人気ブログランキング |

ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ

タグ:伊豆 ( 30 ) タグの人気記事


2019年 08月 09日

海岸線の花

e0021129_15293899.jpg
海岸線を歩いていて、一番目にしたのがこの花でした。
ハマカンゾウ(ユリ科) あちらこちらに咲いていて、目を楽しませてくれました。


e0021129_15330130.jpg
家に帰ってPCの写真を見たら、アップのがありませんでした。
たいていアップも写しているんですが。



e0021129_15342662.jpg
同じくユリ科のスカシユリもところどころに咲いていましたよ。
こちらの方が妖艶な気がするのは、斑点のせいかしら。。。



e0021129_15361738.jpg
浜木綿(ヒガンバナ科)の蕾



e0021129_15383492.jpg
浜木綿の花 これは近くまで行けなかったので拡大しています。
花が咲くとヒガンバナ科という感じがします。



e0021129_15395618.jpg
ベンケイソウ科だろう、と分かりますが花の名前は・・・タイトゴメ?良く分かりません。
岩場で黄色い花が目立っていました。強いですね、どこから養分を得ているんだか?



e0021129_15422752.jpg
トベラの実



e0021129_15455637.jpg
城ケ崎と言えば自生の紫陽花があるところなんですが、7月中旬でもまだ咲いていました。
繊細なブルーで、でもたくましさを感じますよ。



e0021129_15473923.jpg




e0021129_15480120.jpg
真ん中で、花がよく咲いています。



e0021129_15484570.jpg
3枚ガクの紫陽花

今年は伊豆で沢山の紫陽花に出会いました。
園芸種の紫陽花はそれはそれで綺麗なのですが、自生紫陽花には力強さを感じました。
誰かが剪定したり、肥料をやったりするわけでもないですが、来年もきっと私たちの目を楽しませてくれることと思います。

沢山の紫陽花をご覧いただき、ありがとうございました。


7月18日  城ケ崎の海岸あたりで





by sonatine-album | 2019-08-09 15:57 | 静岡県 | Comments(2)
2019年 08月 08日

橋立の吊り橋へ

e0021129_22453645.jpg
伊豆高原に行った時に、いつもは有名な門脇吊り橋に行ってました。
メジャーだし門脇灯台があったり、伊豆四季の花公園が近くにあったりで、そこしか知らなかったのです。
最近、案内図を良くみているともう一つの吊り橋、橋立吊り橋があるのがわかり初めて行ってみました。

伊豆高原駅から海の方に向かって小さな川があるのですが、その川に沿って海までの歩道が整備されています。


e0021129_22513352.jpg
私が出かけた時には水量があるように見えました。



e0021129_23105303.jpg
川はそのまま海に流れ落ちている対馬の滝(たじまのたき)となります、海に直接落ちる滝は珍しいそうです。
この滝ですが、雨が多く水量が多いときでないと見られないそうです。
大体、川自体が海近くになると水無川になってしまうこともあるらしいです。
そんなことは知らないで行ったのですが、運が良かったんですね。
対馬の滝展望台が整備されていて、滝を良くみることができました。



e0021129_23020351.jpg
滝の南側



e0021129_23062222.jpg
滝の北側
上2枚、崖が柱状節理ですね。

こういう崖の上はサスペンスドラマの最終場面で使われる、と聞いたことがあります。
断崖に追いつめられると、犯人が白状するのだとか・・・
そういうシナリオが多いそうですよ。



e0021129_23164086.jpg
大淀小淀(おおよどこよど) 大小の汐溜りがあり、天然のプールとして周囲の人に親しまれているそうです。
この日は近くで釣りをされている方がいらっしゃいました。



e0021129_23190439.jpg
大淀小淀当たりの崖



e0021129_23200537.jpg

橋立吊り橋  門脇吊り橋よりは大分小さい橋ですが、それだけにほとんど人に会うこともなく、ゆっくりと回れました。
門脇吊り橋の近くには大きな駐車場があって、観光バスも乗り入れます。
海外の人も多かったですよ、こちらは静かです。



e0021129_23280849.jpg

吊り橋から見た海、透明度が高いです。
梅雨が明ける前で、カラッとした晴天という訳ではありませんでした。
空が青いと、もっと気持ちいいだろうと思えるところです。

城ケ崎の海岸というのは、今まで思っていた以上にいろんなところがあります。
今回はその一部を歩いただけでしたが、是非再訪したいです。



7月18日 城ケ崎の海岸にて








by sonatine-album | 2019-08-08 23:53 | 静岡県 | Comments(2)
2019年 08月 05日

三島で

e0021129_21110220.jpg
鮎壺の滝

伊豆へ行くときに、海岸線(国道134号線)から海沿いを走る時と、箱根を越えて箱根新道から入る時があります。
箱根を通ると静岡県の三島に抜けますが、いつも素通りしていました。
今回は三島で何か所か回ってみました。

まず立ち寄ったところが三島駅北側にある「鮎壺の滝」です。
約1万年前の富士山の噴火で沢山の溶岩が黄瀬川に沿って流れ下り、柿田川付近まで到達しました。
この溶岩は「三島溶岩」と呼ばれ、溶岩の亀裂やすき間が地下水の通り道になって、各地に豊富な湧き水をもたらしています。
鮎壺の滝は三島溶岩の南西端にかかる滝です。(公園内の説明文より)

お天気が良ければ、この滝の向こう側に富士山が見えるとのことです。
梅雨時では無理でしたが、富士山も一緒に拝みたいものです。



e0021129_21112067.jpg

滝の上部、黄瀬川です。
滝のすぐそばにマンションや民家もあり、JRの駅から一番近い滝だそうです。
(御殿場線下土狩駅より徒歩5分、駐車場もあります)



e0021129_21123116.jpg

三島溶岩 ぼこぼこしています。



e0021129_21124700.jpg
伊豆半島全体がジオパークになっているんですね。



e0021129_21131094.jpg
いつも脇を通りながら気になっていた、三島大社でお参りしました。



e0021129_21133939.jpg
春は桜が綺麗に見えるところだと思った、神池



e0021129_21141491.jpg
三島大社から近い楽寿園  旧小松宮別邸です。
園内の楽寿館ですが、お昼休みがあって館内に入ることはできませんでした。



e0021129_21151785.jpg
緑も多く、秋の紅葉は見事になると思います。



e0021129_21155231.jpg

小松池、国指定天然記念物で名勝区域になっています。
溶岩の間からの湧水により水位が変わるそうですが、この日は渇水でした。
パンフレットによると、最近は渇水時が長いそうですが、ちょっとがっかりですね。
満水時を見たいものですが、近年では平成23年だったそうで、中々満水にはならないようです。




e0021129_21161169.jpg
園内で見た、縄状溶岩
太い縄を束ねたような形が溶岩が固まっています。


楽寿園を回った後、柿田川公園に行ったのですが、涼やかな柿田川の方を先にアップしました。


7月17日 静岡県三島市にて






by sonatine-album | 2019-08-05 10:21 | 静岡県 | Comments(4)
2019年 07月 04日

伊豆高原 紫陽花見本園③

e0021129_20543154.jpg
紫陽花見本園を回って、そろそろ帰ろうとしていた時に館長の平澤氏にお会いしました。
見本園の中を案内していただいたのですが、もうカメラは片付けていたのでスマホの写真です。
これはガクの根元の方が繋がっていて、すぼまっているのだそうです。


e0021129_20550754.jpg


e0021129_20554140.jpg
八重の紫陽花2種




e0021129_20563363.jpg
ガクの色が何とも言えません。



e0021129_20570404.jpg
ガクが豪華に花の周りを囲んでいます。



e0021129_20573924.jpg
平澤氏のお話によると、ガクが重たくてだんだんと下がってくるのだとか。



e0021129_20581497.jpg
こちらは八丈千鳥
八丈島で発見された自生紫陽花です。ガクは細く、白い色が繊細な感じですね。



e0021129_20592902.jpg
日に当たっていると、茎の色が濃くなってくるのだそうです。



e0021129_20595844.jpg
ガクが大きな紫陽花。



e0021129_21003685.jpg
半手毬、だそうです。


e0021129_21013259.jpg
薔薇も咲いていたのですが、周りに同化していました。
豪華というより、愛らしい花でした。



e0021129_21015490.jpg
八重のドクダミも咲いていました。




e0021129_21024436.jpg
何の種類だか、茱萸の実みたいに見えますが。。。

飽きるほどの紫陽花をアップさせていただきました。
自分の記録のつもりもあって、載せておきました。
ご覧いただき、ありがとうございます。

6月13日 伊豆高原 紫陽花見本園にて










by sonatine-album | 2019-07-04 23:15 | 静岡県 | Comments(2)
2019年 07月 03日

伊豆高原の紫陽花 紫陽花見本園②

e0021129_11044308.jpg
今日も紫陽花見本園の紫陽花をアップさせていただきました。
白色~青色の花をまとめてみました。
見本園といっても年月が経っているせいか、自生地の紫陽花のように成長しています。
私の背よりはるかに高く、2メートル以上のものも多いです。
紫陽花ってこんなに大きくなるんだ、って感じがします。
お庭や鉢植えの紫陽花を見ていると、たくましく見えます。



e0021129_11072272.jpg
ガクが5枚。



e0021129_11082809.jpg
ガクはナデシコ。花も白くて繊細な感じです。



e0021129_11094583.jpg
同じナデシコでも花はブルー。花もよく咲いています。



e0021129_11105388.jpg
真ん中の花は水色で優しく見えます。



e0021129_11114505.jpg
ガクが二重です。



e0021129_11124482.jpg
ガクがひらひらとしています。



e0021129_11150223.jpg




e0021129_11152267.jpg
白色の手毬も可愛いですね。



e0021129_11160907.jpg
青くなりかけの手毬。色のグラデーションと花の大きさが何とも言えません。



e0021129_11253027.jpg
山紫陽花の黒姫みたいに綺麗な色。



e0021129_11273909.jpg
ガクがナデシコ。角が丸くて色も真ん中が白~縁が水色、何とも瀟洒な紫陽花です。



e0021129_11290287.jpg
e0021129_11293273.jpg
青い手毬も綺麗です。


e0021129_11303278.jpg
山紫陽花の紅、だと思います。
研究用か、鉢植えの山紫陽花もありました。
私なんか、こうやって鉢植えにしたものは売店で売られてたらいいのに、なんて思ってしまいます。
そしたら、買いたいです。
でも育てられるか~~微妙なんですよね。
見るのは好きですが、育てるのは下手です(笑)


こちらの館長の平澤氏は伊豆オルゴール館の館長もされています。
職員さんにお聞きしたら、午後からはこちらに来られるかもしれない、とのことでした。
沢山の紫陽花を見て回り、そろそろ次へ行こうと思ったところで、平澤氏にお会いしたのですよ。
紫陽花園を回った後に、もう一回り平澤氏とご一緒に回ることができて、大変感動しました。

実は6年くらい前に伊豆オルゴール館に平澤氏をお訪ねしたことがあります。
そして、伊豆の自生紫陽花が咲いている場所などを教えていただき、その場所に行ってみました。
お蔭様で、沢山の自生紫陽花に出会うことができて、本当に感謝しております。
教えていただいた場所以外でも、伊豆ではよく紫陽花を見かけます。
神奈川から近くて行きやすいし、魅力ある場所です。

6月12日 紫陽花見本園にて







by sonatine-album | 2019-07-03 11:47 | 静岡県 | Comments(2)
2019年 07月 02日

伊豆高原の紫陽花 紫陽花見本園①

e0021129_11223109.jpg
伊豆高原に「おもしろ博物館」というところがあって昭和の品物などが沢山展示されています。
こちらで館長をされている平澤哲氏は紫陽花研究の第一人者で、この博物館には紫陽花見本園があります。
博物館にも入場し、子供のころ見たことのある展示物に懐かしさを覚えておりました。

でも、見本園の紫陽花を見ていたら夢中で歩き回ってしまい、博物館の写真は一枚も写していなかったのでHPをご紹介させていただきました。
平澤氏は紫陽花を研究されており、その中でも伊豆半島の自生紫陽花には詳しいお方です。
伊豆半島の紫陽花などをこの見本園に移植されており、それはそれは見事なものでした。


e0021129_11381608.jpg
ピンク色~紫色系の紫陽花をアップさせていただきます。



e0021129_11392061.jpg



e0021129_11393539.jpg
趣のある手毬


e0021129_11394996.jpg
可愛いピンク手毬



e0021129_11401560.jpg
なでしこ様のガク


e0021129_11403385.jpg
こちらの紫陽花も大きく成長しています。



e0021129_11425033.jpg



e0021129_11422096.jpg



e0021129_11433537.jpg
絞り(白い線)が入っています。


e0021129_11452029.jpg


e0021129_11445995.jpg
「白田」と地名が入っていました。


e0021129_11512958.jpg
八重の紫陽花も大きな木になっています。



e0021129_11472370.jpg


e0021129_11475057.jpg



e0021129_11542563.jpg
「城ケ崎」、「伊豆の華」という八重の紫陽花があります。
「城ケ崎」は平澤氏の発見された紫陽花です。




e0021129_11483319.jpg
手毬紫陽花


e0021129_11503041.jpg
手毬紫陽花も沢山!


e0021129_11510289.jpg


沢山の紫陽花をアップさせていただきました。
ご覧くださり、ありがとうございます。
もう少し、伊豆の紫陽花とお付き合いください。

ついこの間、伊豆に行ってきたと思っていたのに、もう3週間近くも経ちました。
急いでアップしないと、梅雨が明けちゃう(笑)!!!

関東は曇りの梅雨空が続いています。
また九州南部では大雨の予報が出ています。
大きな被害が出ないよう、願っています。


6月13日 伊豆高原。紫陽花見本園にて











by sonatine-album | 2019-07-02 12:49 | 静岡県 | Comments(0)
2019年 06月 28日

南伊豆の紫陽花④

  下田市の紫陽花
e0021129_15015359.jpg
伊豆急の下田駅から寝姿山に向かう方にも、紫陽花が沢山咲いているところがあります。
ここの紫陽花は日当たりがいいせいか、伸び伸びと大きく育っています。



e0021129_15063024.jpg




e0021129_15072044.jpg
甘いピンク色のガク



e0021129_15075252.jpg


e0021129_15083080.jpg
装飾花が二重になっています。



e0021129_15090109.jpg
可愛いお多福紫陽花(渦紫陽花)、これは園芸種だと思うので、どなたかが植えられたのかもしれません。



e0021129_15094635.jpg


e0021129_15200739.jpg


e0021129_15214223.jpg
中央の蕾はまだまだ固いです。
でも綺麗な水色です。



e0021129_15254344.jpg
この紫陽花のガクはかなり大きいです。
ガクの1片が3~4cmくらいもあるんですよ。



e0021129_15261241.jpg
↑の紫陽花は道路脇に咲いていたのですが、それと反対側には下田の街が見下ろせます。
それほど広い道ではありませんが、山に入っている訳でもないのに沢山の紫陽花を見ることができます。




八幡野の紫陽花
e0021129_15282129.jpg
伊東市の八幡野で見た紫陽花。



e0021129_15285063.jpg
目を見張るように綺麗な青です。
こういうのを見ていると昔は「あずさい」と言われたのがわかります。
「あず」は集める、「さ」は真、「い」は藍のことだそうです。

この八幡野の道路沿いには他にも咲いているところがあったのですが、車を止められませんでした。
伊豆は道路が狭いのに、結構スピードを出されているんですよ。
よそ者には細くて通りにくい道でも、地元の方には慣れているから平気なんでしょう。
この写真を写した辺りは広くなっていて、車を止めれたので、ゆっくりと見れました。


e0021129_15315663.jpg
写真を写したところの反対からは、海を臨めます。
遠くに大島、梅雨の最中にしては、いいお天気でした。



e0021129_15330348.jpg
足元に咲いていたアメリカフウロ、だと思います。



e0021129_15333779.jpg
これは何の花だか・・・・
種が飛んできたのか、土の中に根っこが入っていたのか、、、野の花ではありませんよね。

紫陽花を探した旅の二日目をアップさせていただきました。
もう少し続きます。

6月12日 下田~伊東市 









by sonatine-album | 2019-06-28 15:42 | 静岡県 | Comments(6)
2019年 06月 28日

南伊豆の紫陽花③

走雲峡の紫陽花

e0021129_05585854.jpg
走雲狭の紫陽花 天城甘茶のように見えますが、はっきりとはわかりません。



e0021129_06004817.jpg
ガクも花も白で可愛いです。


e0021129_06045803.jpg

これも甘茶みたいに見えますが、良く分かりません。





e0021129_06053889.jpg


e0021129_06070915.jpg
ナデシコ様のガク ギザギザがナデシコの花のようです。



e0021129_06080452.jpg
岳は白ですが、花が水色で優しい感じです。



e0021129_06090459.jpg
小さいいカタツムリが。
結構歩く?のが早いんですよ。 どんどんと進んでいきました。



e0021129_06101745.jpg
走雲狭の海岸線に近い方には風力発電の風車が設置されていました。
近すぎて1基しか写してないのですが、17基ほどあるそうです。


走雲狭の下賀茂入り口からはガク紫陽花・山紫陽花が植えられています。
何でもゴミや粗大ごみが不法投棄され、大変だったそうです。
綺麗な花が咲いていたら、ゴミを捨てられないだろうということで、地元の方が紫陽花や椿などを植えられたそうです。
それから十数年、今ではほぼ自然な雰囲気になっています。
この時植樹したのが、伊豆自生種のガクアジサイや藪椿などだったそうで、見ごたえがあります。
やっぱりその土地の植物は、その土地でこそ生きてきます。
今回は海岸線よりに咲いていた紫陽花を中心に写しました。




白浜の紫陽花
e0021129_06494637.jpg
白浜にも自生の紫陽花があるとお聞きしていたので、車を止めてみました。
有名な海水浴場は画面の左手の方になります。


e0021129_06524013.jpg
↑の写真を写したすぐ足元に、自生紫陽花が咲いていました。
フェンスの間から写した紫陽花です。


e0021129_06535338.jpg
ここの紫陽花もピンク色、今回はピンク色によく出会った気がします。



e0021129_06543779.jpg
海に近いところにも紫陽花が見えます。
いかんせん、そこまでは下りられませんでした。
崖のいたる所に咲いており、自生紫陽花の強さを実感します。



e0021129_06564231.jpg
近くで見た山蛍袋 この季節、釣鐘型の形が可愛いですね。



e0021129_06585924.jpg
駒つなぎも咲いていました。


6月12日 南伊豆にて













by sonatine-album | 2019-06-28 07:03 | 静岡県 | Comments(0)
2019年 06月 24日

南伊豆の紫陽花②

e0021129_23072429.jpg
紫陽花の写真ばかりですが、しばらくお付き合いください。
ここは南伊豆の海岸線を通っている時に見かけた紫陽花です。



e0021129_23113422.jpg
ここはピンク色が綺麗でしたね、 ガクが4枚と5枚とあります。



e0021129_23124901.jpg
こんな紫陽花もありました。 ガクが面白いです。



e0021129_23134290.jpg
紫陽花の反対側には直売場がありましたが、帰る日でなかったので寄っていません。



e0021129_23151988.jpg
↑の写真を写した近くではノバラが咲いていました。
葉っぱに艶があるし、テリハノイバラ でしょうか? 
剥げかかったペンキに白い花が似合うと思いました。



e0021129_23194601.jpg
直売場の方から見た紫陽花。
道路脇に自然な形で生きているんですよね。 
あまりに普通に生えているので、地元の人の関心は薄いかもしれません。
私みたいによそ者が、妙に盛り上がって感動しています。






e0021129_23252988.jpg
同じ道路を進んだところで手毬紫陽花を見かけました。
擁壁の上の方だったので、近くでは見れません。 自生紫陽花で、手毬の紫陽花は珍しいんですよね。
西洋紫陽花より繊細な感じです。



e0021129_23290581.jpg
ここでもピンク色の綺麗な紫陽花があります。



e0021129_23295897.jpg
中央には本当の花が。 小さいけれど、私にはいつも王冠のように思えます。
可愛いねぇ・・・・・



e0021129_23313231.jpg
青い花には小さなハチさんが来てましたよ。



e0021129_23324109.jpg
植栽された紫陽花ではないので、他のツル性の植物なんかと混ざっています。
奥の黄色い小さな花は何でしょう。

こんな風に、紫陽花を見かけると車を止めて眺めたりとのんびり・自由な旅でした。



6月12日 南伊豆にて





by sonatine-album | 2019-06-24 23:48 | 静岡県 | Comments(8)
2019年 06月 21日

南伊豆の紫陽花

e0021129_16054161.jpg
伊豆に出かけたのは、自生の紫陽花を見るためです。
普通に身近で目にする紫陽花は、園芸種です。
山紫陽花も山に咲いていたものを持ってきたわけじゃないし、西洋紫陽花もそうですよね。
そんな中で、伊豆半島では自生の紫陽花を見ることができます。
背が高くて、力強く咲いています。
この写真も見上げて写したものです。


e0021129_16090758.jpg
南伊豆の道路の両側に咲いていました。
高さがわかるようにトンネルと一緒に写してみました。



e0021129_16102405.jpg




e0021129_16105219.jpg



e0021129_16112156.jpg




e0021129_16114364.jpg



e0021129_16115941.jpg
道路脇に咲いていた紫陽花を羅列してみました。



e0021129_16124927.jpg
ガクの中央部分はまだ白くて、色づき始めですね。


e0021129_16130988.jpg
この手毬紫陽花も道路わきで見かけました。撫子様にギザギザのあるガクです。
2枚の手毬紫陽花、何とも言えずに可愛らしいです。


e0021129_16194658.jpg
お庭ではこんなに大きくなりませんが、紫陽花は随分とたくましくなるものです。
下のほうと上の方では別の紫陽花です。
手入れされてるわけじゃないのに、一人で大きくなり、健気さを感じます。



e0021129_16260678.jpg
自生の紫陽花を見た後で寄った、アイアイ岬   伊豆のジオパークらしさがわかります。
この日の前日は大雨でした。 空気が洗われたのか、家を出たころは清々しい青空が広がり、雪を冠した富士山も見えていたのですが
だんだんと曇ってきて、4時前でもこんなに暗い空に覆われてます。
梅雨時だからしょうがないですね。 青空の時にここの景色を見たいものです。


e0021129_16293431.jpg
アイアイ岬の紫陽花。こちらは植えられたものだと思います。
でも海に面して趣がありました。

6月11日 南伊豆にて











by sonatine-album | 2019-06-21 16:34 | 静岡県 | Comments(4)