ソナチネアルバム

sonatine22.exblog.jp
ブログトップ

タグ:野の花 ( 97 ) タグの人気記事


2018年 06月 22日

捩花(ねじばな)

e0021129_15081197.jpg
捩花(ねじばな)が咲いていました。 ラン科
華奢な感じがしますが、結構強い花のようです。
多年草で、根っこが生きているからだと思いますが、毎年このくらいの時期にスーッと出てきます。



e0021129_15193008.jpg
この場所で毎年、ピンク色のネジバナは見ていました。
ピンク色の花は沢山あったのですが、白色のはこれ一株だけです。
白花ネジバナ、というのでしょうか? 
今まで何年か見ていますが、ピンク色しか咲いていなかったところです。
変異で白花が咲いたのか、どこからか白色のネジバナが飛んできたのか、どうなんでしょうね。
来年は白い花が増えているでしょうか?

どちらにしても小さなそれぞれの花が可愛らしいです。


月曜日、大阪で地震がありましたね。
塀が倒れて亡くなられた三宅璃奈さんは、たまたまいつもより早く登校したそうです。
塀の倒れるのがあと数秒早いか遅かったら、下敷きになることもなかったのに、と考えると心が痛みます。
1.9メートルの塀の上に1.6メートルを付け足したそうですね。
素人考えでもすぐに危ないと分かります。
どうしてこんな塀が放置されていたんでしょう。

この塀が倒れたことを受けて、各地で塀の点検が行われているとのことです。
誰かが犠牲になってから、やっと点検するのでは遅すぎます。

エレベーターも停止したものが多かったようです。
私の住んでいるところでも、東北大地震の際にエレベーターが止まりました。
帰宅した時に救急車が来ていて、何かあったのかと思ったら、エレベーターから救助された方がいたと聞きました。
私はエレベーターに乗っていたわけじゃないけれど、もし一人の時に止まったら怖いですね。
落ちてしまわないのかとか、誰かに連絡付くのかとか、不安になってしまいます。

災害は忘れたころにやってくる、といいますが、改めて準備をしなくてはと思います。
大阪が震源地、ということは今まで聞いたことがないし、その前日には群馬でも大きな地震がありました。
新潟、長野では度々あった地震も、群馬での地震は聞いたことがありません。
いつでも、どこでも起こるものだ、と肝に銘じないといけませんね。


今回の地震で犠牲になられた方のご冥福を祈ると共に、被害に遭われた方にお見舞いを申し上げます。


6月17日 個人宅のお庭にて





[PR]

by sonatine-album | 2018-06-22 15:48 | 日々雑感 | Comments(0)
2018年 05月 15日

八菅山いこいの森の散歩

e0021129_23374953.jpg
ゴールデンウィークといっても名ばかりで、ほとんど毎日が仕事でした。
ちょっとの合間で出かけた八菅山いこいの森です。
青空がまぶしいほどの4月終わり。


e0021129_23534245.jpg
立派な山藤です。他にもあるかと思いましたが、見つけられませんでした。



e0021129_23544480.jpg
岡立浪草 シソ科
雛の頭みたいな花が可愛いです。
エサをねだっている雛みたいに見えるのは、私だけでしょうか。


e0021129_23573505.jpg
空木(ウツギ) または卯の花、とも言いますね。

卯の花の匂う垣根に
ホトトギス 早も来鳴きて・・・・・夏は来ぬ
歌詞は覚えてないけれど、懐かしい曲です。


e0021129_00092130.jpg
踊り子草 シソ科
綺麗な名前です。



e0021129_23511660.jpg
森の中を歩いて登った展望台。空が気持ちよく晴れています。
登りながら足が痛いなぁ、明日は筋肉痛かなぁ・・・などと思っていました。
幸い、筋肉痛にはならなくてホッとしました。このくらいのお散歩で痛くなるようなら、他には行けなくなりますね。

呑気に春の終わりを感じていましたが、世間ではいろんな事件がありました。
最近は新潟、新潟、、、とニュースが繰り返され辛くなります。
今日の報道だと、23歳の男性が逮捕されたとのこと。
いくら犯人が捕まっても、珠生ちゃんは帰ってきません。
親御さんの気持ちを考えると、胸が張り裂けそうになります。
元気に学校へ行った珠生ちゃんが、変わり果てた姿で帰ってくるなんて・・・・
世の中の人は、自分の子供がいなくなったら、帰ってこなかったら、と思うと珠生ちゃんのご両親の気持ちが思いやられるでしょう。

それから5月の連休に登山に出かけた親子が帰ってこないと。。。
こちらはまだ見つかっていないです。
もう1週間を過ぎましたね、どこかで無事でいてくれたらと思う気持ちはあります。
早く見つかってほしいですね。

新潟県は阿賀野市の遭難事件と、越後線の列車事故と重なって大変だったと思います。
こんな報道を毎日見るのは、本当につらいです。

そうこうしているうちに千葉県での事件もありました。
親子4人がレストランで刺され、女の子が亡くなったとか。
もう、こんな事件のニュースは嫌です。

珠生ちゃんと女の子のご冥福を心からお祈り申し上げます。

4月28日 愛川町の八菅山いこいの森にて



[PR]

by sonatine-album | 2018-05-15 00:28 | 神奈川県 | Comments(0)
2018年 05月 10日

山古志の野の花

e0021129_12270827.jpg
山道を走っていて見つけた花です。



e0021129_12284357.jpg
カタクリ (ユリ科)



e0021129_12311096.jpg
一輪草 (キンポウゲ科)

薄紫色のカタクリの花も、一輪草の花も自然の中で出会ったのは初めてです。
花の時期はそう長くないでしょうから、偶然見かけて感激しました。
車を止めて花の写真を写していると、地元の人でしょうか、カタクリ撮ってるの、可愛いでしょ!、と声をかけてくれました。


e0021129_12533546.jpg
カタクリの花の近くに咲いていた花
サンシュユ (ミズキ科) に似ているけれど、こんなところに咲いているかしら?
壇香梅 (クスノキ科)かもしれませんが、はっきりとはわかりません。




e0021129_12430421.jpg

カタクリの花を見たところからもうちょっと先に進んだら、霧が出てきました。
そこより先の道路の除雪がされてなくて、前に行くことはできなくなり、同じ道を引き返しました。
本当はもう一か所、棚田を見たいところがありました。
↓へ行きたかったのですが断念するしかありませでした。
それでも偶然に野の花に出会えて、いいドライブができました。

4月23日 山古志にて






[PR]

by sonatine-album | 2018-05-10 00:26 | 新潟 | Comments(2)
2018年 05月 07日

不動滝

e0021129_23583395.jpg
遅いお花見をした後、長岡の奥座敷と言われている山の方へ行きました。
暖かい春で桜が例年より早かったとはいえ、まだ残雪があります。



e0021129_00020298.jpg
竹之高知とうところにある不動滝です。落差は10メートルとのこと。
滝の上には竹之高知不動社という神社がありますが、弘法大使が1100年余り前に建立したとの言い伝えがあります。



e0021129_00113272.jpg





e0021129_00061041.jpg
滝の近くに咲いていたカタクリの花 ユリ科
この辺りではポツンポツンと咲いていましたが、翌日には沢山咲いているところを見ることができました。



e0021129_00093462.jpg
まだ土筆もありました。



e0021129_00160438.jpg
今では実家の無くなった私は、兄弟で長岡の温泉に一泊しました。
山菜料理のところをアップで。
上から時計回りで ゼンマイ・タケノコ・こごみの入っている煮もの   ウドのきんぴら  
蕨のお浸し     木の芽のウズラ卵かけ

この「木の芽」というのはアケビのツルです。
さっと湯がいていただきますが、何十年ぶりかで食べました。
子どものころ以来、出会わなかった気がします。
ちょっと青い味で、懐かしさでいっぱいになりました。
長岡にいたころもコゴミや蕨は売っていても、木の芽は見たことがありませんでしたから。
山の味をたくさんいただき、いい一日になりました。

4月22日 長岡市・蓬平温泉付近にて





[PR]

by sonatine-album | 2018-05-07 00:32 | 新潟 | Comments(0)
2018年 05月 02日

春の野の花


e0021129_23090015.jpg

今年はじめてお目にかかった金蘭 (ラン科)
咲き始めだったのか一株だけしか出会えませんでした。


e0021129_23125733.jpg

十二単 (シソ科)
段々になっている花を平安時代の十二単に見立てた名前だとか。

奥ゆかしい色合いの花があちらこちらで咲いていました。


e0021129_23314982.jpg

垣通 かきどおし (シソ科)
シソ科だから、↑の十二単の花に似ていますね。
垣根の下を通ってでも根を伸ばす、ということで垣通というそうです。



e0021129_23190461.jpg

宝鐸草 ほうちゃくそう (ユリ科)



e0021129_23281026.jpg

宝鐸草を下から写したのですが、上手くいきません。



e0021129_23421787.jpg

紫鷺苔 
小さい花が地面を覆うように沢山咲いています。



e0021129_23530582.jpg

キツネノボタン (キンポウゲ科)
金平糖のようにトゲトゲのある実が可愛いです。
でも茎葉は有毒だとか。
キンポウゲ科の花は可憐なのに、ほとんどが有毒ですね。
柔らかそうな葉っぱを食べちゃったりしたら大変です!



e0021129_00010188.jpg

八重山吹 バラ科
野の花ではありませんが、黄色い花が見事でした。
ぱ~っと周りが明るくなりますね。



e0021129_00044970.jpg

丹沢方面が雲に隠れて稜線がはっきり見えませんでした。
ちょっと霞んでいる座間の谷戸山公園の散歩でした。

4月14日








[PR]

by sonatine-album | 2018-05-02 00:11 | 公園・植物園 | Comments(0)
2018年 04月 25日

新緑の季節になりました

e0021129_14530042.jpg
若々しい新緑の季節となりました。
ネームカードにより、斑入り水木 とのこと。 花はまだです。
水木の園芸種かな、花は見たことがないけれど、水木のような花になるんでしょうか。



e0021129_14550401.jpg
麻溝公園では花壇の花も色とりどりです。




e0021129_14560766.jpg
西洋石楠花



e0021129_14563803.jpg
「タイヨウ」


e0021129_14564919.jpg
「アイヴェリーズ スカーレット」


e0021129_15011488.jpg
常緑クレマチス アーマンディ(アップル ブロッサム)
麻溝公園はクレマチスが有名ですが、まだこの花しか咲いていませんでした。
青空の元、白い色が綺麗でした。



e0021129_15030106.jpg
クサイチゴ  終わりかけですね。



e0021129_15033934.jpg
紫鷺苔  ハエドクソウ科
この花、どこが何だか良く分かりません、おまけにいつもピントが合わないのです。
小さい花で可愛らしいです。



e0021129_15114949.jpg
キュウリクサ ムラサキ科
こちらはもっと小さい花。でもワスレナグサに似ている水色が可憐です。

ちょっとお散歩に出かけた麻溝公園。
桜は終わっていましたが、いろんな花が咲きだしていて、青空と新緑が綺麗でした。
この日は春休みも終わっていましたが、家族連れも多く賑っていました。

大分遅くなりましたが4月8日の 麻溝公園にて






[PR]

by sonatine-album | 2018-04-25 15:18 | 公園・植物園 | Comments(0)
2018年 04月 18日

満開の桜

e0021129_23064301.jpg
今頃桜の写真をアップして・・・・今日は寒くて桜の頃みたいだったから許していただきましょう。
3月31日の泉の森ですが、今年は早くて満開でした。


e0021129_23131961.jpg


e0021129_23133941.jpg
今年は心の準備ができないうちに、どんどんと桜が進んだ感じでした。
あっという間に満開になって、終わってしまった感じがします。
また来年を楽しみにしていましょう。。。。鬼に笑われますが!!

今年は予定できませんでしたが、他の地方の桜を見に行けたらいいと思っています。
希望が叶うといいな♪



e0021129_23174164.jpg
ジロボウエンゴサク ケシ科
野草を良く知らない私は、エンゴサクとジロボウエンゴサクと、同じかと思っていました。
これはジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)と教えていただきました。
ケシ科の植物は有毒なものが多いようですが、これは地下の塊茎を乾燥させて漢方で使うそうです。




e0021129_23262109.jpg
錨草(いかりそう) メギ科 錨に似ているからとのこと。
繊細な錨ですね、、、どんな舟の錨になるんでしょうか。



e0021129_23301840.jpg
春蘭も咲きだしていました。 例年よりちょっと少なかった気がします。
この後、もっとたくさんの花が咲いていたのかもしれません。



e0021129_23312812.jpg
木五倍子(きぶし) 木五倍子科
色は違いますが、藤の房みたい。春の初めによく見かけます。
沢山の房が壮観です。



e0021129_23333666.jpg
モミジの花 とても小さい花です。



e0021129_23390476.jpg
3月31日の満月、3月は1か月のうちに2回の満月があったんですね。
1か月の間に2回の満月が見られることを「ブルームーン」というそうですが、この時間は赤っぽく見えました。
午後7時ちょっと前の頃です。
こんな写真しか写せなくて恥ずかしいですが、記念にアップしました。
ちなみに次回のブルームーンは2020年の10月だそうです。


3月31日 泉の森にて   月は自宅からです




[PR]

by sonatine-album | 2018-04-18 23:48 | 公園・植物園 | Comments(0)
2018年 04月 13日

妙本寺の裏山

e0021129_11221758.jpg
妙本寺の裏山のほうを登っていくと、海が見えるところまで行けます。
多分霞んでいると思っていましたが、案の定でした。
海と空とが溶け込んでいます。
祇園山ハイキングコースの一部になると思います。


e0021129_11243358.jpg
このあたりの蒲公英はやっぱり関東蒲公英です。
ガクが上向きです。


e0021129_11261487.jpg
この浦島草(うらしまそう) サトイモ科 釣り糸が随分と立派です。
浦島草、別名蛇草とも言いますので、あまり好きじゃないのですが、ついカメラを向けています。


e0021129_11281885.jpg
紫華鬘(むらさきけまん) ケシ科 も満開でした。
土壌がいいのか、どの野草も元気です。



e0021129_11301181.jpg
姫烏頭(ひめうず) キンポウゲ科 5mmくらいの小さな花ですが、あちこちに咲いていました。
小さくて、ピントがなかなか合わない花です。



e0021129_11393633.jpg
菫はどこに咲いていても可憐ですね。 タチツボスミレ?、良く分かりません。



e0021129_11404412.jpg
こんな道はいいけれど、



e0021129_11411535.jpg
こういうところは、登るのが大変でした。 ずりっとこけそうです。



e0021129_11421627.jpg
山道を歩いて、カサコソと音がしてました。
誰もいないところで音がすると、ちょっと気持ち悪いのですが・・・・タイワンリスでした。
2匹見かけましたが、リスなら出会っても怖くありません。
すばしこくって、あまり写真を写せませんでしたが。


e0021129_11500947.jpg
山を下りるあたりで見かけた桜。山桜でしょうか、種類は分かりません。
ほんの少し、歩いただけで何となく、山へ行った気分になれました。
鎌倉は山も海もあって、そしてお寺さんや神社もあっていいところです。
あまりに有名で観光客が多い場所を外せば、鄙びた感じの鎌倉に出会うことができると思います。
この時も、一枚目の写真を写した辺りでお一人と出会っただけでした。


3月28日 妙本寺の奥で









[PR]

by sonatine-album | 2018-04-13 12:01 | 自然・花 | Comments(0)
2018年 04月 03日

広町の大桜

e0021129_15004268.jpg

念願かなって、やっと大桜が咲いているところに出会えました。
広町の大桜、または稚児桜とも呼ばれている大島桜です。
この樹には何度も会いに行っていますが、丁度花が咲いているときに出かけたのは初めてでした。
向かって一番左側の幹が下がってきていて、ちょっと心配。
その昔は根元に5本の幹があったそうですが、今は4本。 何年くらい経っているのかしら。
200年以上とも言われていますが、これからもずっと元気でいてほしいものです。




e0021129_21223231.jpg
右側が稚児桜、左側はまた別の木です。 ちょっと色合いが違いますが、花の種類は分かりません。
山桜とか大島桜の系統らしいです。
想像していたより繊細な感じの花でした。
幽玄な感じもします。

この桜の木を見に来て、今まではあまり人に出会うことはありませんでした。
この日はご近所さんらしい方が、桜は咲いているかしら、いらしているのに出会いました。
皆さん、年に一回の桜の花に出会うのを楽しみにされているようでした。



e0021129_21440302.jpg
モミジも可愛らしい手のような葉を広げています。
初々しい黄緑色です。



e0021129_21451800.jpg
桜を見るのを目的にしていたので、他にはあまり写真を写しませんでした。
これはキランソウ、別名地獄の蓋。 面白い発想ですね。


e0021129_21464797.jpg
菫の花、どこで見つけても可憐です。


e0021129_21494999.jpg
浦島草 まだ丈はそう高くないのですがあちらこちらで見かけました。
毎年見るたびに、面白い花だと思います。

3月27日 鎌倉市広町緑地にて







[PR]

by sonatine-album | 2018-04-03 22:03 | 自然・花 | Comments(0)
2017年 09月 14日

佐渡・外海府

e0021129_02142253.jpg
佐渡・2日目は1泊で帰る弟を両津港へ送り、そのまま外海府(そとかいふ)の海岸を回りました。
佐渡は北側の海岸線(弾崎~相川まで)を外海府といいます。
この画像は佐渡最北端の弾崎灯台(はじきざきとうだい)。
「喜びも悲しみも幾年月}という映画がありました。
私は四国の灯台が舞台だと思っていたのですが、全国いろんな灯台が舞台なんですね。
そして、この弾崎灯台も舞台なったそうです。今回訪問するまで知りませんでした。
(実際には見たこともないの映画なので、しょうがないです)
映画では佐田啓二、高峰秀子さんが灯台守夫婦を演じていましたが、昭和32年の作品だそうです。
丁度60年ですね、感慨深いです。



e0021129_02255873.jpg
弾崎から見た海。残念ながら、曇り空でちょっとがっかり。
実は8月29日の朝、携帯が鳴り、TVが一斉にどの局も北朝鮮のミサイル発射を報じました。
結局は北海道の沖合に落下したようですが、新潟県~北海道までは注意喚起が促されていました。
頑丈な建物の内部にいてください、と報じられていましたが、不気味でしたね。
実際には発射されてから10数分で北海道沖まで到達していることを考えると、避難するのは難しいです。
シェルターなんてどこにでもあるわけじゃないし、日本国民全員が入れるわけでもないでしょうし。

お天気が良ければ、佐渡からは朝鮮半島が見えるくらいの距離です。
北朝鮮の暴走をどうやって止められるのか、そして拉致被害者はどうなるのかと心配になります。
折しも13日の新聞には拉致被害者の記事がありました。
1977年、福井県で起きた拉致が一番初めということです。 もう丁度40年ですね。
その最初の拉致事件を報じ、注意を促していたら、被害者はこんなに多くはならなかったのではないかと。
佐渡で拉致された曽我ひとみさんも、10年ぶりに会見を行ったとか。
被害者のご家族も高齢になられているし、本当に一日も早く帰国できるといいです。



e0021129_02455677.jpg
二つ亀   外海府は奇岩が多く、ごつごつした感じの岩が多いです。
写真ではわかりにくいですが、亀が2匹、いるように見えます。



e0021129_02474799.jpg
二つ亀付近で見た野の花、狐のカミソリ。  もうこんな花が咲く季節なんですね。
まもなく、彼岸花も咲きだすでしょう。



e0021129_02490106.jpg
楚々として咲いている可愛らしい花。桔梗科の釣鐘ニンジンに似ていますが、ガクが違うようだし、何の花だかわかりません。
他にも葛の花や仙人草がいろんなところで見かけられました。



e0021129_02381934.jpg



e0021129_02384060.jpg


良く分からない変な写真ですね。 「大ザレの滝」というところです。
車を走らせていて、「ナザレの滝」と書いてあるのが見えました。 
キリスト教に関係している?こんなところで、と思って車を止めてみたら、
「大ザレの滝」でした。
橋の上から見た海側と、滝の方の写真です。 うまく伝わらないので、画像をお借りしました。




橋の上から見ましたので、滝の全容は分かりません。
ただ、足がすくむほど高いところでした。

佐渡は、いや新潟県の海はとても綺麗なんですが、この日もほぼ一日を通して曇っていて、残念でした。
まぁ、傘を使わなかっただけ良しとしなければなりませんね。


8が宇t29日 佐渡・外海府あたり







[PR]

by sonatine-album | 2017-09-14 23:54 | 新潟 | Comments(2)