、また蓮も見たいし・・・・

来年の春を楽しみにしています。
桜の咲きだすころに再開園する予定です。


6月14日 大船フラワーセンターにて






[PR]

by sonatine-album | 2017-07-15 16:18 | 公園・植物園 | Comments(0)
2017年 07月 12日

大船フラワーセンター 2

e0021129_22531784.jpg
6月中旬は菖蒲の花が見ごろでした。
大船フラワーセンターの菖蒲は古くから品種改良をしていて有名です。



e0021129_22560592.jpg
賤が家居(しずがいえい) 大船系



e0021129_23024520.jpg
祝!百周年 春の名残 大船系  大正4年作出

などと百周年の菖蒲もありました。
大正4年といってもピンときません。   調べてみたら 1915年でした。
昭和の時は昭和20年が1945年、昭和39年が1964年と分かりやすかったのですが、平成になったらわかりにくいです。
もちろん平成29年が2017年、と最近のことは分かりますが、平成3年は・・・・となると計算しないと出てきません。
昭和の人間だからですかね(笑)

菖蒲の花はあまり写真を撮ったことがないのですが、見ていると涼し気ですね。




e0021129_23150237.jpg
それと、ここのバラもなかなかですよ。
バラには詳しくないですが、バラの中にいるといい気分になれます。
バラの香りは幸せを感じさせてくれます。



e0021129_23192485.jpg
イヴ ピアッチェ  珍しい芍薬咲き だそうです。
そういえば、あまり見たことのないバラですね。


e0021129_23243577.jpg

これらの花が咲いているバラ園はどんな風になるんでしょうか。
楽しみにしています。



そういえば、ここのところ暑い日が続いていて、梅雨明けしたのかしらと思ってしまうくらいです。
でも北関東は大雨のようですね。

九州の方では大きな被害が出てしまいましたし、まだ梅雨末期の大雨には注意が必要だと思います。
この豪雨は激甚災害に指定されるようですし、皆様が早く回復されますように。
被害に遭われた方には心よりお見舞いを申し上げます。


6月14日 大船フラワーセンターにて




[PR]

by sonatine-album | 2017-07-12 23:38 | 公園・植物園 | Comments(0)
2017年 07月 11日

大船フラワーセンター

e0021129_10422060.jpg
今年になって1年の半分が終わってしまった、と思っているうちに7月も10日を過ぎてしまいました。
この暑い時期、フラワーセンターの広場に人はいません。
でも開放感のある広さと、青空を見ていると何だかホッとしてきます。
今は休園中ですが、来年はどんなになるんでしょう。良くなればいいのですが。
そして、今の入園料が高くなりませんように(笑)
先日、といってももう1か月近くも前ですが、写した花をアップいたします。



e0021129_10455394.jpg



e0021129_10460919.jpg





e0021129_10463292.jpg




e0021129_10464943.jpg
山紫陽花が時期を過ぎていて、紫陽花の花はそんなに多くはなかったです。




e0021129_10471898.jpg
鉄砲百合




e0021129_10474314.jpg



e0021129_10480133.jpg
園内にまとまって咲いていた百合。   同じ色がまとまっていると壮観です。


6月14日 大船フラワーセンターにて






[PR]

by sonatine-album | 2017-07-11 10:53 | 公園・植物園 | Comments(0)