ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:美術展( 1 )


2018年 04月 20日

ビュールレ コレクション展

e0021129_15494358.jpg
新国立美術館でビュールレ コレクション展が開かれています。
行ってみたいなぁ、混んでいるかなぁ・・・などと考えながら思い切って出かけてきました。
右側の「イレーヌ カーン ダンヴェール嬢 可愛いイレーヌ」の肖像画に興味がありました。

普通に可愛いお嬢様、と見ていましたが、壮絶なドラマがあることを知りました。
NHKの日曜美術館で解説されていたのです。

1880年に完成された絵ですが、イレーヌ嬢のお父様がユダヤ系の銀行家で、そのために数奇な運命をたどっています。
イレーヌはユダヤ人虐殺により、娘・孫・妹を失っています。

イレーヌ自身は2度目の結婚の際にカトリックに改宗し、名前もイタリア風に変えていたため、生きていられたとのことです。
第二次大戦の時にナチスが美術品を数多く略奪していましたが、この絵も入っていました。
大戦が終わってから、イレーヌが所有権を主張して1946年に手元に戻ってきたそうです。
時にイレーヌは74歳でした。60数年前の地震の肖像画を見て、何を思ったことでしょう。
亡くなった子供たちのことに思いを馳せていたでしょうか。

その後、この絵はビュールレコレクションに加わっています。

この絵が描かれたころは、無邪気で幸せな少女だったと思います。
その後の運命などは、知る由もなかったはずですが、愁いを含んでいるような眼差しを見ていると、何かを感じます。
抜けるように白い肌で、ふくよかな巻き毛、いい時期だったと思います。
イレーヌの生涯を思いながらこの絵を見ていると、涙が出そうな気分になってきます。


左側のセザンヌ 「赤いチョキの少年」は教科書に載っていたのをよく覚えています。
スイスまで絵を見に行くことは出きませんが、東京の展覧会には行くことができます。
久しぶりに印象派の絵に出会えて、豊かな気持ちになれました。



e0021129_16193259.jpg
撮影が許可されていたモネの「睡蓮の池 緑の反映」  ちょっと右側からで写真が斜めです。
初めてスイス国外に貸し出された、モネ晩年の睡蓮です。
何だか見慣れているモネの睡蓮とはちょっと違うように思いました。

ゴッホ、ドガ、シスレー・・・・・と沢山の絵に出会うことができました。
5月7日まで開催されていますが、連休になると混むだろうと思って出かけた春の一日でした。



e0021129_16174168.jpg
曲線が特徴的な美術館です。


e0021129_16264206.jpg

美術館の周りで、久留米躑躅が満開です。 
桜はあっという間に終わって、いろんなところで躑躅が鮮やかに咲いています。


e0021129_16275204.jpg
美術館へ行く途中の道で、八重桜。 こちらは満開でした。


4月11日 新国立美術館にて








[PR]

by sonatine-album | 2018-04-20 16:32 | 美術展 | Comments(4)